Yebisu Celebrities 3 Disc 2 – Translation

Yebisu Celebrities 3

Title: Yebisu Celebrities 3 (YEBISUセレブリティーズ3) – Disc 2 (drama review)
Cast: Ichijou Kazuya x Hirakawa Daisuke (一条和矢 x 平川大輔)
Related drama(s): Yebisu Celebrities Series
Contents: Disc 1

Track 1: 雪の女王 <アイスドール>
Track 2: もっと、きみを知りたい
Track 3: 念願の….
Track 4: 残酷な朝

Disc 2

Track 1: ユキのいるハノイ
Track 2: 駆け引き
Track 3: 101回目のプロポーズ
Track 4: 生涯の伴侶
Track 5: 聖エビリティ女学院 ~百花繚乱の章~

Note: Japanese script by ruli-san from AarinFantasy!

Track 1: ユキのいるハノイ

アルベルト: ベトナム社会主義共和国の首都、ハノイ。千年の歴史を持ち、深い緑と湖に恵まれた古都。そのノイバイ空港に僕は降り立った。
秘書は、突然の休暇申請に文字どおり真っ青になった。だが僕の決意が揺るぎなく固いと知ると、めずらしく小言を口にすることもなく、旅の手配に力を尽くしてくれた。
おそらくは、ここ数ヶ月の多忙さを誰よりわかっていたからだろう。
僕は徹夜で急ぎの仕事を片づけ、翌朝にはハノイに向かい旅立っていた。
Albert: The capital of social republic Vietnam, Hanoi. It has thousands of years of history, and is an old capital blessed with lush greenery and a blue lake. I landed at the Noi Bai international airport. My secretary literally went pale at my sudden leave of absence. But when he realised that my decision is unwavering, surprisingly, he didn’t nag at me and helped to arrange for my travel. Perhaps it’s because he was the only who best understand how hectic my past few months was. I pulled an all-nighter to finish my work and left for Hanoi the next morning.
アルベルト: ここがユキの滞在しているホテルか。
Albert: So this is the hotel Yuki is staying at.
アルベルト: 待ち始めて一時間か……
Albert: It’s been an hour since I started waiting huh…
ホテルマン: 外出されているミスター東城をお待ちのようですが、ご伝言でしたら承りましょうか。
Hotel staff: You seem to be waiting for Mr Toujou, who’s currently out. If it’s a message, shall I pass it to him for you?
アルベルト: いや、直接会って話したいことがあるんだ。
Albert: No… there’s something I want to tell him in-person.
ホテルマン: では、何かございましたらいつでもお声をおかけください。
Hotel staff: Then, if you need anything, please don’t hesitate to call for me.
アルベルト: ありがとう。ユキ!
Albert: Thank you. Ah… Yuki!
雪嗣: アル…ベルト?
Yukitsugu: Al…bert?
アルベルト: ……ユキ。
Albert: Yuki…
雪嗣: な…んでここに?
Yukitsugu: Why are you here?
アルベルト: きみを追ってきた。
Albert: I came after you.
雪嗣: そん…な……だって……仕事…は?
Yukitsugu: That can’t be… but… what about work?
アルベルト: きみのほうが大事だ。きみより大切なものはない。……ユキ。
Albert: You’re more important. There’s nothing which can be more important than you. Yuki…
雪嗣: 本当に……しつこい人ですね。
Yukitsugu: Really… you’re such a persistent person.
アルベルト: ……っ。きみこそ逃げるなんて卑怯だよ。
Albert: You too, it’s unfair to run away.
雪嗣: 逃げてなんか……。
Yukitsugu: I wasn’t running…
アルベルト: 逃げたじゃないか。僕に何も言わずに休暇を取るなんて。
Albert: Didn’t you run away? Taking leave without telling me anything…
雪嗣: あなたに自分のスケジュールをお話しする義務はありませんから。
Yukitsugu: Because I have no obligation to tell you my schedule.
アルベルト: ユキ!
Albert: Yuki!
雪嗣: 放してください。
Yukitsugu: Please let go of me.
アルベルト: 逃げずに聞いてくれ。話がしたい。僕ときみのこれからのことを話し合いたいんだ。そのために休暇を取って、ハノイまできみを追ってきた。
Albert: Listen to me without running away. I want to have a talk, I want to discuss with you about our future. For that, I took leave and even came after you to Hanoi.
雪嗣: ですから、お話は済んだはずです。何度話し合っても返事は同じです。私はあなたと特別な関係になるつもりはありません。
Yukitsugu: As I was saying, our talk has been concluded. No matter how many times we talk, my answer won’t change. I have no intention of having a special relationship with you.
アルベルト: ……あんなに感じたくせに。すごく感じて、あられもなく乱れて、僕を甘く締めつけて何度も達した――違うか?
Albert: Even though you felt that much then? You felt so much and lost your composure without any reserve… you closed yourself around me sweetly and climaxed countless times, am I wrong?
雪嗣: 生理現象です。あなたも男ならわかるでしょう?
Yukitsugu: It’s a physical reaction. If you’re a man, you should understand right?
アルベルト: じゃあ僕と寝たのは遊びか?
Albert: Then did you sleep with me for fun?
雪嗣: ……ええ。
Yukitsugu: Yes…
アルベルト: ひどい男だな、きみは。僕の純情を弄んで、一晩楽しんだらポイ捨てか。
Albert: You’re such a mean person. You played with my pure feelings, and you’re throwing me away after one night of fun?
雪嗣: あの夜はあなただって楽しんだはずです。違いますか?
私なりにお伝えしたつもりでしたが……まだおわかりになっていないようですので、はっきりと申し上げましょう。私はあなたには、なんら特別な感情も抱いていません。
あの夜だって、別に相手はあなたじゃなくてもよかった。たまたまそういう気分だった時にあなたが側にいたから、手っ取り早く性欲を処理しただけです。
あなたの好奇心を満足させることもできて、好都合だと思いましたしね。
Yukitsugu: I’m sure you enjoyed yourself that night too, am I wrong? I thought I’ve done my part in telling you that, but it seems like you still don’t understand so let me say this clearly. I don’t hold any special feelings towards you. Even that night, it would have been fine even if it wasn’t with you. It was only coincidental that you were there when I was in the mood, so I used the fastest way to deal with my sexual desires. I thought it was convenient since your curiosity was satisfied as well.
アルベルト: 嘘だ。そんな……。
Albert: You’re lying! It can’t be…
雪嗣: それが逆効果になるとは、私の計算ミスでした。おわかりになったら、もう私のことなど構わずに、せっかくのバカンスを楽しんでください。
Yukitsugu: It’s a mistake on my part for it to have the opposite effect. Now that we’ve come to an understanding, don’t worry about me and enjoy your rare vacation.
アルベルト: 嫌だ。
Albert: No.
雪嗣: アルベルト?
Yukitsugu: Albert?
アルベルト: 僕は絶対にきみの側を離れない。僕の休暇だ。どんなふうに使おうが勝手だろう。きみが僕にきちんと本当のことを話してくれるまでは諦めないよ。
Albert: I definitely will not leave your side. It’s my vacation, it’s up to me to use it however way I wish to. I won’t give up until you tell me the truth.
雪嗣: 本当のこと?
Yukitsugu: The truth?
アルベルト: きみが遊びで男と寝るような人間じゃないことくらいわかる。二年半、ずっときみだけを見てきたんだから。とにかく、ここにいる間はきみから離れない。
Albert: I can tell that you aren’t the sort of man who would sleep with anyone for fun. Because I’ve always been looking at you for two and a half years. In any case, while I’m here, I won’t leave your side.
雪嗣: ……勝手になさい。
Yukitsugu: Do what you want.
アルベルト: ユキはいったん部屋に戻った後、ふたたびホテルを出て行った。どうやら、ハノイ市内のクラフトを扱う店舗を回る予定でいるらしい。ユキは一軒、一軒、こまめに覗いていった。
店内に足を踏み入れると、顔見知りらしい店主が笑顔でユキを出迎える。時には、店の奥のファクトリーに導かれたまま、なかなか出てこないこともあった。どうやら買いつけの交渉を行っている模様だ。
Albert: Yuki left the hotel again after returning to his room for a while. Seems like he plans to visit the area with the shops that deal with crafts. Yuki peeked into each and every shop carefully. When he stepped into a shop, the shop owner who seems like his acquaintance greeted him with a smile. He was showed to the factory behind the shop and hasn’t come out in a while. Seems like he’s negotiating a purchase agreement.
アルベルト: しかし……暑いな。
Albert: But, it sure is hot.
アルベルト: ひたすらユキの背中を追い続けて、かれこれ四時間が経とうとしている。その間、ユキが僕を振り返ることは一度もなかった。目を合わせることもしない。それはある程度、覚悟の上ではあったが……。
やがてユキは『旧市街』に入って行った。
Albert: While I was chasing after Yuki, about four hours has passed. Despite that, Yuki hasn’t even looked back at me, not even once. He doesn’t even make eye contact with me. That was, to some extent, what I’ve expected but… Soon, Yuki entered the old quarter.
アルベルト: 慣れた足取りで先を行くユキを追ってこの店に入ったけれど……ここはレストラン?
……ユキ。当然僕の存在に気がついているはずなのに、見事に無視されているな。
Albert: I entered this shop while following Yuki, who entered as though he’s familiar with this place… but is this a restaurant? Yuki… Of course he must have noticed me, but he’s doing a great job of ignoring me.
アルベルト: ん……?
Albert: Huh?
アルベルト: 注文もしていないのに、料理が出てくる。
Albert: Even though I didn’t order anything, food is being served.
アルベルト: うまい。
Albert: Delicious.
アルベルト: そういえば、ずっと歩きどおしで空腹だった。僕は夢中で出された料理を口に運んだ。
Albert: Come to think of it, I’ve been walking nonstop and haven’t eaten anything. I was absorbed in eating the food which was placed in front of me.
アルベルト: 今のはなんという料理?
Albert: What food was that?
雪嗣: 『チャー・カー』
Yukitsugu: “Ca Qua”.
アルベルト: 『チャー・カー』か。あの白身魚は何?
Albert: “Ca Qua” huh, what was that white fish?
雪嗣: 雷魚ですよ。
Yukitsugu: It’s snakehead.
アルベルト: 雷魚!?
Albert: Snakehead?!
雪嗣: わりといけるでしょう?
Yukitsugu: It’s unexpectedly delicious right?
アルベルト: ああ、すごくおいしかった。ハーブをオイルで炒めるところはイタリアの田舎料理に通じる気がして。
Albert: Yea… it was very tasty. It feels like frying herbs with oil will suit the Italian countryside really well.
雪嗣: お口に合ってよかったですね。
Yukitsugu: It’s good that you liked it.
アルベルト: 次はどこへ行くの?
Albert: Where are we going next?
雪嗣: …………。
Yukitsugu: (Yuki sighs and ignores)
アルベルト: どうせ同じ店で食事するなら、一緒のテーブルで食べたほうが楽しいと思わないか?
Albert: Since we’re going to eat at the same shop, don’t you think it’s more enjoyable if we ate at the same table?
雪嗣: …………。
Yukitsugu: (Yuki sighs and ignores)
アルベルト: せっかくふたりで異国にいるのに別々に食事をして、夜もそれぞれひとりで眠るなんて……寂しいと思わない?
Albert: Since we’re both in another country, don’t you think it’s lonely to have our meals separately and sleep by ourselves at night?
雪嗣: 私はひとり旅を寂しいとは思いませんから。ひとりで過ごすことには慣れていますし、かえって気楽です。私は人が嫌いなんです。
Yukitsugu: I don’t think that travelling alone is lonely. I’m used to being alone too, so it’s actually more enjoyable. I hate people.
アルベルト: 嘘だ。
Albert: That’s a lie.
雪嗣: 嘘?
Yukitsugu: Lie?
アルベルト: だってきみは、すごく楽しそうに【LOTUS】を切り盛りしているじゃないか。
Albert: Because, weren’t you managing Lotus while having a lot of fun?
雪嗣: それは……仕事……ですから。
Yukitsugu: That is… because it’s work.
アルベルト: サービス業というのは、根底で人間を好きじゃないと続かないよ。どんなに言葉遣いが丁寧でも、もてなしに心が籠もっていないのは、おのずと客にわかってしまうものだしね。
三十分もカフェにいれば、きみがどんなにあの店を愛しているかが自然と伝わってくる。
無意味に愛想を振りまくことはないけれど、ひとりひとりが居心地よく過ごせるように、細心の心配りを持って客と接しているきみを、僕は長く見てきた。
Albert: When you’re in the service industry, you won’t be able to continue long if you fundamentally hate humans. Because no matter how polite you are, the customers will be able to tell right away if your heart isn’t in your servicing. I just have to spend 30 minutes in that café, I can naturally tell how much you love that shop. I’ve been looking at you for a long while. You might not make yourself pleasant to everyone, but you meticulously care for every single one of your customers to ensure that they’re comfortable.
雪嗣: ……買いかぶりです。
Yukitsugu: You’re exaggerating.
アルベルト: そんなことはない。今日だって、足を棒にしてショップを回っていたのは、すべて【LOTUS】のためじゃないか。
きみはやさしい人だよ。さっきだって、僕が困らないように、あの店を選んでくれた。あそこならメニューはひとつで、現地の言葉が通じなくても食事にありつくことができるからね。
そんなきみだから……好きになった。もしきみが幸せならば、僕もこんなふうには執着しない。だけど、きみはいつも寂しい目をしているから……。
Albert: That certainly isn’t the case. You walked all over the place to scout shops, isn’t everything for the sake of Lotus? You’re a kind person. Even just now, you chose that restaurant so that I won’t be troubled. At that place, there’s only an item on the menu. Even without knowing the native language, I can have my meal. It’s because you’re like that, I fell in love with you. If you’re happy, I won’t be so obsessed. But, you always look lonely…
雪嗣: 手を、放して……ください。
Yukitsugu: Let… go of my hand.
ダオ: ユキ!
Dao: Yuki!
雪嗣: ダオ!?
Yukitsugu: Dao?
ダオ: スアンが連れていかれた。
Dao: Xuan was taken away!
雪嗣: スアンが? 誰に?
Yukitsugu: Xuan was? By who?
ダオ: シャオピンの一味。返して欲しければ金を寄越せって。
Dao: By Shaopin’s gang, they said to hand money over if we want him to be returned…
雪嗣: 金?
Yukitsugu: Money?
ダオ: あの日本人が持ってるだろうって……。
Dao: They said that the Japanese guy would have it…
アルベルト: ユキ、何か厄介ごと?
Albert: Yuki, did some trouble happen?
雪嗣: あなたには関係のないことです。
Yukitsugu: It has nothing to do with you.
アルベルト: こうして話を聞いてしまった以上、知らんふりはできない。何かトラブルがあったのなら力になりたい。
Albert: Now that I’ve heard the story, I can’t act like I don’t know anything. If there’s any trouble, I would like to be of strength to you.
雪嗣: ……あなたには関係ありません。
Yukitsugu: It has nothing to do with you!
アルベルト: ダオ、僕はアルベルト。ユキの友達だ。
Albert: Dao, I’m Albert. I’m Yuki’s friend.
ダオ: アルベルト?
Dao: Albert?
アルベルト: そうだ。フルネームはアルベルト・フランチェスコ・ディ・エンリケだけど、友人たちはアルベルトと呼ぶ。きみもそう呼んでくれるかい?
Albert: That’s right. My full name is Albert Francesco d’Enrique, but close friends call me “Albert”. Would you call me that too?
ダオ: う……うん。
Dao: Y-yes.
アルベルト: これでもう、僕らは友達同士だ。もしきみが何か困っているのなら力になりたい。助けたいんだ。
Albert: With that, we’re all friends now. If you are in any sort of trouble, I would like to be of strength to you. I want to help you.
ダオ: ユキ? アルベルトが助けてくれるって?
Dao: Yuki? Albert said that he would help us.
雪嗣: どうせ……どんなに拒んでも勝手についてくるのでしょう?
Yukitsugu: (Yuki sighs) No matter how many times I reject you, you’re planning on coming along anyway, right?
アルベルト: ユキ。
Albert: Yuki.
雪嗣: あなたは本当に言い出したらきかないですからね。
Yukitsugu: When you’ve made your decision, you won’t listen.
アルベルト: 僕の持ち味を認めてくれてうれしいよ。
Albert: I’m happy that you understand my inherent character so well.
雪嗣: このあたりは夜になると物騒なんです。勝手にひとりで動かれるよりは、私と一緒にいたほうがまだ安全ですから。
Yukitsugu: This area is dangerous when it gets dark. Rather than having you make your move by yourself, it’s safer if you’re with us.
アルベルト: ……サーカス? こんなところにサーカスがあるなんて、知らなかった。
Albert: Circus? I didn’t know that there’s a circus at such a place.
雪嗣: これでもヨーロッパで訓練を積んだサーカス団なんですよ。空中ブランコこそありませんが、ゾウやクマなどの動物を使った曲芸や、梯子のアクロバット、曲乗りなど、ひととおりの演目はこなします。
Yukitsugu: Despite its looks, this is a circus troupe which underwent training in Europe. Even though they don’t have a trapeze, they have acrobatics involving elephants or bears, acrobatic acts with ladders, trick riding, and all sorts of basic performances.
アルベルト: へぇ……。
Albert: Wow…
雪嗣: あいにく本日は定休日ですが……。
Yukitsugu: Unfortunately, today is their rest day…
ダオ: こっちこっち!
Dao: Over here!
雪嗣: 団員の控え室です。
Yukitsugu: It’s the changing room of the troupe members.
ダオ: お祖母ちゃん、ユキ連れてきたよ。
Dao: Grandmother, I brought Yuki here.
雪嗣: ホン。
Yukitsugu: Hong.
ホン: ユキ!
Hong: Yuki! (Hong sobs)
雪嗣: 大丈夫、僕に任せて。安心して、ね。
Yukitsugu: Don’t worry, leave it to me. Calm down, all right?
ホン: ユキ……。
Hong: Yuki…
アルベルト: ダオとスアンは兄弟なんだね?
Albert: Dao and Xuan are brothers?
雪嗣: ええ。普段は学校に通いながら、休みの日だけ、ここのサーカスで曲馬をやっています。
Yukitsugu: Yes. They go to school during normal days, and practice trick riding at the circus during their rest days.
アルベルト: 曲馬というのは、騎馬民族のパフォーマンスなどで見るような、走る馬の上に立ったり、逆立ちしたりする……あれ?
Albert: By trick riding, you mean those performances by equestrian tribes where they stand or do handstands on a trotting horse?
雪嗣: そうです。ステージを周走するポニーを操り、自分たちもさまざまなアクロバットを披露します。演目のラストを飾る彼らはサーカスの花形で、とても人気があるんです。
Yukitsugu: That’s right. They handle ponies which circumvent the stage and perform all sorts of acrobatic acts. They are the stars who wrap up the show of the circus and they are very popular.
アルベルト: そのスアンがなぜ攫われるの?
Albert: Why was that Xuan abducted?
雪嗣: 私のせいです。
Yukitsugu: It’s my fault.
アルベルト: きみのせい?
Albert: Your fault?
雪嗣: 私が……彼らの生活を援助していることが、この界隈で噂になっていたらしくて……。
Yukitsugu: There seem to be rumours floating around in this industry that I’m supporting their livelihood.
アルベルト: 本当に援助しているの?
Albert: Are you really supporting them?
雪嗣: はい。
Yukitsugu: Yes.
アルベルト: つまり――タチの悪いチンピラたちが、きみがハノイへやってきたのを知り、金目当てでスアンを連れ去った。スアンの身柄と引き換えに、いくらかの金銭を寄越せと脅しをかけてきているわけか。
Albert: In other words, some punks with bad intentions found out that you came to Hanoi and abducted Xuan with ransom in mind. So they’ve sent a threat requesting for money in exchange for Xuan’s safety?
雪嗣: 今は相手からの連絡待ちの状態です。
Yukitsugu: Right now, we’re waiting for the other party to contact us.
アルベルト: やつらの要求金額は?
Albert: How much did they ask for?
雪嗣: 日本円に換算して約百万です。
Yukitsugu: It’s around a million yen if you convert it to Japanese yen.
アルベルト: 百万? それはまた……。
Albert: A million? That is…
アルベルト: ベトナムの貨幣に換算すれば、相当の大金になるに違いない。
Albert: Judging by the Vietnamese currency’s rates, that has to be a huge amount of money.
雪嗣: 日本人は誰もが大金を持っていると思われているんです。
Yukitsugu: They seem to think that all Japanese have a lot of money.
アルベルト: 警察には届け出をしないの?
Albert: Are you going to report this to the police?
雪嗣: 警察に知らせたら、スアンの脚を折ると脅しているようです。
Yukitsugu: They’ve threatened to break Xuan’s legs if we report this to the police.
アルベルト: 本当に、その脅しを実行するだろうか。
Albert: Will they really do that?
雪嗣: シャオピンの一味は、やり口が荒っぽいので有名です。見せしめのために脚を折るくらいやりかねません。
そんなことをされて、もし後遺症が残ったら……二度と馬に乗れなくなってしまう。
Yukitsugu: Shaopin’s gang is famous for their rough way of handling matters. It’s not impossible for them to break someone’s legs just to set an example. If something like that happens and the after effects remain… he will never be able to ride a horse again.
アルベルト: それで――きみはどうするつもり?
Albert: Then, what do you plan to do?
雪嗣: スアンの脚には代えられませんから……要求を呑みます。
Yukitsugu: Since I can’t replace Xuan’s legs, I will give in to their demands.
アルベルト: 用意はあるの?
Albert: Have you made the preparations?
雪嗣: 買いつけ用のキャッシュがいくらか。足りない分は後日渡すということで、なんとか納得してもらいます。
Yukitsugu: I have some money meant for the purchasing. I will try my best to convince them that I will hand them the remaining amount later.
ダオ: ユキ!
Dao: Yuki!
雪嗣: シャオピンから連絡が?
Yukitsugu: Has Shaopin contacted us?
ダオ: うん。
Dao: Yea.
アルベルト: じゃあ、行こうか。
Albert: Then, shall we go?
雪嗣: あなたはここに残ってください。
Yukitsugu: You stay here.
アルベルト: ここまできて、いまさらそれはないだろう。
Albert: We’ve come to this stage, why are you saying this now?
雪嗣: いまさらも何も、初めからそのつもりはありませんでしたから。あなたをここへ連れてきたのは、下手に夜の旧市街を徘徊されても困るからで、取り引きの片棒を担がせるためではありません。
Yukitsugu: It’s not a sudden thing, I didn’t have that intention right from the start. I brought you here, because it would be troubling if you were to loiter around at night in the old quarter. I didn’t intend for you to participate in the exchange.
アルベルト: そんな恐い顔をしないでくれ。絶対に足手まといにはならないから。後ろのほうでおとなしくしているよ。
Albert: Don’t look so scary, I definitely won’t be a hindrance. I’ll stay obediently behind you.
雪嗣: 駄目なものは駄目です。
Yukitsugu: No means no.
アルベルト: そう無下に言わずに。付き添うだけでいいんだ。それで安心するから。
Albert: Don’t refuse me so blatantly, I’ll just be escorting you. With that, I can gain a peace of mind.
雪嗣: 付き添いなんて必要ありません。私ひとりで大丈夫です。
Yukitsugu: I don’t need an escort, I will be fine alone.
アルベルト: ひとり残されたら……きみが心配で矢も盾もたまらず、警察に駆け込むかもしれない。
Albert: If I’m left alone here, I might get overly worried about you and go running to the police.
雪嗣: ……脅すつもりですか?
Yukitsugu: Are you threatening me?
アルベルト: そう受け取られても仕方がないね。
Albert: I can’t help it if you take it that way.
雪嗣: 終始、傍観者の立場を守ると誓うのなら。
Yukitsugu: If you swear to remain as a spectator, from start till end.
アルベルト: ありがとう。
Albert: Thank you.

back to top ↑


Track 2: 駆け引き

アルベルト: ……すごいな。
Albert: Amazing.
雪嗣: 二年前に閉鎖されたマーケットの跡地らしいです。
Yukitsugu: Seems like it’s the abandoned grounds of a market which was closed two years ago.
アルベルト: ――どうした?
Albert: What’s wrong?
雪嗣: しつこいようですが……たとえ何があっても、あなたは傍観者の立場を守ってください。いいですね?
Yukitsugu: I might be repeating myself, but no matter what happens, please remain as a spectator. Do you understand?
アルベルト: わかった。
Albert: I got it.
雪嗣: もし、万が一にでもあなたの身に何かあったら、私は今後二度と大城オーナーに顔向けができません。
Yukitsugu: If, by any chance, something were to happen to you, I will never be able to show my face to owner Daijou ever again.
アルベルト: わかっている。余計な手出しはしない。誓うよ。
Albert: I understand, I swear, I won’t interfere unnecessarily.
アルベルト: ここに来るまで、何度同じやりとりを繰り返しただろう。
Albert: On our way here, how many times have we repeated the same conversation?
アルベルト: そろそろ……時間だな。
Albert: It’s about time right?
アルベルト、雪嗣: ……っ。
Albert, Yukitsugu: Ah…
チンピラ: おら、歩け!
Punk: Hey, move it!
ダオ: スアン! スアン!!
Dao: Xuan! Xuan!
スアン: ダオ!
Xuan: Dao!
チンピラ: おっと、逃がすかよ。
Punk: As if I’ll let you escape…
ダオ: スアン!
Dao: Xuan!
アルベルト: 落ち着くんだ、ダオ。スアンは絶対に無事に救い出すから。
Albert: Calm down, Dao. We will definitely rescue Xuan.
雪嗣: あなたはここでダオを見ていてください。
Yukitsugu: Stay here and watch over Dao.
アルベルト: しかし……。
Albert: But…
雪嗣: 手出しはしないと約束したはずです。
Yukitsugu: You promised not to interfere.
アルベルト: ユキ……。
Albert: Yuki…
シャオピン: 金は用意してきたか?
Shaopin: Have you prepared the money?
雪嗣: ああ。だが、百万もの大金を今すぐに用意することはできない。
Yukitsugu: Yes. But, I can’t prepare such a huge amount of one million right now.
チンピラ: 何だと? 手ぶらでのこのこ来たってわけか。
Punk: What did you say? So you came here nonchalantly empty-handed?
雪嗣: 手持ちの金ならいくらかある。足りない分は後日、必ず渡す。だから……。
Yukitsugu: I have some money with me right now and I will definitely hand over the remaining amount later. So…
チンピラ: 信じられるか。俺たちを誤魔化そうって魂胆に違いねえ。
Punk: As if we can believe you, you must be thinking of deceiving us.
雪嗣: だがないものは渡せない。
Yukitsugu: But I can’t give you what I don’t have.
シャオピン: そうかい。そいつは仕方ないな。おい……。
Shaopin: Is that so? Then it can’t be helped. Hey… (Punk laughs)
ダオ: ……スアンッ。スアン、スアン!
Dao: Xuan… Xuan! Xuan!
雪嗣: 駄目だ、ダオ。
Yukitsugu: You can’t, Dao!
ダオ: スアン、スアン!
Dao: Xuan, Xuan!
アルベルト: ダオ、お願いだ。スアンは僕が救うと約束する。だから無茶はしないでくれ。
Albert: Dao, please. I promise that I’ll rescue Xuan. So please don’t be reckless.
ダオ: アル…ベルト?
Dao: Al… bert?
アルベルト: 交渉は僕が受け持つ。だからユキ、きみはダオの側にいて。
Albert: I will negotiate with them, so Yuki, you stay by Dao’s side.
雪嗣: そんな……駄目です! 約束がちが…っ。
Yukitsugu: That… you can’t! You promised me…
アルベルト: 仕事柄、交渉ごとには慣れている。安心して任せてくれ。
Albert: I’m used to negotiating because of my work. So just leave it to me and don’t worry.
雪嗣: あなたの仕事相手のビジネスマンと、やつらは全然違いますっ。アルベルト!
Yukitsugu: They are totally different from the businessmen whom you work with. Albert!
アルベルト: ダオが飛び出さないよう、ちゃんと捕まえていて。
Albert: Hold onto Dao properly so that he doesn’t come rushing forward.
雪嗣: アルベルト!
Yukitsugu: Albert!
アルベルト: ……さて。今から、きみたちの交渉相手はこの僕だ。彼の用意が足りなかった分は僕が工面しよう。
Albert: Now then… from now on, I shall be your negotiation partner. I will provide the amount of money he lacks.
雪嗣: アルベルト! これは私の問題ですっ!
Yukitsugu: Albert! This is my problem!
アルベルト: このプラチナカードで、きみたちが欲しいだけの現金を引き出して渡す。だからスアンを放してくれ。
Albert: With this platinum card, I will draw out the amount of money you want and hand it over. So, release Xuan.
シャオピン: キャッシュと交換だ。それ以外はダメだ。
Shaopin: I’ll do the exchange with cash, I don’t accept anything else.
アルベルト: それは難しい。こんな時間では銀行も開いていないしな。
そうだ。では、現金の代わりに時計を渡そう。ブラックマーケットで売りさばいても、最低百万の値はつくはずだ。
Albert: That will be difficult. At such a time, banks aren’t open either. That’s right. Then, in exchange for cash, I’ll give you my watch. If you sell this in the black market, it will fetch a minimum sum of a million.
シャオピン: 本物か確かめさせろ。
Shaopin: Let us check if it’s real.
アルベルト: いいだろう。――ほら。
Albert: Sure, here you go. (Albert throws his watch over)
シャオピン: おっと……。ほう、こいつは……。
Shaopin: Oh… Ho… this is…
アルベルト: そうだ。間違いなく本物だ。限定製造の希少モデルでプレミア付き。ユーズドでも価値が下がることはない。
さぁ、時計は渡した。スアンを返してくれ。
Albert: That’s right, it’s definitely the real thing. It’s a rare limited edition model, there’s a premium attached to it and the price won’t go down as time passes. Now, I’ve handed the watch over. Return Xuan to us.
シャオピン: 他にはないのか? 金目のものをもっと渡せ。
Shaopin: Don’t you have any others? Hand all your valuables over.
アルベルト: 欲張りなチンピラだな。
Albert: What a greedy gangster.
雪嗣: アルベルト。もうこれ以上は……。
Yukitsugu: Albert… Don’t give any more…
アルベルト: ……仕方がない。この指輪はどうだ? ゴールドだ。見えるか?
これとスアンを交換だ。――おっと、今度は先渡しはナシだ。まずはスアンを前へ。
Albert: It can’t be helped. How about this ring? It is gold, can you see? I’ll exchange this for Xuan. Wait a minute, this time I won’t hand it over first. Let Xuan step forward first.
チンピラ: シャオピン、どうする?
Punk: Shaopin, what should I do?
シャオピン: よし。
Shaopin: All right.
アルベルト: チェンジ。よし、行け。
Albert: Change. All right, go! (Xuan runs to Dao)
ダオ: スアン!
Dao: Xuan! (Albert sighs in relief)
雪嗣: アルベルト!
Yukitsugu: Albert!
アルベルト: 喉元にナイフが……
Albert: A knife at my throat…
チンピラ: その……首のネックレスを渡せ。
Punk: Hand over that necklace around your neck.
アルベルト: ネックレスって……これ?
Albert: Necklace… (Albert takes it off) this?
シャオピン: そうだ。それも寄越せ。
Shaopin: That’s right, hand it over too.
アルベルト: これは渡せない。大事なものなんだ。それにただのクロスで、貴金属としての価値はないよ。
Albert: I can’t hand this over, it’s something important. Anyway, it’s just a cross. There’s no value of gold in it.
シャオピン: 今、大事なものと言ったな。さぞかし高価なんだろう。寄越せ!
Shaopin: You just said that it’s important, it should be something valuable. Hand it over!
アルベルト: 困ったな。本当になんの価値もないのに。
Albert: How troubling, it really doesn’t have any value.
チンピラ: ぐだぐだ言ってねえで、早く渡せ!
Punk: Stop mumbling and hand it over quickly!
アルベルト: ……痛っ。
Albert: Ouch…
雪嗣: アルベルト!
Yukitsugu: Albert!
アルベルト: 少し切れたか。
Albert: I got cut slightly huh?
雪嗣: お願いですから、そのクロスを渡してくださいっ!
Yukitsugu: I’m begging you, please hand that cross over!
アルベルト: いくらきみの頼みでもこれだけは渡せない。
Albert: Even if it’s your plea, I can’t hand this over.
チンピラ: それなら奪うまでだ。
Punk: In that case, then I just have to snatch it.
シャオピン: グェッ。
Shaopin: Argh!
チンピラ: シャオピン!
Punk: Shaopin!
シャオピン: く、首が……苦しい……。
Shaopin: M-my neck… hurts…
アルベルト: 立場が逆になったな。取り引きは終わったはずだ。これ以上欲をかくと、おまえたちのリーダーの血が流れることになる。
Albert: Our positions switched, the exchange should have ended. If you wish for any more, your leader’s blood will flow.
チンピラ: 何!
Punk: What?
シャオピン: 動くな、おまえら! こいつは……本気だ。
Shaopin: You guys, don’t move! This guy is… serious.
アルベルト: 約束して欲しい。二度と彼ら兄弟とその家族には手を出さないこと。
もし約束を違えたら……僕はおまえたちを許さない。必ず、地の果てまでも追いかけて……息の根を止める。OK?
Albert: I want you to promise me, to never lay your hands on these two brothers and their family again. If you break your promise, I will not forgive you. I will definitely pursue you to the ends of the earth and cease your breathing. Okay?
シャオピン: ……っ。
Shaopin: Uh…
アルベルト: じゃあ、これで交渉成立だ。おい、お仲間を忘れているぞ。
Albert: Then, with this the negotiation is complete. Hey, you’re leaving your comrade behind. (One of the punk groans)
チンピラ: おい、行くぞ。ほら!
Punk: Oi, let’s go. Come on!
アルベルト: ああ――もうひとつ忘れていた。そのナイフ、気絶している彼に返しておいてくれるかな。
Albert: Ah… I forgot about one more thing. (Albert throws knife over) Can you return this knife to that man who has fainted?

back to top ↑


Track 3: 101回目のプロポーズ

アルベルト: スアンを無事取り戻した後、僕たちは再びサーカスの控え室へ戻ってきた。
兄弟と彼らの祖母が感動の再会を果たす姿を見届けてから、別室に移った僕は、ユキに傷の手当をしてもらうことになった。
Albert: With Xuan returned safely, we returned to the changing room of the circus once again. After watching the emotional reunion scene between the brothers and their grandmother, I shifted to another room and Yuki tended to the wound on my hand.
雪嗣: 本当に申し訳ありません。
Yukitsugu: I’m really sorry.
アルベルト: 出し抜けに何?
Albert: All of a sudden, why?
雪嗣: …結局、シャオピンたちに腕時計と指輪を取られてしまいました。
Yukitsugu: In the end, your watch and ring got taken away by Shaopin and his gang.
アルベルト: ああ、それか。気にしなくていいよ。ああいった手合いには『飴と鞭』が有効だからね。
一応、金品は手に入れてリーダーの面子は立っただろうし、脅しが効いている間は手を出してくることはないだろう。
Albert: Oh, that? Don’t worry about it. With that kind of people, the carrot and stick approach is especially effective. As far as it goes, the leader didn’t lose his face because he got gold valuables in exchange. While the threat is still in place, they probably won’t do anything.
雪嗣: すぐにとはお約束できませんが、必ずお返ししますので。
Yukitsugu: I can’t promise to do so immediately, but I will definitely return you the money.
アルベルト: だから気にしなくてもい……痛っ。その……もう少しやさしく手当してくれないかな?
Albert: I was saying not to worry… ouch… That, can you take care of it more gently?
雪嗣: これでもめいっぱいやさしくしているつもりですが。
Yukitsugu: I thought I’m being very gentle already.
アルベルト: ……これは。
Albert: This is…
アルベルト: もしかして……怒ってる?
Albert: Could it be… are you angry?
雪嗣: 怒っています。
Yukitsugu: I am angry.
アルベルト: ユキ。
Albert: Yuki.
雪嗣: あんな……無茶をして……。かすり傷で済んだからいいようなものの。もし……もし刺されでもしたら…っ。
Yukitsugu: Being so… reckless… You’re lucky that you only got a slight cut. What if… what if you were stabbed…
アルベルト: 常にクールで、自制心の塊のようなユキが僕を心配して――?
Albert: The Yuki who is always calm, never losing his composure. Is he worrying about me…?
アルベルト: ごめん。
Albert: I’m sorry.
雪嗣: あなたが……刃に晒されているのを見て、心臓が……止まるかと思いました。
Yukitsugu: When I saw you… being stabbed by the blade… I thought my heart… would stop.
アルベルト: ……うん。
Albert: Uhm.
雪嗣: 二度と……あんな無茶はしないでください。
Yukitsugu: Please don’t… do that sort of reckless thing ever again.
アルベルト: ……うん。――誓うよ。もう二度と、きみを悲しませるようなことはしない。
ユキ……。
Albert: Yea. I swear. I will never do anything to sadden you. Yuki…
雪嗣: 手当ては……終わりです。
Yukitsugu: I’m done taking care of your wound.
アルベルト: ……ありがとう。
Albert: Thank you.
雪嗣: それにしても……驚きました。あなたがあんなに強いなんて。
Yukitsugu: Also, I was surprised that you were that strong.
アルベルト: 二十代のなかばからボクシングを始めて――今でも週に二度はジムに通っているんだ。デスクワークばかりだと、どうしても体が鈍ってしまうから、エクササイズを兼ねてね。
Albert: I started boxing when I was in my twenties and I still go to the gym twice a week now. Because my body will get weaker if I’m always doing desk work, I wanted to do some exercise.
雪嗣: そういったフィジカルな強さとはまた違う意味で……妙に場慣れしているというか。駆け引きに長けている気がして……。
Yukitsugu: That sort of physical strength is another matter… it seems like you’re strangely used to it… it feels like you’re used to making such gambles.
アルベルト: つまり――喧嘩の駆け引きだね。
Albert: In other words, the gamble on fights right?
雪嗣: 普通は、ナイフを突きつけられたり脅されたりと、ああいった危険な状況に置かれたら、もっと狼狽すると思うんです。なのにあなたは、恐いほどに冷静だった。
Yukitsugu: I think normally, when you are stabbed with a knife, threatened or placed in that sort of dangerous situation, you should be more panicked. Despite that, you were frighteningly calm.
アルベルト: そう?
Albert: Is that so?
雪嗣: 正直に申し上げて、あの時のあなたは、私が存じ上げている――紳士でやさしいアルベルトではありませんでした。不敵で獰猛な気を孕んで……まるで別人のようだった。
Yukitsugu: To put it bluntly, the you at that time wasn’t the gentlemanly and kind Albert whom I know. You were tough and fierce, as though you were someone else.
アルベルト: そんなに意外だった?
Albert: Was it that unexpected?
雪嗣: ええ。とても意外でした。生まれつき裕福な育ちで、暴力や揉めごととは無縁の生活をしていらっしゃったのかと思っていましたから。
Yukitsugu: Yea. It was very unexpected, because I thought that you were brought up in a prosperous environment where you didn’t have to face violence or disputes.
アルベルト: 僕は裕福な育ちなんかじゃないよ。
Albert: I wasn’t brought up in prosperity.
雪嗣: ――え?
Yukitsugu: Huh?
アルベルト: 前にシチリア島の出身だという話はしたよね。僕は父親の顔を知らないんだ。生まれてこの方ずっと母の手ひとつで育てられた。
Albert: Previously, I talked about being brought up in Sicily right? I’ve never seen my father before. Since I was born, I’ve been brought up by my mother alone.
雪嗣: ……アルベルト。
Yukitsugu: Albert…
アルベルト: 当然生活は貧しくて……恥ずかしい話だけれど、少年の頃は相当にぐれていた。
Albert: Life was definitely poor. It’s embarrassing, but when I was young, I was quite the delinquent.
雪嗣: …………。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: 人を殺めていないのが唯一の救いといった有り様で……かなり母親を泣かせたよ。
でも思春期を過ぎると、腕力でしか人を動かせない自分に鬱屈を抱えるようになってね。十六歳の時に単身ミラノへ渡った。
Albert: The only bright spot I had was the fact that I didn’t kill anyone. I made my mother cry quite frequently. But after the rebellious phase, I started to despair at myself for not being able to affect others with mere brute strength. When I was sixteen, I left for Milan alone.
雪嗣: それは十字架?
Yukitsugu: Is that a cross?
アルベルト: ああ。これは――故郷を出る際に、母が手渡してくれたお守りなんだ。
Albert: Yea. This is a good luck charm my mother passed to me before I left my hometown.
雪嗣: お母様の……。だからさっき、これだけは渡せないと仰ったんですね。
Yukitsugu: Your mother’s… That’s why you said that you can never hand this over just now.
アルベルト: どんなに生活が苦しくても……二度と身を持ち崩すことのないようにと――祈りを込めて首にかけてくれた。
事実、誘惑に屈することなく、日々の食事にも事欠くような生活を乗り越えることができたのは、これのおかげだと思っている。
ミラノに出てからは無我夢中だった。幸い語学が得意だったから、小さな家具メーカーの工場で働きながら、必死で日本語や英語、フランス語などを覚えて……。
それが認められて、当時の工場の取引先だった【LABO】に営業として引き抜かれたのが二十三歳の時。それからミラノ・ブランチの支社長、ローマ本社の部長職へと進み、三十二歳の夏。
日本に来て、きみと出会った。
Albert: “No matter how tough life gets, I wish that you will never degrade yourself again.” Praying that for me, she hung it around my neck. Honestly, I think I was able to not yield to temptation and survive the days without food because of this. When I reached Milan, I was at a lost. Luckily, I was good in languages. While I worked in a small carpenter shop, I frantically learned Japanese, English and French. That effort was recognised and I was able to get my job at my current workplace LABO at the age of 23. From then on, I rose to become the branch manager at Milan, and to the section chief at the Roman headquarters. It was the summer when I was 32 years old. Then on, I came to Japan and met you.
雪嗣: …………。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: こうやって改めて振り返ってみると、僕のこれまでの人生の軌跡は、すべてきみと巡り逢うためにあったような気がする。
Albert: Now that I look back at my life, it feels like the path of my life – everything happened so that I could meet you.
アルベルト: ユキは物思いに沈んでいるふうで、ずっと無言だ。このまま会話もなく別々のホテルに着いて、離れ離れの夜を過ごすのか。
Albert: Yuki seems to be absorbed in his thoughts and he maintained his silence. Will this silence continue until we reach the hotel, and will we spend the night separately?
雪嗣: ここで止めてください。
Yukitsugu: Please stop here.
アルベルト: ……?
Albert: Huh?
雪嗣: 先に降りてください。
Yukitsugu: Please get down first.
アルベルト: ああ。
Albert: Okay.
アルベルト: 湖?
Albert: A lake?
アルベルト: なぜここに? 静かだね。……ユキ?
Albert: Why are we here? It’s quiet… Yuki?
雪嗣: あのベンチで少し休みませんか。
Yukitsugu: Let’s rest for a while on the bench over there.
アルベルト: いいよ。休もう。
Albert: All right, let’s rest.
雪嗣: 先程――あなたはご自身の過去を包み隠さず話してくださいました。ですので、今度は私が……お話したいと思います。……聞いていただけますか?
Yukitsugu: A while ago, you told me about your past without hiding anything. So, I think I would like to speak about mine now. Will you be willing to listen to me?
アルベルト: もちろん。
Albert: Of course.
雪嗣: 私は子供の頃はとても裕福で、何ひとつ不自由なく育ちました。でも十六歳になった年に父の会社が不渡りを出して……追い詰められた父は闇金融に手を出し、暴力団関係者に追われる身となってしまいました。
父は母と私を逃がして……自分は人手に渡った屋敷で首を吊りました。父なりに、自らの命を絶つことで、負債者に詫びようとしたのでしょう。
事実、父の保険金である程度の補填はできました。――けれど、それですべてが贖えたわけではなかった。
父の死後も私たちは追っ手から逃れて、日本中を点々と放浪しました。そしてある夜ついに……。
Yukitsugu: I was very wealthy when I was young and I was brought up without a single worry. But when I turned 16, my father’s company dishonoured a bill… he was driven into a corner and borrowed money from black market lenders. He ended up being chased by people related to gangsters. Father let mother and I escape, and hung himself in our mansion which has become someone else’s property. For my father, by ending his own life by himself, he might have meant it as an apology towards his debtors. From his insurance, we received a sum which could compensate to a certain extent. But, it wasn’t able to compensate for everything. With father’s death, we escaped from our pursuers and wandered around various parts of Japan. And one night, finally…
アルベルト: 見つかってしまったのか?
Albert: Were you found?
雪嗣: あの夜のことは、今でもはっきりと覚えています。深夜突然、アパートの部屋に数人の男たちが乗り込んできたのです。
半日後、事務所に連れ込まれ、組のトップに引き合わされました。初老の男は私と母に一億近い額の借用書を見せ、一生をかけて支払えと命じました。
しかし私たちにはなんの能力もない。母はお嬢さん育ちで、それまで働いたことなど一度もなかった。なおさら度重なる心労のために、少し精神に変調を来たしていました。
私は、自分がふたり分働くから、母だけは解放して欲しいと男に懇願しました。申し出は受け入れられましたが、その代わりに差し出された条件は、予想だにしないものでした。
男は私に……自分の愛人になれと言いました。
当時十七だった私に他の選択肢はなかった。
Yukitsugu: I can still remember what happened that night clearly. In the middle of the night, several men barged into our apartment suddenly. Half a day later, we were brought to their office and met their group leader. The aging man showed mother and me a promissory note of close to a hundred million and ordered us to spend the rest of our lives to repay it. But we had no skills. Mother was brought up as a rich lady and she has never worked a day in her life before. At that time, the stress had been building up and there was some slight change in her spirit. I negotiated with the man, asking for my mother to be released as I was willing to work two person’s worth. My request was acceded to, but in exchange for that, the conditions were far beyond my expectations. That man asked me to… become his lover. I was still 17 years old and I had no other choice.
アルベルト: ユキ……。
Albert: Yuki…
雪嗣: 私は……男のものになりました。
Yukitsugu: I… become that man’s lover.
アルベルト: ユキ……。
Albert: Yuki…
雪嗣: 借金の形にやくざの愛人に身を落として五年目――男は私を養子にしました。『東城』というのは、私を飼っていた男の名前です。
それからさらに三年後、男は病に倒れました。死の直前、男は私を枕元に呼び、証書を目の前で焼き、『これでおまえは自由だ』――それが男の最期の言葉になりました。
Yukitsugu: 5 years as a yakuza’s lover in exchange for a debt, the man adopted me into his family. “Toujou” is the name of the man who supported me. Another 3 years later, the man collapsed from illness. At his deathbed, he called me to his side and burned the promissory note in front of my eyes. “With this, you are free.” And that became the last phrase he uttered.
アルベルト: なぜ、僕たちはもっと早く出会わなかったのだろう。もう十年早く巡り逢っていたなら、どんな手を使っても、たとえこの手を血に染めてでも、彼を救い出したのに――。
Albert: Why didn’t we meet earlier? If we had met 10 years earlier… no matter what method I’d have to use, even if I had to stain my hands in blood, I would have saved him…
雪嗣: 男の死後、目的を失った私は生きる屍のようでした。屋敷を出て、小さなアパートで暮らし始めましたが、何をするのにも気力が湧かなくて……。
それでも、とりあえずは生きていくために働かなくてはならない。新宿のバーでバーテンダーをしていたところに、幼なじみの陣内オーナーと大城オーナーが訪ねてきました。それが、今から五年前のことです。
おふたりは昔のよしみで私を雇ってくださいました。【LOTUS】にかかわるようになって、私は生まれて初めて、仲間と一緒に働く喜びというものを知りました。
そして……あなたと出会った。
Yukitsugu: After his death, I became a living corpse as I’ve lost my reason to live. I left the mansion and started living in a small apartment but I couldn’t get my heart into anything I do… Despite that, I had to work if I wanted to survive. When I was working at a bar in Shinjuku, my childhood friends owner Jinnai and owner Daijou came to visit. That was 5 years before now. The both of them hired me because I’m their old friend. After starting my work at Lotus, for the first time in my life, I found out the joy of working with friends. And, I met you.
アルベルト: ……ユキ。
Albert: Yuki…
雪嗣: もう、おわかりでしょう? 私があなたを拒んだ理由が。
Yukitsugu: Do you understand now? The reason why I’ve been rejecting you.
アルベルト: 理由?
Albert: Reason?
雪嗣: 私は汚れているんです。
Yukitsugu: I’m defiled.
アルベルト: 何を言って……。
Albert: What are you say…
雪嗣: 父を死に追いやった男の愛人をして……八年間ものうのうと生きてきた。身も心も腐れ切った、どうしようもない男なんです。
Yukitsugu: I became the lover of the man who chased my father to his deathbed… and lived those 8 years nonchalantly. I’m a hopeless man whose mind and body have rotted.
アルベルト: きみは汚れてなんかいない。本当に荒んだ人間というのは、そんな澄んだ瞳をしてはいないよ。
僕はシチリアでそういった人間を――淀んだ目をした人間をたくさん見てきた。だからわかるんだ。
Albert: You are not defiled! Someone who’s really damaged won’t have such a pure gaze. At Sicily, I’ve seen that sort of… that sort of people with hardened looks, I’ve seen plenty of them! That’s why I know.
雪嗣: でも……。
Yukitsugu: But…
アルベルト: 愛人というのだって不可抗力じゃないか。きみに落ち度は何ひとつない。第一きみはお母さんのために……。
Albert: Even if you say “lover”, wasn’t that something not within your control? You didn’t make a single mistake. In the first place, you did it for your mother…
雪嗣: でも過去は消えません!
Yukitsugu: But the past can’t be erased!
アルベルト: ユキ?
Albert: Yuki…
雪嗣: 記憶も消えません。何年経っても、誰が忘れても……消えない。自分が忘れることができない限り……消えないんです。
Yukitsugu: Memories won’t be erased either. No matter how many years pass, even if everyone else forgets, they won’t disappear… As long as I don’t forget, it won’t disappear.
アルベルト: 僕が忘れさせる。忘れさせてみせる!
Albert: I will make you forget, I will show you that I can make you forget!
雪嗣: ……っ。
Yukitsugu: ?
アルベルト: 僕が受け留めるから。過去のきみも今現在のきみも、この先のきみもすべて!
重い過去なら一緒に背負う。忘れられない記憶なら共に分かち合う。どんなきみだって、髪の一筋からきみが零す涙のひと雫まで、余すところなく……全部引き受けるから…っ。
Albert: I will accept it. The past you, the current you, and the future you – everything! If it’s a heavy past, then let’s shoulder it together. If it’s a past you can’t forget, then let’s split the sadness. No matter what you are, I will accept every single inch of you – from a strand of your hair till a droplet of your tears.
アルベルト: ……伝わらないのか。どれだけ言葉を尽くしても。どれだけ強く抱き締めても。それでもまだ――彼の心の氷を溶かすことはできないのか。
Albert: Can’t it be conveyed? No matter how much I say, or how strongly I embrace him… Even with that, can’t I melt the ice in his heart?
雪嗣: 諦め……ようと……したのに。
Yukitsugu: Even though… I tried… to give up…
アルベルト: ユキ?
Albert: Yuki?
雪嗣: 太陽みたいな……あなたの笑顔を見るたび……自分とは釣り合わない。自分とは……違うから。そう……何度も……何度も……言い聞かせ…て。
Yukitsugu: You’re like the sun… every time I see your smile… it doesn’t fit me. Because you are… different from me. That’s right… over and over again… I kept repeating it to myself…
アルベルト: ユ……。
Albert: Yu…
雪嗣: だけど……どうしても諦められなく…て。だから……未練がましい想いを断ちきるために……あなたと……寝た。
たった一度でいいから。一晩あなたの記憶をこの身に灼きつけたら……それだけで……この先も生きていける……そう思…て…。
Yukitsugu: But… I couldn’t give up… that’s why… in order to put a stop to this persistent feeling… I slept… with you. Just one night is good enough. If I carved the memory of you in my body in a night… with just that… I can carry on with life… that’s what I thought.
アルベルト: ……それって? ユキ?
Albert: And then? Yuki?
雪嗣: なのに……あなたが追いかけてきたりするから…っ。
Yukitsugu: But… because you did something like chasing after me…
アルベルト: ……ユキ! ユキ……。
Albert: Yuki! Yuki…
雪嗣: ……ん……んっ……ぅん。
Yukitsugu: (they kiss)
アルベルト: ……すまない。
Albert: I’m sorry.
雪嗣: ――アルベルト?
Yukitsugu: Albert?
アルベルト: 僕の父はシチリアン・マフィアだ。僕が生まれる前に抗争で死んだけれど……僕の中には彼の血が半分流れている。
Albert: My father was Sicilian mafia. Even though he died before I was born in a dispute, his blood flows in me.
雪嗣: ……アルベルト。
Yukitsugu: Albert…
アルベルト: ユキを苦しめたマフィアの血が……。
Albert: It’s the mafia’s blood which tortured Yuki…
雪嗣: たしかに……養父を殺したいほどに憎んだ時もありました。でも――彼が死んで五年が過ぎて、徐々にですが考えが変わってきました。
彼も寂しかったのかもしれない。身よりもおらず、組織の誰にも心を許さない、孤独な人でしたから。
誰かのぬくもりが欲しくても、力尽くで縛りつけることしかできない……不器用で、かわいそうな人だったのかもしれません。
そんなふうに思えるようになったのも……【LOTUS】で仲間を得たおかげと、何よりあなたと出会って……私自身が変わりつつあるせいかもしれません。
Yukitsugu: Definitely, there were times when I hated my foster father enough to want to kill him. But, 5 years after he died, my thinking has changed gradually. He might have felt lonely too, because he’s a lonely person who couldn’t depend on anyone or let anyone in the gang into his heart. Even if he wished for someone’s warmth, he could only use brute force to tie them down. He might have been an awkward and pitiful person. I was only able to think that way because of the friends I made at Lotus and probably more than anything, because I started changing myself gradually after meeting you.
アルベルト: きみと出会うために僕の今までの人生はあった。そしてこれからの日々は、きみと共に過ごすためにある。ユキ……愛している。
Albert: Everything in my life happened so that I could meet you. And the days from now on exist so that I can spend them with you. Yuki… I love you.
雪嗣: アルベルト。
Yukitsugu: Albert.
アルベルト: 一生をかけて愛し続けると誓うよ。
Albert: I swear, I will spend the rest of my life loving you.
雪嗣: ……私も。
Yukitsugu: Me too.
アルベルト: ユキ! ちょうど101回目のプロポーズだ。
Albert: Yuki! This is exactly the 101st proposal.
雪嗣: 101回目?
Yukitsugu: The 101st?
アルベルト: そう。100回きみに振られ続けて、今のが101回目。
Albert: That’s right, I’ve been rejected by you for a hundred times, this is the 101st.
雪嗣: まさか――数えていたんですか?
Yukitsugu: Don’t tell me… you were counting?
アルベルト: ……でも、ドラマと一緒のエンディングで本当によかった。
Albert: But, I’m really glad that it’s the same ending as that drama.

back to top ↑


Track 4: 生涯の伴侶

アルベルト: ユキ。
Albert: Yuki.
雪嗣: アル……? んぅっ……ん……ん。
Yukitsugu: Al…? Nghh…
アルベルト: ……ユキ。
Albert: Yuki…
アルベルト: もう、片時も離したくない。
Albert: I don’t want to let go of him, not even for a second.
アルベルト: ユキ?
Albert: Yuki?
雪嗣: すごいお部屋ですね。
Yukitsugu: This is an amazing room.
アルベルト: ああ。秘書が押さえてくれたんだが……たしかに、なかなかいい部屋だね。
Albert: Yea, my secretary managed to secure it for me. It’s really a nice room.
雪嗣: 私の泊まっている部屋の三倍の広さはあるような気がします。
テラスから中庭が一望できるんですね。開けてもよろしいですか。
Yukitsugu: It feels like this room is thrice the size of the room I’m staying in. You can see the courtyard from the balcony, can I open the door?
アルベルト: どうぞ。
Albert: Sure.
雪嗣: ベッド……。
Yukitsugu: The bed…
アルベルト: ユキ? どうしたの? もしかして、緊張してる?
僕と……メイクラブするのは嫌? ごめんね。気がついてあげられなくて。本当にきみは……どうしようかと思うくらいにかわいいね。
Albert: Yuki? What’s wrong? Could it be that you’re nervous? You don’t want to make love… with me? I’m sorry, I wasn’t sensitive about it. You’re really so cute that I don’t know what to do.
雪嗣: そんなこと……ない…です。
Yukitsugu: That… isn’t the case…
アルベルト: かわいそうに。どうにか少しでも緊張を和らげる方法はないだろうか。
Albert: How pitiful… is there any way I can relieve his nervousness?
アルベルト: ――そうだ。ユキ、一緒にお風呂に入ろうか。
Albert: That’s right. Yuki, let’s take a bath together.
雪嗣: えっ?
Yukitsugu: Huh?
雪嗣: 星……。
Yukitsugu: The stars…
アルベルト: うん。きれいだね。少しはほぐれてきた?
Albert: Yea. Aren’t they pretty? Do you feel slightly more relaxed now?
雪嗣: ……はい。
Yukitsugu: Yes…
アルベルト: よかった。マッサージは得意なんだ。
Albert: Thank goodness. I’m good at massaging.
アルベルト: 一緒にお風呂に入ることを固辞するユキを、強引にバスルームに連れ込み、手許が狂ったふりで、シャワーのお湯を浴びせかけた。
『早く乾かさないと』と言って、服を脱がせて……ようやくユキはバスタブに入ってくれたのだ。
Albert: I forcefully brought Yuki, who refused to take a bath together with me, into the bathroom and wet him with the shower by pretending that it was an accident. Saying that “we have to dry you quickly”, I took off his clothes… Yuki finally stepped into the bathtub after that.
雪嗣: アル…ベルト?
Yukitsugu: Al…bert?
アルベルト: ……うん?
Albert: Hmm?
雪嗣: まさか……あの、この中で……?
Yukitsugu: Don’t tell me… in here?
アルベルト: うん……したい。ダメかな?
Albert: Yea. I want to do it. Can’t I?
雪嗣: ダメと言うか……む、りです…っ。は……放してくださいっ。
Yukitsugu: Rather than you can’t… it’s… impossible. Let… let me go…
アルベルト: 大丈夫。ここは広いから、ちゃんとできるよ。
Albert: Don’t worry, it’s wide enough here, we can do it.
雪嗣: 広さの問題じゃ……あっ、い……や……ぅっ……く、ん……ふ…っ。
Yukitsugu: It’s not a problem of space… ah… No… mm…
アルベルト: お湯の中でも、ぬるぬるしたのが出ているってわかる。
Albert: Even in the bath, did you know that you’re getting wet?
雪嗣: ……ぃや。
Yukitsugu: No…
アルベルト: どうして? ユキの体が僕の愛撫を気持ちいいと思っている証拠じゃないか。
でも本当は……もっと白くて濃いのを出したいんだよね。この中にいっぱい詰まっている……白い蜜を。
Albert: Why? Isn’t Yuki’s body showing the proof that my caressing feels good? But the truth is, you want to eject something whiter and thicker right? The large amount of white honey that’s been bottled up in here.
雪嗣: あ……あっ。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: この前呑んだユキの……すごくおいしかった。また呑ませてくれる?
Albert: Yuki’s which I drank the other time, was very delicious. Will you let me drink it again?
雪嗣: も……言わない…で……アッ……あ……ん。
Yukitsugu: Don’t… say any more… Ah… Ah…
アルベルト: ああ……すごく感じてるね。
Albert: Ah… you’re really feeling good.
雪嗣: あ……っ、やっ……やぁ……んっ。
Yukitsugu: Ah… No…
アルベルト: ここが……ユキの快いところ?
Albert: Is this… Yuki’s sweet spot?
雪嗣: わ…わから…な…。
Yukitsugu: I… don’t… know…
アルベルト: ここを……こういうふうに……擦られると……感じちゃう?
Albert: If I touch this place… like this… do you feel good?
雪嗣: あぁ…っ。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: ユキ――ダメだよ。感じるのはいいけど、まだイッてはダメだ。
Albert: Yuki, you can’t. It’s good that you’re feeling it, but you can’t come yet.
雪嗣: そ…んなっ……ひど…いっ……アルベルトッ。だ…め……お…かしくな…ちゃ…っ。
Yukitsugu: No way… you’re mean… Albert… I can’t… I’m becoming… weird…
アルベルト: おかしくなってもいいから。
Albert: It’s fine to become weird.
雪嗣: や……もうっ。
Yukitsugu: No… I’m already…
アルベルト: もうイキたい? 欲しくなっちゃった? ごめんね。ちょっといじめすぎちゃったかな。今あげるから。
Albert: You want to come? Do you want me? I’m sorry, seems like I overdid the teasing. I’ll give it to you now.
雪嗣: …………あ、あぁあっ。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: ユキ? 大丈夫?
Albert: Yuki? Are you all right?
雪嗣: 大丈夫……です。
Yukitsugu: I’m… fine…
アルベルト: ユキの中……すごく熱い。動いてもいい?
Albert: Yuki’s inside… is really hot. Can I start moving?
雪嗣: ぁんっ……あっ……あっ……アルベルト……も、もうッ。
Yukitsugu: Ah… ah… ah… Albert… I’m…
アルベルト: いいよ……イッて。一緒にいこう。
Albert: It’s all right… you can come. Let’s come together…
雪嗣: ア――ッ。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: ユキ、どうした?
Albert: Yuki, what’s wrong?
雪嗣: 恐いんです。
Yukitsugu: It’s scary.
アルベルト: 恐い?
Albert: Scary?
雪嗣: ……なんだか……自分が自分でなくなったみたいで……。
Yukitsugu: Somehow… it feels like I’m no longer myself…
アルベルト: ユキ?
Albert: Yuki?
雪嗣: 私は――自分のことを、ずっと……不感症なのだと思っていました。
Yukitsugu: I’ve… always thought that I’m indifferent towards sex.
アルベルト: きみが?
Albert: You are?
雪嗣: セックスで……こんなふうに感じたことは……今まで一度もなかった。たぶん……あなただからです。
Yukitsugu: Up till now, I’ve never once felt this way during sex. It’s probably because it’s you.
アルベルト: ……ユキ?
Albert: Yuki?
雪嗣: あなたが相手だから。だからこんなに……恥ずかしいくらいに感じるし……何度でも欲しいのだと……。
Yukitsugu: Because it’s with you, that’s why I’m feeling it to such an embarrassing extent… thinking that I want you countless times…
アルベルト: ユキ! いくらでも欲しいって……本当?
Albert: Yuki! That you want me countless times… is that the truth?
雪嗣: ……ん。
Yukitsugu: Uhm.
アルベルト: 僕も……何度でもきみが欲しい。
Albert: Me too… I want to do it with you countless times.
雪嗣: あっ、あっ……あっん……ん……アル……アルッ……あっ。
Yukitsugu: Ah… Ah… mmm.. Al… Al…
アルベルト: 乳首を舐めただけで、もうこんなにぬるぬるに濡れるなんて……ユキはいやらしいな。
Albert: You’re becoming so wet just from me licking your nipple… Yuki is so lusty.
雪嗣: や…っ……見ない…で。
Yukitsugu: Stop… Don’t look…
アルベルト: じゃあ――どうして欲しい?
Albert: Then, what do you want me to do?
雪嗣: ……は…やく……ん……んん…ッ。
Yukitsugu: Hurry… Ngh…
アルベルト: 相手が僕だから、こんなにも感じるのだとユキは言った。僕もまた、相手がユキだからこそ、尽きぬ情動に駆られるのだ。
彼のすべてを貪り尽くしたいという衝動。この先もずっと、僕は彼に溺れ続けるだろう――永遠に。
Albert: Yuki said that he’s feeling so good because it’s me. Me too, because it’s Yuki, I’m driven by the impulses which know no end. The impulse to devour him whole. From now on, I will probably continue to lose myself in him, for eternity.
アルベルト: すごく……素敵だった。ユキ――愛してる。
Albert: It was… lovely. Yuki, I love you.
アルベルト: ……ユキ? ユキッ。
Albert: Yuki? Yuki.
アルベルト: ……いた。
Albert: There he is.
雪嗣: おはようございます。
Yukitsugu: Good morning.
アルベルト: ユキ。
Albert: Yuki.
雪嗣: ……ん。
Yukitsugu: Uhm.
アルベルト: ……よかった。
Albert: Thank goodness…
雪嗣: どうしたんですか?
Yukitsugu: What’s the matter?
アルベルト: この前の朝みたいに冷たくされたらどうしようかと思った。
Albert: I thought you might become cold towards me just like the other morning.
雪嗣: あの日のことは……本当にすみませんでした。あの時は、どうやってでもあなたへの想いを断ち切らなければならないと思い詰めていましたので……。
Yukitsugu: I’m really sorry for what happened during that morning. I was convinced that I had to do whatever it takes to make myself give up on my feelings for you…
アルベルト: いや……それはもういいんだ。でも……。
Albert: No… it’s fine already. But…
雪嗣: なんですか?
Yukitsugu: What is it?
アルベルト: 話し方――変わらないね。
Albert: The way you talk hasn’t changed.
雪嗣: え?
Yukitsugu: Huh?
アルベルト: 他人行儀なまま。
Albert: It’s still as though we’re unrelated.
雪嗣: それとこれとは別ですから。
Yukitsugu: That’s another matter.
アルベルト: おそらく、彼は今後も変わらないだろう。恋人関係になったあとでも易々と馴れ合ったりはしない。常に己に厳しく、ストイックなまでに自分を律し続けて……。
それこそが東城雪嗣の魅力であり、そんな彼だからこそ心から愛しく、どうしようもなく魅かれてしまうのだけれど。
いつか、ぐずぐずに甘える彼も見てみたいな……。
Albert: I’m afraid he probably won’t change from now on. Even after becoming lovers, he won’t become intimate with me that easily. He will still continue to discipline himself strictly and stoically. But that’s exactly the draw of Toujou Yukitsugu, and the reason why I’m helplessly attracted to, and in love with him. One day, I want to see  him loosening up and relying on others too…
雪嗣: アルベルト。
Yukitsugu: Albert.
アルベルト: 何?
Albert: What is it?
雪嗣: 本日ですが、これからのご予定はどうなっていらっしゃいますか?
Yukitsugu: For today, what are you plans from now on?
アルベルト: 特にこれといって用はないけれど。
Albert: I don’t particularly have any plans…
雪嗣: 実は……午後からつきあっていただきたい場所があるのですが。
Yukitsugu: Actually, there’s a place I would like you to accompany me to in the afternoon.
アルベルト: もちろん一緒に行くよ。僕のプライベートは、すべてきみのものなんだから。
Albert: Of course I will accompany you, because all of my private time belongs to you.
ダオ: スアン、危ないぞ。
Dao: Xuan, that’s dangerous.
スアン: 待ってよ。
Xuan: Wait a minute.
雪嗣: どうぞ、こちらです。
Yukitsugu: This way please.
アルベルト: ハノイ市街の集落。――ここが目的地なのか。
ブーゲンビリアの花が咲き乱れるガーデン。そこには、車椅子に乗った女性と、付き添いの女性の姿があった。
ダオとスアンが歓声を上げて付き添いの女性に抱きついていく。
Albert: A district of Hanoi town, so this was our destination. By the curtains with Bougainvillea blooming all over, there sat a lady on a wheelchair with an attendant by her side.
Dao and Xuan gave a shout of joy before hugging the attendent.
雪嗣: 彼らの母親のミンです。そして、車椅子に座っているのが私の……母さん。
Yukitsugu: That’s their mother, Minh. And the one sitting on the wheelchair is my… mother.
アルベルト: ユキの母親?
Albert: Yuki’s mother?
雪嗣の母: 雪嗣……ひさしぶりね。
Yukitsugu’s mother: Yukitsugu… it’s been a while.
雪嗣: 三日ぶりだよ。こっちに来てすぐ会いに来ただろう?
Yukitsugu: It’s only three days. Didn’t I come over immediately when I reached?
雪嗣の母: あら、そうだったかしら。
Yukitsugu’s mother: Oh, is that so?
雪嗣: 今日は友達を連れてきたんだ。
Yukitsugu: I brought a friend today.
雪嗣の母: お友達?
Yukitsugu’s mother: Your friend?
雪嗣: アルベルト。
Yukitsugu: Albert.
アルベルト: 初めてお目にかかります――マダム。アルベルト・フランチェスコ・ディ・エンリケと申します。以後、お見知りおきを。
Albert: This is the first time we’re meeting, Madam. I’m called Albert Francesco d’Enrique. From now on, we won’t be strangers anymore.
雪嗣の母: まぁ、ものすごくハンサムなお友達ね。
Yukitsugu’s mother: Well, what an extremely handsome friend.
アルベルト: マダムもお美しい。
Albert: Madam is beautiful too.
雪嗣の母: お世辞も上手だわ。
Yukitsugu’s mother: You’re good at flattery too.
ミン: ――奥様。少し風が冷たくなってきました。お部屋の中に入りましょう。
Minh: Madam, the wind is rather chilling, let’s retreat into the room.
雪嗣の母: そうね。そろそろお茶の時間ね。
Yukitsugu’s mother: That’s right, it’s time for tea soon too.
ダオ: ねぇ聞いて! オレ、悪いやつらからスアンを助けたんだ。
Dao: Hey, listen to this! I saved Xuan from the bad guys.
雪嗣: 母は、古き良き時間の中で生きています。
一番幸せだった時代で、時を止めてしまっているんです。
Yukitsugu: My mother is living in the good old days. Her time has stopped in the period when she was the happiest.
アルベルト: お母さんはずっとここに?
Albert: Has your mother always been here?
雪嗣: しばらくは東京の病院に入れていましたが……東城の籍に入ったのを機にベトナムへ移しました。
ダオたちの祖母のホンは、父がかつてハノイに支社を持っていた頃の従業員でした。家族ぐるみで親しくしていたので、安心して母を託すことができて……とても助かっています。
Yukitsugu: She was hospitalised in Tokyo for a period of time, but I moved her to Vietnam the moment I entered the family register of Toujou. Dao’s grandmother, Hong, used to be an employee of my father’s branch office in Hanoi. Their whole family is very kind and I was able to leave my mother in their hands without any worries. They were of great help.
アルベルト: この間言っていた『援助』というのは、そういうことだったんだね。
Albert: So the “support” you mentioned the other time was about this matter.
雪嗣: ハノイ近郊の気候は温暖で過ごしやすい。自然もまだ充分に豊かですしね。この村に来てから、母はよく笑うようになりました。
愛人生活をしていた時……何度か、死のうと思い詰めたことがあります。このまま一生、囚われの生活を強いられるくらいなら死んだほうがましだと……。
Yukitsugu: It’s easier to live in Hanoi because the temperature here is warmer. The environment here is filled with greenery too. Since she came to this village, mother has started to smile more frequently. There were countless times I was transfixed on the idea of dying when I lived as a lover – thinking that I’m better off dead if I had to live the rest of my life in forced captivity…
アルベルト: ユキ。
Albert: Yuki.
雪嗣: でも、死ねなかった。母を置いては……どうしても……いけなかった。
Yukitsugu: But, I couldn’t die. Leaving my mother behind… I just couldn’t leave…
アルベルト: 僕は二重の意味で、きみのお母さんに感謝しなくてはいけないな。
ひとつは、きみという存在をこの世に生み出してくれたこと。そしてもうひとつは――僕と巡り逢うまで、きみを生かし続けてくれたこと。
Albert: In two ways, I’d have to thank your mother. First, for bringing your existence into this world. And second, for keeping you alive until I met you.
雪嗣: ……アルベルト。ここへ……誰かを連れてきたのは……あなたが初めてです。
Yukitsugu: Albert, I’ve never brought anyone here before. You’re the first.
アルベルト: 初めてって……タカシにも陣内にも?
Albert: The first… Not even Takashi or Jinnai?
雪嗣: あなた以外の誰にも、母を会わせたことはありません。
Yukitsugu: Besides you, I’ve never let anyone meet mother before.
アルベルト: ……ユキ。ありがとう。
Albert: Yuki, thank you.
アルベルト: そんな大切な場所へ連れてきたくれた。何より大切な人に会わせてくれた。
たぶんこれが、ユキなりの、精一杯の愛情表現。僕を特別な人間だと認めてくれた証なのだ。
Albert: I was brought to such an important place, to meet someone who’s more important than anyone else. For Yuki, this is probably his best effort at showing his love. It’s the proof that he acknowledges me as someone special.
アルベルト: 次の休みにはふたりでシチリアへ帰ろう。
Albert: Let’s return to Sicily together on our next vacation.
雪嗣: アルベルト?
Yukitsugu: Albert?
アルベルト: 今度は僕の母に会って欲しい。母に生涯の伴侶を見せたいんだ。
Albert: This time, I want you to meet my mother. I want my mother to meet my life companion.
雪嗣: ……ん。
Yukitsugu: Uhm.

back to top ↑


Track 5: 聖エビリティ女学院 ~百花繚乱の章~

ナレーション: 東京、恵比寿の地に建つ、聖エビリティ女学院。そこは容姿端麗、頭脳明晰な選ばれし乙女たちが集う夢の園である。
Narrator: Tokyo, Saint Yebirity Girls’ School which is built on Ebisu’s land. It’s a dream school where chosen ladies with attractive looks and high intellect gather.
全員: 『聖エビリティ女学院 ~百花繚乱の章~』
Everyone: Saint Yebirity Girls’ School, the chapter of a hundred flowers’ blossom
女生徒: ごきげんよう。
Female student: Good day.
女生徒: ごきげんよう、今日はいいお天気ですわね。
Female student: Good day, isn’t today’s weather great?
益永: 皆様、ごきげんよう。
Masunaga: Everyone, good day to you.
女生徒: まあ! 風紀委員長の益永様だわ。今日も凛としたお美しさですわね。
Female student: Well, it’s Masunaga-sama from the public morals committee. She’s refreshingly beautiful today as usual.
益永: 毎朝恒例の風紀チェックです。制服を拝見いたします。
Masunaga: It’s time for the customary public morals check. I shall proceed with the check on your uniforms.
陣内: ごきげんよう、益永様。朝から風紀チェックお疲れ様。
Jinnai: Good day to you, Masunaga-sama. It must be tiring to have to do the public morals check first thing in the morning.
女生徒: 生徒会副会長の陣内様だわ。あの理知的でお優しい笑顔がたまらないわ。それに、後ろから運動部長の綿貫様も。
Female student: It’s the student council vice president, Jinnai-sama. The intellectual-looking gentle face is too much for me. Also, the sports council president, Watanuki-sama, who’s behind her too.
綿貫: ごきげんよう。ご苦労だね。
Watanuki: Good day to you, you’ve worked hard.
女生徒: 素敵……。スポーツ万能、柔道、剣道合わせて十段の才女。どんなときも冷静で無口でいらっしゃるけど、あの陰のある美貌がたまらないのよね。
Female student: How wonderful… What a talented girl who’s good at sports, Aikido and Kendo. Even though she’s usually composed and quiet, that reserved beauty is also amazing.
女生徒: ねえねえ、このおふたりがいらっしゃるということは……。
Female student: Say, the fact that the two of them are here, it means that…
女生徒: ということは……。
Female student: It means that…
大城: 聖エビリティ女学院の皆様、ごきげんよう。
Daijou: Everyone at Saint Yebirity Girl’s school, good day to you.
女生徒達: あーん、やっぱり! 女学院全生徒の尊敬の的にして憧れのお姉様、生徒会長の大城様!
Female students: Ah! I knew it! The sister whom the whole school respects and looks up to, student council president Daijou-sama!
大城: 皆様。乙女たる者、まず身だしなみから始まる、というのが私のモットーです。小汚い格好をして、いかにも乙女心の錆びついた乙女を私は許しませんことよ。
Daijou: Everyone, ladies, it’s my motto to that everything begins with personal grooming. A dirty appearance indeed shows that a lady’s heart has rusted and I won’t forgive that.
女生徒達: きゃー!
Female students: Kya!
女生徒: 白百合の君、益永様。カトレアの君、陣内様。菖蒲の君、綿貫様。そして、紅薔薇の君、大城様。
Female student: Masunaga-sama, the easter lily. Jinnai-sama, the cattleya. Watanuki-sama, the iris. And Daijou-sama, the red rose.
女生徒達: 皆さん、なんて素敵なのかしら!
Female students: Everyone is so wonderful!
陣内: 大城生徒会長、本日の生徒会会議は三十分後に第一会議室で行われます。議題は文化祭の催し物についてです。
Jinnai: Council president Daijou, today’s student council meeting will start 30 minutes later at meeting room number 1. The agenda for the meeting is regarding the exhibits at the cultural festival.
大城: ありがとう、陣内副会長。腕が鳴るわね。
私が生徒会長として采配を振るう聖エビリティ女学院の文化祭となれば、完璧以上のものを目指さなければ。
Daijou: Thank you, vice president Jinnai. I’m can’t wait to do something about it. When we talk about the cultural festival of Saint Yebirity Girls’ School, which is under my command, we have to aim for perfection.
綿貫: 運動部長としても最大限の協力をお約束します。
Watanuki: As the sports council president, I promise to give you my best.
大城: 心強いわね。期待していてよ、綿貫運動部長。――どなた?
Daijou: That’s reassuring. I’ll be looking forward to it, sports council president Watanuki. Who is this?
アルベルト: こんにちは、『おおしろ』さんと読みそうな大城さん。お邪魔します。
Albert: Hello, Daijou-san whose name can be read as “Ooshiro”. I’ll be troubling you.
陣内: まあ! 理事長のアルベルト・フランチェスコ・ディ・エンリケ様。
Jinnai: Well, board chairman Albert Francesco d’Enrique-sama.
綿貫: 生徒会室に何のご用ですか?
Watanuki: What matter do you have at the student council room?
アルベルト: ちょっと大城くんに相談があって……。
Albert: I have something to consult with Daijou-kun…
大城: お話、お伺いしますわ。
Daijou: I shall listen to you.
綿貫: どうぞ。
Watanuki: Here you go.
アルベルト: ありがとう。いい香りの紅茶だわ。
Albert: Thank you. This English tea has a good fragrance.
大城: それで、私に相談とのことでしたが……。
Daijou: So, you wanted to consult me about something…
アルベルト: それなんだけど!
Albert: About that!
大城: 恋の悩み、じゃございませんこと?
Daijou: Could it be love problems?
アルベルト: なぜそれを?
Albert: How did you…
陣内: 理事長が、カフェテリアで働く氷のように美しく近づき難い雪見草の君、東城様に日夜、求愛を繰り広げていらっしゃることは、全女生徒の間で噂になっておりますのよ。
Jinnai: Rumours have been circulating within the whole school that day and night, the board chairman is wooing the beautiful but unapproachable snow beauty, Toujou-sama who works in the cafeteria.
綿貫: それなら私も聞いた。
Watanuki: I’ve heard about that too.
アルベルト: 実はその通りなの。
晴れの日も、雨の日も、風の日も雪の日も、小野小町のもとへ通う深草の少将のごとく、私はあの人に会うためにカフェテリアに通い100回求愛したの。しかし、あの人の答えは……。
Albert: It is as you’ve heard. Whether rain or shine, like General Fukakusa who visits Ono no Komachi, I’ve visited the cafeteria a hundred times in order to court that person. But, that person’s answer was…
雪嗣(回想): アルベルト理事長。あなたのお気持ちは大変嬉しく思います。でも、私はあなたのような立派な方には相応しくない人間なのです。どうかもっと、あなたに相応しい方をお探しになってください。
Yukitsugu (Flashback): Board chairman Albert, I’m very grateful for your feelings. But I’m someone who isn’t suited for a person as established as you are. Please try to find someone who is more suitable for you.
アルベルト: なぜなの! こんなに愛しているのに……。アモーレ、ユキ! 私はあなたの恋の僕。あなたのためならこの命も惜しくないというのに。
Albert: Why! I love her so much… Amore, Yuki! I’m a slave of your love. For you, I can even throw my life away!
陣内: イタリア人的ラテンパワー?
Jinnai: Is this the Latin power of an Italian?
綿貫: 深草の少将というよりは、忠犬ハチ公に近いような……。
Watanuki: Rather than General Fukakusa, he’s closer to being the faithful dog Hachiko…
大城: 理事長、しっかりなさいませ。
Daijou: Board chairman, pull yourself together.
アルベルト: ごめんなさい、取り乱してしまって……。
大城さん、あなたの話ならばユキも真剣に聞いてくれると思うの。あなたの口から私の気持ちをユキに伝えてもらえないかしら?
Albert: I’m sorry for losing my composure. Daijou-san, if it’s at your urging, I’m sure Yuki will listen to me seriously. Can you personally tell Yuki about my feelings for her?
大城: それはできない相談ですわね。
Daijou: That‘s an impossible request.
アルベルト: そう……駄目なのね。では、私はどうすれば……。
Albert: I see… it’s impossible… Then what should I do…
大城: ただ、理事長の想いが本物ならば、恋が成就する方法をひとつだけ知っております。
Daijou: But, if the board chairman’s feelings are for real, I only know one way to make this love a success.
アルベルト: それは?
Albert: And that is?
大城: この学院の乙女たちに伝わるマリア様の伝説をご存知ですか?
Daijou: Do you know of the legend of Maria which has been told to the ladies of this school?
陣内: 生徒会長!
Jinnai: Council president!
綿貫: まさか!
Watanuki: Don’t tell me!
大城: この学院の奥にあるマリア様を奉った礼拝堂。午前零時にその礼拝堂に行き、マリア様に100本の赤い薔薇を捧げて一心不乱に祈れば、恋の守護天使が恋を叶えてくれるという言い伝えです。
Daijou: Deep inside this school, there’s a chapel with an erected Maria-sama. If you go to that chapel at midnight and present a hundred stalks of red roses while praying with an undisturbed mind, it’s been said that the guardian angels of love will make your love come true.
アルベルト: 守護天使が?
Albert: Guardian angels?
大城: 伝説が本当かどうかはわかりませんが、最後のチャンスに賭けてごらんになったらいかがです?
Daijou: I don’t know if the legend is true, how about betting on this last chance you have?
アルベルト: 最後のチャンス……。そうね、ありがとう。
Albert: My last chance… that’s right. Thank you.
雪嗣: はあ……。スマイル、今日の放課後は理事長はいらっしゃらなかったわね。いつもなら必ず顔を出されるのに。
Yukitsugu: Ha… Smile, the board chairman didn’t appear after school, even though she always appears…
スマイル: クゥーン。
Smile: (Smile snuffles)
雪嗣: 私は本当に駄目な人間だわ。あの人の笑顔を見るのが苦しいくせに、来なければ来ないで、こんなにも辛い。
慰めてくれるの? ありがとう。
あら、口に咥えているその紙は何? 何か書いてある。え……こ、これは!
Yukitsugu: I’m really a useless person. Although it pains me to see that person’s smile, it hurts so much when she doesn’t come. Are you comforting me? Thank you. Ah, what’s that piece of paper you have in your mouth? Something is written on it. Wha… th-this is!
益永: 久家様、今日も遅刻なさいましたわね。何度注意したら改めてくださるのですか? 減点しようにも、もう点数もないのですよ。それにその足首までの長いスカート。校則違反です。
Masunaga: Kuge-sama, you were late again today. How many times must I warn you before you correct this habit? Even if I were to deduct points from you, you have no points left for deduction. Also, that skirt which reaches your ankle, it’s against the school rules.
久家: あたいのセンスになんか文句でもあんの? どんぐりの背比べみたいに同じ格好して何が楽しいんだよ。
あたいは自由に生きてんの。例え大城生徒会長だって、あたいを縛ることはできない。
Kuge: Do you have any problems with my sense? What’s the fun if our appearances are all the same? I want to live freely. I won’t be tied down, even by council president Daijou,.
益永: で、でも校則では、スカート丈は膝下五センチと決まっています。
Masunaga: B-but the school rules state that skirts have to 5cm below the knees.
久家: おとなしそうな顔して言うじゃん。ひょっとして、あんたあたいの生足が拝みたいわけ?
Kuge: You’re saying that with such a straight face. Could it be, that you want to see my bare legs?
益永: そんな破廉恥なこと考えていません! あ……な、何をなさいますの、久家様?
Masunaga: I don’t have such brazen thoughts! Ah… wh-what are you doing, Kuge-sama?
久家: 人の見る前に、まずはあんたの可愛いあんよを見せなよ。
Kuge: In front of others, don’t show your lovely legs.
益永: 嫌……スカートの中に手を入れるのをおよしになって。
Masunaga: No… please stop putting your hands into my skirt…
久家: 嫌よ、嫌よも好きのうちってね。
Kuge: Despite saying no, you’re actually enjoying it.
益永: だ……だめ、こんなこと……神様がお許しになりませんわ。
Masunaga: You… can’t… Such things… God won’t forgive us…
久家: 気持ちいいくせに。眼鏡の奥の切れ長の目に涙なんか浮かべちゃって、可愛い。
白百合の君。あたい、本当はあんたのことが好……こんなときに誰だよ? もしもし。
え、今晩? 冗談じゃないわよ。なんであたいが。んなの真っ平……ああ、はいはい。わかったよ、行けばいいんでしょ。行けば。
緊急呼び出しだってさ。面倒くさいったら……。
いい、白百合の君? この続きはまた近いうちにするからね。あんたの初めてはあたいが貰うんだから。絶対だよ。
Kuge: Even though it feels good? Those almond-shaped eyes behind your glasses are tearing… how cute. Easter lily, in actual fact, I really like you… (Phone rings) who is it at such a time? Hello? Yes, tonight? It’s not a joke, why me… I won’t do something like… All right, all right. I got it. I just have to go right? Calling me over all of a sudden, how troublesome… All right, easter lily? Let’s continue this soon. I’ll receive your first time, definitely.
益永: あんな人、大っ嫌いですわ。わがままで、自由奔放で、気まぐれで、勝手で……。
なのに……なんでこんなに気になるの? ああ、神様。
Masunaga: Someone like that… I hate her. Selfish, uncontrolled and whimsical… Even so, why am I so affected? Ah, God…
アルベルト: さあ、100本の薔薇を聖マリアへささげたわ。あとはお祈りね。
神よ、ユキが101回目のプロポーズを受け入れてくれますように。
Albert: Now, I’ve presented the hundred stalks of roses to Saint Maria. All that’s left it for me to pray. Dear God, please let Yuki accept my 101st proposal.
雪嗣: 誰かいるのですか?
Yukitsugu: Is someone there?
アルベルト: ユキ?
Albert: Yuki?
雪嗣: アルベルト理事長!
Yukitsugu: Board chairman Albert!
アルベルト: 夢みたい。伝説は本当だったのかしら。それとも、あなたが天使なの?
Albert: This is like a dream. Was the legend true? Even so, are you an angel?
雪嗣: 天使? あの、理事長……この手紙を書かれたのはあなたなんですか?
Yukitsugu: Angel? That… board chairman… were you the one who wrote this letter?
アルベルト: 手紙? 何のこと?
Albert: Letter? What’s that?
大城: その手紙を書いたのは私たちよ。
赤い薔薇は情熱の証。聖エビリティ女学院を守る恋の守護天使、レッドローズ。
Daijou: We are the ones who wrote that letter. The red roses are proof of passion. The guardian angels of love in Saint Yebirity Girls’ School, Red Rose.
陣内: イエローローズ。
Jinnai: Yellow Rose.
綿貫: ブラックローズ。
Watanuki: Black Rose.
久家: ブルーローズ。ったく面倒くさいったら、もう……。
ねえねえ、ちょっと、ねえ、いい加減にこの役さあ、別の誰かに振ってくんない、ねえ? あたいさっき、めっちゃいいとこだったんだけど。
Kuge: Blue Rose. Gosh, this is so troublesome… Say, look here, hey… can you pass this role to another person already? Huh? I was in the middle of something really good just now.
大城: 聖エビリティ女学院の影の守護天使は、代々生徒会長によって選ばれる定め。あなたに拒否権はないのよ。
Daijou: The guardian angels at Saint Yebirity Girls’ School have, for every generation, been chosen by the student council president. You don’t have the right to reject it.
雪嗣: あなたたちは?
Yukitsugu: You are…?
アルベルト: あなたたちが守護天使?
Albert: You are the guardian angels?
大城: 東城様。
Daijou: Toujou-sama.
雪嗣: は、はい!
Yukitsugu: Y-yes!
大城: その手紙に書いた答えをお教えしますわ。あなたの料理に欠けているもの、それは……。
Daijou: I shall tell you the answer to what’s written on that letter. What’s missing in your cooking, that is…
雪嗣: そ、それは?
Yukitsugu: That is…?
大城: ずばり、愛ですわ!
Daijou: It’s love, precisely!
アルベルト、雪嗣: 愛?
Albert, Yukitsugu: Love?
大城: あなたは心を閉ざしてしまっている。そんなあなたが作る料理は、どんなに口当たりがよくても人を感動させることはできない。
Daijou: You’ve closed your heart, so no matter how delicious the food you make is, it won’t move people.
雪嗣: ……っ!
Yukitsugu: Ah…
大城: よろしくて? 自分を曝け出さないクリエイターに本物は生み出せないの。
Daijou: Is that fine? A creator who can’t bare herself won’t be able to give birth to something original.
雪嗣: 自分を曝け出せないクリエイターに本物は生み出せない?
Yukitsugu: A creator who can’t bare herself won’t be able to give birth to something original?
大城: あなたの隣を見てごらんなさい。
Daijou: Look to your side.
アルベルト: ユキ……。
Albert: Yuki…
雪嗣: アルベルト様……。
Yukitsugu: Albert-sama…
大城: 理事長はあなたを愛している。あなたも心の奥底では理事長を愛している。
さあ、自分の過去を脱ぎ捨てて、彼女の胸に飛び込みなさい。本物の愛を知ったとき、あなたの料理も本物になるのです。
Daijou: The board chairman loves you so much. Deep within your heart, you love the board chairman too. Now, throw your past away and leap into her embrace. When you know what true love is, your cooking will become real too.
雪嗣: 天使様、こんな穢れた私でも、誰かを愛していいのでしょうか? そんなことが許されるのでしょうか?
Yukitsugu: Angel-sama, is it fine for someone as defiled as me to be loved by another person? Is that forgivable?
大城: 誰が許さなくても、この私が許します。
Daijou: Even if others don’t allow it, I will allow it.
アルベルト: ユキ、愛しているわ。命をかけて。
Albert: Yuki, I love you, with my life.
雪嗣: アルベルト、ほんと……本当は私も!
Yukitsugu: Albert… the truth is… me too!
陣内: やれやれ、上手くいったようでよかったですわね。
Jinnai: Goodness, I’m glad that went well.
綿貫: まったく。
Watanuki: Good gracious.
久家: ちょっと! もう帰っていいでしょ? っつーかさ、だいたいなんであたいが守護天使なのよ? 柄じゃないってーの。
Kuge: Wait up! Can I leave already? Anyway, why am I a guardian angel? It doesn’t suit me at all.
大城: 人を愛する気持ちをきちんとわかっている人間こそ、守護天使に相応しいのです。久家、あなたもそうでしょう?
Daijou: It’s exactly those who understand the feelings of loving others who are suitable to be the guardian angels. Kuge, you do too, don’t you?
久家: ふん……。あーあ、明日もわざと遅刻して風紀チェック受けよっと。
Kuge: Hmph… Ah, I shall be late on purpose tomorrow and receive the public morals check.
陣内: 意味深い言葉ですわね。大城生徒会長、そう仰るということはつまり、紅薔薇の君にも想い人がいるということ?
Jinnai: Those words are deeply meaningful. Council president Daijou, for you to say something like that, does it mean that the Red Rose has someone she likes too?
大城: そうだね。今の私にはまだその相手は現れないけれど……いつか必ず、運命の人が現れる。そういう確信がありますのよ。
Daijou: That’s right. For now, that person hasn’t appeared for me yet. One day, my fated person will definitely appear, I have belief in that.
陣内: まあ! 今までずっと側にいて初めて聞きましたわ。聖エビリティ女学院の憧れの君である紅薔薇の君に相応しい方なんて、どんな方なのでしょう。
Jinnai: Wow! I’ve been by your side all these while and this is the first time I’m hearing this. Someone who’s suitable for the red rose of Saint Yebirity Girls’ School’s idol… I wonder what sort of person that is…
大城: きっとその方は、朝は遅刻しかけて食パン齧りながら学園の門に飛び込み、運動神経はなくて、ドジで成績もビリだけれど、とっても頑張り屋さん。泣きべそをかくその頬の涙を、私の手でそっと拭ってさしあげたい。
ああ、私の小さな藤の花。早く私に追いついていらっしゃい。聖エビリティ女学院の生徒会長としての私ではなく、本当の私を知るために。
Daijou: I’m sure that person will fly in late through the school gates tomorrow morning while chewing her bread. She won’t have good reflexes, she’ll be clumsy, have average academic results, and is someone who works extremely hard. I want to wipe those tears off the cheeks of her face when she sobs.  Ah, my little wisteria flower, hurry and catch up with me. In order to know me as a person, and not as the student council president.
綿貫: なんだか具体的だなあ。
Watanuki: You sure are specific.
陣内: マジ変わった趣味でいらっしゃるのね。
Jinnai: You really have some interesting taste.
久家: そんな奴よりあたいの好きな子の方が百万倍イかしてるね。ま、絶対に渡さないけどさ。
Kuge: Rather than someone like that, the girl I like is a hundred times better. Well, I will definitely not hand her over.
大城: 失礼。……とにかく、乙女たる者、どんなことにも諦めや妥協をしてはならない。それが私のモットーよ。
乙女にとって恋は命。道を失った恋の迷い子たちを守ってさしあげる、それが私たちの使命なのですわ。
Daijou: How rude. In any case, ladies, no matter what happens, don’t give up or give in. That’s my motto. For ladies, love is like one’s life. It’s our mission to protect those who have lost their way in love.
ナレーション: 聖エビリティ女学院。そこは、気高く誇り高き乙女たちの恋の花園。
人は彼女たちを憧れと羨望の念を込めてこう呼ぶ。『YEBISUセレブリティーズ』、略して『エビリティ』と。
Narrator: Saint Yebirity Girls’ School. That place is a garden of love for the noble and proud ladies. While looking up to and envying them, people call that place “Yebisu Celebrities”, also known as “Yebirity”.

back to top ↑

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s