Yebisu Celebrities 3 Disc 1 – Translation

Yebisu Celebrities 3

Title: Yebisu Celebrities 3 (YEBISUセレブリティーズ3) – Disc 1 (drama review)
Cast: Ichijou Kazuya x Hirakawa Daisuke (一条和矢 x 平川大輔)
Related drama(s): Yebisu Celebrities Series
Contents: Disc 1Track 1: 雪の女王 <アイスドール>
Track 2: もっと、きみを知りたい
Track 3: 念願の….
Track 4: 残酷な朝
Disc 2Track 1: ユキのいるハノイ
Track 2: 駆け引き
Track 3: 101回目のプロポーズ
Track 4: 生涯の伴侶
Track 5: 聖エビリティ女学院 ~百花繚乱の章~

Note: Japanese script by ruli-san from AarinFantasy!

Track 1: The Queen of Snow, “Ice Doll” (雪の女王 <アイスドール>)

アルベルト・フランチェスコ・ディ・エンリケ: 一時三十分。約束の三十分前か……よし。
打ち合わせ先のデザイン事務所【
Yebisu Graphics】は、この建物の二三階部分。だが、僕は迷わず一階のオープンカフェ【LOTUS】へ足を向ける。なぜなら……
Albert: 1.30, it’s 30 minutes before the meeting time huh? All right. The location of my meeting is Yebisu Graphics, which takes up the second and third floor of this building. But I will head towards the outdoor café, Lotus, on the first floor without hesitation. That’s because…
東城雪嗣: いらっしゃいませ。
Yukitsugu: Welcome.
アルベルト: やあ。いつもの席は空いてる?
Albert: Hi, is my usual seat free?
雪嗣: はい。
Yukitsugu: Yes.
アルベルト: ありがとう。
Albert: Thank you.
アルベルト: 彼、東城雪嗣がいるからだ。
すっと伸びたきれいな背中、美しい立ち居振る舞い。【
LOTUS】のチーフギャルソンである彼が混雑する店内でも際立って見えるのは、決して惚れた欲目だけではないはずだ。
Albert: He, Toujou Yukitsugu, is here. His gentle and pretty back view, beautiful posture. He is Lotus’ chief garçon and he stands out even amidst the bustling shop, it’s definitely not just because I’m in love with him.
アルベルト: やぁ、スマイル。今日は、うるわしのご主人様のご機嫌はどうだい?彼の場合、感情をあまり表に出さないから、見た目じゃわからないんだよな。
Albert: (Smile barks) Yo, Smile. How is your beautiful master’s mood today? (Smile barks) In his case, since he doesn’t show his feelings, you can’t tell just by looking at him. (Smile barks)
雪嗣: ご注文はお決まりですか?
Yukitsugu: Have you decided on your orders?
アルベルト: いつものを。
Albert: The usual.
雪嗣: エスプレッソのダブルですね。
Yukitsugu: That will be a double espresso right?
アルベルト: あ――ちょっと待って。今日はマキュアートにしようかな。
Albert: Ah… just a minute, shall I have a macchiato today?
雪嗣: カフェ・マキュアートですね。かしこまりました。
Yukitsugu: A café macchiato? Understood.
アルベルト: あ、ユキ。
Albert: Yuki!
雪嗣: ですから……その呼び方は。
Yukitsugu: As I’ve said, that way of addressing me…
アルベルト: どうして駄目? 『雪嗣』は、僕たち外国人には発音しづらいよ。
Albert: Why can’t I? For us foreigners, it’s difficult to pronounce “Yukitsugu”.
雪嗣: ……アルベルト様。
Yukitsugu: Albert-sama…
アルベルト: その他人行儀な物言いはやめてくれないか。聞くたびに胸が痛くなる。
何度言ったらわかってくれるんだ。僕のことはアルベルトでいいから。だから、僕もきみをユキと……。
Albert: Can you stop that distant way of calling me? Whenever I hear that, my heart aches. How many times do I have to tell you before you understand, you can just call me “Albert”. That’s why, I will just call you “Yuki”…
雪嗣: アルベルト様。何度も申し上げておりますように、私のことは『東城』とお呼びください。私たちは、ファーストネームで呼び合うような間柄ではありません。
Yukitsugu: Albert-sama. Just as I’ve said many times before, please address me by “Toujou”. We are not on the level of calling each other by our first names.
アルベルト: じゃあこれから親しくなればいい。手始めに今夜、食事に行かないか?
汐留にとてもおいしいイタリアンを食べさせる店がオープンしたので、実は今日はきみを誘うつもりで来たんだ。ナポリから来たシェフの『かさごのアクアパッツア』が絶品で……。
Albert: Then, we just have to get closer from now on. For starters, shall we go for a meal tonight? A delicious Italian restaurant just opened at Shiodome, actually I came here today with the intention of asking you out. The Scorpion fish Acqua Pazza (poached fish) by the chef from Naples is perfect…
雪嗣: お断りします。
Yukitsugu: I refuse.
アルベルト: ユキ……。
Albert: Yuki…
雪嗣: 今までもずっとお断りしてきましたが、今後も個人的なお誘いには一切応じるつもりはありません。
Yukitsugu: I’ve been refusing you till today, and from now on, I have no intentions of accepting any personal invitations from you.
アルベルト: ……ユキ。
Albert: Yuki…
雪嗣: どうか、お誘いになるならどなたか別の方を。あなたほどの方ならお相手はたくさんいらっしゃるはずです。
Yukitsugu: Please, if you wish to invite someone for a meal, please find another person. For someone like you, I’m sure you have many to choose from.
アルベルト: あ……。
Albert: Ah…
アルベルト: ……9797敗か。
Albert: 97 battles, 97 losses huh?
アルベルト: この僕が二年半ひとりの人間に振られ続け、しかも夜遊びもせずに仕事一筋だなんて、ローマの友人たちに話しても信じないだろうが。
おまえはいいな。彼と一緒に暮らしているなんて、本気でうらやましいよ。
Albert: I’ve been continuously rejected by the same person over two and a half years. On top of it, to think that I’ve been concentrating on work without going out to play at night… If I told my friends in Rome, I’m sure they won’t believe me. You sure are lucky, to be living with him. I’m really jealous of you.
大城: じゃあ今度は首輪をつけて、あいつの部屋の前で待っていたらどうだ?
Daijou: Then how about wearing a collar and waiting in front of his room for him?
アルベルト: タカシ。
Albert: Takashi…
アルベルト: 大城崇。このカフェのオーナーであり、【Yebisu Graphics】の代表でもある。
Albert: Daijou Takashi. He’s the owner of this café, and is also the representative of Yebisu Graphics.
大城: 打ち合わせ前にカフェに立ち寄るのが、もはや習慣と化しているな。世界的インテリア・メーカー【LABO】の日本支社長殿は、よほど【LOTUS】がお気に入りのようだ。
Daijou: It has already become your habit to visit the café before our meetings. Seems like the world-renown interior design company, LABO’s president of the Japan branch has taken a liking to Lotus.
アルベルト: ああ。この店は素晴らしいよ。カフェも、ギャルソンもね。許されるなら、毎日でも来たいぐらいだ。
Albert: Yea, this café is great, both the coffee and the garçon, to the extent that I would love to visit every single day if possible.
大城: となると、俺たちはアルベルトの分刻みのスケジュールを狂わす店のオーナーということになるのか。これは困ったな。あんたの秘書に恨まれちまう。
Daijou: So that means that I will become the owner of the café which takes up the time of Albert’s busy schedule huh… This is troubling… I’ll be hated by your secretary.
アルベルト: なんだい、今頃気づいたのかい? もう手遅れだよ。今オーダーしたばかりなんだ。約束の時間まではまだあるだろう?
Albert: What’s this, have you only realised now? It’s already too late, I’ve just made my order. We still have time till the agreed time right?
大城: ああ、二十分はあるから安心しろ。俺たちも今、ランチを終えたところだ。階段を上がってきたら、ガラス越しにあんたの姿が見えたんでな。
Daijou: Yea, you still have 20 minutes so don’t worry. We’ve just finished our lunch too. When we were walking up the stairs, we saw you from behind the glass panes.
陣内高史: やぁアルベルト、ひさしぶり。
Jinnai: Yo Albert, it has been a while.
アルベルト: 陣内。
Albert: Jinnai.
アルベルト: 陣内高史。崇の従兄弟であり、日本最大手の時計ブランド、【CASTEL WATCH】の東京本部長であり、崇と共にこのカフェのオーナーでもある。
Albert: Jinnai Takafumi, he’s Takashi’s cousin and also the Japan branch president of the Japan’s top watch brand, Castel Watch. Along with Takashi, he’s the owner of this café.
アルベルト: ふたりで地下のダイナーで食事を?
Albert: Were the both of you having your meals at the diner downstairs?
陣内: そう。月に数度、こういった機会を持つことにしているんです。
店の仕切りは基本的に崇に任せているんですが、共同オーナーに名を連ねる以上は、やはり自ら店に足を運んで味やサービスをチェックしないと
Jinnai: That’s right. We try to have the chance to do so a few times a month. The operations of the shop have been left to Takashi, but since I’m considered as an owner of this shop too, I’d have to visit this shop personally to check the service and food quality.
アルベルト: そうか。残念だな。僕も時間さえあれば、きみたちと一緒に食事をしたかったんだが……。
Albert: Is that so? That’s too bad, if only I had the time, I would have loved to have a meal with you two too.
大城: アルベルトは『LOTUSライス』の大ファンだからな。
Daijou: Albert is a huge fan of Lotus Rice.
アルベルト: 『LOTUSライス』は、ほっこりとまろやかなライスの味といい、素焼きの器と蓮の葉を使ったプレゼンテーションといい、本当に完成度が高いよ。僕はあれですっかりアジアンフードに目覚めたんだ。
Albert: When we talk about Lotus Rice, be it the soft, fluffy and mellow taste of the rice, the unglazed pottery used, presentation of lotus plates… The degree of perfection is very high. This has totally opened my eyes to Asian food.
大城: あれは、もともと東城の発案なんだ。
Daijou: That was originally Toujou’s idea.
アルベルト: ユキの?
Albert: Yuki’s?
陣内: ユキ?
Jinnai: “Yuki”?
アルベルト: ああ――失礼。東城くんのことだ。
Albert: Ah, please excuse me, I’m referring to Toujou-kun.
大城: アルベルトは東城にご執心だからな。
Daijou: Because Albert has a soft spot for Toujou-kun.
陣内: 名前で呼び合うほどに親しいということ?
Jinnai: Does it mean that you two are close enough that you’re on first name basis?
アルベルト: いや……そうじゃない。正直言って、僕の一方的な片思いで、彼には相手にもされていないよ。今日もデートに誘ったけれど振られたしね。
Albert: No… that’s not the case. To be honest, it’s just unrequited feelings from my side. He isn’t even taking notice of me. I asked him out today too but I was rejected immediately.
アルベルト: まさか……陣内もユキを?
Albert: Don’t tell me, Jinnai likes Yuki too?
大城: あいつはガードが固いからな。あいつを口説き落とすのには、相当の熱意と根気が必要だぞ。
Daijou: His guard is rather tough. In order make him fall for you, you’ll need a lot of perseverance and guts.
陣内: 崇、よせよ。
Jinnai: Takashi, stop it.
アルベルト: やはり……。
Albert: I knew it.
雪嗣: お待たせ致しました。カフェ・マキュアートです。
Yukitsugu: Please excuse me, here is your café macchiato.
アルベルト: アルベルト:ありがとう。――ところでユキ、さっきの話の続きだけれど。
Albert: Thank you. By the way, Yuki, about what we were talking about earlier…
雪嗣: 大城オーナー、ご相談したいことがあるのですが、今、少しだけお時間大丈夫ですか?
Yukitsugu: Owner Daijou, there’s something I would like to discuss with you. Do you have some time right now?
大城: なんだ?
Daijou: What is it?
雪嗣: 地下の新メニューについてなんですが、使用する食材の調達手段を変更致しまして……。
Yukitsugu: About the new menu downstairs, the procurement of the ingredients that we’re using has been changed… (both walks off)
アルベルト: ……ああ。
Albert: Ha…
アルベルト: ――結局、あまり話せなかった。
Albert: In the end, I couldn’t talk much with him.
陣内: アルベルト。
Jinnai: Albert.
アルベルト: ……ん?
Albert: Huh?
陣内: ここ、座ってもいいかな?
Jinnai: May I sit here?
アルベルト: もちろん。
Albert: Of course.
陣内: アルベルト、ひとつ私からお願いがあるんだ。
Jinnai: Albert, I have a favour to ask of you.
アルベルト: お願い?
Albert: Favour?
陣内: 生半可な気持ちでは、東城にかかわらないで欲しい。
もし、きみが軽い気持ちで東城に近づいて、彼を傷つけたりしたら……私はきみを許さない。
Jinnai: I hope that you won’t get involved with Toujou with half-hearted feelings. If you got close to him with light-hearted feelings and hurt him… I won’t forgive you.
陣内(回想): 私はきみを許さない。
Jinnai (Flashback): I won’t forgive you.
アルベルト: 間違いない。やはり、陣内もユキを――。しかも、あんなふうに釘を刺すなんて、ふたりはどういった関係なんだ?
落ち着け。憶測だけでナーバスになっても意味はない。それにしても――。
Albert: There’s no mistake, Jinnai, towards Yuki… On top of that, to issue such a warning … What is their relationship? (Albert sighs) Calm down, there’s no point in getting nervous over my own speculations. Also…
アルベルト: 生半可な気持ちで近づくな、か。
Albert: “Don’t approach him with half-hearted feelings” huh?
綿貫凌: アルベルト?
Watanuki: Albert?
アルベルト: ああ……失礼、綿貫。打ち合わせの最中に。
Albert: Ah, I’m sorry Watanuki, we’re in the midst of our meeting.
綿貫: 大丈夫ですか?
Watanuki: Are you all right?
アルベルト: 少し疲れているのかな。
Albert: Perhaps I’m a little tired.
綿貫: ショールームのオープンまで約一ヶ月ですからね。少しブレイクを取りましょうか。
Watanuki: Well, we’re about a month away from the opening of the show room. Shall we take a break?
アルベルト: いや……このあとも約束が控えているから。中断させてすまなかった。続けよう。
Albert: Oh no, I have another meeting after this. I’m sorry for interrupting the meeting, let’s continue.
綿貫: わかりました。お手許の、レセプションパーティのインビテーションカードのラフですが――建物のラフ画をビジュアルとしてあしらい、紙の風合いをそのまま活かしてみました。受け取り手の年齢層の幅を考慮して、オーソドックスなタイポグラフィを使用し、敢えてトラディショナルなレイアウトにしてあります。
Watanuki: I understand. This is the draft for the invitation card to our private reception… We’ve treated the rough image of the building with visuals and kept it alive with the texture of the paper. Taking the broad age of the reception audience into consideration, we’ve boldyly used unorthodox typography along with the traditional style.
アルベルト: 九月一日に竣工予定の『LABO青山ショールームCOLOSSEO』は、日本市場における最大規模の路面店舗で、【LABO JAPON】のヘッドオフィスも兼ねることになっている。
僕が来日と同時に着手した、三年がかりのプロジェクトだ。
Albert: LABO’s showroom at Aoyama, “Colosseo”, which is scheduled to be completed on the 1st of September, is the largest roadside store in Japan and the headquarters of LABO JAPON is working on it as well. This is a project I started on during a visit to Japan, and one which I’ve been working on for almost 3 years.
綿貫: ――以上で、カードの説明は終わりです。いかがでしょうか?
Watanuki: That’s all, we’re done with the explanations of the card. What do you think?
アルベルト: アルベルト:さすがに長いつきあいだけあって、綿貫は【LABO】のことをよくわかっているね。
Albert: As expected of Watanuki who has been with them for long, you know LABO really well.
綿貫: ありがとうございます。
Watanuki: Thank you very much.
アルベルト: 僕個人としてはとてもいいと思う。ただ、ローマの本社にもアプルーバルを取らなくてはならないから、返事はもう少し待ってもらえるかな。
Albert: Personally, I think it’s great. However, I need to gain approval from the headquarters in Rome too so can you please wait a while longer for our answer?
綿貫: わかりました。
Watanuki: I understand.
大城: おまえの話は済んだか?
Daijou: Are you two done?
綿貫: はい。
Watanuki: Yes.
大城: じゃあ次は俺の番だな。パーティの件だが、当日のフードメニューに関して何か要望はあるか?
Daijou: Then it’s my turn next. About the party, do you have any special requests for the food menu on the actual day?
アルベルト: いや……特には――。
Albert: No, not particularly…
大城: 大城:どうした?
Daijou: What’s it?
アルベルト: ……今、思いついたんだが、アジアンフードにするというのはどうだろう?
Albert: It just occurred to me, but what about making it Asian food-themed?
大城: ほう。
Daijou: Hm…
アルベルト: ローストビーフやスシ、テンプラなんかはどこのパーティでも定番で、みんな食べ飽きていると思うんだ。かといってイタリアンというのも、本国から来るゲストに対して芸がなさすぎる気がする。
Albert: Roast beef, sushi, or tempura is rather common everywhere and I think everyone might be sick of eating those. However, if we use Italian food, I think it won’t be meaningful for the guests from my country.
大城: なるほどな。そこでアジアンフードか。
Daijou: I see, that’s where Asian food comes into the picture.
アルベルト: ショールーム自体、外観には石材をメインに使っているから、コンセプト的にもマッチするんじゃないかと思うんだ。イメージ的には、地下のダイナーみたいな感じで……。
Albert: About the showroom, since the façade is based on stones, I think concept-wise, it matches too. Image-wise, I’m thinking of the basement diner…
大城: 気が合うな。まさに今、俺もそれを提案しようと思っていたところだ。
Daijou: Yea, that’s exactly what I thought. I was just thinking of arranging for that now.
アルベルト: タカシ?
Albert: Takashi?
大城: 企画書だ。今あんたが言ったアイディアを含め、ディスプレイ、メニュー案に関しても具体的に盛り込んである。まずは目を通してみてくれ。
ちなみに、メニューからインテリアまで、地下のダイナーを仕切っているのはチーフの東城だ。
Daijou: This is a proposal. Including the idea you just said, the display and the menu items have been drafted here in more concrete terms. Take a look at this first. By the way, from the interior design to the menu, the one who’s in charge of the basement diner is Chief Toujou.
アルベルト: ――え? そうか……地下はユキがプロデュースを。
Albert: Eh? Oh is that so… so the basement is produced by Yuki.
大城: もしかしたら、あんたが求めているイメージは、東城の中にあるのかもしれないな。
Daijou: There’s a possibility that the image you sought after is in Toujou.
雪嗣: 東城です。
Yukitsugu: This is Toujou.
大城: 入れ。
Daijou: Come in.
雪嗣: 失礼します。
大城オーナー、アルベルト様。あの……お話とはなんでしょうか。
Yukitsugu: Please excuse me. Owner Daijou… Albert-sama… That… what was the matter you wished to talk about?
大城: おまえに頼みたい件がある。
Daijou: I have a favour to request from you.
雪嗣: 頼み……ですか?
Yukitsugu: A favour?
アルベルト: 九月一日に、【LABO】の青山ショールームがオープンすることは聞いている?
Albert: Have you heard about the LABO Aoyama showroom which is opening on 1st of September?
雪嗣: 伺っています。
Yukitsugu: I have heard so.
大城: そのオープンに先がけて、前夜に落成記念のレセプションパーティが催されるんだが、料理は【LOTUS】のシェフを使って、アジアンフードを出すことに決まった。
当日会場で働くスタッフも、カフェとダイナーから出すことになる。
Daijou: There will be a reception celebrating the completion during the night before the opening and it has been decided that we will use the chefs from Lotus to serve Asian food. On the actual day, we have decided to use the staff working at Lotus too.
雪嗣: ……はい。
Yukitsugu: Yes.
大城: そこでだ――東城。おまえに【LOTUS】のスタッフ代表として、料理のコーディネイトを含め、当日の会場の統括を担う役を引き受けてもらいたい。
Daijou: That’s where you come in, Toujou. As the representative of the staff from Lotus, I want you to accept the role of supervising this event on the actual day, including the coordination of food.
雪嗣: 無理です。そんな大切なセレモニーの統括など私には荷が勝ちすぎます。できません。
Yukitsugu: That’s impossible, I’m too incapable to handle the coordination of such an important event. I can’t do it.
大城: 俺たちも、あらゆる可能性を検討して話し合ったんだがな。その結果、適任者はおまえしかいないという結論に至ったんだ。
できないと言うが、実のところ、地下を統括して取り仕切っているのは――東城、おまえじゃないのか?
Daijou: We considered the possibilities and talked about this too. But our conclusion is that you’re the only one capable of doing this. Even though you said you’re incapable of doing that, aren’t you the one who put everything together for the basement diner, Toujou?
雪嗣: 私だけの力ではありません。メニューはシェフと話し合って決めていますし、インテリアに関してはオーナーと……。
Yukitsugu: It wasn’t just my work alone. The menu was decided upon after discussions with the chef, the interior design was with owner…
大城: だから今回の件も、おまえひとりで仕切れと言ってるわけじゃない。あくまでチームの一員として、リーダー役を担って欲しいという話だ。もちろん、総合プロデュースは俺が請け負うし、事前の準備に関しては、カフェとダイナーのスタッフが総出でサポートする。必要であれば、事務所の人間を出すことも可能だ。どうだ、東城?
Daijou: That’s why, I’m not telling you to do it alone for this case. You’re just going to become the leader of a team. Of course I’m going to be the producer of coordination and the operations will be supported by the staff from the café and diner. If necessary, it’s even possible for me to use the people from our office. How does that sound, Toujou?
アルベルト: 僕からもお願いする。ぜひとも引き受けて欲しい。
Albert: I’m begging you too, please accept this.
雪嗣: これは……雇用主としてのご命令でしょうか?
Yukitsugu: Is this an order from a boss?
大城: そう取ってもらって構わない。
Daijou: I don’t mind if you take it that way.
雪嗣: ……わかりました。ご期待に添えるかどうかわかりませんが、精一杯やらせていただきます。
仕事を抜け出してきましたので、これで失礼します。
Yukitsugu: I understand. I don’t know if I can meet your expectations, but I will try my best. Since I left in the midst of some work, please excuse me now.
アルベルト: ユキ! ちょっと失礼!
Albert: Yuki…! (Toujou leaves) Please excuse me.
アルベルト: ユキ、待ってくれ! ユキ! 怒ってる?
Albert: Yuki… wait up, Yuki! (Albert stops Yuki) Are you angry?
雪嗣: 怒ってなどいません。
Yukitsugu: I’m not angry.
アルベルト: 嘘だ。
Albert: That’s a lie.
雪嗣: 嘘なんか……。
Yukitsugu: I’m not lying…
アルベルト: じゃあなんで僕の顔を見ない?
ユキ――お願いだから誤解しないで欲しい。さっきの申し出は、僕のきみへの気持ちとはまったく別の次元の話だ。
僕は地下のダイナーがとても好きなんだが、新しいショールームと、自然の風合いをエッセンスに取り込んでいるという点で、どこかイメージが被るんだ。だから、どうしても君にパーティのコーディネイトを頼みたくて。
Albert: Then why won’t you look me in the eyes? Yuki… I’m begging you, please don’t misunderstand me. The request earlier on is totally unconnected to my feelings for you. I love the basement diner a lot and when I think of incorporating the elements of nature into the new showroom, somehow the image overlaps. That’s why, I really wanted you to coordinate this party.
雪嗣: わかりましたから手を――手を放してください。
Yukitsugu: I understand already, so please… please release my hand.
アルベルト: ああ、ごめん。すまない。本当にすまなかった。痛くない?
Albert: Ah, I’m sorry. Please excuse me. I’m really sorry, did it hurt?
雪嗣: 大丈夫です。
Yukitsugu: It’s fine.
アルベルト: だけど……これだけは信じて欲しいんだ。
決してきみと一緒にいたいからとか、親しくなるチャンスが欲しいからとか、そういった疚しい動機では……いや、もしかしたら……ひょっとしたらほんの少しは……不純な気持ちもあったかもしれないが。
Albert: But, I just want you to trust me on this. This isn’t because I have suspicious ulterior motives such as wanting to be with you, or that I wanted a chance to get closer to you… no… perhaps… maybe just a little… there might have been impure motives behind this.
雪嗣: はあ……。
Yukitsugu: Har…
アルベルト: きみを前にすると僕はつくづく格好悪いな。自分でも嫌になるよ。
Albert: When I’m in front of you, I start to get so uncool. Even I get sick of myself.
雪嗣: あなたは格好悪くなどありませんよ。誰が見ても立派な成功者(セレブリティ)だと思います。男性として申し分のない器量の持ち主でありながら、そのうえ社会的地位と財力をも兼ね備えている。
Yukitsugu: You aren’t uncool. I’m sure you look like a respectable celebrity from anyone’s eyes. For a man with such perfect looks, on top of that you are high on the society and have money too.
アルベルト: ……ユキ。では……その、きみは僕を嫌いなわけじゃないんだね?
Albert: Yuki… Then, you… you don’t hate me, do you?
雪嗣: あなたを心から嫌いになれる人間などいないでしょう。
Yukitsugu: I don’t think there’s anyone who can hate you honestly from their heart.
アルベルト: 本当? じゃあ、希望を持ってもいいだろうか? いつか……きみをデートに誘うことができる日がくる、と。
Albert: Really? Then, can I have hope? That one day… I can hope to ask you out on a date.
雪嗣: 私は……あなたのような立派な方の相手として相応しくありません。
Yukitsugu: I am not worthy of someone as splendid as you
アルベルト: そんなことはな……。
Albert: Something like that…
雪嗣: しかし、それとお仕事の件は別ですのでご心配なく。引き受けたからには全力を尽くさせていただきます。
Yukitsugu: But, as that is a different issue from work, don’t worry. Since I’ve accepted the role, I will give it my best.
アルベルト: ユキ!
Albert: Yuki.
雪嗣: 急ぎますので失礼します。
Yukitsugu: I’m in a rush so please excuse me. (Yuki leaves)
久家有志: 女性誌で『今最もセクシーでセレブな男』に選ばれたイタリアの種馬も、『雪の女王(アイスドール)』の前じゃ形無しだな。
Kuge: So even the Italian stud who has been chosen as the current sexiest celebrity in female magazines, is still helpless in front of the ice doll.
アルベルト: 久家、聞いていたのか? 人が悪いな。
Albert: Kuge, were you listening? You’re bad.
アルベルト: 彼は【Yebisu Graphics】グラフィックデザイナーの久家有志だ。
Albert: He is a graphics designer at Yebisu Graphics, Kuge Yuuji.
久家: 聞こえちゃったんだよ。人の会社の廊下で堂々と口説いておいて文句言うなって。
Kuge: I overheard, if you were to woo someone boldly at someone’s office corridors, then don’t complain.
アルベルト: 口説くつもりはなかったんだが……つい。
Albert: I didn’t have the intention to woo him, but I just…
久家: 今ので振られたの何回目?
Kuge: How many times have you been rejected?
アルベルト: 98回目だ。
Albert: That was the 98th time.
久家: あと3回か。
Kuge: So it’s just another 3 times huh.
アルベルト: 何?
Albert: What is it?
久家: 事務所のメンツで賭けてんの。あんたが東城サンを101回誘って全敗するか否か。
Kuge: I made a bet with the members of this company, whether you will succeed after asking Toujou out 101 times.
アルベルト: ひどいな……人の不幸を笑い物にして。それにしてもなぜ101回目なんだ? 100回じゃないのか?
Albert: How mean, making a joke out of someone’s misfortune. But, why is it 101 times? Shouldn’t it be 100 times?
久家: 昔のTVドラマにそういう話があったんだよ。つれない美女に惚れた男が、振られても振られても根性でアタックし続ける話でさ。
Kuge: There was such a saying in an old TV drama, it’s a story about a man who persisted even after getting rejected repeated by a cold lady.
アルベルト: へぇ……それで、そのドラマの結末は?
Albert: Hm… then what was the conclusion of the drama?
久家: 根性出した甲斐あって、101回目のプロポーズで見事ハッピーエンド!
Kuge: As a result of his courage, at the 101st time he succeeded and it was a great happy ending.
アルベルト: ……そうか。よかった。
Albert: I see… I’m glad.
久家: なんだよ? そのぬるい笑みは? 全然うれしそうじゃないじゃん。
Kuge: What is with that rueful smile, you don’t seem happy at all.
アルベルト: いや……僕の場合は、そうはうまくいきそうにないと思ってね。
Albert: No, in my case, I don’t think it will go that smoothly.
久家: 元気出せよ。東城サンはたしかに手強そうだけど、どんなことでも諦めたら終わりだって。
大体、まだ二年とちょっとだろ? んなのまだまだ甘い甘い。俺なんか五年越しの片思いを実らせたんだぜ?
Kuge: Cheer up. Toujou-san is definitely not easy to handle, but no matter what happens, it ends when you give up. In the first place, it has only been just over 2 years right? Then, you still have a long way to go! In my case, I had to deal with an unrequited love for 5 years.
アルベルト: 五年越し?
Albert: 5 years?
益永和実: 久家? そこにいるか?
Masunaga: Kuge, are you there?
アルベルト: あ……。
Albert: Ah…
アルベルト: 眼鏡をかけた色白の彼の名前はたしか……。
Albert: The name of this fair-skinned bespectacled guy… if I’m not wrong…
久家: 益永さん。
Kuge: Masunaga-san!
アルベルト: そうだ。益永和実。久家と同様に【Yebisu Graphics】を担う、優秀な人材だ。
Albert: That’s right, Masunaga Kazumi. He is Kuge’s colleague and he is one of the talented employees at Yebisu Graphics.
久家: 何? どうかした?
Kuge: What is it, did something happen?
益永: 笹尾がおまえの指示でわからないところがあるらしい。
Masunaga: Seems like Sasao wasn’t very clear about your instructions.
久家: わかった。今ちょうど戻るところだったから。
じゃあな。とにかく諦めずにがんばれよ。俺はあんたの恋が成就するほうに賭けてるんだからな。
Kuge: I got it, I was just about to return right now. Bye then, in any case, don’t give up and go for it! I’m betting that your love will get requited.
アルベルト: ありがとう。
Albert: Thank you.
久家: ――わざわざ迎えに来てくれたんだ。
Kuge: So you came specially to get me.
益永: 別に。たまたま三階に用があったから……。
Masunaga: Not really, I just had something to do at the 3rd floor coincidentally.
アルベルト: 五年越しか。
Albert: 5 years huh?
アルベルト: 遊び人で有名な久家が、そんなに長くひとりを想い続けていたというのにも驚いたが……。たしかに、五年に比べれば、自分はまだまだ甘いのかもしれない。
ん、付箋? 久家が持っていたものか? 仕事のメモのようだ。届けたほうがいいな。久家は……。
Albert: I was surprised that the Kuge who is famous for being a player, was fixated on one person for such a long time. But really, in comparison with 5 years, I think I still have a long way to go. A tag? Was it something Kuge was holding onto? It looks like a memo for work. Kuge is…
益永: 馬鹿。よせって……。
Masunaga: Stupid, don’t rush it…
久家: ちょっとだけ。いいじゃん。ちょっとくらい。
Kuge: Just a bit, isn’t that all right? Just a bit…
益永: 駄目だ。公私はきっちりけじめを……んっ。
Masunaga: You can’t, you have to separate work from private…
アルベルト: ……?
Albert: Huh?
久家: 和実……愛してる。
Kuge: Kazumi… I love you.
益永: ……馬鹿。
Masunaga: Stupid.
アルベルト: ……そうか。五年越しの相手というのは彼だったのか。
ここならば、付箋を見つけてくれるだろう。
Albert: Is that so? So he’s the unrequited love for 5 years. If I leave it here, I’m sure it will get found.
アルベルト: あのふたりのように、ユキと抱き合える日は果たして来るのだろうか。
Albert: Just like the two of them, I wonder if the day would come where I can embrace Yuki.

back to top ↑


Track 2: I Want to Know You More (もっと、きみを知りたい)

アルベルト: 【COLOSSEO】は、うちのヘッドオフィスとショールームを兼ねていて、地下二階・地上五階の建築構造になっているんだ。
――あ、まだ足許が不安定だから気をつけて。
Albert: Colosseo is a showroom which our headquarters is working on as well. The basement two and the fifth floor is still under construction. Ah… the flooring is still uneven so please be careful.
アルベルト: ディスプレイの構成を考えるために、パーティ会場であるギャラリースペースの下見をしたい、というメールがユキから届いたのが一昨日。
早速、秘書と一戦交え、こうしてまたふたりの時間を作ることができた。
Albert: It was yesterday when I received a text from Yuki, saying that he wanted to visit the gallery space which would be used for the event, in order to brainstorm about the structure of display. I immediately argued it out with my secretary and just like this, we can enjoy our time together.
アルベルト: 地下二階は駐車場スペース、地下一階は特別注文やリペアを請け負う工房と倉庫になっている。
Albert: Basement two is the carpark, while basement one is for the studios or warehouses which do custom orders or repairs.
雪嗣: リペアを請け負う工房――ですか?
Yukitsugu: Studios which does repairs…?
アルベルト: そう。ヨーロッパでは、本当に品質のいい家具は修理修繕を施して、何代にも渡って大切に使い続けるものだが……。残念ながら日本では、使い捨ての感覚が根強いようだ。
Albert: That’s right. In Europe, those furniture of good quality will be preserved through repairs and maintenance, and are passed down through generations carefully but… Unfortunately, in Japan, the idea of using and throwing away seems to be more prevalent.
雪嗣: たしかに……家具だけでなく、家電などもすべて、次々と『消費』していくものだという風潮はありますね。
Yukitsugu: You’re right… not just furniture, even home appliances, there is this trend of treating them like “consumption goods”.
アルベルト: そういった流れに対しての【LABO】からの提言――といった意味合いも込めて、うちで取り扱う家具に関しては、専門の職人の手で補修を請け負うサービスを始めるんだ。今まではミラノの工場に送っていたので時間も送料もかかったが、今度からはより迅速な対応ができる。それと倉庫――これも【COLOSSEO】独自の新しい提案だ。
Albert: In response to such trends, this is LABO’s motion… or something with that meaning. All furniture bought from our store will be maintained, repaired and serviced by our professionals. Up till now, the furniture has been shipped to our studios in Milan, incurring extra costs and time. From now on, we can complete repairs in much short time. Also, this warehouse – this is also a new independent concept of Colosseo.
雪嗣: 倉庫?
Yukitsugu: Warehouse?
アルベルト: これは、僕が東京に住んで痛感したことだけれど……やはり居住空間が狭い。
現状では、いくら欲しい家具があっても、スペースの兼ね合いで断然せざるを得ないことが多々あるのじゃないかと思ってね。
Albert: This is something I’ve become painfully aware of since I started living in Tokyo… as expected, the living space is narrow. I was just thinking that in this current situation, even if we wanted to have more furniture, there’s the space constraint which can’t be overcome.
雪嗣: そうですね。特に都心部では。
Yukitsugu: You’re right, especially for those living in the city centre.
アルベルト: だから倉庫を造ろうとローマに提案したんだ。最適なコンディション管理のもとで、プロフェッショナルであるスタッフが大切に家具を預かる。
このシステムを利用することによって、季節ごとにインテリアを変えたりと、ユーザーのライフスタイルにも選択肢ができるはずだ。
Albert: That’s why I proposed the creation of a warehouse to the Roman headquarters. The furniture can be left in the care of professionals who will take optimum care of it. Making use of this service, people can have a change of interior design along with the change of seasons, or a change in their lifestyle.
雪嗣: ……さらには、無闇な使い捨てを防ぐこともできる。
Yukitsugu: Also, we can lower the rates of furniture being thrown away.
アルベルト: そのとおり。通常ほとんどの場合、何かを新しく購入したら、それまでの家具は処分しなければならないからね。
一階から三階までの各フロアがショールーム兼売り場で、四階が【LABO JAPON】のヘッドオフィス。そして――最上階がギャラリーという構成だ。
Albert: That’s right. Under normal circumstances, when new furniture is bought, the old ones will have to be disposed of. From the first floor to the third floor, we have various showrooms and the payment area. The fourth floor is the head office of LABO JAPON, and the highest floor is the gallery.
雪嗣: ああ……明るいですね。見晴らしもいい。
Yukitsugu: Wow… it’s bright and the view is great too.
アルベルト: このギャラリーには、うちの商品のみならず、世界中の優れたファニチャーが展示される。実際に手で触れて質感を確かめたり、ものによっては座り心地を試すこともできる。
――そういったスペースを造ることは、僕の長年の夢だったんだ。
Albert: At this gallery, we don’t only showcase our products, we exhibit furniture masterpieces from all over the world too. It’s possible to touch the furniture to feel its texture, or sit on it to test how it feels. It has always been my dream to create a space like that.
雪嗣: …………。
Yukitsugu: Oh…
アルベルト: いつの日か、【LABO】の製品を手にした日本の人たちが、生活のパートナーとしての家具を、少しでも長く愛し続けてくれれば……。
Albert: Hopefully one day, the Japanese people who use LABO products will start to view their furniture as their lifelong partners and start to love them more…
アルベルト: いけない。つい、ひとりで熱く語ってしまった。
Albert: Oh no, I unconsciously went on by myself.
アルベルト: どう? ディスプレイのアイディアは浮かびそう?
Albert: How is it? Do you have any ideas for the display?
雪嗣: …………。
Yukitsugu: Hm…
アルベルト: ……ユキ?
Albert: Yuki?
雪嗣: なんとなく……まだおぼろげですけれど。
Yukitsugu: Vaguely… but it’s still unclear.
アルベルト: よかった。
Albert: I’m glad.
雪嗣: 『自然との共存』が、たしか【LABO】の理念でしたよね。
Yukitsugu: LABO’s ideal is definitely “living together with nature”.
アルベルト: そう。できるだけ無駄な森林伐採を食い止め、限られた資源を有効活用する――というのが会長のジーノの信念でね。
Albert: That’s right. “To prevent unnecessary depletion in our forests, we use our resources as effectively as possible”, that’s our president, Jino’s belief.
雪嗣: そのあたりを踏まえて……もう少し煮詰めてみます。具体的になりましたら、またご相談させていただきますので。
Yukitsugu: Thinking around that theme… let me think about it for a while longer. Once my idea becomes more concrete, I will discuss with you once again.
雪嗣: いらっしゃいませ。
Yukitsugu: Welcome.
アルベルト: 今、打ち合わせをしても大丈夫?
Albert: Is it all right if we have a meeting right now?
雪嗣: はい。大丈夫です。もうだいぶ、お客様も引けましたので。
Yukitsugu: Yes, it’s all right. Our customers for the day have almost left.
アルベルト: パーティ本番まで二週間と迫った今日、午後九時ジャスト。今日は崇が出張でいないので、ユキとふたりきりの打ち合わせだ。
Albert: Today is the day with just another two weeks to the party. It’s exactly 9pm. As Takashi isn’t around due to his business trip, this is a meeting with just me and Yuki.
雪嗣: あとは任せますので、何かあったら呼んでください。こちらへどうぞ。
Yukitsugu: I’m leaving the rest to you, please call for me if there is a need to. This way please.
アルベルト: カフェとダイナーの両方でチーフをしている上に、パーティの準備も抱えて……。最近は、相当ハードな毎日じゃないかい?
Albert: While being the chief in-charge for the diner and café, you’re also juggling the preparations of the party… Lately, hasn’t your daily life been rather hard?
雪嗣: いえ、そうでもありません。アルベルト様こそ……。
Yukitsugu: No, that isn’t the case. Albert-sama too…
アルベルト: ユキはそう言うが、彼の今の状況を考えると、申し訳ない気持ちでいっぱいになる。僕にできることは、少しでもユキの負担が減るよう、彼の職場まで足を運ぶことぐらいだ。
Albert: Even though that’s what Yuki said, thinking about his current situation, I start to feel apologetic. What I can do to lighten Yuki’s load, is to bring myself to his workplace as much as I’m able to.
雪嗣: 狭いところですが、おかけください。
Yukitsugu: It’s a small space, but please have a seat.
アルベルト: ありがとう。
Albert: Thank you.
雪嗣: 早速ですが、フードメニューに関しましては、先日提出致しました企画書にのっとった形で、シェフが試作を進めています。来週あたりで一度、試食をしていただきたいのですが。
Yukitsugu: Let’s get started. Regarding the food menu, our chef has begun preparing the trial dishes according to the proposal. We would like to arrange a food tasting session around next week…
アルベルト: もちろん。事前に言ってもらえれば時間は空けるし、ここに足を運ぶことも構わない。
Albert: Of course. As long as you inform me in advance, I can make time for this. I don’t mind making my way here either.
雪嗣: では、試食会の日程は大城オーナーとの調整を計ってみます。試食の結果、メニューが本決まりになりました段階で、仕入れの見積もりを提出致します。
ビバレッジに関しましては、ワイン・シャンパン・ビール・ミネラルウォーター――こちらはガスありとガス抜きの二種類、各種ソフトドリンクと『ロータスティー』をご用意する予定ですが、何か他にリクエストはございますか?
Yukitsugu: Then, I will arrange for the food tasting schedule with owner Daijou. Once we’ve confirmed the menu after the food tasting, I will submit an estimate of the stock we need. Regarding the beverages, we plan to have wine, champagne, beer, mineral water – we have still or sparkling, various types of soft drinks, and “lotus tea”. Do you have any special requests?
アルベルト: 食前酒にヴェルモット、食後酒にアヴェルナも欲しいな。グラッパでもいい。これがないと本社の人間がうるさいのでね。
Albert: I would like to have Vermouth as the aperitif and Averna as the digestif too. Grappa is fine too. Without these, the people from the headquarters might make some noise.
雪嗣: わかりました。手配してみます。
Yukitsugu: I understand, I will prepare for that.
アルベルト: もし数が揃わないようなら、僕のワイナリーから取り寄せることもできるから遠慮なく言ってくれ。
Albert: If you can’t procure enough, I can contribute some from my winery. Just tell me.
雪嗣: ご自分でワイナリーを所有していらっしゃるんですか?
Yukitsugu: Do you have your own winery?
アルベルト: そう。シチリアにね。
Albert: Yes, in Sicily.
雪嗣: シチリア……。
Yukitsugu: Sicily…
アルベルト: イタリア共和国の最南端の島で、僕の出身地なんだ。
『ウニのおいしさがわかるのは、日本人とシチリア人だけ』――という諺を知ってる?
Albert: It’s the southernmost island of Italy, where I was born. “The only ones who understand the wonders of the sea, are Japanese and Sicilians”, have you heard of this saying before?
雪嗣: いいえ。
Yukitsugu: No.
アルベルト: その諺を知ってから、僕はずっと日本人に親近感を覚えてきたんだ。同じように海に囲まれた島国で……繊細な味覚を持つGiapponese(ジャポネーゼ)にね。それが日本語を勉強するきっかけになった。
Albert: Ever since I’ve heard that saying, I’ve always had this sense of intimacy with the Japanese. We’re both surrounded by the ocean, these Japanese with a delicate taste… That became the reason for me to start learning Japanese.
雪嗣: そうだったんですか。
Yukitsugu: Is that so…
アルベルト: おかげでこうして日本に来られて、きみに会うこともできた。
Albert: Thanks to that, I was able to come to Japan like this, and to meet you too.
アルベルト: かわいい。ユキのまつげが想像していたよりも長いことも、間近で見る肌が驚くほどに肌理細かいのも……すべてが新しい発見だった。
狭い密室で、ふたりきりで向き合わなければ知り得なかった――ユキの新しい顔。新鮮な反応。
こうして、ユキを知れば知るほど、より魅かれていく。昨日よりも今日。そしておそらく、明日にはもっと……。
もっと、きみを知りたい。
Albert: He’s cute. Yuki’s fringe is longer than I’ve thought, his skin is surprisingly much softer when seen from up close… everything was a new discovery. A new side to Yuki, one which I won’t be able to know unless we faced each other in this small room. His fresh reactions. In this way, the more I know about Yuki, the more I get attracted to him. More so day by day, and probably, even more tomorrow. I want to know you more.
アルベルト: ユキ。
Albert: Yuki.
雪嗣: はい。
Yukitsugu: Yes.
アルベルト: 今日はこれから予定は?
Albert: What are your plans after this?
雪嗣: ……自宅に戻るだけですが。
Yukitsugu: I plan to return home…
アルベルト: じゃあ仕事のあとで少しだけ、僕につきあってくれないか? 西麻布にあるフィッシュ・バーが、今の時期はとてもおいしいウニを食べさせるんだ。
Albert: Then after your work, can you spend some time with me? There’s a fish bar in west Asabu where we can eat delicious sea urchins during this season.
雪嗣: アルベルト様。
Yukitsugu: Albert-sama.
アルベルト: 仕事のことだけじゃなく……いろいろ話をして……きみのことをもっと知りたい。そして僕のことも知って欲しい。
Albert: Not just about work, I want to talk about a lot of other things… I want to know more about you. Also, I want you to know more about me.
雪嗣: …………。
Yukitsugu: (Yuki sighs)
アルベルト: もっともっと親しくなりたい。そう思うのはいけないことだろうか?
Albert: I want to get even closer to you, is it bad for me to think this way?
雪嗣: お仕事の話でないのなら私はもう……。
Yukitsugu: If it’s not about work, then I…
アルベルト: ユキ!
Albert: Yuki!
雪嗣: 放してください。
Yukitsugu: Please let go.
アルベルト: 今までに幾度、このかたくなな背中を見たことだろう――。
Albert: Up till now, how many times have I seen his back like this…
アルベルト: ごめん……これじゃあまったく公私混同だ。わかっているんだが……きみを前にするとどうしても……自制が利かなくて。
こんなに……人を好きになったことがないんだ。
今までの恋はハシカみたいなものだったと思うくらいに……きみが好きだ。きみのことばかり考えている。
寝ても覚めても……頭の中にきみがいる。心も体も全部……支配されている。
Albert: I’m sorry… this is a complete mix-up of private and work. I thought I understood that, but when I’m with you… somehow my self-control doesn’t work. I’ve never fallen so in love with another person before. This makes me feel that my love till now has always been like a disease. I love you, my mind is always filled with thoughts of you, when I’m sleeping or awake, my thoughts are always about you. Both my heart and body, everything is being invaded.
雪嗣: 今まで……あなたにこんなふうに告白されて、心を動かさなかった相手はいましたか?
Yukitsugu: Till today, has there been anyone whose heart wasn’t moved after being confessed to in this manner by you?
アルベルト: それは……。
Albert: That is…
雪嗣: いなかったでしょう。私は、あなたのアプローチになびかなかった唯一の相手だから。だからですよ……そんなふうに思うのは。
Yukitsugu: I’m sure there wasn’t. Because I was the only one who wasn’t moved by your approach, that’s why you’re feeling that way.
アルベルト: 違う。
Albert: That’s not true.
雪嗣: 違いません。私には、あなたほどの方が執着するような価値はない。そんな上等な人間じゃないんです。手に入らないから欲しくなる。それだけのことです。お願いですから目を覚ましてください。こんな不毛なやりとりは、あなたにとっても私にとっても時間の無駄です。
Yukitsugu: It is. I’m not worthy enough for you to be so obsessed with, I’m not that classy of a human. Because you can’t get it, you desire it. That’s all there is to it. I’m begging you, please open your eyes. Such a fruitless exchange is a waste of time to the both of us.
アルベルト: ユキ……。
Albert: Yuki… (Someone knocks on the door)
雪嗣: はい。……どうぞ。
Yukitsugu: Yes, please come in.
陣内: どうかしたの?
Jinnai: Did something happen?
雪嗣: いえ……なんでもありません。今日はこれで失礼します。
Yukitsugu: No… it’s nothing. I’ll excuse myself for today. (Yuki leaves the room)
陣内: 座ってもいいかな?
Jinnai: May I have a seat?
アルベルト: もうユキは出ていってしまったけど?
Albert: Even though Yuki has left?
陣内: いや、いいんだ。今日はアルベルト、きみに話があるから。店に寄ったらきみが来ているという話だったから、ちょうどいい機会だと思って。
Jinnai: No, that’s fine. I have something I want to speak to you about, Albert. When I dropped by the shop, they said you were here so I thought that it was a good chance.
アルベルト: 僕に……話?
Albert: Speak with… me?
陣内: 崇に聞いたよ。東城に竣工記念パーティのフード・ディレクションを任せたって?先日の私の言葉は――覚えているね?
Jinnai: I heard from Takashi, that you left the food direction for the construction completion party to Toujou? Do you remember what I said the other day?
アルベルト: もちろん。でも言っておくが、僕は生半可な気持ちなんかじゃ……。
Albert: Of course. But let me say this first, I’m not half-hearted…
陣内: 東城は私と崇の幼なじみだ。
Jinnai: Toujou is Takashi and my childhood friend.
アルベルト: ――え?
Albert: Huh?
陣内: 現在の畏まった話し口調からは想像がつかないだろう? これでも昔は、本当の兄弟みたいに仲がよかったんだ。
ユキは――私たちも昔は彼をそう呼んでいたんだが――ふたつ年下で、私たちは幼稚舎から中学までずっと同じ学校に通っていた。
Jinnai: You probably can’t imagine from the formal way we speak to each other now right? Despite this, we were as close as real brothers in the past. Yuki was… oh we used to call him that a long time ago… he’s two years younger and we were always in the same school, since kindergarten to middle school.
アルベルト: …………。
Albert: Oh…
陣内: 彼はかなり裕福な家の、何不自由なく育ったひとり息子だった。だが父親の経営していた貿易会社の事業が失敗して、彼の生活は激変した。
暴力団関係者の激しい取り立てから隔離するために、父親は妻と息子を闇に紛れて逃がした。その夜を境に、ユキの消息はぷっつりと途絶えてしまったんだ。
Jinnai: He was from a rather wealthy family, where he was brought up without any worries as the only son. But the trading company his father was managing experienced a failure and his life took a sudden change. In order to save them from the dealings with yakuza, his father let his mother escape with him one night. After that night, all traces of Yuki disappeared suddenly.
アルベルト: ……残った父上は?
Albert: And the father who stayed behind?
陣内: 人手に渡った屋敷に深夜こっそり忍び込んで……首を吊っているのを後日発見された。
Jinnai: It was discovered the next day that he sneaked back into their mansion at midnight, which had been sold off to another person, and hung himself.
アルベルト: なんてことだ。
Albert: How tragic.
陣内: あの時――私と崇はまだ子供だった。世間知らずで非力で、ユキの苦境を救うことができなかった。
しかし、かわいい弟分のことを片時も忘れたことはない。共に成人してからは、ふたりでずっと行方を探していた。
十年がかりの捜索が実を結んで、ついに再会を果たしたのが、今から五年前だ。
Jinnai: Back then, Takashi and I were still children. We were ignorant and powerless, we weren’t able to save Yuki from his suffering. But, we’ve never forgotten about our cute little brother. After we’ve grown up, the both of us continued looking for him. Our investigation finally bore fruits after ten years and we were able to reunite. That was five years ago from now.
アルベルト: どうしてそんなに時間が?
Albert: Why did it take such a long time?
陣内: 彼は名前を変えていた。今の『東城』というのは、変名後の名だ。
Jinnai: He changed his name. “Toujou” is his name after the change.
アルベルト: マフィアの追跡をかわすために、名を変えざるを得なかったのかもしれないな。
Albert: He might have been forced to change his name in order to avoid the pursuit of yakuza.
陣内: 名前だけでなく、ユキは外見も性格も変わっていたよ。昏い目をして顔色も青白く……天真爛漫だった以前の面影などまるでないほどに荒んでいた。
Jinnai: Besides his name, Yuki’s appearance and personality changed as well. He always looks depressed and pale… it’s such a far cry from his past naïve and glorious self that it’s shocking.
アルベルト: そんな……。
Albert: It can’t be…
陣内: なんとか昔の彼に戻って欲しくて……夜の街でバーテンダーをしていたユキに、働き口を持ちかけた。ちょうど崇と共同で【LOTUS】を始めようとしていたところだったからね。
初めは固辞されたが、それこそふたりで日参して、どうにか口説き落としたんだ。
Jinnai: In efforts to bring him back to his former self, we offered a job to the Yuki who was working as a bartender in the red light district. It was during the time when I was thinking of starting “Lotus” with Takashi. We were rejected at first, but after visiting him continuously with Takashi, we managed to convince him.
アルベルト: どうしてこの話を僕に?
Albert: Why are you telling me this?
陣内: あいつは、自分で自分の過去を話すようなやつじゃない。だから、私が言うしかないと思ってね。
今でも愛想がいいとは言えないが、それでも五年をかけて少しずつよくなってきているんだ。顔色も戻ったし、誕生日に崇とふたりでスマイルを贈ってから、時々だけど笑うようにもなった。
Jinnai: He isn’t the type to talk about his own past, that’s why I thought I should tell you this. I won’t say that he’s very sociable right now, but he’s become slightly better over the five years we took. Some colour has returned to his face, and since we gave him Smile for his birthday present, he smiles occasionally.
アルベルト: 陣内と崇は、ユキにとって特別な存在であり、僕の知らない『小さなユキとの思い出』をたくさん持っているのか。
馬鹿な……何を考えている。ユキのことになると、僕は呆れるほど心が狭くなる。
Albert: Jinnai and Takashi are considered special people to Yuki and they have many memories of young Yuki, which I’m unaware of. How idiotic… what am I thinking about? When it comes to Yuki, I get terribly selfish.
陣内: だから……もうこれ以上、誰にもユキを傷つけて欲しくない。きみにも構って欲しくないんだ。もう充分に、ユキはつらい思いをしてきた。
Jinnai: That’s why, I don’t want Yuki to be hurt by anyone any further. I don’t want you to meddle with him any further. Yuki has been hurt enough.
アルベルト: つらい思いをすると、なぜ初めから決めつけるんだ?
Albert: Why have you decided right from the start that he will be hurt?
陣内: ただでさえ男同士だ。障害は多い。しかもきみは、次期社長候補と目されている。遅かれ早かれ、いずれはローマの本社に戻る人間だ。
先を憂慮するなというほうが難しいと思わないか?
Jinnai: In the first place, you are both guys. There are a lot of obstacles. On top of that, you’re viewed as someone who is in line to become the next president. Sooner or later, you’re bound to return to the headquarters in Rome. Don’t you think that it’s more difficult to not worry about the future?
アルベルト: あ……。
Albert: Ah…
陣内: 以上で話は終わりだ。保護者として言うべきことは言った。――失礼するよ。
Jinnai: That’s all I have to say as the guardian. Please excuse me.
アルベルト: 陣内。傷つけたくないからといって、大事に囲い込んで庇護するだけでいいのか?僕は彼にもっと変わって欲しい。スマイルを相手じゃなくて人間を相手に、もっともっといろいろな感情を表して欲しい。
できれば涙は見たくないけれど……それだって、仮面みたいな無表情よりはマシだ。
Albert: Jinnai, is it fine to shelter and protect him that much in fear of hurting him? I hope that he can change more, not just with Smile, but with humans too. I want him to show more emotions. I don’t want to see him cry, but that’s still better than his emotionless mask.
陣内: …………。
Jinnai: (Jinnai sighs and walk out of the room)
アルベルト: では、ホテルでごゆっくりお寛ぎください。
Albert: Then, please take your time to relax in the hotel.
アルベルト: 青山ショールーム竣工の日がいよいよ近づいてきた。ローマ本社の重役たちも来日し、慌しい日々が続いている。
Albert: The completion of Aoyama showroom is finally approaching. The top executives from the Roman headquarters have been arriving and the days have been filled with a flurry of activity.
アルベルト: そうだ……。
Albert: That’s right. (Albert makes a call)
店員: はい、【LOTUS】です。
Waiter: Yes, this is Lotus.
アルベルト: アルベルトだけど、チーフはいるかな?
Albert: I’m Albert, is your chief around?
店員: あ……すみません。今外出中なんです。戻り次第、折り返しお電話させるように致しましょうか?
Waiter: Ah… I’m sorry, he’s currently outside. Shall I let him return the call once he’s back?
アルベルト: いや……いい。こちらもまた会議に入ってしまうので。
Albert: No… it’s fine. I will be having another meeting soon.
アルベルト: せめて声が聞きたいと思ったが、いつも捕まらない。『折り返し電話を欲しい』と伝言しても、いつも返ってくるのは『メール』だ。
これはわざとなのか、もしかして避けられているのか……顔が見えない分不安ばかりが募る。最後のやりとりが気まずいものだっただけに余計に。
だが、こんな生活もあと少しだ。少なくともパーティ当日には、確実に彼に会えるのだから。
Albert: I wanted to hear his voice at least, but I can never catch hold of him. Even if I leave a message requesting for him to give me a call, he always texts me instead. Is he doing it intentionally, am I being avoided? While I can’t see his face, the feelings of insecurity keep building up within me. Especially when our last exchange was rather awkward. But this sort of lifestyle will end soon, at least I’ll definitely be able to meet him on the actual day of the party.

back to top ↑


Track 3: The Heart’s Desire… (念願の…)

大城: 盛況だな。
Daijou: It’s a success.
アルベルト: タカシ。口うるさい海外のプレス関係者からも賞賛の嵐で、本社の人間も大喜びだ。タカシ、きみのおかげだよ。
Albert: Takashi, we’re getting praises from the fussy overseas media coordinators, and the people from headquarters are extremely happy too. Takashi, it’s all thanks to you.
大城: その賞賛は、あんたに向けられたものだろう。三年間の集大成に対する正当な評価なんじゃないか。
Daijou: That show of appreciation should be towards you. Isn’t it a proper assessment of your accomplishment in three years?
アルベルト: いや。みんなに助けてもらえなかったら、とても僕ひとりではここまでできなかった。
Albert: No, without everyone’s help, I wouldn’t have come so far by myself.
綿貫: アルベルト、お疲れ様です。
Watanuki: Albert, you’ve worked hard.
アルベルト: 綿貫こそお疲れ様。今日まで本当にいろいろとありがとう。
Albert: Watanuki too, you’ve worked hard. Thank you so much for all that you’ve done.
綿貫: ノベルティの納品、大丈夫でしたか。
Watanuki: Was the delivery of novelty goods all right?
アルベルト: 午前中に秘書が確認したが、無事に個数は揃っているそうだ。
Albert: My secretary confirmed it before noon, seems like the numbers have been gathered without issue.
綿貫: かなり印刷を急がせてしまったので心配していたんですが――よかった。
Watanuki: We rushed the printing quite a bit so I was worried, I’m glad.
久家: アルベルトが間際で変更入れたりするからさぁ。
Kuge: That’s because Albert made some last minute changes.
アルベルト: 久家?
Albert: Kuge?
久家: ま、間に合ったからいいけど。
Kuge: Well, since we made it, it’s fine.
アルベルト: 事務所のみんなで来てくれたのか。
Albert: Did you come with everyone else from the office?
久家: そりゃあね……。さすが【LABO】。招待客も多いな、二百人はいるんじゃないの?
Kuge: Of course… as expected of LABO, there are so many guests. Aren’t there at least 200 people here?
益永: だけど、混雑を感じない気持ちのいい空間になってますね。
Masunaga: But, the atmosphere here isn’t disorderly and it’s become a rather comfortable space.
久家: ああ。
Kuge: Yea.
アルベルト: できる限り自然の素材を使って『涼』を演出する――というのが、ユキのコンセプトなんだ。
Albert: It was Yuki’s concept to use as much natural materials as possible to stick to the theme of “refreshing”.
大城: いろいろあったが、やっと完成だな。
Daijou: Even though a lot has happened, it is finally completed.
アルベルト: ついに完成――か。日本に来て、一からショールームの建設にかかわったことは、いろいろな出会いと共に、自分にとって生涯忘れられない思い出になるだろう。
そして、悦びを分かち合いたい相手は、グラスや皿を片づけたりと、忙しく立ち働いている。
ユキ……疲れているのか? 少し顔色がすぐれない気がするが……。
Albert: So it has finally been completed, huh? Since I’ve come to Japan, I first got involved in the construction of the showroom, along with the various encounters, this will definitely be something I won’t before for the rest of my life. And, the person whom I would like to share my joy with, is clearing glasses and plates, hard at work. Yuki… is he tired? His face doesn’t seem to look good…
アルベルト: お疲れ様。
Albert: You’ve worked hard.
雪嗣: アルベルト様。
Yukitsugu: Albert-sama
アルベルト: 大丈夫? 顔色が悪いけど。
Albert: Are you all right? You don’t look good.
雪嗣: 大丈夫です。アルベルト様こそホスト役お疲れ様です。
Yukitsugu: I’m fine. Albert-sama too, you’ve worked hard being the host.
アルベルト: お互い、ここまで大変だったけれど、でも、きみのおかげでパーティは大成功だ。ゲストはみんな、すごく楽しんでいる。
Albert: It’s been tough on the both of us, but thanks to you, this party is a huge success. Our guests are all enjoying it.
雪嗣: そんな……私は何もしていません。すべては大城オーナーが……。
Yukitsugu: No way… I didn’t do anything. Everything is thanks to ownder Daijou…
アルベルト: ――ユキ。
Albert: Yuki.
女性客: きゃっ。
Female: Ah!
雪嗣: 失礼致しましたっ。
Yukitsugu: I’m very sorry.
女性客: 手荒く扱わないでっ。もう! 何やってるの!?
Female: Don’t be so violent. Goodness! What are you doing?!
雪嗣: 大変に申し訳ございません!
Yukitsugu: I’m really very sorry!
女性客: 染みになったらどうするつもり!?
Female: What if it stains?!
雪嗣: もしよろしければ、これからすぐにクリニーニングに。
Yukitsugu: If you don’t mind, I will send it for cleaning immediately.
女性客: 着替えなんか持ってきてないわよ!
Female: I don’t have a change of clothes!
アルベルト: マダム。
Albert: Madam.
女性客: あ、あら?
Female: Oh?
アルベルト: 私どものギャルソンの不手際でご迷惑をおかけしまして、大変に申し訳ございません。
ただちにクリーニングの手配を致しますので、少しの間、お時間をいただけませんでしょうか。もちろん、お召し物の替えはご用意させていただきます。
Albert: Because of our garçon’s clumsiness, we’ve caused you trouble. I sincerely apologise. We will arrange for cleaning immediately, may I trouble you to wait for a short while? Of course, your change of clothing will be arranged.
女性客: まだ会場に着いたばかりだったのよ?
Female: But I’ve only just reached.
アルベルト: もしよろしければ、ドレスを乾かさせていただく間、VIPルームでお待ちいただくというのは?
Albert: If you don’t mind, how about waiting in our VIP room while your dress dries?
女性客: そうね……どうしようかしら。
Female: That’s right… what should I do…
アルベルト: お洋服が乾くまで、新しいシャンパンでお口直しをしましょう。
Albert: Until your clothes dry, let’s refresh ourselves with some champagne.
女性客: あなたがつきあってくれるの?
Female: Will you accompany me?
アルベルト: ご要望とあらば。こちらです、ご案内致します。
Albert: If that’s your wish. This way please, let me show you the way.
アルベルト: 気にしないようにと合図を送ろうと、ユキを振り返る。だが、彼は僕たちを見送るように深く頭を垂れていて――。結局、ユキの顔を見ることはできなかった。
Albert: I turned around in an attempt to signal to Yuki, not worry too much about it. But, as he watched us walk off, Yuki’s head was bowed low. In the end, I wasn’t able to see Yuki’s face.
アルベルト: ――本日は皆様ご多忙のところ、私どもの新社屋及びショールーム落成を記念する会にお集まりいただきまして、本当にありがとうございました。
Albert: Ladies and gentlemen, I would like to extend my profound gratitude to all for taking time out of your busy schedules to attend this celebration for our new office and showroom.
アルベルト: パーティが終わると、『打ち上げ』という一大イベント。朝方に帰宅し、翌日は午前十時からショールームの竣工式。
記者会見を終えると、午後は自らフロアに立ち、メディアのインタビューを受ける。夜は会長のジーノとディナー。
翌朝、本社一行が帰路について、僕はようやく恵比寿に向かうことができた。
Albert: After the party, there’s the “launch”, a huge event. Those who came for the morning will leave and the next day from 10am onwards, is the ceremony to mark the completion of the showroom. After the press conference, I’ll take on interviews from the media. At night, I have a dinner with the president, Jino. The next morning, the people from the headquarters will leave and I can finally head for Yebisu.
アルベルト: ほとんど寝る間もなかった二日間も、ずっと最後に見た彼の頭を下げる姿が頭から離れなかった。
Albert: During those two days which I barely had any sleep, I couldn’t get the image of his bowed head, the last time I saw him, out of my head. (Smile barks)
雪嗣: アルベルト様。
Yukitsugu: Albert-sama.
アルベルト: ユキ? どうした?
Albert: Yuki? What happened?
雪嗣: 先日は大変申し訳ありませんでした。私の不手際をフォローまでしていただいて……本当にすみません。
Yukitsugu: I’m terribly sorry for what happened the other day. I even made you follow up for my carelessness, I’m really sorry.
アルベルト: もしかして、シャンパンの件を気にしているのか?
Albert: Don’t tell me, you’re still worrying about the champagne case?
雪嗣: プロとして取り返しのつかない失態を犯した挙げ句に……アルベルト様の貴重なお時間をロスさせてしまいました。
Yukitsugu: On top of making an irreversible mistake as a professional, I even took up Albert-sama’s precious time.
アルベルト: お願いだから顔を上げてくれ。あれは声をかけなかったマダムにも非があるし、それにもとはといえば、きみに無理をお願いした僕のせいなんだから。
Albert: I’m begging you, please lift your head. That was also the lady’s fault for not telling you, also in the first place, it was my fault for pushing too much work on you.
アルベルト: 困ったな。責任感の強い彼は、僕が想像していた以上に自分のミスを責めてしまっているようだ。これでは礼を言うどころではない。
Albert: This is bad. As he’s very responsible, he’s blaming himself for his mistake more than I estimated. In this case, I can’t even thank him.
アルベルト: じゃあ――こうしよう。パーティの打ち上げも兼ねて、今夜食事につきあって欲しい。それでチャラというのは?
Albert: Then, let’s do this. As a meeting for the party too, I want you to join me for dinner tonight. How about calling it even with that?
雪嗣: そんなことでよろしいのですか?
Yukitsugu: Is it all right with something like that?
アルベルト: え? 食事に……つきあってくれるの?
Albert: Eh? Will you… join me for dinner?
雪嗣: 私は本日は八時に上がれます。ディナーには少し遅くなってしまいますが。
Yukitsugu: I will end work at 8 today, it might be a little late for dinner.
アルベルト: あ……。
Albert: Ah…
アルベルト: 料理はどうだい、ユキ?
Albert: How’s the food, Yuki?
雪嗣: あ……。
Yukitsugu: Ah….
アルベルト: フロアスタッフが気になる?
Albert: Are you concerned about the floor staff?
雪嗣: ええ。やはり同業者なので……。すみません、あまりこういったお店を訪れる機会がないので……めずらしくてつい。
Yukitsugu: Yes. They’re considered my colleagues after all… I’m sorry, I seldom have the chance to visit such restaurants, it’s rare so I just…
アルベルト: それは――デートをするような恋人がいないということだろうか。
Albert: Does that mean that he doesn’t have a lover to go on dates with?
アルベルト: 先日のパーティでは力を貸してくれてとても助かった。おかげでゲストにとってもホストの僕たちにとっても、忘れられない記念の一夜になった。本当にありがとう。
竣工記念のオリジナル・パフュームだ。僕の感謝の気持ちとして、ぜひ、受け取って欲しい。
Albert: You really helped me by lending me a hand with the party on the other day. Thanks to you, it was a memorable night for both the guests and the hosts. Thank you. This is the original perfume in commemoration of the construction completion. It is a show of my gratitude, I would like you to accept it.
雪嗣: これは……とても希少なものだとお聞きしています。私などがいただいてしまうのは申し訳ないです。
Yukitsugu: This is… I heard that it’s something in limited quantity. For someone like me to receive this, I can’t.
アルベルト: きみには受け取る権利がある。お願いだから受け取ってくれ。そうでないとまた、秘書に取り上げられてしまう。これを確保するために、彼の小言を十分も耐えたのに。
Albert: You have the right to receive this. Please, just take this. If you don’t, it will get snatched away by my secretary again. In order to secure this, I had to endure ten minutes of his nagging.
雪嗣: ……わかりました。頂戴します。
Yukitsugu: I understand, please hand it over to me.
アルベルト: では、パーティの成功を祝して――乾杯。
Albert: Then, in celebration of our party’s success, cheers.
雪嗣: 乾杯。
Yukitsugu: Cheers.
アルベルト: 本当に、目の前に『彼』がいる。ふたりだけで、向かい合って食事をしているのだ。
101
回目を待たずして転がり込んだ幸運。夏のバカンスも返上して仕事に打ち込んだ自分に、神が与え給うた『褒美』か、はたまた『慈悲』か。いずれにせよ、念願の初デートだ。
Albert: He’s really right in front of me. It’s just the two of us facing each other, and we’re having a meal. This is the luck which came tumbling towards me even before it’s the 101st time. Is this the reward God has given me because my vacation was swallowed by work, or is it mercy… Either way, this is the first date I’ve been waiting for.
雪嗣: あの……シチリアと言えば、映画のロケ地として有名ですよね。ラテン・ヨーロッパを基盤に、ギリシア、アラブなどのいろいろな文化が入り混じって、とても美しいところですよね。
Yukitsugu: That… when we talk about Sicily, it’s a famous filming site for movies right? Based in Latin European, it’s a very beautiful place where Greek, Arabian and various other cultures have mixed together.
アルベルト: 貧しい土地だけれどね。いまだにマフィアの呪縛も根深いが、それでも少しずつ変わり始めているんだ。例えばワイン。
Albert: It’s a poor place though. Even till today, the mafia still has their strongholds there. Despite that, it’s starting to change gradually. For example, in wine.
雪嗣: ワイン?
Yukitsugu: Wine?
アルベルト: かつて、シチリア産のワインは品質は二の次、三の次の大量生産品と言われていた。だけどここ数年は、本格的なクオリティ・ワインを作るワイナリーが出現し始めている。
Albert: In the past, Wine from Sicily has always been said to be second or third-rated mass produced goods in terms of quality. But during these few years, there is an increase in the number of wineries which focus on quality wines.
雪嗣: そのひとつが、あなたのワイナリー?
Yukitsugu: Is your winery one of those?
アルベルト: そう。世界品種を育てて、数年前からインターナショナル・マーケットにも出荷し始めた。さらには、シチリア原産品種を使って、より優れたワインを作るための改良も続けている。
もちろん、ブランドとしてのイメージを根づかせる努力も怠らない。
Albert: That’s right. We plant international types of grapes, and even expanded onto the global market a few years ago. On top of that, we’re constantly improving our methods to create quality wines with our Sicilian types. Of course, we’re putting in effort not to neglect the image of the brand.
雪嗣: ブランドイメージ――ですか。
Yukitsugu: Brand image, huh?
アルベルト: 実は、これは僕個人の依頼として、ワイナリー関連のグラフィックを一括して【Yebisu Graphics】にお願いしているんだ。
こういった部分から変えていくことが、ひいてはシチリアブランドの信頼性を高めていくと考えている。
Albert: Actually, as a personal request, I’ve asked Yebisu Graphics to create some graphics in relation to my winery. I’m thinking of increasing people’s trust in Sicilian brands by making such changes.
雪嗣: そうだったんですか。
Yukitsugu: Is that so.
アルベルト: 最近は僕の手法を真似て、追従する生産者も増えてきた。これは望むべき展開だ。
そういったワイナリーがどんどんと増え、シチリアのワインが世界でも認められるようになれば、新しい産業が起こり、地元の雇用の活性化にも繋がるからね。
あ、すまない。自分の話ばかりして。
Albert: Recently, there’s an increase in producers who follow in my footsteps and imitate what I’m doing. This is the result I’ve been hoping for. If the number of such wineries increases, Sicilian wines will get recognised worldwide, it will lead to the opening of new industries and this will in turn result in prospering of my homeland’s economy. Oh, I’m sorry, I keep talking about myself.
雪嗣: いいえ。シチリアを愛していらっしゃるんですね?
Yukitsugu: It’s fine, you really love Sicily right?
アルベルト: ……え? ――そうだね。一度は捨てた故郷だけれど……結局は生まれ育った土地は、そう簡単には忘れられないものなのかもしれない。
Albert: Huh? That’s right. Although it’s a place I once left behind… in the end, perhaps it’s still not that easy to forget the place I was once raised and brought up in.
雪嗣: 今日はご馳走様でした。
Yukitsugu: Thank you for tonight.
アルベルト: ……ユキ。
Albert: Yuki.
アルベルト: 僕のほうこそとても楽しかった。遅くまでつきあってくれてありがとう。おやすみ。
Albert: It was very enjoyable for me too. Thank you for going out with me till such a late hour. Good night.
雪嗣: アルベルト。
Yukitsugu: Albert.
アルベルト: ユキ?
Albert: Yuki?
雪嗣: よろしければ……お茶でも呑んでいかれませんか?
Yukitsugu: If you don’t mind… do you want to have some tea before you leave?
アルベルト: 本当にお邪魔してもいいのかい?
Albert: Is it really fine for me to do that?
雪嗣: 狭いところで恐縮なのですが、もしそれでよろしければ。
Yukitsugu: It might be a bother that it’s a narrow space, but if you don’t mind.
アルベルト: ありがとう。
Albert: Thank you.

back to top ↑


Track 4: Cruel Dawn (残酷な朝)

雪嗣: どうぞ、お入りください。
Yukitsugu: Please enter.
アルベルト: スマイル、すまない。おまえの大事なご主人様を長く引き留めてしまったよ。
Albert: Smile, I’m sorry. I held your precious owner back for a long time.
雪嗣: ただいま、スマイル。なんだ? 腹が減ったのか? わかったわかった。今日はちゃんと留守番ができたから、特別にご褒美だ。ちょっと待っていろ。
すみません。スマイルに夜食をやってからコーヒーを淹れますので、リビングで少しお待ちいただけますか?
Yukitsugu: I’m back, Smile. What is it? Are you hungry? I got it, I got it. Since you behaved yourself well today, this is a special reward for you. Wait for a while. I’m sorry, as I will make the coffee after I feed Smile, can you wait for a short while in the living room?
アルベルト: ああ。
Albert: Yes.
アルベルト: これが……ユキの部屋か。展開が急激すぎて、いまいち実感が湧かないが、僕は今、たしかに彼のプライベートルームにいる。
Albert: So this is… Yuki’s home. The progression was too fast that reality hasn’t sunk in yet but I’m really in his private room right now.
雪嗣: お待たせしました。
Yukitsugu: Sorry to have kept you waiting.
アルベルト: これは?
Albert: This is?
雪嗣: ベトナム風のカフェオレ【カフェ・スア】です。コンデンスミルクが入っているのでやや甘めですが、豆自体はフレンチローストですので、たぶんお好みに合うのでは…と。
Yukitsugu: This is Viet style café au lait, “Ca Phe Sua”. As I’ve added milk in, it’s probably on the sweet side but the beans themselves are French roast so I think it might be to your taste.
アルベルト: カップの底の白い層は、コンデンスミルクか。
たしかに少し甘いけれど、でもなかなかおいしいよ。
Albert: Is the white layer at the bottom of the cup condensed milk? (Albert drinks the coffee) It’s definitely sweet, but it’s very delicious.
雪嗣: そうですか。お口に合ってよかった。
Yukitsugu: Is that so? I’m glad it suits your taste.
アルベルト: 控えめな微笑み。今夜だけで何度、彼の笑顔を見ただろう。しかも、他の誰でもない、この自分だけに向けられた笑顔だ。
隣にユキが……。ユキが僕を部屋に招き入れてくれたのは、あくまで『友人』として。しかも、それすらまだ『未満』でしかない。絶対に、信頼を裏切るようなことをしてはいけない。
Albert: A reserved smile… just tonight, how many times did I see him smile? On top of that, it’s not towards anyone else, but the smile is for me. Yuki is beside me… Yuki welcomed me into his room and at most, it’s as his “friend”. Also, it might be a “lesser” version of that. I definitely cannot do anything to lose his trust in me.
雪嗣: 何かフルーツでも切りましょうか。
Yukitsugu: Shall I cut some fruits?
アルベルト: あ、ああ。
Albert: Ah… yes.
雪嗣: それともチーズのほうがいいですか?
Yukitsugu: Or do you prefer to have some cheese?
アルベルト: いや……。
Albert: No…
雪嗣: アルベルト? どうかしましたか?
Yukitsugu: Albert? What’s wrong?
アルベルト: もう……駄目だ。
Albert: I can’t… hold it anymore.
アルベルト: そろそろ僕は失礼する。
Albert: I’ll have to excuse myself soon.
雪嗣: でもまだコーヒーが……。
Yukitsugu: But your coffee is still…
アルベルト: とてもおいしかった。ありがとう。
Albert: It was very delicious. Thank you.
雪嗣: ……すみません。
Yukitsugu: I’m sorry.
アルベルト: ――え?
Albert: Huh?
雪嗣: 自分の立場もわきまえずに、差し出がましい真似をしました。お気を悪くされたのなら謝ります。
Yukitsugu: Without understanding my own position, I did something uncalled for. If I made you feel uncomfortable, I apologise.
アルベルト: 違う。きみのせいじゃない。
Albert: No, that’s not it. It’s not your fault.
雪嗣: いいえ……やはり私が出すぎた真似を。
Yukitsugu: No… I knew it, I did something unnecessary…
アルベルト: そうじゃない…っ。
Albert: That’s not it!
雪嗣: でも……。
Yukitsugu: But…
アルベルト: 違う!
Albert: You’re wrong!
雪嗣: あっ……。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: ……恐いんだ。このままふたりでいたら……きみをどうにかしてしまいそうで。
Albert: I’m afraid. If we stayed together any longer, it feels like I’m going to do something to you.
アルベルト: もうこれで『友人失格』の烙印は確定だ。
Albert: With this, I’ll undoubtedly be stamped with “failure as friend”.
雪嗣: アル……ベルト。
Yukitsugu: Al…bert…
アルベルト: ユ…キ?
Albert: Yuki?
アルベルト: ……信じられない。今、僕たちは抱き合っている? 突き放されるか、冷たくあしらわれると覚悟していたのに。本当に?
どれくらい抱き合っていただろう。僕は、腕の中の体が少しずつ熱を持つのを感じて、ようやく、これが現実だという実感が湧き上がってきた。
Albert: I can’t believe it. We’re currently hugging each other? Even though I was prepared to be pushed away and coldly rejected… really? I wonder how long we stayed interlocked. I felt the warmth of the body I held within my arms and finally, the reality sank in.
アルベルト: ユキ……。
Albert: Yuki… (They kiss)
アルベルト: 二年半、切望し続け、待ち焦がれていた瞬間。こんなにも、僕という男は他愛なかっただろうか。キスだけで、あっけなく昂ってしまうほどに。
Albert: The moment I’ve been anticipating for two years, throughout the disappointments. Have I always been such a silly man? To get so proud with just a kiss.
アルベルト: ……ユキ、お願いだ……止めるなら今、止めてくれ。そうでないと……このまま……きみをどうにかしてしまう。
Albert: Yuki, please. If you’re going to stop me, please stop me now. If not, I will… do something to you right now!
雪嗣: ……ッ、待っ……待って……ください。
Yukitsugu: W-wait… please
アルベルト: 嫌だ。
Albert: I don’t want.
雪嗣: アルベルト。
Yukitsugu: Albert.
アルベルト: 嫌だ。離したくない。
Albert: No, I don’t want to let go.
雪嗣: 大……丈夫……逃げません……から。
Yukitsugu: It… will be fine… I won’t… run away.
アルベルト: 本当に?
Albert: Really?
雪嗣: ただ……ここでは駄目です。スマイルが……。
Yukitsugu: Just that… we can’t do this here. Smile is… (Smile barks)
アルベルト: ああ……。
Albert: Oh.
雪嗣: こちらへ。どうぞ。スマイル、おまえは駄目だ。いい子だから、もうそろそろ寝なさい。
Yukitsugu: Please come this way. Smile, you can’t join us. Just be a good boy, you should go to sleep soon.
アルベルト: ……ユキ?
Albert: Yuki?
雪嗣: すみません……上手く外れなくて。
Yukitsugu: I’m sorry, I can’t undo it.
アルベルト: 僕が外すよ。
Albert: I will undo it.
雪嗣: あ……。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: 全部……外れたよ?
Albert: Everything… has been undone.
雪嗣: ……ぁっ。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: もっと……声を聞かせて。
Albert: Let me hear more of your voice.
雪嗣: や…やめ……っ。ん……。
Yukitsugu: S-stop it…
アルベルト: ぴんと張りつめた美しいユキの背中を見るたび、本当はいつもこうしたかったのかもしれない。
Albert: Every time I looked at the outstretched beautiful back of Yuki’s, perhaps I’ve always wanted to do this.
アルベルト: ユキ?……我慢しないで。
Albert: Yuki? Don’t hold it in.
雪嗣: アルベルト! 駄目……駄目です、そんなっ。
Yukitsugu: Albert! You can’t… you can’t do that…
アルベルト: もう、こんなに濡れている。
Albert: You’re already so wet.
雪嗣: や……放して……やめ……おねが…い、そん…な……嫌、あっ……あ、んっ……あっ、もう……駄目……。
Yukitsugu: No… let go… stop… p-please… Don’t… no! I can’t… anymore.
アルベルト: もう出そう?
Albert: Are you coming?
雪嗣: お願い。放してくださ……あぁっ。
Yukitsugu: Please… let go…
アルベルト: ユキ……かわいい。
Albert: Yuki, you’re cute.
アルベルト: もっともっと乱れる姿を見たい。彼を……全身で感じたい。できれば……ひとつになりたい。
Albert: I want to see more of his agitated self. I want to feel him with my entire self. If possible… I want to become one with him.
雪嗣: ……すみません。私ばかり……。
Yukitsugu: I’m sorry, it’s all me…
アルベルト: いいから……きみは何もしなくていい。
Albert: Don’t worry, you don’t have to do anything.
雪嗣: でも……。
Yukitsugu: But…
アルベルト: その代わり、どこが感じるか、どうされると気持ちいいか――教えて?
Albert: In exchange, tell me how it feels, where does it feel good?
雪嗣: そんな……。ん……っ……うっ…ん……あっ……ん。
Yukitsugu: Something like that…
アルベルト: きれいな足だ。すっきりと引き締まって、白くて、滑らかで。
Albert: What beautiful legs. They are firmly built, pale and so smooth.
雪嗣: だ……だ…めです。そん…なとこ……。
Yukitsugu: N-no… Somewhere like that…
アルベルト: どうしてダメ? もっと感じて。
Albert: Why not? Feel more of it.
雪嗣: あぁ……っ……や……もう……お願い……。
Yukitsugu: N-no… I can’t… please…
アルベルト: もう少し我慢して。すぐに気持ちよくしてあげるから。
Albert: Hold it for a bit longer, I’ll make it feel real good soon.
雪嗣: ああ……あ……。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: ここが……ユキのスイートスポットなんだね。
Albert: Is this… Yuki’s sweet spot?
雪嗣: んっ……あ……ん……や、アルベルトっ。
Yukitsugu: No… Albert…
アルベルト: なに?
Albert: What?
雪嗣: お願い……もう……。
Yukitsugu: Please… I can’t…
アルベルト: もう、僕が欲しい?
Albert: Do you want me?
雪嗣: ……欲しい……です。
Yukitsugu: Yes…
アルベルト: ユキ……。
Albert: Yuki…
雪嗣: ああ……っ。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: ユキ、大丈夫?
Albert: Yuki, are you all right?
雪嗣: んん……っ。
Yukitsugu: Y-yea…
アルベルト: いい? 動くよ。
Albert: Good? I’ll move.
雪嗣: あ、ああ……ん……。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: 気持ちいい?
Albert: Does it feel good?
雪嗣: い……いい……あぁっ……大っきい……。
Yukitsugu: G-good… Ah… It’s big…
アルベルト: きみが悪いんだ。そんなこと言われたら……抑えが利かなくなる。
Albert: It’s your fault… If you said something like that… I won’t be able to hold it in…
雪嗣: ああ……あっ。
Yukitsugu: Ah…
アルベルト: ユキ、いい?
Albert: Yuki, does it feel good?
雪嗣: い……いい……あ……。
Yukitsugu: Good…
アルベルト: ユキ、愛してる……。
Albert: Yuki… I love you…
雪嗣: アルベルト……い……っ。
Yukitsugu: Albert…
アルベルト: ……夢?
Albert: A dream?
アルベルト: ユキの寝室だ。あれが夢でなければ、昨夜、僕はこの部屋で彼と……。
Albert: It’s Yuki’s bedroom. If that wasn’t a dream, then last night, with him in this room…
アルベルト: ――ユキ?
Albert: Yuki?
アルベルト: ベッドに誰かいた形跡がある。まだ少し温かい。昨夜――いや、今朝方まで、たしかに僕はここで彼と抱き合った。体を繋げて愛し合った。
Albert: There are signs that someone was on the bed. It still feels a little warm. Last night… no, until morning, I was definitely embracing him here. We joined our bodies and loved each other.
アルベルト: 夢……じゃない。
Albert: It wasn’t a dream.
アルベルト: ユキ。
Albert: Yuki.
雪嗣: ゆっくり食べろよ、スマイル。
Yukitsugu: Take your time with your meal, Smile.
アルベルト: おはよう。ユキ? どうしたんだ?
Albert: Good morning. Yuki? What’s wrong?
雪嗣: これで満足なさいましたか?
Yukitsugu: Are you satisfied now?
アルベルト: な…に?
Albert: W-what?
雪嗣: デートをしてセックスもした。あなたも充分に満足なさったはずです。
Yukitsugu: I went on a date and had sex with you. You should be satisfied with that.
アルベルト: 何を……言ってるんだ?ユキ!
Albert: What… are you saying? Yuki!
雪嗣: 二度とその名で呼ぶのはやめてください。パーティは終わって、シャンパンの借りもお返しした。これでもう、私たちはなんのかかわりもないはずです。
Yukitsugu: Please don’t call me by that name any more. The party is over, and I returned the favour for the champagne. With that, we should have nothing more to do with each other.
アルベルト: う…そ……だろう?
Albert: You are kidding right?
アルベルト: ユキ……お願いだ。わけがわからない。説明をしてくれ。
Albert: Yuki, please. I don’t understand this. Explain it to me.
雪嗣: 説明など必要ありません。
Yukitsugu: There’s no need for explanations.
アルベルト: 必要ないって、そんな一方的な言い分、絶対に納得できない! きみと僕は昨夜、あんなに愛し合ったばかりじゃないか!
Albert: No need? I will never be satisfied with such a one-sided decision! Weren’t we so in love with each other last night?
雪嗣: もう終わったことです。
Yukitsugu: It has already ended.
アルベルト: 終わった? まだ始まってもいないのに!?
Albert: Ended? It hasn’t even started!
雪嗣: 私はこれから出かけますので、コーヒーを呑んだら帰っていただけますか。
Yukitsugu: I will be leaving soon, so can you leave after drinking your coffee?
アルベルト: これは……何かの罰なのか? ほんの数時間前、あの背中を余さずキスで埋めたばかりなのに……。誰か――嘘だと言ってくれ。
Albert: This is… What sort of punishment is this? Just a few hours ago, I was just kissing every inch of that back… Someone… tell me that this is a lie.
アルベルト: ……ユキ。
Albert: Yuki.
雪嗣(回想): ――これで満足なさいましたか? 二度とその名で呼ぶのはやめてください。もう終わったことです。
Yukitsugu (Flashback): Are you satisfied with that? Don’t call me by that name anymore. It’s already over.
アルベルト: 甘い情事の一夜から一転、このうえなく残酷なセリフで僕を突き放したあと、ユキはかたくなに僕との話し合いを拒み続けた。何をどう言っても取り合ってはくれず、「帰ってください」の一点張り。
こちらを見ようともしない想い人を前に、ユキのつれない仕打ちには慣れていたはずの僕も、さすがに途方に暮れるしかなかった。一体、どういうことなんだ?
念願の初デート。食事をして語らい、自宅の前まで送って――部屋に誘ってきたのはユキのほうだ。初めて他人行儀な物言いをやめて『アルベルト』と呼んでくれた。
抱き締めても嫌がらず、口づけも拒まなかった。それどころか自ら手を引いて、寝室へ誘った。だからてっきり……彼も自分と同じ気持ちなのか、と。
Albert: A complete change since that sweet night we shared. On top of that, after pushing me away with those cold words, Yuki continued to avoid talking to me. No matter what I said, he wouldn’t change his stand and persistently asked me to “go home please”. In front of someone I love who wouldn’t even look at me, despite being used to Yuki’s coldness, I was still at a loss. What on earth happened? The anticipated first date, talking over our meal, sending him home till his doorstep. The one who invited me into his room, was Yuki. It was the first time he stopped addressing me in a distant way, and called me “Albert”. He wasn’t against it when I hugged him, and didn’t reject the kiss either. Rather than that, he pulled my hand willingly and invited me to his bedroom. That’s why I just thought that he shared my feelings.
雪嗣(回想): ――だ…めです。そん…なこと……。
Yukitsugu (Flashback): You… can’t… something like that…
アルベルト(回想): ――どうしてダメ? もっと感じて。
Albert (Flashback): Why not? Feel it more.
雪嗣(回想): ――あ……アルベルト……もう…い…っ。
Yukitsugu (Flashback): Albert… I can’t…
アルベルト: 愛しくて。彼が、切ないくらいに愛しくて。
荒い呼吸の彼と抱き合って、そっと背中に回されたあたたかい手に、彼もまた同じ気持ちでいると確信したつもりでいた。それが、夜が明けたとたんに豹変して。
Albert: I love him… I loved him so much that it was painful. Embracing him while he panted erratically, and with the warm arms which returned the embrace, I thought I had confirmed that he shared my feelings. That transformed when dawn broke.
雪嗣(回想): ――これでもう、私たちはなんのかかわりもないはずです。
Yukitsugu (Flashback): With this, we should have nothing more to do with each other.
アルベルト: ……くそ。絶対に納得がいかない。これで終わりなんて。絶対に……。
Albert: Damn… I can’t be satisfied with this. That this is the end… Never…
アルベルト: とにかくユキに会って、もう一度話をして、彼の本心を聞き出さなければ。
Albert: In any case, I will meet Yuki once again, and have a talk with him. I have to hear his true thoughts.
 
フロアスタッフ: アルベルト様、いらっしゃいませ。
Floor staff: Albert-sama, welcome.
アルベルト: ユキ……いや、東城くんは?
Albert: Yuki… no, is Toujou-kun here?
フロアスタッフ: チーフですか? お休みです。
Floor staff: The chief? He’s resting.
アルベルト: 休み? あ……ええと、どこか具合でも?
Albert: Resting? Ah… that… Is he ill?
フロアスタッフ: いいえ。今日から夏休みを取っておりまして。
Floor staff: No, he took summer leave from today onwards.
アルベルト: 夏休み!? いつまで?
Albert: Summer leave? Till when?
フロアスタッフ: 店に出てくるのは週明けの予定になっていますが。
Floor staff: He’s been scheduled to come to work at the beginning of next week.
アルベルト: ユキ? ユキ、いるなら開けてくれ! ユキ!
Albert: Yuki? Yuki, if you’re inside, open up! Yuki!
隣人: あの……東城さんはお留守ですよ?
Neighbour: That is… Toujou-san isn’t at home.
アルベルト: 留守?
Albert: Not at home?
隣人: お昼頃出られましたから。戻ってくるのは一週間後だって聞いてますけど。
Neighbour: Since he left in the afternoon, I heard that he’ll only be back after a week.
アルベルト: ――一週間後!?
Albert: A week later?!
アルベルト: 彼は、どこへ行ったんですか?
Albert: Where did he go?
隣人: さあ、そこまでは知りません。……でも旅行だと思います。かなり大きなスーツケースを持っていましたから。
Neighbour: I wonder, I don’t know that much. But, I think it’s on a vacation, because he had quite a huge suitcase with him.
アルベルト: タカシ!
Albert: Takashi!
大城: いきなりなんだ?
Daijou: What happened out of a sudden?
陣内: アルベルト?
Jinnai: Albert?
大城: 血相を変えてどうした?
Daijou: Why do you look so frantic?
アルベルト: 教えてくれ、タカシ。ユキはどこへ行ったんだ? 頼むから教えてくれ。
Albert: Tell me, Takashi. Where did Yuki go? I’m begging you, please tell me!
大城: まぁ、落ち着け。とりあえず、座ったらどうだ。
Daijou: Well, calm down. Why you have a seat first.
アルベルト: タカシ。
Albert: Takashi.
大城: 座れ。
Daijou: Sit down.
アルベルト: …………。
Albert: (Albert sits down and sighs)
大城: 東城の行き先を知ってどうするつもりだ?
Daijou: What do you intend to do after finding out Toujou’s whereabouts?
アルベルト: 追いかける。
Albert: Chase after him.
大城: 休暇は一週間だぞ? 戻ってくるまで待てないのか?
Daijou: His break is a week long, can’t you wait till he’s back?
アルベルト: 待てない。どうしても今、彼と話がしたいんだ。
Albert: I can’t wait. I have to talk to him right now.
大城: 仕事はどうする?
Daijou: What will you do about work?
アルベルト: ショールームのグランドオープンは無事クリアしたし、今ならば少し遅めの夏の休暇を取ることは不可能じゃない。
Albert: I’m done with the grand opening of the showroom, if it’s now, it’s not impossible to take a slightly belated summer leave!
大城: いきなり明日からか?
Daijou: Out of the sudden, from tomorrow onwards?
アルベルト: 明日は無理でも明後日にはどうにかする。
Albert: If tomorrow isn’t possible, then I’ll do something about it from the day after.
大城: 高史、どうする?
Daijou: Takafumi, what shall we do?
陣内: ユキはハノイだ。
Jinnai: Yuki is in Hanoi.
アルベルト: ハノイ? ベトナムの?
Albert: Hanoi? Vietnam?
陣内: そうだ。夏の休暇と、店で使う食器などの仕入れを兼ねて、ハノイへ向かった。
Jinnai: That’s right. For his summer vacation, and also to source for equipment to be used in the shop, he went over to Hanoi.
アルベルト: そうか、ベトナムか……。
Albert: I see, Vietnam huh…
アルベルト: ハノイならば直行便があるし、タイミングが合わなくても、香港やソウル経由で……。
Albert: If it’s to Hanoi, there are direct flights. If I can’t make it for the timings available, I can transfer at Hong Kong or Seoul…
陣内: アルベルト。きみは先日私に、ユキを庇護するだけでいいのか――と言ったね。
Jinnai: Albert, the other day, you asked me if just protecting Yuki is sufficient right?
アルベルト: ああ……そう言った。
Albert: Oh… I said that.
陣内: ユキとの再会から五年、かつて彼を救えなかった分、今度こそ彼を救いたい、立ち直るために手を貸したいと思って……我々のテリトリーに囲い込んで見守ってきた。
Jinnai: It’s been 5 years since I reunited with Yuki. I want to help him for all those times I wasn’t able to save him. In order to lend him a hand for him to regain himself, we pulled him into our territory and watched over him.
大城: うむ。
Daijou: Um.
陣内: だが、そういった配慮が結局はユキにとっては重荷だったのかもしれないと、きみと話をしたあとで、いろいろと考えてね。
たしかにユキは仕事をきちんとこなし、私たちが望む以上に応えてくれている。しかしその反面、私たちに対して一線を引いて接するようになってしまった。
従順に尽くすが、決して心から打ち解けることはない。――今の私たちは、彼にとってもはや友人ではなく、雇用主なんだ。
Jinnai: But, since talking to you that day, I’ve been wondering if this care we’re giving will burden Yuki in the long run. It’s true that Yuki is working properly and has exceeded our expectations. But on the other hand, he’s drawn the line between us and has been interacting with us from a distance. He’s obedient, but he never dealt with us from his heart. Currently, we aren’t even his friends, but his employers.
大城: 残念なことだがな。
Daijou: It’s an unfortunate thing.
陣内: 私たちがユキにできるのはここまで。ここから先はきみの出番なのかもしれない。
Jinnai: This is the most we can do for him. From now on, it might be your turn.
アルベルト: 陣内。
Albert: Jinnai.
陣内: ユキを頼む。私たちの大事な弟だ。
Jinnai: I’ll be leaving Yuki in your care, he’s our important little brother.
アルベルト: ありがとう。必ず幸せにする。それにはまず、彼の心を手に入れなくてはならないけれど。
Albert: Thank you. I will definitely make him happy. But for that to happen, I must first get his heart.
陣内: きみの情熱を持ってすれば、ユキの心の氷を溶かすこともできるかもしれないな。
Jinnai: With your passion, it might be possible to melt the ice in Yuki’s heart.
アルベルト: それじゃ、僕はこれで……。
Albert: Then, I will…
大城: おい。一口にハノイと言っても広いぞ。当てもなくどうやって東城を捜す気だ。
Daijou: Hey, Hanoi is huge. How do you intend to search for Toujou without a clue in mind?
アルベルト: ……あ。
Albert: Ah… (Daijou writes something down and passes to Albert)
大城: ほら、東城のホテルだ。持っていけ。
Daijou: Here, Toujou’s hotel. Hold onto this.
アルベルト: ありがとう。
Albert: Thank you.
大城: がんばれよ、色男。
Daijou: Go for it, handsome man.

back to top ↑

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s