FLESH & BLOOD 3 – Translation

FLESH & BLOOD 03 (1)

Title: FLESH & BLOOD 3 (drama review)
Cast: Suwabe Junichi x Fukuyama Jun (諏訪部順一×福山潤)
Related drama(s): FLESH & BLOOD Series
Contents: 1. Prologue
2. Scene 1
3. Scene 2
4. Scene 3
5. Scene 4
6. Scene 5
7. Scene 6
8. Epilogue
Translation Notes

Note: Japanese script by ruli-san from AarinFantasy!
1. Prologue

ナイジェル: 右、左、右!
Nigel: Right, left, right!
東郷海斗: わ……わわっ! 痛てーっ!
Kaito: Whoa! Ouch!
水夫: 何だカイト、そのザマは。船乗りが甲板によろめくたぁ、情けねえ。
Sailor: What’s this Kaito, for a sailor to be sprawled across the deck? How pathetic!
水夫: てめえの剣で怪我するなよ。
Sailor: Don’t hurt yourself with your own sword.
水夫: そう、そう、可愛いツラに余計な飾りでもついたら一大事だ。なあ、キャプテン?
Sailor: That’s right, if you get even a small cut on your cute face, it will be a big matter. Right, captain?
ジェフリー: ああ。傷を見ては、昔を思い出して、泣き暮らすだろうよ。
Geoffrey: Yea, when I look at the wound, I’ll remember the past and cry constantly.
水夫達: はははははは!
Sailors: Hahahaha!
海斗: こっちはちょっと前まで、ただの高校生だったんだ。船に慣れてなくて当然だろ。
ジェフリーもジェフリーだ。痛いから嫌だって言ってるのに、毎日、剣の稽古ばかりして
……
しかも、今日の練習相手は、冷静で厳しい航海長のナイジェルだし。
Kaito: Just a while ago, I was still a normal high school student. It’s obvious that I won’t be used to being on a ship. Geoffrey too, even though I said that I hate it because it hurts, he’s making me practice swordsmanship every day. On top of that, my practice partner today is the calm and strict sailing master Nigel too.
(Flashback)
ジェフリー: 忠告しておくが、弱点を突こうとして、眼帯をしている右側に回り込むのは止めておけ。どうにも癪に障るらしくてな。それをやって生き残った者は一人もいない。
Geoffrey: I’ll just warn you, you better don’t think about taking advantage of his eye-patch and sneaking by his right side. Somehow it seems to be one of his pet peeves, out of those who had done that, none survived.
海斗: そんなこと言われたって、回り込むどころか、攻撃を当てることさえできないってえの!
Kaito: Even if you tell me something like this, I don’t think I can even land a hit on him, let alone sneak around him.
ナイジェル: カイト、誰が休めと言った?
Nigel: Kaito, who said that you could rest?
海斗: すっ、すみません。
Kaito: I-I’m sorry.
海斗: グローリア号で航海中の俺達は嵐に見舞われ、フランスの港――ロシェルに寄航した。そこで偶然、俺をスペインに連れて行こうとするヴィンセントに再会し、十六世紀に来て初めての海戦を経験した。
なんとか無事、逃げ切ったけれど、いつまた襲われるか判らない。だから、自分の身は自分で守れるように、ってジェフリーは俺を鍛え始めた。うんざりしている当の俺を無視して
……
Kaito: We set off on a voyage on Gloria but we had to dock at a French port, La Rochelle because we met up with a storm. Coincidentally, we met up with Vicente who had been trying to bring me to Spain and I experienced my first naval battle even since I came to this 16th Century world. Somehow, we managed to escaped unscathed, but I don’t know when we will get attacked again. That’s why, Geoffrey started to hope that I can protect myself, ignoring my protests…

FLESH & BLOOD 03 (6)
back to top ↑


2. Scene 1

海斗: やあーっ!
Kaito: Ahhh!
ナイジェル: もう一度だ。剣を構えて、思いきり突いてこい。
Nigel: Once more. Pick up your sword and come at me with all your might!
海斗: アイ・サー。
Kaito: Aye sir! Ah!
ナイジェル: 遅い! 反応が遅すぎる。肘を伸ばして、素早く腕を出せ。間合いを詰めさせるな。
Nigel: Too slow! Your reactions are too slow. Stretch your elbows and bring your arms down quickly. Don’t shorten the distance between you and your enemy!
海斗: くそっ! くそっ! くそ……っ!
Kaito: Damn! Damn! Damn…!
ナイジェル: 肘を伸ばせと何度言ったら、判る? 切っ先を上げんか!
Nigel: How many times do I have to say before you understand? Can’t you raise the tip of your sword?!
海斗: できません。
Kaito: I can’t.
ナイジェル: なに?
Nigel: What?
海斗: もう腕が動かないんです。
Kaito: My arms can no longer move.
ナイジェル: そんな風に泣きつけば、敵が同情してくれると思うのか?
Nigel: If you complain in that manner, do you think that your enemy will sympathise with you?
海斗: いいえ……。
Kaito: No…
ナイジェル: だったら、腕を使え。折れるか、切り落とされるまで動かし続けろ。
Nigel: In that case, then use your arms! Keep moving them until they are broken, or get cut off.
海斗: そんなの無茶だ。止めだ、止めだ! 一人でガミガミ言ってろ、馬鹿野郎! 俺はもう指先一本、動かさないからな!
Kaito: That’s just reckless. I can’t, I can’t! Just keep nagging by yourself, idiot! I can’t even move a single finger already!
ナイジェル: 横着者め! まだ稽古は終わってないぞ!
Nigel: You shirker! Our practice isn’t over yet!
海斗: なんでこんな目に遭わなくちゃなんないんだ。こっちはやりたくてやってるんじゃないのに。
ジェフリー、なんで眺めてるだけなんだよ? 俺のこと、命に代えても守ってくれるんじゃなかったのか?
Kaito: Why must I be forced to do such things? I’m not even doing this because I wanted to. Why is Jeoffery just watching on? Wasn’t he supposed to protect me with his life?
ナイジェル: 戦闘中に横たわっていいのは死体だけだ。さっさと起きて、剣を構えろ。
Nigel: The only things which can be laid down during battles are corpses. Get up right now and hold your sword out!
海斗: やりたきゃ、勝手にやれ!
Kaito: If that’s what you want to do, then just do it!
水夫: あいつ、航海長にあんな口を。
Sailor: That guy, he’s using such a tone on the sailing master.
ナイジェル: なんだと?
Nigel: What did you say?
海斗: 俺はやらないって言ってんだよっ! 初心者なんだぞ! ちょっとは手加減しろよ! 剣を避けるだけで精一杯のときにあれこれ言われたって耳に入るもんか!
Kaito: I said that I won’t do it! I’m a first-timer, cut me some slack! I have my hands full with just dodging the attacks, as if I can listen to so many things at the same time!
ナイジェル: だから、身体に叩き込んでやっているんだろうが。ルーファスの鞭と同じことだ。痛い思いをしたくなければ、どう振る舞ったらいいかを考えるようになる。
Nigel: That’s why I’m trying to hammer it into your body. It’s the same as Rufus’ whip. If you don’t want to get hurt, then you will start thinking of how to move.
海斗: サディスト!
Kaito: Sadist!
ナイジェル: どういう意味だ?
Nigel: What does that mean?
海斗: あんたみたいに人を苛めて愉しむ奴のことだよ! 人の皮を被った悪魔だ!
Kaito: I’m talking about people who enjoy it when they make others suffer! A devil wearing the skin of a human!
ナイジェル: 口を慎め、馬鹿者! 帆針で唇を縫いつけられたいか!
Nigel: Watch your mouth, you fool! Do you want your lips to be sewn together by a needle?
ヒュー: 謝るんだ、カイト! 目上の者に対する侮辱や反抗は重罪だぞ。
Hugh: Apologise, Kaito! Insults or defiance towards your superiors is a serious crime.
水夫: そ、そうだ。謝れ、カイト。
Sailor: Th-that’s right, apologise Kaito.
水夫: 大事にならねえうちに。
Sailor: Before it gets serious…
ヒュー: おまえが十六歳以上だったら、間違いなく鞭打ちの刑だ。
Hugh: If you were above 16 years of age, you will undoubtedly be subjected to punishment by whipping!
海斗: そんなの判ってる。判ってるけど……
Kaito: Something like that, I know it. I know it, but…
ナイジェル: いつまで這いつくばっているつもりだ? さっさと立て!
Nigel: How long are you planning to stay on the ground for? Stand up!
ジェフリー: ちょっと待て。
Geoffrey: Wait a minute.
ナイジェル: キャプテンといえど、執り成しなら聞かんぞ。
Nigel: Even if it’s Captain, I won’t let you intervene.
ジェフリー: 判ってるよ。おまえが怒るのも当然だ。カイトの不服従は目に余る。半人前だとしても許されるものではない。ヒュー、手を貸せ。
Geoffrey: I understand, it’s obvious that you will get angry. Kaito’s disobedience is too much. Even though he’s still a minor, this isn’t something which should be forgiven. Hugh, lend me a hand.
ヒュー: アイ。
Hugh: Yes.
ジェフリー: その生意気な坊やを海に叩き込んでやる。そうすれば、少しは頭が冷えるだろう。
命令系統を乱す者は断じて許さん。それが船上の掟だ。たとえ、カイトが公爵の息子だったとしても容赦はしない。
Geoffrey: Throw this defiant boy into the sea. If we do that, he should be able to cool his head down. Those who ignore the line of order should never be forgiven, that’s the rules on the ship. Even if Kaito is the son of a Count, we can’t go easy on him.
ジェフリー: 怒ってる。本気で俺を罰するつもりなんだ――
Geoffrey: He’s angry, he’s really planning to punish me…
ナイジェル: ジェフリー、何もそこまでしなくても……。
Nigel: Geoffrey, you don’t have to go to such lengths…
ジェフリー: お優しいことだ。さっきまで『帆針で口を縫ってやる』と喚いていた人間とは思えんな。
Geoffrey: You’re so kind, I can’t imagine you to be the one who was yelling about sewing his lips shut with a needle.
ナイジェル: 単なる脅し文句に決まってるだろう! 本気でやろうとしていたわけではない!
Nigel: That was obviously just a threat! I wasn’t planning to do it for real.
ジェフリー: そうだったのか。ヒュー、俺が腕を持つ。おまえカイトの足を持て。
Geoffrey: Is that so? Hugh, I’ll hold the arms, you grab the legs.
ナイジェル: 待ってくれ! カイトも本意ではなかったはずだ。少しばかり、剣の練習に嫌気がさしていたのだろう。
子供はとかく飽きやすいし、何かといってはグズる生き物だからな。それを忘れて、頭に血を昇らせた俺も大人げなかった。だから……。
Nigel: Wait! I’m sure Kaito didn’t mean it, he was getting a little worn out from the sword practice. Kids are the ones who tire of things easily and start to grumble. I’m the one who forgot all about that and let the blood rush to my head immaturely. That’s why…
ジェフリー: ナイジェル、執り成しているのか?
Geoffrey: Nigel, are you interceding for Kaito?
ナイジェル: い、いや、俺が言いたいのは処罰というものは軽すぎると意味がないし、厳しすぎれば遺恨になるということだ。そのつり合いを取るために、まずは罪の重さを計るべきじゃないのか。
Nigel: Ah… no… what I’m trying to say is, if the punishment is too light, there’s no meaning to it. And if it’s too harsh, it will only breed enmity. In order to strike a good balance between the two, shouldn’t we first measure the weight of his crime?
ジェフリー: なるほど、最もな意見だ。ま、確かに、子供を塵芥のように船側から放り出すというのは残酷すぎるかもしれんな。
こんな細い身体では、波に巻かれて海の底まで引きずり込まれるのがオチというものだろう。よし、ヒュー。
Geoffrey: I see, that’s a good idea. Well, throwing children off the ship like garbage might be too cruel too. With such a thin body, he’ll probably be swept away by the waves and sink to the bottom of the sea. All right, Hugh.
ヒュー: ア、アイ……!。
Hugh: Y-yes!
ジェフリー: この坊主の頭を甲板ポンプの下に突き出して、たっぷりと海水をぶちまけてやれ。そうだな、『ごめんなさい』を百回言い終えるまでだ。
Geoffrey: Stuff this brat’s head under the deck pump and let him get lots of sea water poured on him. Oh that’s right, until he’s said “I’m sorry” a hundred times.
ヒュー: アイ・アイ・サー! 海に浸かったも同然にさせてやりまさぁ。
Hugh: Aye aye sir! I’ll make it as though he’s drowned in the sea!
海斗: 良かった……
Kaito: Thank goodness…
ナイジェル: おそらくジェフリーは、始めからカイトを痛めつけるつもりはなかったのだろう。だが、船長として一刻も早く騒ぎを鎮め、けじめをつけさせる必要があった。
俺に自ら執り成しをさせて、カイトを子供扱いすることで、船員達にも罪が軽くなるのを認めさせるように仕向けたんだ。
Nigel: Most likely, Geoffrey had no intentions of inflicting pain on Kaito. But, as the captain, he had the duty to settle things and resolve the conflict as soon as possible. He made me intercede by treating Kaito as a child, and admitting to sailors that his crime is lightened.
海斗: キャプテン、ごめんなさい。
Kaito: Captain, I’m sorry.
海斗: 騒ぎを起こして、迷惑をかけて。後、一瞬でもジェフリーを疑ってしまって。もう二度とあんなことしないよ。
Kaito: For causing an uproar, for creating trouble. Also, for doubting him for even a second. I will never do such things again.
ジェフリー: 今のは百回のうちに入らんぞ。まったく、春先の猫並みに短気な奴だ。
なあ、ナイジェルがおまえに厳しくするのは、少しでも早く戦い方を覚えさせたいからだ。虐待しようとしているわけじゃない。
Geoffrey: That won’t count as one of the hundred. Goodness, you’re as short-tempered as a cat in spring. Say, Nigel is so hard on you because he wants you to learn how to fight as soon as possible. It’s not like he’s trying to ill treat you.
海斗: 判っています。俺の我慢が足りませんでした。
Kaito: I understand, I was lacking in endurance.
ジェフリー: なら、いい。今、俺達はカナリア諸島、スペイン領海域にいる。いつ、戦闘が起こってもおかしくない。
俺もプリマス男の誇りにかけて、おまえを守る。が、何事にも『もしも』ということがあるからな。そんなとき、おまえが剣を使えれば、助けが来るまで、時間を稼ぐことができるかもしれない。
そのためにも、厳しく訓練せねば――ナイジェルはそう考えたんだ。こいつは気が回りすぎて、うんざりさせられることもあるかもしれないが、悪気はない。そのことだけは判ってやってくれ。
Geoffrey: Then, it’s good. Right now, we’re near the Canary Islands, within Spanish control. It won’t be surprising if a battle breaks out any time. I will swear with my Plymouth honour to protect you. But, there’s always the “what if” in everything. When that time comes, if you use your sword, you might buy enough time till help arrives. Nigel was thinking of that as he trains you strictly. He’s too strict and you might get sick of him, but he doesn’t mean any harm. I just want you to understand that.
海斗: アイ。航海長、ごめんなさい。
Kaito: Aye. Sailing master, I’m sorry.
ナイジェル: ヒュー、連れていけ。それと、今の言葉は一回に数えていい。
Nigel: Hugh, bring him down. Also, you can count what he just said as the first apology.
ヒュー: アイ。
Hugh: Yes.
海斗: 不器用なナイジェル。本当に誤解されやすい人だ。冷淡な態度のせいで、心までそんな風な人間だと思われてしまうんだろうな。ジムが死んじゃって落ち込んでいたときも、あれこれ気を遣ってくれたし……やっぱ、心底、嫌いにはなれねーな。
Kaito: Awkward Nigel is really someone who can get misunderstood easily. Because of his cold attitude, others might think that his heart is the same. When I was feeling down because of Jim’s death, he was looking out for me too. I guess, I can’t hate him from my heart.
 
海斗: ぎゃーっ、冷たい!
Kaito: Ah! It’s freezing!
ヒュー: しっかり立て、カイト。残りは五十回だ。
Hugh: Stand properly, Kaito. You’re left with 50 times.
海斗: ご、ごめんなさい……っ……ごめんなさい……っ。
Kaito: I-I’m sorry! I’m sorry!
ヒュー: 頑張れよ。
Hugh: Go for it.
海斗: ごめんなさい、ごめんなさい。
Kaito: I’m sorry, I’m sorry.
ユアン: おーい、甲板ー!
Juan: Hey! Deck!
海斗、ヒュー: ん?
Kaito, Hugh: Huh?
ユアン: デッキ・アホイ……! 西に船影! 水平線ぎりぎりのところにいる!
Juan: Deck ahoy! Ship sighted on the right! It’s barely on the horizon!
ジェフリー: ユアン、船の種類は? どこの国か判るか?
Geoffrey: Juan! What type of ship is it? Can you see which country it is from?
ユアン: ガレオンです、サー! あのどっしりした船首楼はスペイン船に間違いありやせんや!
Juan: It’s a Galleon, sir! That massive forecastle has got to be a Spanish ship!
ジェフリー: スペイン? 僚船はいるか?
Geoffrey: Spain? Any other ships around?
ユアン: 今のところは見当たりません!
Juan: For now, I can’t see any!
ジェフリー: よくやった! そのまま、視認を続けろ! ナイジェル、砲撃準備だ。ルーファス、総員を配置につかせろ。
Geoffrey: Well done! Continue your surveillance! Nigel, prepare the canon fire. Rufus, get everyone to their positions.
ナイジェル、ルーファス: アイ・サー!
Nigel, Rufus: Aye sir!
ジェフリー: カイト、ヒューを返してもらうぞ。水汲みより大事な仕事があるんでな。お仕置きは終わりだ。身体を乾かして、服を着ろ。
Geoffrey: Kaito, I’ll be taking Hugh back, he has a more important job that drawing water. Your punishment is over, dry your body and wear your clothes.
海斗: ほ、本当に? てて……っ、沁みる。目に海水が……。
Kaito: R-really? I-it stinks! There’s sea water in my eyes…
ジェフリー: 早く洗った方がいいな。ヒュー、デッキに砂を撒いておけ。戦闘中に水溜りで足を滑らせたら『こと』だからな。俺は坊主をキャビンに放り込んで来る。
Geoffrey: You should wash up as soon as possible. Hugh, scatter sand over the deck. It’s the worst to slip and fall on the deck during battle. I’ll carry the brat to the cabin.
ヒュー: アイ・アイ!
Hugh: Aye aye!
海斗: わっ、キャプテン!
Kaito: Ah… Captain…
ジェフリー: 抱いて行った方が早い。まだ痛むか?
Geoffrey: It’s faster if I carry you. Does it still hurt?
海斗: うん。
Kaito: Yea.
ジェフリー: 俺が洗ってやろう。心配するな。グローリア号で一番綺麗な水を使うから。
Geoffrey: I’ll wash it for you, don’t worry any more. I’ll use the cleanest water on Gloria.
海斗: うん。
Kaito: Yea.
ジェフリー: もっと早く切り上げるんだった。悪かったな。
Geoffrey: I should have stopped it earlier, I’m sorry.
海斗: ううん。
Kaito: No…
海斗: 辛い思いをした後で、こんな風に優しくされると、何だか嬉しいような、照れ臭いような不思議な感じ。
俺、我慢強くなったのは間違いないと思うんだけど、前より甘っちょろい人間になっちまったような気もする
……
Kaito: After being subjected something painful and being treated kindly like this… somehow I feel happy and embarrassed, it’s a strange feeling. I thought I definitely became more tenacious but, I feel that I’ve gotten more easy-going than before.
ジェフリー: 戦闘の間は、大人しく船倉で待ってろ。
Geoffrey: During the battle, be good and wait in the cabin.
海斗: え、でも、こないだは最初の砲撃見せてくれたのに。
Kaito: Huh? But the other day, you let me watch the first attack.
ジェフリー: だめだ。おまえの姿を敵の目に曝したくない。ここはフェリペの庭だ。サンティリャーナの他におまえのことを知っている奴がいないとも限らん。
Geoffrey: You can’t, I don’t want the enemy to catch sight of you. We’re in Philip’s garden, we can’t be sure that there’s no one other than Santilliana who knows about you.
海斗: 判った。
Kaito: I understand.
ジェフリー: いや、俺が本当に見せたくないものは、冷酷に略奪を命じる自分の姿だ。
いまさら敵にどう思われようが構わん。しかし、俺を慕ってくれる赤毛の少年を怯えさせるような真似だけはしたくない。
カイトのためを思うならば、ナイジェルがしたように、人生には暗くて恐ろしい一面もあると気づかせた上で、そこから逃れる方法を教えてやった方がいいことは判っている。
ところが、俺は、まだ心のどこかで『カイトには今のまま、何一つ変わらずにいて欲しい』などと、悠長なことを思っているんだからな。こいつは身勝手な執着だ。
Geoffrey: No, what I really don’t want him to see, is me when I give orders to kill coldly. I don’t care about what the enemy might think of me now. But, I don’t want to do anything that will frighten this red-haired youth who cherishes me. If I’m thinking for Kaito’s sake, just like what Nigel did, on top of letting him realise that there’s a dark side to life, I understand that it’s better to show him the way to escape from it. By the way, somewhere deep in my heart, I’m still leisurely thinking of things like “I wish that Kaito would stay unchanged”. Such selfish attachments.

back to top ↑


3. Scene 2

ルーファス・ベレット: 野郎ども、転桁索(ブレイス)につけえ!
Rufus: Everyone, brace for it!
水夫達: アイ・サー!
Sailors: Aye sir!
ジェフリー: ナイジェル、砲撃準備は済んでいるな?
Geoffrey: Nigel, the canon fire has been prepared?
ナイジェル: とっくに。
Nigel: Of course.
ジェフリー: よし。おまえは突入組の指揮を取れ。できる限り殺生は避け、するとしても最小限に。いいな?
Geoffrey: All right, you take command of the attacking team. Try to avoid killing if possible, even if you have to, keep it to a minimum. Got it?
ナイジェル: 了解!
Nigel: Roger!
ルーファス: 敵艦、砲門を開きやした! 撃ってきます!
Rufus: Enemy ship has opened their cannon doors! Incoming!
ジェフリー: 与しやすい相手と見られたか。舐めやがって……。マック! 一斉掃射だ。真横に来たら合図する。マストをへし折ってやれ! ただし、沈めるなよ。
Geoffrey: Did we appear to be easily manageable opponents? Looking down on us… Mark! Fire all at once. Once they’re in a straight line, I’ll give the signal. Push and fold their masts! But, don’t sink them.
マック: 判ってまさぁ! いいか、皆! どてっぱらに穴を開けるんじゃねえぞ! まかり間違って、お宝を水浸しにしやがったら、この手で頭をカチ割ってやるからな!
Mark: I understand. Listen up, everyone! Don’t open up any holes immediately! If you make a mistake and sink the treasure, I’ll cut your heads off personally!
水夫達: おう!
Sailors: Yea!
水夫: 砲弾足りねえぞ! どんどん持ってこい!
Sailor: We don’t have enough cannon balls! Bring more over!
水夫: 照準を合わせろ!
Sailor: Align the aim!
水夫: 敵船に並走! 距離、約三ケーブル!(一ケーブルは約百八十五メートル)
Sailor: Keep pace with the enemy! Distance, about 3 cables! (1 cable = 185 metres)
ジェフリー: よし。舵はそのままだ。マック、撃って、撃って、撃ちまくれ!
Geoffrey: All right, maintain the helm. Mark, fire, fire, fire at them!
マック: アイ・アイ・サー! 野郎ども、行くぞ!
Mark: Aye, aye sir! Everyone, let’s go!
海斗: あ、トーマス。
Kaito: Ah, Thomas.
トーマス: カイト、終わったぞ。俺達の勝利だ。
Thomas: Kaito, it’s over. It was our win!
海斗: 凄い。あっという間だったね。
Kaito: Amazing, that was fast.
トーマス: キャプテンが優秀だからだ。しかも今回は敵の船ごと頂いちまったんだ。積み荷はなんと、コチニール。大儲けだぞ。貴重な染料だから、高く売れるんだ。
Thomas: That’s because our captain is outstanding. Also, this time we even got the enemy’s ship. The cargo was actually cochineal, it’s a huge gain! Since it’s an important dye ingredient, it will sell for a high price.
海斗: へえ。それで、戦いはどんな感じだったの?
Kaito: Wow, then, how was the battle?
トーマス: 大砲をぶち当てて戦意を奪って、サー・フランシスの一門だって脅したら、たちまち白旗さ。
まあ、相手は商船、しかも乗組員はポルトガル人とくれば、スペイン人の船長のために命を張ろうとは思わねえ。それで、向こうの船長も抵抗を諦めたってわけさ。
Thomas: Once we hit their cannons, they lost their fighting spirit and surrendered when they found out that we were related to Sir Francis. Well, our opponent was a merchant ship. And on top of that, the sailors were all Portuguese; I don’t think they would have sacrificed their lives for a Spanish captain. That’s why the opposing captain gave up resisting.
海斗: そっか。この時代、スペインがポルトガルを併合してたんだもんな。
Kaito: I see, during this era, Spain and Portugal were merged.
トーマス: おっと、まだ仕事の途中だった。じゃあな、カイト。
Thomas: Oops, I was still in the midst of work. See you, Kaito.
海斗: うん、またね。
Kaito: Yes, see you.
トーマス: えーっと、工具はどこかな? ……よし。
Thomas: Now then, where are my tools? Here.
海斗: 凄いな、ジェフリー。
だから、余計に納得いかないんだよな
……。ドレイクの指揮下で無敵艦隊を撃退した船長達は、名前を歴史に残しているのに、その中に、なぜ、ジェフリーがいないんだろう。
敵に遭うたび、不安になるよ、ここでジェフリーは死んじゃうのかもしれないって。
……大丈夫。こんなに強いんだから、死んだりなんかしない。ちゃんと調べれば、記録にも残ってるはずさ。
とにかく、サー
フランシスと合流するまでは気をつけないとな。ドレイクといればきっと安心だ。カディス襲撃が成功することは本に書いてあったんだから
Kaito: Geoffrey is amazing. That’s why, it makes me even more dissatisfied. Even the captains serving Drake who defeated enemy ships got their names written down in history, why isn’t Geoffrey amongst them? Every time we meet an enemy, I get insecure, that Geoffrey might die here. It will be fine, since he’s so strong, he won’t die. If I’ve had researched probably, I’m sure he was written down in history. Anyway, I’ll have to be careful before we meet up with Sir Francis. If we’re together with Drake, I’m sure it will be fine. Because the success of the attack on Cádiz was written in the books.
 
海斗: 戦いが終わったんだから、もう船倉から出てもいいよな? あ、ジェフリーだ。隣にいるのは、誰だろう?
Kaito: Since the battle is over, it should be fine if I come out from the cabin right? Ah, it’s Geoffrey. Who’s the one beside him?
ジェフリー: カイト。なんでここにいる? 船倉で待っていろと言っただろうが。
Geoffrey: Kaito, why are you here? Didn’t I tell you to wait in the cabin?
海斗: すっ、すみません、サー。
Kaito: I-I’m sorry, sir.
ミゲル・カサージャ: 珍しい顔立ちだ。トルコ人……ではない。西インド人でもありませんな。彼らの肌はもっと浅黒い。この子の肌は生成りの絹のような色をしている。
Miguel Cachaça: What unusual facial features, he’s not Turkish… He’s also not a west Indian, their skin is darker. The skin of this boy is like the colour of silk.
海斗: もしかしてさっきの船の……。しまった、スペイン人に見られた!
Kaito: Don’t tell me he’s from that ship… Damn, I was seen by a Spaniard!
ジェフリー: キャビンにどうぞ、カサージャ船長。喉が渇いたでしょう? シャラントのブランデーがあるんですよ。
Geoffrey: Please enter the cabin, Captain Cachaça. Aren’t you thirsty? I have Charente brandy…
カサージャ: キタイ人が作る磁器に描かれた顔に似ていますな。だが、髪の色が違う。面妖なまでに赤いその髪……いったい、どちらの国の人間なのですか?
Cachaça: He’s just like the faces depicted on porcelain ware made by Khitans1. But, the colour of the hair is different. That unusual red hair… which country is he from?
ジェフリー: それが、幼い頃に奴隷として売られたらしく、本人もどこで生まれたのか判らないそうです。私はフランス人から買い、そのフランス人はポルトガル人から譲られたそうです。
Geoffrey: That is… seems like he was sold as a slave when he was young, he can’t remember where he’s from too. I bought him from the French, and it seems like the French got him from the Portuguese.
カサージャ: では、おそらくキタイ人でしょう。あの国に一番先に上陸した者はイエズス会の宣教師でした。それ以来、忌々しいポルトガル人の縄張りになっていますので。
Cachaça: Then, I’m sure he’s a Khitan. The first person who landed on that country was a missionary from Societas Iesu2. Since then, it has become the territory of those annoying Portuguese.
ジェフリー: 頭に来るでしょう。
Geoffrey: I’m sure that was infuriating.
カサージャ: まったく! そもそも我々がポルトガルと対立するようになったのは、トルデシリャス条約が曖昧すぎるのが原因で……ああ、失礼。イングランドの方には退屈な話でしたね。
Cachaça: Goodness! In the first place, we had to merge with Portugal3 because the Treaty of Tordesillas4 was too vague… Oh, please excuse me. I’m sure that wasn’t interesting for an Englishman.
ジェフリー: いえ、いえ、実に興味深い話です。キャビンの方で詳しく聞かせてください。カイト! カサージャ船長にブランデーの用意をしておけ。
Geoffrey: Not at all, that was actually an interesting topic. Please let me hear more on it in the cabin. Kaito! Prepare the brandy for Captain Cachaça.
海斗: ア、アイ・アイ・サー!
Kaito: A-aye aye sir!
海斗: 怖い眼。これは後でお仕置きかも……。何とか名誉挽回しないと!
Kaito: What a scary look. I might get punished later… I have to save myself somehow!
 
カサージャ: 酒はフランスのものに限りますな!
Cachaça: You have to give it to the French for making such great alcohol!
ジェフリー: おっしゃる通り。もう少し、いかがですか?
Geoffrey: You’re right. Would you like to have some more?
カサージャ: おお、決して断れないお誘いです。
Cachaça: Oh… that’s an invitation I can never turn down.
ジェフリー: カイト。
Geoffrey: Kaito.
海斗: はい、ただいま。
Kaito: Yes, right away.
海斗: でも、ジェフリーはどうして敵の船長をここまでもてなすんだろう?
Kaito: But why is Geoffrey going to such extents to entertain the captain of an enemy ship?
カサージャ: それにしても、本当に素晴らしいキャビンですな。鏡のように磨きたてられた床。美しく飾りつけられている食卓。良く躾けられた召し使い。ロックフォード殿は典雅な趣味の持ち主とお見受けします。
Cachaça: By the way, this is really a great cabin. With a floor that shines like a polished mirror, a beautifully decorated dining table, a well-taught servant, I can tell that Mr Rockford has rather elegant tastes.
ジェフリー: 恐れ入ります。
Geoffrey: You praise me too much.
カサージャ: 先程から不思議に思っているのですが、海の上だというのに花の香りが漂っているのはなぜでしょう?
Cachaça: I’ve been wondering about it since just now, why is there a fragrance of flowers even though we’re on the seas?
ジェフリー: それは私のキャビンボーイにお聞きください。
Geoffrey: About that, please ask my cabin boy.
海斗: テーブルにかけてある布の裾にラベンダーの香油を振りかけました。お客様のお心が少しでも安らげばと思いまして。
Kaito: I wiped lavender oil on the hems of the table cloth, thinking that it will ease the hearts of visitors.
カサージャ: なんと行き届いた心遣い……! 私もこの子のようなキャビンボーイが欲しい。いれば、航海の辛さも半減したでしょうに。
Cachaça: What moving consideration! I want a cabin boy like this boy too. If I do, I’m sure the pains of voyages will be halved.
ジェフリー: 優しいお言葉に、カイトの分も感謝します。
Geoffrey: What kind words, I thank you on behalf of Kaito.
海斗: あ、ジェフリーが俺に微笑んでくれた。もう怒ってない……気に入ってくれたんだ。
Kaito: Ah, Geoffrey smiled at me. He’s not angry anymore, he was pleased.
ジェフリー: カサージャ殿の乗っておられた、ラ・ステラ・マリス号はリスボンの商人から買ったというお話でしたね?
リスボンというのはどんな街なのですか? 素晴らしい教会があると聞いていますが
Geoffrey: You were saying that the ship you were riding on, La Stella Maris, was bought from merchants of Lisbon right? What sort of town is Lisbon? I heard that there’s a magnificent church there.
カサージャ: ジェロニモス修道院のことかな? それともカルモ大聖堂でしょうか。
ええ、いずれにしても大したものですよ。まあ、偉大なるフェリペ陛下のエル・エスコリアル宮の気品、荘厳さには及ぶべくもありませんが。
Cachaça: Are you referring to Jerónimos Monastery? Or perhaps you’re talking about Carmo church? Yes, it’s magnificent from any angle. Well, of course it is nothing compared to the splendour and elegance of King Philip’s El Escorial.
ジェフリー: 港はどんな感じなのでしょう? 海に面したプリマスに生まれた私には、狭いテージョ河を溯ることは非常に難しいことのように思えるのですが……。
Geoffrey: How’s the port? For someone who grew up in coastal Plymouth, it’s hard to imagine going against the current on the narrow Tagus river5
海斗: あ、そうか! ジェフリーは情報を引き出すために、カサージャの機嫌を取っていたんだ。酒でいい気分にさせて、相手に気づかれないように……
Kaito: Ah, I see! Geoffrey has been entertaining Cachaça in order to get information. He got the other party in a good mood with alcohol in order not to be discovered…

FLESH & BLOOD 03 (7)

ジェフリー: やれやれ、ようやく潰れてくれたか。貴重なブランデーをガブ飲みされちまった。
Geoffrey: My my, he’s finally passed out. I wasted such good brandy.
海斗: でも、それ以上の収穫があったでしょう? 一年前から、スペインの無敵艦隊はリスボンに本拠地を移していて、それはポルトガル人が作った食料や水を詰める樽を積むためだってこととか。
Kaito: But, you got returns which are better than that right? That the Spanish Armada moved their base to Lisbon since a year ago, and that it was so that they could stock up on the barrels containing rations and water produced by the Portuguese.
ジェフリー: 確かにな。おまえもよくやった。殺風景なキャビンをここまで優雅に飾りつけることができるとは。おかげでカサージャは夢見心地だった。雇って良かったと思ってるよ、俺のキャビンボーイ。
Geoffrey: You’ve got a point. You did well too. To think that my dreary cabin can be decorated with such elegance. Thanks to you, Cachaça has had a good dream. I’m glad that I hired you, my cabin boy.
海斗: サンキュー・サー。
Kaito: Thank you, sir.
ジェフリー: さて、こいつを材木置き場に放り込んで、俺も寝ることにしよう。
Geoffrey: Now, let’s bring him out to the wood storage area, I want to sleep too.
海斗: ああ、ちょっと待って、ジェフリー。俺達、リスボンにも行くんだよね? 無敵艦隊が使う飲料用の樽って、どこかから運ばれてくるの?
Kaito: Ah, wait a minute Geoffrey. Are we going to Lisbon too? Where are the materials for barrels of provisions which the Spanish Armada uses being shipped from?
ジェフリー: たぶんな。大艦隊に行き渡る数の樽となれば、本土だけでは手当てできないはずだ。イベリア半島は森林が少ないからな。
Geoffrey: This is just a hunch. When we look at the huge numbers of the Spanish Armada, I’m sure it won’t all come from their homeland. The islands of Iberia don’t have much forestry.
海斗: その水樽を奪えないかな?
Kaito: Can’t we steal those water barrels?
海斗: 歴史上では、ドレイクがリスボンに樽を運ぶ船を襲って焼き払った。樽の重要性に万が一、気づいていない場合に備えて、教えておいた方がいいよな。史実なんだから、未来を変えることにはならないだろうし……
Kaito: In history, Drake attacked and burned a ship carrying barrels at Lisbon. Just in case they didn’t realise the importance of barrels, it’s better if I told them. Since this is the truth, it’s not like the future will change.
ジェフリー: なるほど。樽が不足すれば、水も不足するというわけか。
Geoffrey: I see. If they have a shortage of barrels, they will also have a shortage of water.
海斗: うん。どんなに性能のいい船でも、動かす人間が弱っていたら走らない。
Kaito: Yea, regardless of how good the ship is, if the people on it are weakened, it won’t sail.
ジェフリー: その通りだ。やってみる価値はありそうだな。しかし、なぜお宝を積んでいない船ばかり襲うんだと、うちの連中が文句を言いそうだが。
Geoffrey: You’re right, there’s value in trying that. But, it feels like our men will complain about attacking a ship which isn’t carrying any treasures.
海斗: その口を閉じさせるのも、船長の役目でしょ。
Kaito: Isn’t that the duty of the captain to shut those people up?
ジェフリー: 生意気を言っていると、真っ先におまえの口から塞いでやるぞ。さっきの助言に免じて、今回は許してやるがな。
Geoffrey: If you’re going to talk back, your mouth will be the first I’m shutting. In view of your help just now, I’ll overlook this.
海斗: サンキュー・サー。
Kaito: Thank you, sir.
カサージャ: ん? キャビンボーイ、おまえか……。
Cachaça: Huh? So it’s you, cabin boy.
海斗: 食事をお持ちしました。
Kaito: I’ve brought your food.
カサージャ: こんな場所に閉じ込められては、食欲も出ん。持って帰ってくれ。
Cachaça: Being confined in such a place, I can’t even bring myself to eat. Take it back.
海斗: ワインだけでもいかがですか? 水分を取らないと、身体に良くないですよ。
Kaito: How about just having some wine? If you don’t drink enough water, it won’t be good for your body.
カサージャ: お気に入りのおまえを寄越したということは、まだ私に利用価値を認めてくれているらしいな。では、ワインを頂こう。
おまえの髪は本当に不思議な色をしている。コチニールで染めた鬘よりも遥かに鮮やかな赤だ。両親のどちらかが、そんな髪をしていたのか?
Cachaça: Since he’s letting his favourite boy serve me, it seems like he still has use for me. Then, let me have some wine. Your hair colour is really unusual. It’s a brighter red than the wigs dyed by cochineal. Which of your parents had that hair colour?
海斗: 覚えていません。物心がついたときは、もう独りぼっちでしたから。
Kaito: I don’t remember, because from as far as I can remember, I was alone.
カサージャ: キタイの記憶は?
Cachaça: How about your memories of Khitan?
海斗: ありません。
Kaito: I don’t have any.
カサージャ: では、別の国に生まれたかもしれないということか。キタイ周辺で、他にポルトガルと交易している国といえば……。
 Cachaça: Then, that means that you might be from another country… Hm… any countries around Khitan that has connections with Portugal…
海斗: 思い出さないでくれ……
Kaito: Don’t remember it!
カサージャ: ハポン……そうだ! なぜ、昨日のうちに思いつかなかったのだろうな?
Cachaça: Japan! That’s right! Why didn’t I remember it yesterday?
海斗: ああ……
Kaito: Ah…
カサージャ: おまえも船に乗っているなら、一度や二度はその名を耳にしたことがあるだろう? マルコ・ポーロが『東方見聞録』に記した黄金の国だ。
Cachaça: Since you’ve been on ships, I’m sure you’ve heard that name once or twice. It’s the Golden Country which Marco Polo wrote down in “The Travels of Marco Polo”.
海斗: え、ええ、聞いたことがあるような気が……。
Kaito: Eh… yes, I have a feeling that I’ve heard of it before…
カサージャ: 数年前、そのハポンの使節が我が国に来た。おまえの顔はその少年達にそっくりだ。
Cachaça: Years ago, a delegate from Japan came to our country. Your face is exactly like that of those youths.
海斗: では、私はハポンの人間なのかもしれませんね。
Kaito: Then, I might be from Japan.
カサージャ: 間違いない。なあ、戻りたいと思わないか? 懐かしい父祖の国に。
Cachaça: There’s no doubting it. Say, don’t you wish to return to your nostalgic homeland?
海斗: 戻ってどうなるんです? 身寄りもいなければ、友人もいない場所に? 私は今、ここの暮らしに満足しています。
Kaito: What will happen if I return? To a place where I belong to nowhere, with no friends? I am satisfied with my current life.
カサージャ: 満足だと? イングランド人の奴隷でいることにか?
Cachaça: Satisfied? With being the slave of Englishmen?
海斗: だから、なんです? あなたが助けてくれるとでも?
Kaito: What about it? Are you saying that you would save me?
カサージャ: そうだ。私をここから出してくれたら、おまえの自由を保証する。スペインで暮らすもよし。その場合は従者として雇ってやろう。ちゃんと給金を払ってな。
Cachaça: That’s right. If you let me out from here, I’ll guarantee you freedom. You can live in Spain, in that case, I’ll hire you as my attendant. I will pay you well.
海斗: 恩着せがましい奴。その程度の見返りに感激して、危険を冒してくれる人間なんているかよ
Kaito: What a condescending fellow. Will there be anyone who would feel grateful with that and take on such major risks?
カサージャ: いや……あ、あるいは、私の従兄に紹介してやってもいい。彼はフランシスコ会の修道士だ。
Cachaça: Or… I can even introduce you to my cousin. He’s a monk of the Order of the Friar Minors (Franscican Missionary).
海斗: 遠慮しておきます。修道士に求められるのは貞潔、質素、服従でしょ。それでは今の生活とほとんど変わらないか、むしろ待遇が悪くなってしまいます。
Kaito: I’ll pass. What monks want, are the traits of chastity, simplicity, and obedience right? Then, it will be no different to my current life, or rather, the treatment might be even worse.
カサージャ: 話は最後まで聞け。フランシスコ会がハポンの少年達を連れてきたのは、かの国での布教をフェリペ陛下に後援してもらうためだ。ポルトガルの息がかかったイエズス会に対抗するためにな。
Cachaça: Listen to what I have to say. The Order brought the youths from Japan because King Philip wished for the propagation of the Order in that country, in order to combat the Societas Iesu of Portugal.
海斗: イエズス会……?
Kaito: Societas Iesu?
カサージャ: ああ。僧衣を被った貪欲な商人どもだよ。
Cachaça: Yea, I’m talking about the greedy merchants wearing monk clothing.
海斗: ああっ。
Kaito: Ah!
海斗: そうだ、日本にキリスト教を伝えたのはフランシスコ会じゃない! ロヨラと共にイエズス会を設立したフランシスコザビエルだ!
カサージャの言ってる天正少年使節をヨーロッパに連れてきたのも同じ会の神父で
……俺の知っている歴史と違う。いったい、どうして?
Kaito: That’s right, the ones who brought Christianity to Japan wasn’t the Order of Friar Minors! It was Francis Xavier, the one who co-founded Societas Iesu with Loyola! The Tensho Boy Mission6 which Cachaça mentioned was introduced to Europe by the father of the same order… This is different from the history I know. Why on earth is that so?
カサージャ: イエズス会がどうかしたのか?
Cachaça: What about the Societas Iesu?
海斗: イ、イングランドでは彼らについて良くない噂が広まっているので、つい恐ろしくなってしまったのです。
Kaito: I-in England, we hear a lot of unpleasant rumours about them, I unconsciously grew fearful of them.
海斗: これ以上、動揺を見せちゃいけない。落ち着け……。カサージャの勘違いかもしれないじゃないか。でも、実際に使節を見た人が間違えるなんてことがあるのか?
とすると、本当に日本に来たのはイエズス会ではなく、フランシスコ会だったってこと?
Kaito: I can’t show him how shaken I am, calm down. It might be a mistake on Cachaça’s part. But, is someone who’s seen the missionary capable of making such a mistake? In that case, it could be the ones who went to Japan was, in fact, not Societas Iesu but the Order of Friar Minors?
海斗: 昨日のお話だと、この世界は条約で決められた境界線で二つに分けられるとか。ハポンに一番先に着いたのは?
Kaito: According to what we discussed yesterday, this world is divided into two by a boundary set by the treaty. Who was the first to reach Japan?
カサージャ: スペインだ。アカプルコからフィリピンに向かう途中で難破した我が国の船だよ。
だから、ポルトガルの連中には何の権利もない。奴らと組んで、スペイン人の邪魔ばかりするイエズス会の坊主どもにもだ。
Cachaça: Spain. It was our ship which got shipwrecked while heading from Acapulco to Philippines7. That’s why, those Portuguese have no rights. That goes for the monks who stand with them to obstruct Spain too.
海斗: 違う――。俺が学んで来た歴史と違ってる。どうして……
そうか、和哉が言ってた並行宇宙だ。世の中は本当は無数にある。時間が五分だけずれた世界や、第二次大戦でソヴィエトに占領された日本がある世界が
……
ってことは、俺の予言も当たらなくなっちまうのか? もし、今回カディスの攻撃が失敗するようなことになったら
――
最悪だ。予言が外れはじめたら、ジェフリーもドレイクも俺を見捨ててしまうかも。
Kaito: Wrong, this is different from the history which I learned… why? That’s right, this might be the parallel universe Kazuya was talking about. There are actually countless worlds out there, worlds which are 5 seconds apart, a world where Japan was invaded by the Soviet Union during the second world war… This means that my predictions might not come true? If the upcoming attack on Cádiz fails… That’s the worst. When my predictions start to fail, Drake and Geoffrey might abandon me.
カサージャ: 私と一緒に逃げよう、カイト。決して悪いようにはしない。
Cachaça: Escape with me, Kaito. I’ll definitely treat you well.
海斗: この人は俺の『予言』のことを知らない。それでも、助けてくれると言ってる……。カサージャを信じて、彼に賭けてみるべきなのか――ジェフリーにつき離されてしまう前に。
嫌だ、そんなの
……
Kaito: This person doesn’t know about my “predictions”. Even so, he’s saying that he would rescue me. Should I believe in Cachaça and bet on him? Before I get torn away from Geoffrey… I don’t want that! (Kaito runs off)
 
海斗: どうしよう……どうすればいい? ジェフリーと一緒にいたい。グローリア号から離れたくない。でも、この先、俺の確かじゃない予言でジェフリー達が大変な目に遭うことになったら……
本当のことを話せたら、どんなに楽か。でも四百年後の世界からやって来た人間だと言っても、信じてもらえるはずがない。
予言が外れていけばいくほど、ジェフリーの好意は俺から離れていく。そんなの嫌だ。ジェフリーを失うなんて
……
Kaito: What should I do? What can I do? I want to stay with Geoffrey, I don’t want to leave Gloria… But if Geoffrey and the rest meet up with misfortune because of my untrue predictions… (Kaito stops running and pants) If I could tell them the truth, how much relief that would bring. But, even if I tell them that I’m from the world 400 years later, there’s no way they will believe in me. The more inaccurate my predictions are, the less Geoffrey will be inclined to be kind towards me. Losing Geoffrey, I don’t want that!
ジェフリー: どうした、カイト?
Geoffrey: What’s wrong, Kaito?
海斗: ジェ、ジェフリー。
Kaito: Ge-Geoffrey…
ジェフリー: 顔色が悪いぞ。船酔いがぶり返したか?
Geoffrey: You don’t look well, are you getting seasick again?
海斗: もっとムカつくことだよ。カサージャ船長に誘惑された。
Kaito: It’s something more annoying, I was invited by Captain Cachaça.
ジェフリー: ほう……身体でも弄ってきたか?
Geoffrey: Hmm? Did he touch you?
海斗: たぶん、おまえはハポン人だ、フランシスコ会の船に乗せて国に送り返してやるから、一緒に逃げようって。
Kaito: “You’re probably Japanese. I’ll put you on a Franciscan ship and send you back to your country, so escape with me”
ジェフリー: ふん、観察眼はそこそこあるらしいが、実際的ではないな。船倉から甲板に上がってくるだけでも大変だろうに。で、おまえの返事は?
Geoffrey: Hmph, seems like he is rather observant, but it isn’t exactly practical. It was rather troublesome getting him up from the ship’s hold onto the deck. Then, what was your answer?
海斗: 何も。気を持たせるだけ、持たせておいた。あの人もあれこれ思い巡らすことがあれば、暇つぶしになるだろうし。
Kaito: I didn’t say anything. I let him have whatever hope he could have. If that person had something to think about, it will help him kill time.
ジェフリー: 本当におまえは気が利くな。
Geoffrey: You’re really something.
海斗: 頭を撫でてくれる温かい手。やっぱり、俺の方から離れるなんて無理だ。
最後まで演じきるしかない。ジパングから流れ着いた予言者を
……。ジェフリーを守るためには予言を外すわけにはいかない。この時代の流れを俺の知っている歴史に近づけるんだ。
ありったけの知識を絞り出して、イングランドをスペインより有利な立場に導くことができれば、ジェフリーへの危険も減る。ずっと一緒にいられるはずだ。
Kaito: His warm hand which stroked my head. I knew it, it’s impossible for me to distance from him. I’ll have to act till the end, the act of a diviner from Japan. In order to protect Geoffrey, I can’t afford to miss my predictions. This era’s happenings are close to the history which I know. If I can guide England onto a more advantageous path than Spain with all the knowledge I possess, Geoffrey will be in less danger. I’m sure we can be together forever that way.

back to top ↑


4. Scene 3

ジェフリー: まさかこんなところで、サー・フランシスと出会えるとは思いませんでした。
Geoffrey: I never thought that I would be able to meet Sir Francis here.
フランシス・ドレイク: サグレス岬の沖合で嵐に遭ってな、離ればなれになってしまった僚船を待っていたところなのだ。
それにしても、一隻で出発したのに、今は二隻。プリマスに戻るまで、あと幾つ増やせるかな?
さすがはロックフォード船長。時間を無駄にしてはいなかったようだ。
Drake: We met up with a storm at Cabo da Roca, and we were in the midst of waiting for the sister ship which got separated from us. Rather than that, you left with one ship and now you have two. How many more do you intend to gain before returning to Plymouth? As expected for Captain Rockford, you haven’t been wasting your time.
ジェフリー: 恐れ入ります。
Geoffrey: You praise me too much.
ジェフリー: カイトの身を守るため、慌ててプリマスを出発してから一月あまり。春の嵐。ラロシェルでの戦い。スペイン船の捕獲。息つく暇もなかったな
Geoffrey: It has been about 1 month since we left Plymouth in a rush, in order to protect Kaito. The spring storms, the battle at La Rochelle, the capture of a Spanish ship… We didn’t even have time to breathe.
ドレイク: あの『ラ・ステラ・マリス』は改良型か? スペインのガレオン船にしては船首楼が低いし、操縦しやすそうだ。
Drake: Is that “La Stella Maris” an improved model? The forecastle is too low for it to be a Spanish Galleon, seems like it will be easy to handle.
ジェフリー: 建造したのはポルトガル人だそうです。お気に召しましたか?
Geoffrey: Seems like the ones who built it were Portuguese. Have you taken a liking to it?
ドレイク: ああ、悪くない。
Drake: Yea, it’s not bad.
ジェフリー: では、お取りください。出資者への支払いがありますので、積み荷のコチニールは勘弁して頂きますが、船は閣下の船団に加えてくださって結構ですよ。
Geoffrey: Then, please take it. Since we have to pay our financer, we will have to take the cochineal freight though. But I don’t mind letting the ship become part of Your Excellency’s fleet.
ドレイク: 本当か?
Drake: Really?
ジェフリー: 最初は『女王陛下に献上を』とも思いましたが、今は非常時。閣下の方が有効に使ってくださるのは間違いないですしね。
Geoffrey: At first, I thought of presenting it to Her Majesty, the queen. But right now, during such hard times, Your Excellency will definitely put it to much better use.
ドレイク: 心得た男だ。ありがとう。必ずや、君の好意に報いることを誓うよ。
Drake: You’re a man who understands the situation. Thank you. I swear, I’ll definitely return this favour.
ジェフリー: 期待しています。
Geoffrey: I’ll be waiting for that.
ドレイク: キャビンで今後の計画を話し合おう。カイトは元気そうだな。
Drake: Let’s talk about our future plans in the cabin. Kaito looks good.
ジェフリー: ええ。海の水が合っているようですよ。
Geoffrey: Yea, seems like the sea suits him.
ドレイク: カイト、鏡を持ってきたか?
Drake: Kaito, have you brought a mirror?
海斗: アイ。
Kaito: Yes.
海斗: カサージャと話をして、一つだけ良かったことがある。この並行世界では、俺の過ちに気づく者は誰もいない。俺がジェフリーやドレイクにどんな有利な占い結果を出しても……
Kaito: There’s one thing which I’m glad about, regarding the talk with Cachaça. In this parallel universe, no one will find out about my mistake, no matter what sort of advantageous divination I give Geoffrey and Drake.
海斗: 何を占いましょうか? 前にもお話したように、俺が乗り込んでしまった以上、このエリザベス・ボナベンチャー号に関わることは見えにくくなってしまったんですけど。
Kaito: What should I predict? As I’ve said before, it will be rather difficult for me to predict the future of this Elizabeth Bonaventure as I’m on this ship.
ドレイク: ああ、そうだったな。
一昨日、フィニステラ岬沖でオランダ船とすれ違った。そのオランダ人から聞いた話によると、カディスに西インド諸島から戻ってきた無敵艦隊が終結しているそうだ。
それは本当なのか。本当だとすれば、どんな状態なのかを知りたい。これなら占えるか?
Drake: Ah, that’s right. The day before yesterday, I bypassed a Dutch ship at Cabo Fisterra. According to what I heard from the Dutch, it seems like the Spanish Armada has been gathered at Cádiz after their voyage to Western India. Is that the truth? If it is, I want to know what sort of situation it is. Can you look into this for me?
海斗: 大丈夫です。
ドウカ、ドウカ、ニシいんどガエリノあるまだガ、かでぃすニイルカ、オシエテクダサイ。タノムカラ、シッテイルトオリデアリマスヨウニ……。
前と同じだ。たくさんの船が見えます……五、六十隻……でも、軍艦じゃなくて、商船だと思います。
Kaito: It’s fine. Please, please tell me, is the armada which returned from Western India at Cádiz? I’m begging you, please let it be as I know it… It’s the same as before. I can see a lot of ships… fifty to sixty of them, but rather than military ships, I believe they’re merchant ships.
ドレイク: ということは、まだ無敵艦隊は入港していないということか。
Drake: In other words, the Spanish Armada hasn’t entered the port yet?
海斗: たぶん。あ……また何か……港が照らし出されている……明かり……いや、火だ! 船が炎上しています! 燃えているのは一隻だけじゃありません。港中が火の海です。
Kaito: Probably so. Ah, I can see more… The port is all lit up… Light… no, it’s fire! The ships are ablaze! And it isn’t just one ship which is burning, the entire port is in a sea of flames.
ドレイク: どう思う、ジェフリー? 天は我々に放火しろと仰せなのか?
Drake: What do you think, Geoffrey? Are the heavens telling us to set them ablaze?
ジェフリー: 天の意志など知ったことじゃないが、カイトが仄めかしているのはそういうことだろうな。
Geoffrey: I can’t care less about what the heavens tell us, but Kaito is probably suggesting that.
ジェフリー: いい手じゃないですか。砲弾の節約にもなります。港が荒れたら、荷役はできない。そうなれば、今後スペイン艦隊がやってきても、満足な補給が受けられないでしょう。
Geoffrey: Isn’t that a good move? It will save on cannon balls too. If the port is in chaos, they won’t be able to load or unload goods. If that happens, even if the Spanish naval fleets call at the port later, they won’t be able to get their rations.
ドレイク: そうだな……よし。女王陛下から預かっている古いピンネース船を使わせてもらおう。
あいつに火薬を乗せて、港に漂流させるんだ。波止場の近くで爆発させれば、被害はかなりのものになる。ジェフリー、君もそのつもりで準備をしてくれ。
Drake: That’s right… all right. I shall use the old pinnace boat8 which Her Majesty has entrusted to me. I’ll load it with gunpowder and set it to drift towards the port. If I let it explode near the jetty, the damage will be quite severe. Geoffrey, you should make preparations for that too.
ジェフリー: アイ・サー。
Geoffrey: Aye sir.
ジェフリー: カイトの予言通りだ。攻撃目標はカディスに定まった。
Geoffrey: It’s just as Kaito has predicted, our target has been set to be Cádiz.
 
ナイジェル: エリザベス・ボナベンチャー号から信号。カンテラの点滅は三回。『ただいま、バタフライ号が侵入。各船、指定位置で待機』だ。
Nigel: Signal from the Elizabeth Bonaventure, 3 flashes from the lamp. “Right now, Butterfly will invade, all other ships be on standby”.
ジェフリー: ナイジェル、了解の信号を出せ。
Geoffrey: Nigel, return the signal for “roger”.
ナイジェル: アイ。
Nigel: Aye.
ジェフリー: ここまでは順調そのものだ。夕方までに、我がドレイク艦隊はカディス湾を襲って、四十隻以上のスペイン船を略奪し、焼き払った。
商船ばかりで拍子抜けするほど戦闘は簡単に終わったし、我々が無傷で港を出て行くのを、カディスの連中は黙って見ていることしかできなかった。
Geoffrey: Things have gone perfectly smoothly till now. Before dusk fell, the Drake fleet has invaded the gulf of Cádiz, plundered and burnt more than 40 Spanish ships. They were all merchant ships so it was an uneventfully easy win, and the people of Cádiz could only watch as we leave the port unscathed.
ナイジェル: サー・フランシスは本当に容赦のない方だな。これだけの戦果を上げながら、二度目の襲撃を行うのだから。
Nigel: Sir Francis sure doesn’t go easy on them. Despite gaining so much from the battle, he’s going for a second round.
ジェフリー: 内港にスペイン海軍総司令官サンタ・クルズ侯爵のガレオン船が繋留されているのを知ったからだろう。対抗心というやつだ。
Geoffrey: That’s probably because he’s aware that the Galleon ship of Santa Cruz, Navy commander-in-chief, is anchored within the port. That’s what you call cautious counter-measures.
ナイジェル: しかし、両側から迫る岸壁に守られたこの細長い港は、決して攻めやすい場所ではない。地上から砲撃される恐れもある。
Nigel: But, this narrow port which is flanked by land on both sides is definitely not an easy spot to attack. There’s also the risk of being attacked by cannon from land.
ジェフリー: そいつは閣下も承知の上だろうさ。
Geoffrey: I’m sure His Excellency is well aware of that too.
海斗: あのー、寒くないですか? マントを持ってきたんですけど……。
Kaito: Excuse me, are you cold? I brought cloaks…
ジェフリー: カイト、俺はキャビンから一歩も出るなと言っておいたはずだが?
Geoffrey: Kaito, I thought I told you not to take a single step out of the cabin?
海斗: すぐ戻ります。でも、マントは……?
Kaito: I’ll return immediately. But, what about the cloaks?
ジェフリー: ふん、親切ごかして……どうせ、サンタ・クルズの船が燃えるところを見たいだけのくせに。ちっ、判ったよ。閣下が戻ってくるまでだぞ。
Geoffrey: Playing all kind, you probably just want to see Santa Cruz’s ship going up in flames. Tsk, I got it. But only till His Excellency returns.
海斗: やった!
Kaito: All right!
ナイジェル: 見せるのか?
Nigel: You’re letting him see it?
ジェフリー: 構わんだろう。これだけ港から離れているんだ。どのみち、危険が迫ってきたら、甲板下に移動させなきゃならんのだし。
Geoffrey: It doesn’t matter, we’re so far from the port anyway. In any case, when things get dangerous, we’ll have to move him to below the deck too.
ナイジェル: あんたはカイトに甘すぎる。
Nigel: You’re too soft on Kaito.
ジェフリー: 何だかんだ言って、おまえが俺に甘いようにな。大丈夫だよ、俺達がついている限り、あの子はダイヤモンドのように無傷でいられるさ。
Geoffrey: Whatever you say, but it’s just like how you are soft on me too. Don’t worry about it, as long as we’re with him, that kid will stay as intact as a diamond.
ナイジェル: だといいが……。
Nigel: That would be good…
海斗: キャプテン、サー・フランシスに伝えてくれた? 夜明け前に内港を出るようにって。
Kaito: Captain, have you told Sir Francis? To leave the inner port before dawn…
ジェフリー: 使いを出しておいた。必ず本人の耳に届くように念を押してな。
Geoffrey: I sent a messenger and emphasised that he has to pass the message in person.
海斗: 良かった。それなら大丈夫。
Kaito: Thank goodness, in that case it will be fine.
ジェフリー: なぜ、夜明け前に戻る必要があるんだ?
Geoffrey: Why is there a need to return before dawn?
海斗: ぐずぐずしていると、スペイン軍が来るから。
Kaito: Because if he dawdles around, the Spanish troops will arrive.
ジェフリー: 例の占いか?
Geoffrey: The divination you had earlier?
海斗: うん。大砲が港を見渡す砂浜に移されていた。そこから海上の船を砲撃するつもりなんだと思う。あと、マスケット銃を構えたスペイン兵が、イングランド船の甲板を狙撃していたよ。
Kaito: Yea. The cannons have been moved to the sandy beaches overlooking the port. I think they intend to fire at the ships at sea from there. Also the Spanish soldiers armed with muskets were fighting the English on the decks of ships.
ナイジェル: おお、それほど鮮明に見えるものなのか。いつ、その力に気づいた?
Nigel: Wow, can you see that clearly? When did you become aware of that power?
海斗: 覚えてない。
Kaito: I don’t remember.
ナイジェル: 代々、占い師の家系なのか?
Nigel: Does every generation of your family have that power?
海斗: うん。
Kaito: Yes.
ナイジェル: では、おまえと同じ程度に力を持つ者が他にもいるのか?
Nigel: Then, are there others who possess the same sort of power as you?
海斗: ううん。俺は特別。
Kaito: Nope, I’m special.
ナイジェル: だろうとも。陛下の占星術師ジョン・ディーでさえ、おまえの力には及ばん。
Nigel: I thought so. Even Her Majesty’s astrologist, John Dee, can’t match your powers.
ジェフリー: ナイジェルも知れば知るほどカイトに魅かれていくようだな。ちょっと妬けるな。
我ながら馬鹿なことを。子供じゃあるまいし
……。自分が大切に思っている二人が仲睦まじくしているのに、何を不満に思うことがある
Geoffrey: Seems like the more Nigel knows about Kaito, the more he gets attracted. I’m feeling a little jealous. Such stupid things for us, we aren’t kids anymore. The two whom I treasure are getting along well, what is there to be dissatisfied about?
海斗: 炎だ! 始まったんだ……!
Kaito: It’s a fire! It has started!
ジェフリー: サンタ・クルズのガレオン船が派手に燃えている。海軍総司令官の面目、丸潰れだな。今頃、閣下はさぞかしご満悦だろう。
この事件がイングランドに伝われば、国民も躍り上がって喜ぶし、元気づけられる。サー・フランシスがいる限り、イングランドは簡単には負けないと。今のは……。
Geoffrey: Santa Cruz’s Galleon ship is burning furiously. The honour of the navy commander-in-chief has been crushed totally, I’m sure His Excellency is feeling very happy right now. When England knows about this, I’m sure the people will be elated, this will raise their morale. As long as Sir Francis is around, England won’t lose easily. (Gunshots) What was that just now?
ナイジェル: 銃声だ。
Nigel: Those were gunshots.
ジェフリー、ナイジェル: 閣下……!
Geoffrey, Nigel: His Excellency!
ジェフリー: ルーファス、総員だ!
Geoffrey: Rufus, gather everyone!
ナイジェル: 皆、起きろ! フォアコースとメンコースを張れ!
Nigel: Everyone, wake up! Raise the fore course and main course9!
ジェフリー: さっきの銃声はサーフランシスを狙ったものに違いない。カイトの予言は、また当たった。夜明けを待たずに撃たれたことを除いてはな
Geoffrey: The gunshots from just now were definitely aimed at Sir Francis, Kaito’s predictions were true again, except for the part that they started shooting before dawn.
ジェフリー: バタフライ号は?
Geoffrey: How about Butterfly?
ナイジェル: 全速力でこちらに向かっている。やはり、何かあったに違いない。あの子の言っていたようなことが……。
Nigel: It’s heading here at full speed. Something must have happened, it’s just like what that kid said.
海斗: キャプテン!
Kaito: Captain!
ジェフリー: カイト……! 白い布など持って来て、どうするつもりだ?
Geoffrey: Kaito, you even brought white cloth along, what are you intending to do?
海斗: 俺をバタフライ号に行かせてください! もし、本当にサーの身に……。
Kaito: Let me go over to Butterfly, what if something happened to Sir…
ジェフリー: おまえが考えているようなことが本当に起こっていたら、必要なのは腕のいい医者だ。
Geoffrey: If what you’re thinking of has really happened, what he needs is a skilful doctor.
海斗: だったら、キャプテンだけでも行って、医者にこの布を使うように言ってください! 汚れた包帯を使うから、傷が化膿するんだ。
それと医者が瀉血しようとしたら、絶対に止めること! あんなの、身体が弱るだけだ。あとは……くそっ、実際に傷を見なきゃ、判んねえよ!
Kaito: In that case, then Captain has to go over and tell the doctor to use this bandage! The wound will get infected if the bandage used is dirty. Also, if the doctor tries to do bloodletting, you have to stop him. Something like that will only weaken the body. Also… damn! I have to see the actual wound to be able to tell!
ナイジェル: 二人で行ったらどうだ? カイトは薬を処方したりはできないが、少なくとも傷の手当はその辺の医者より上手い。
Nigel: What if the two of you go over? Kaito might not be able to prescribe medicine, but he should be better at tending to wounds than the doctors around here.
ジェフリー: 判った。おまえも一緒に来い。
Geoffrey: I got it, come along with me.
海斗: サンキュー・サー。
Kaito: Thank you sir!

back to top ↑


5. Scene 4

海斗: 着いた。
Kaito: We’re here.
ジェフリー: ボートから甲板まで、よく登りきったな、カイト。
Geoffrey: Well done climbing from the boat to the deck, Kaito.
ジョーンズ: おお、よく来てくださいました、ロックフォード船長。
Jones: Oh, thank you for coming over, Captain Rockford.
ジェフリー: 閣下はどうした、ジョーンズ?
Geoffrey: Jones, how is His Excellency?
ジョーンズ: キャビンにおられます。まったく、一発の銃声で本船は混乱の極みに陥ってしまいました。スペイン人め、よくもあんな真似を……。
Jones: He’s in the cabin. Goodness, the entire ship fell into chaos with just one gunshot. Damn Spaniards, how could they do that…
ジェフリー: 案内してくれ。行くぞ、カイト。
Geoffrey: Show me in. Let’s go, Kaito.
海斗: ア、アイ。
Kaito: A-aye.
ジェフリー: 閣下……。
Geoffrey: Your Excellency…
ドレイク: ジェフリー、カイト。
Drake: Geoffrey, Kaito…
海斗: 良かった……! 無事だった……。
Kaito: I’m glad, you’re all right…
ドレイク: どうしたのだ? なぜ、ここに?
Drake: What’s wrong? Why are you here?
ジェフリー: 銃声を聞いて、閣下の無事を確かめに来ました。
Geoffrey: We heard gunshots and came over to confirm that Your Excellency is all right.
ドレイク: この通り、ぴんぴんしてるよ。狙撃手の腕が悪かったのだ。
Drake: You can see for yourself, I’m jumping fit. The sniper’s skills were lacking.
ジェフリー: 我々にとっては幸運でした。
Geoffrey: That’s fortunate for us.
ドレイク: いや、そうとも言えない。航海長のフォックスが、私の代わりに撃たれて死んでしまった。
Drake: No, you can’t be too certain about that. The sailing master, Forks, was short in my stead and died.
海斗: ええ!
Kaito: What?
ドレイク: 可哀想なことをした。丁重に葬ってやらねば……。カイト、また予言が当たったな。予告された時間には多少の間があったが。
Drake: Such a pity, we have to give him a proper funeral… Kaito, your predictions were correct once again. There were some differences in the predicted timing though.
海斗: 許してください……!
Kaito: Please forgive me!
ドレイク: 何を言う。顔を上げるのだ。許すも許さぬもない。おまえはちゃんと注意してくれていたのだから。
Drake: What are you talking about? Raise your head. There’s nothing to forgive or berate you about, because you did give a proper warning.
海斗: でも、防げませんでした! 狙撃手の腕が良かったら……閣下が二、三歩横に立っていたら……。
Kaito: But, I couldn’t prevent it from happening. What if the sniper was more skilful… or if Your Excellency was standing two or three steps away…
ドレイク: 確かにな。今後は気をつけることにしよう。おまえが『暗殺の危険がある』と言うときは、一日中警戒を怠るまい。だから、おまえもそんなに気に病まずとも……。
Drake: You’re right, I’ll be more careful the next time. If you say that there’s a danger of assassination, I’ll be on my guard for the entire day. So you don’t have to feel so bad about…
海斗: 無理です。俺の力が弱くなってきているのかもしれません。自信がなくなりました。
Kaito: That’s impossible! My powers might have become weakened… I’m losing faith in myself.
ジェフリー: カイト、気持ちは判る。だが、閣下はおまえを信じている。おまえも自分を信じるがいい。
Geoffrey: Kaito, I understand how you feel. But, His Excellency believes in you, so you should believe in yourself too.
ドレイク: その通り。頼りにしているのだ。
Drake: He’s right, I’m depending on you.
海斗: でも……。
Kaito: But…
ドレイク: さて、長居は無用だ。出航準備を済ませて、さっさとカディスにおさらばしよう。
Drake: Now then, you don’t have to stay for long. Settle your pre-voyage preparations and let’s leave Cádiz behind us.
ジェフリー: とにかく、ご無事でなによりでした。
Geoffrey: In any case, we’re glad that you’re safe.
ドレイク: ありがとう。友情が身に沁みたよ。君達の厚意にどうやって応えたらいいものかな?
Drake: Thank you, I’m touched by this friendship. How should I answer to your feelings?
ジェフリー: 長生きをして、一人でも多くのスペイン人を血祭りに上げてください。
Geoffrey: Live a long life and increase the death count of those Spaniards.
ドレイク: 判った。それが君への贈り物だ。カイト、おまえには何をあげようか?
Drake: I understand, that shall be my gift to you. Kaito, what about you?
海斗: 何も欲しくありません。
Kaito: I don’t want anything.
ドレイク: そう、つれないことを言うな。おお、そうだ!
Drake: Don’t say such unsporting words. Oh, that’s right!
海斗: 籠?
Kaito: A cage?
ドレイク: これをやろう。いずれは役に立つだろうし、見ていれば心が和むぞ。開けてみなさい。
Drake: I’ll give you this, it will become of use one day and you can heal your heart just by looking at it. Try opening it up.
海斗: 子猫だ……!
Kaito: It’s a kitten!
ドレイク: 鼠捕り用に飼われていた猫の子だ。船もろとも燃やすは忍びなくてな。つい抱き上げたら、私にしがみついてきたのだ。
Drake: It’s the kitten of a cat kept on the ship for hunting rats, I couldn’t bear burning it together with the ship. When I picked it up, it snuggled against me.
海斗: 可愛い! 真っ白な毛で……。ナイジェルだ……! ジェフリー、見て。この猫の青い右目の周り、黒い毛で縁取られてる。
Kaito: How cute! Its fur is pure white… It’s Nigel! Look, Geoffrey. Around this kitten’s blue right eye, there’s a black patch of fur.
ジェフリー: まるで眼帯みたいにな。
Geoffrey: Just like an eye patch huh?
ドレイク: 気に入ったか?
Drake: Do you like it?
海斗: アイ・サー! 嬉しいです! 名前は何にしよう? ナイジェルでもいいけど、人間の方が気を悪くするだろうし……。
Kaito: Aye sir! I’m very happy! What shall I name it? I don’t mind calling it Nigel, but the human Nigel will feel unhappy about that…
ジェフリー: それ以前に、猫を連れていくと気を悪くするぞ。
Geoffrey: In the first place, he will feel unhappy if you bring that cat over.
海斗: なんで?
Kaito: Why?
ドレイク: なぜだ?
Drake: What?
ジェフリー: 昔はグローリア号でも鼠捕り用の猫を飼っていたんですが、そのうちの一匹とナイジェルが絶望的にソリが合わなくてね。
顔を合わせるたびに引っ掻かれたり、噛みつかれたりすることに、ほとほと嫌気がさしたようなのです。
Geoffrey: A long time ago, we kept cats on Gloria for rat-hunting and there was one cat which couldn’t get along with Nigel at all. Whenever it saw Nigel, it would scratch or bite him, as though it hated Nigel.
海斗: も、もしかして、ナイジェルの右目はその猫に潰されたとか……?
Kaito: Don’t tell me, Nigel’s eye was done by that cat…
ジェフリー: あれは違う。だが、それぐらいのことは平気でするような猫だった。だから、いなくなったときは全員がホッとした。これで航海長に八つ当たりをされることもなくなると思ったからな。
ナイジェルも神に感謝して、そして決心したんだ。自分がグローリア号にいる間は、二度と猫を乗せないと。
Geoffrey: That’s from another incident. But that was a cat which was all right with doing things like that. That’s why, when it died, everyone was relieved because they all thought that they wouldn’t have to endure it when the sailing master vents his frustrations on them. Nigel thanked God too, and made up his mind then, that as long as he’s aboard Gloria, he will never let another cat onto the ship.
ドレイク: しかし、猫なしで、どうやって鼠を退治しているのだ?
Drake: But, how do you combat the rats without cats?
ジェフリー: 小まめに船倉を燻蒸したり、停泊中に毒入り団子を仕込んだりしています。
Geoffrey: By fuming the ship regularly, and laying out poisoned dumplings in the anchorage.
海斗: ……じゃあ、飼えないんだね。
Kaito: Then, I can’t keep this.
ジェフリー: ナイジェルとカイト――どちらを尊重するか。難しい問題だ。さっきのカイトの喜びようを見たら、ここは大人に我慢してもらうしかないか。
Geoffrey: Nigel or Kaito, who shall I satisfy… this is a tough question. But after seeing the delighted expression of Kaito’s just now, I guess the adult will have to give in.
ジェフリー: いいよ。連れていこう。俺がナイジェルに噛みつかれれば済むことだ。
Geoffrey: It’s fine, let’s bring it along. I’ll just have to be nagged at by Nigel.
海斗: ホントに? ありがとう! 良かったな、おまえ。
Kaito: Really? Thank you! I’m glad for you too.
ジェフリー: 閣下、この後の予定は?
Geoffrey: Your Excellency, what’s your plan after this?
ドレイク: リスボンだ。私の獲物は無敵艦隊だからな。商船は『ついで』にすぎん。
Drake: Lisbon, because my prey is the Spanish Armada. I’m merely killing time with these merchant ships.
ジェフリー: ただ、あの港から艦隊を引っ張り出すのは苦労しそうですよ。
Geoffrey: But, it looks tough to get the Spanish Armada out from that port.
ドレイク: 長期戦は覚悟の上だ。納得がいく成果が上がるまで帰らない。むろん、プリマスには凱旋するつもりだ。
ジェフリー、神意は私の上にあるのだよ。今夜、それを確認した。
Drake: I’m well prepared for a long battle, I won’t leave until I get a satisfactory result. Of course, I intend to return in triumph to Plymouth. Geoffrey, the Heavens are with me. I’ve just confirmed that tonight.
ジェフリー: どういうことです?
Geoffrey: What are you talking about?
ドレイク: 私は神に護られているのだ。スペインの魔の手からイングランドを救うという使命を果たすまで、決して死ぬことはない。
危機が迫ったときは、カイトが教えてくれるだろう。だから、私は後顧の憂いなく戦えばいい。危険を恐れず、大胆に、敵地にすら乗り込んで……。
Drake: I’m protected by God. Until I fulfil my duty to rescue England from the evil hands of Spain, I will definitely not die. Kaito will tell me if there are any dangers. That’s why, I should just fight without worrying about the future. Without fear for any danger, boldly, even moving onto enemy’s lands…
ジェフリー: 何という自信。閣下は最近、狂信的になっているようだ。その原因は――やはり、カイト。
Geoffrey: What amazing confidence he has. His Excellency has become slightly fanatic lately and that reason has to be… Kaito.
海斗: あはは、くすぐったいよ。
Kaito: Haha, that tickles!
ジェフリー: 閣下にとって、おまえは危険な存在なのかもしれない。おまえの能力は人間離れしすぎている。『神の恩寵』と思えてしまうほどに。
そして、神が味方してくれているのであれば、自分のしていることは全て正しいと信じ込ませてしまうほどに
……
その思い上がりが不運を招かねば良いが
……
Geoffrey: For His Excellency, you might be a dangerous existence. Your power is too inhuman, it can even be thought of as a God’s favour. Then, if God is on our side, it might be enough to make him believe that everything he does is right… If only that thinking won’t invite misfortune…
 
ナイジェル: そうか、閣下は無事か。良かった……。
Nigel: I see, His Excellency is safe. I’m glad…
ジェフリー: ところで、この子に食べ物を配給してやってくれないか?
Geoffrey: By the way, can you ration some food for this little one here?
ナイジェル: この子? ね……猫。
Nigel: Little one? C-cat…
海斗: よろしくお願いします。
Kaito: I’ll be counting on you.
ナイジェル: 捨ててやる!
Nigel: I’ll throw it away!
ジェフリー: 待て! 早まるな!
Geoffrey: Wait! Don’t be hasty!
海斗: 悪魔! あんたには血も涙もないのかっ!
Kaito: Devil! Is there no blood or tears flowing through you?
ナイジェル: 悪魔はどっちだ! 俺はそいつを見ただけで……。
くそっ! 俺を殺す気か? 今ので喉元まで魂が出かかったぞ!
Nigel: Who is the devil here?! Just by looking at that thing I… (Nigel sneezes) Damn, are you trying to kill me? I felt like my soul is about to come out from my throat with that sneeze!
ジェフリー: ブレス・ユー、お大事に。
Geoffrey: Bless you, please take care.
海斗: くしゃみが出るのは、猫アレルギーだからじゃないの?
Kaito: You’re sneezing because of cat allergy isn’t it?
ジェフリー: 何だ、それは?
Geoffrey: What’s that?
海斗: 猫の毛とか、ダニとかのせいで、くしゃみをしたり、身体が痒くなったりする症状だよ。つまり、その人の体質の問題だってこと。
Kaito: It’s the symptoms of sneezing or feeling itchy because of cats’ fur or mites. In other words, it’s the bodily conditions of that person.
ナイジェル: 俺を批判するつもりか? くしゃみをする方が悪いとでも言うのか! それで俺が死んだら、どうしてくれる?
Nigel: Are you criticising me? Are you trying to say that I’m at fault for sneezing?! If I died, what would you do?
海斗: 死なないよ。いい大人なんだから、子供の口喧嘩みたいなこと言うのは止めたら?
Kaito: You won’t die. You’re already an adult, why don’t you stop talking like child?
ナイジェル: 言わせておけば……っ!
Nigel: Once I let him have his way…!
ジェフリー: 落ち着け、ナイジェル。この猫は閣下の贈り物だ。突っ返すことはできん。殺すことも禁じる。
おまえに言ってやれることはただ一つ。カイトが子猫を連れているときは近寄るな、ということだ。
Geoffrey: Calm down, Nigel. This cat is a gift from His Excellency, we can’t give it back and you’re forbidden from killing it. I only have one thing to say to you, when Kaito is carrying the kitten, don’t go near him. That’s all.
ナイジェル: 俺は何者だ? 航海長だ。それなのに、自由に甲板も歩けないとは……。
Nigel: Who am I? I’m the sailing master. Despite that, I can’t even walk around freely on the deck…

back to top ↑


6. Scene 5

海斗: 待て! キャプテン、そいつ捕まえて!
Kaito: Wait! Captain, catch hold of it!
ジェフリー: お、そら! こら、大人しくしてろ。
Geoffrey: Oh, here! Ah, stay still.
海斗: ありがとう、キャプテン。こら、ブラッキー。勝手に歩き回るなって言ってるだろう。
Kaito: Thank you, Captain. Come on, Blackie, didn’t I tell you not to wander around on your own?
ジェフリー: いたずら盛りだな。くそっ、俺もこいつみたいに暴れ回りたいもんだ。
Geoffrey: He’s such an imp. Damn, I’d like to run wild like this boy too.
海斗: やっぱり、無敵艦隊は出てこないの?
Kaito: As expected, the Spanish Armada isn’t coming out?
ジェフリー: リスボンに停泊したまま、出てくる気配はないな。
Geoffrey: They’re staying anchored in Lisbon, there’s no sign of them coming out.
海斗: 閣下は長期戦に備えて、ポルトガル最南部のサグレス岬を落とし、そこで開戦のときを待っているんだよね?
Kaito: His Excellency is all prepared for a long drawn-out war and has positioned himself at the southern-most end of Portugal, Cabo da Roca, waiting for the start of war.
ジェフリー: ああ。
Geoffrey: Yea
海斗: 俺の予言通りに……俺の知っている歴史通りに。
こないだの失敗で判った。ドレイクに有利な状況を作ろうと歴史と違うことを言うと、かえって予測しなかった事件が起こる可能性もあるんだ。
二つの歴史に違いがあって、万が一にもドレイクが殺されるといけないから、俺は戦闘を避けたくて、「夜明け前に港を出ないとスペイン軍に囲まれ、ドレイクは狙撃されるかもしれない」という嘘の予言をした。
俺は時間を早めただけのつもりだったのに、歴史にはなかった、狙撃という別の危険に曝してしまった。俺自身が歴史に『違い』を生み出したんだ。
この先、『違い』を最小限に抑えるには、余計なことは何一つしちゃいけない。
Kaito: It’s just as I’ve predicted, just like the history I know. I’ve understood from the failure the other day. There’s a possibility of causing something unpredicted to happen if I try to bring advantage to Drake by saying something which is different from history. Because there is a chance that both histories are different and Drake might get killed, I wanted to avoid the battle and told a lie that “if you don’t leave the port before dawn, Drake will get surrounded and attacked by Spanish troops, and possibly die”. Although I only meant to speed things up a little, I exposed him to the danger of being sniped at, which wasn’t in the history at all. I was the one who bred that difference in history. From now on, in order to minimise that difference, I can’t do a single thing which is uncalled for.
ジェフリー: 風が出てきたな。
Geoffrey: The wind is blowing.
ジェフリー: 俺たちはマデイラ諸島からやってくる船を襲撃しながら、テージョ河の向こうに無敵艦隊の姿が見えたら、閣下に報せる役目を引き受けた。この辺りを、もう何度往復したことだろう。
Geoffrey: We’ve accepted the role of attacking the ships coming from Madeira while informing His Excellency once we see any sign of the Spanish Armada on the side of the Tagus river. How many times have we patrolled this area?
海斗: 今日も無駄足っぽいね。
Kaito: Seems like today is another wasted day.
ジェフリー: だろうな。出てきたら、本格的な開戦は避けられない。スペインの連中は全艦隊が集合していない上に、補給も終わっていない。海軍提督サンタ・クルズも、出るに出られないだろう。
Geoffrey: Right? Once they appear, we won’t be able to avoid a serious battle. The Spanish troops have yet to be all gathered here. On top of that, they aren’t done with stocking up on their rations either. The navy admiral, Santa Cruz won’t be able to make a move.
ユアン: おーい、甲板! デッキ・アホイ!
Juan: Hey, deck! Deck ahoy!
ジェフリー: どうした、ユアン!
Geoffrey: What happened, Juan?
ユアン: 見覚えのある船がこっちに向かってますーっ!
Juan: I see a familiar ship heading over!
ジェフリー: どこの船だ!
Geoffrey: Where is that ship from?
ユアン: ラ・ロシェルで座礁したはずの船ですぜ!
Juan: It’s the ship which ran aground at La Rochelle!
ジェフリー: なに!
Geoffrey: What?!
海斗: サンティリャーナだ! ヴィンセントが戻ってきたんだ!
Kaito: It’s Santilliana! Vincent has returned!
ジェフリー: ルーファス、戦闘準備だ!
Geoffrey: Rufus, prepare for battle!
ルーファス: 了解しやした!
Rufus: Roger!
ジェフリー: あの座礁から無事に船を救い出すとは、敵ながら天晴れな男だな。
Geoffrey: To be able to save his ship from that situation, despite being an enemy, I admit that he’s an admirable man.
海斗: いったい、どうやって逃げたんだろう?
Kaito: How on earth did he escape from that?
ジェフリー: 考えられるのは、座礁した地点の海底が砂地だったってことだ。それなら、岩盤と違って舵や竜骨を破損する可能性が低くなる。
片っ端から荷物を捨て、満潮を待ってボートに引かせたら脱出できるかもしれない。だが、それにはかなりの幸運も必要だ。
Geoffrey: What I can think of, is that the spot where he ran aground was sandy. Because of that, the possibility of the ship’s keel being damaged by friction with bedrock is lower. If he abandoned all cargo and wait for high tide before getting his ship pulled out of that spot by a boat, it isn’t impossible. However, he needed quite a bit of luck too.
海斗: たぶん、人一倍ラッキーなんじゃない? なにしろ、ウォルシンガム長官の厳しい追跡から逃げ続けているんだからさ。
Kaito: He’s probably much luckier than average. After all, he’s managed to escape from Sir Walsingham’s relentless pursuit time after time.
ジェフリー: 幸運では、こちらも負けんさ。何しろ、手の届くところにある。ほら……。
Geoffrey: When it comes to luck, we aren’t any worse off. It’s just within reach, look…
海斗: 油断しないで。あいつは剣の達人みたいだし。
Kaito: Don’t let your guard down, he’s someone who’s skilled at swordsmanship too.
ジェフリー: だが、船上での戦いなら、俺の方が心得がある。カイト、船倉に隠れてろ。今度こそ、俺が迎えに行くまでな。
Geoffrey: But, when it comes to a naval battle, I think I have the advantage. Kaito, hide in the cabin. This time, make sure you stay there till I come for you.
海斗: アイ・アイ・サー。
Kaito: Aye aye sir.
ナイジェル: ジェフリー、サンティリャーナだって?
Nigel: Geoffrey, did you say Santilliana?
ジェフリー: ああ。スペインの皆様だ。俺達を探し回っていたらしい。招かれざる客には、どんなもてなしをしてやるべきかな?
Geoffrey: Yea, it’s the Spaniards. Seems like they’ve been searching for us. I wonder how we should welcome these guests of ours.
ナイジェル: せっかく助かったというのに、馬鹿な奴らだ。
Nigel: They were lucky to have been saved, stupid fellows.
ルーファス: そんなに死にてぇってんなら、望みを叶えてやりましょうぜ。なあ、野郎ども?
Rufus: Since they want to die so badly, let’s grant them their wish. Hey, everyone!
水夫達: おおー。
Sailors: Yea!
ジェフリー: よし! 我々の思いやりを見せてやろう。祖国の海に沈めてやるんだ。総員、配置につけ!
Geoffrey: All right, let’s show them our sympathy. We’re going to sink them in the seas of their homeland. All crew, get to your positions!
水夫達: ウォーッ!
Sailors: Yea!
海斗: 戦い、戦い、戦い――いつになったら、この呪いから逃れられる?
俺はこの戦いの行方を知らない。だから、祈ることしかできない。皆、死なないで。どうか無事でいて。
Kaito: Battle, battle, battle… when will I be able to escape from this curse? I don’t know which direction this battle will go. That’s why, I can only pray. Everyone, please don’t die. Please stay safe.
海斗: 大丈夫だよ、ブラッキー。きっとジェフリーが勝つ。でも、ヴィンセントは海にも船にも詳しいから、短い時間でケリをつけるのは難しいんだ。
ヴィンセントが諦めないなら、ジェフリーは彼を殺す……それを止めようとしなかったら、俺も手を下したと同じこと。どんな理由があっても、人を殺すのは罪だ。
でも……たぶん、俺はヴィンセントを見殺しにしてしまう。ジェフリーの方が大事だから。……うわっ!
な、何だ、今の……? あ、壁に穴が!
Kaito: It will be fine, Blackie. Geoffrey will definitely win. But, Vincent is knowledgeable about both the seas and ships so it will be difficult to finish this quickly. If Vincent won’t give up, Geoffrey will kill him. If I don’t stop that from happening, it will mean that I had a hand in this. Regardless of reason, it’s a sin to kill people. But… I’ll probably watch Vincent get killed, because Geoffrey is more important to me. Ah! What was that just now? Ah, there’s a hole in the wall!
海斗: ここも危ない。どこか安全なところは……
Kaito: It’s dangerous here too, I need to find somewhere safe…
ナイジェル: カイト……!
Nigel: Kaito!
海斗: ナイジェル!
Kaito: Nigel!
ナイジェル: 探す手間が省けた。ついて来い。
Nigel: You’ve saved me the trouble of searching for you, come with me.
海斗: うん。どこに行くの?
Kaito: Okay, where are we going?
ナイジェル: 船底だ。ジェフリーと相談して、そこにおまえを隠しておくのがいいということになった。護衛として、俺も一緒に行く。
Nigel: To the bottom of the ship. After discussing with Geoffrey, we’ve decided that it’s good to hide you there. As a guard, I’ll come along too.
海斗: ふーん、船底……あ? 船底って淦水溜め(ビルジ)じゃん! 使った水とかを一時的に溜めておく、すごい臭いところだろ?
Kaito: Hm…. Bottom of the ship… huh? Isn’t the bottom of the ship the bilge? Isn’t it a very smelly place where used water is being stored temporarily?
ナイジェル: 安心しろ。汚水槽には入らなくてもいい。ジェフリーは、『いざとなったら、突っ込め』と言っていたがな。
Nigel: Don’t worry, you don’t have to enter the waste water tub. Geoffrey did tell me to stuff you inside when there is a need to…
海斗: 酷すぎる。何も悪いことしていないのに、なんでそんな所に突っ込まれなきゃなんないんだよ?
Kaito: That’s so mean, I didn’t do anything bad, why must I be forced into such a place?
ナイジェル: サンティリャーナが来る。
Nigel: Because Santilliana will come.
海斗: ま、間違いないの?
Kaito: A-are you sure?
ナイジェル: ああ。奴の狙いはおまえだ。今度こそ奪い取ろうと意気に燃え、乗り込んでくるだろう。だが、俺の命があるうちは、指一本触れさせない。
Nigel: Yea. His goal is you. He’ll probably get onto our ship with the intention of getting you this time. But, as long as I’m alive, I won’t let him touch a single hair on you.
海斗: ブラッキーも守ってくれる? 一緒じゃないと、下には行かない。
Kaito: Will you protect Blackie too? If we aren’t together, I won’t go down.
ナイジェル: 連れて来い。そいつは猫じゃない。おまえの付属物だ、と思って我慢するさ。
Nigel: Bring him along. That isn’t a cat. I’ll bear with it, thinking that it’s your belonging.
水夫: 野郎……っ! 生かして帰すか、くそったれ!
Sailor: Bastard! I won’t let you return alive, damn!
水夫: ロブ、斧で渡し板を叩き割っちまえ!
Sailor: Rob, use your axe to chop up the crossing plank!
ジェフリー: 皆、靴は脱いでおけよ! 血は滑りやすいからな!
Geoffrey: Everyone, take off your shoes! It’s easy to slide on blood!

FLESH & BLOOD 03 (8)
back to top ↑


7. Scene 6

海斗: 蓋をしてても、臭い。身体にも染み込みそうだ。息苦しいし……。
Kaito: Even if I cover my nose, it still stinks. It feels like the smell will seep into my body too, it’s hard to breathe…
ナイジェル: だったら、黙っていろ。
Nigel: Then, keep quiet.
海斗: ねえ、俺はここでジッとしているから、ジェフリーのこと助けに行ったら?
Kaito: Say, I’ll stay here so why don’t you go help Geoffrey?
ナイジェル: おまえを守れというのが、船長命令だ。
Nigel: It was the captain’s order to protect you.
海斗: でも、航海長(メイト)が一緒だったら、ジェフリーも心強いと思う。
Kaito: But if you’re together with him, I’m sure Geoffrey will feel stronger.
ナイジェル: 心配なのか?
Nigel: Are you worried?
海斗: ヴィンセントはかなりの使い手なんだ。
Kaito: Vincent is quite skilled.
ナイジェル: 大丈夫だ。ジェフリーの方が強い。あれほどの男を、俺は他に知らない。あらゆる意味でな。
Nigel: It will be fine, Geoffrey is more skilled. I don’t know anyone who’s like him, in every way.
男: うわあー!
Male: Argh!
海斗: い、今のトーマスじゃなかった? せ、船倉にいたんだ。しゅ、修理をしてて……。
Kaito: W-wasn’t that Thomas? H-he was in the hold, d-doing repairs…
ナイジェル: しーっ。違う。彼の声じゃない。
Nigel: Sh…. It’s not, that wasn’t his voice.
海斗: だ、だったらいいけど……。
Kaito: T-then that’s good…
ナイジェル: どうした? 他にも何かあるのか?
Nigel: What’s wrong? Is there anything else?
海斗: べ、別に……今日はくしゃみをしないなあと思って。
Kaito: N-not really. I just thought that you aren’t sneezing today.
ナイジェル: そういえば、そうだ。他に気掛かりなことがあって、忘れていたのかもしれない。
Nigel: Come to think of it, you’re right. I might have been caught up with other things and forgot about it.
海斗: 俺が思い出させちゃったから、また始まるかも?
Kaito: Since I made you remember it, you might start sneezing.
ナイジェル: 今のところ、気配はないようだ。
Nigel: As of now, there are no signs of that happening.
海斗: 良かった。
Kaito: Thank goodness.
海斗: ……ナイジェルがブラッキーを撫でてる。
Kaito: Huh? Nigel is stroking Blackie.
ナイジェル: それほど性悪ではなさそうだ。
Nigel: He doesn’t seem to be that bad in nature.
海斗: 良い子だよ。人見知りもしないし。
Kaito: He’s good cat, he is friendly too.
ナイジェル: 確かに猫がいれば、鼠退治は楽になるな。……な、なんだ?
Nigel: Undoubtedly, if we have a cat, extermination of rats will become easier. (Blackie starts purring) W-what is this?
海斗: メイトのことが好きだって。喉を掻いてやると、もっと好きになるよ。
Kaito: He likes you, if you scratch his throat, he will like you even more.
ナイジェル: 猫は嫌いだが、この子は我慢できそうだ……っ。
Nigel: I hate cats, but I can put up with this one… (Nigel sneezes)
海斗: 本当に?
Kaito: Really?
ナイジェル: ああ。船酔いと同じだ。意志の力で克服してみせるとも。
Nigel: Yea. This is the same as being seasick, I’ll show you how I can overcome it with my will.
男: ぎゃあああ……っ!
Male: Argh!
海斗: また! い、いったい、どこから……?
Kaito: Again! Where on earth is it coming from?
ナイジェル: 甲板だろう。たぶん、汚水菅を伝わってくるんだ。
Nigel: Probably from the deck. Perhaps it echoed down through the drainage pipes.
海斗: ああ……そう。
Kaito: Ah… I see.
海斗: いちいちビクつく自分が恥ずかしい。
Kaito: It’s so embarrassing that I’m jumping at every little sound.
海斗: ねえ、船長命令は絶対なんだよね。いざというときが来たら、本当に俺をビルジに突っ込むつもり?
Kaito: Say, the captain’s orders are absolute right? When the time comes, do you really intend to put me into the bilge?
ナイジェル: その必要があればな。
Nigel: If there is a need to.
海斗: 鼠の死骸が浮いてたり、虫が湧いてたりするんだろう?
Kaito: There are floating corpses of rats and worm infestations in there right?
ナイジェル: 安心しろ。下は暗くて、何も見えん。
Nigel: Don’t worry, it’s too dark there that you won’t be able to see anything.
海斗: そういう問題じゃなくて……! 俺、身体が汚れるの、嫌なんだよ。健康にも良くないし。大体、船乗りがチフスにかかるのって、不潔にしているからで……。
Kaito: That’s not the issue! I… really dislike having my body dirtied. It isn’t good for health either… In the first place, sailors get typhoid because of unsanitary conditions…
ナイジェル: ああ、判った。スペイン野郎をやりすごしたら、風呂に入れてやる。ビルジに入る、入らないは別として。
Nigel: Yes I get it. After we’ve defeated the Spanish bastards, we’ll put you in a bath. Regardless of whether you’re entering the bilge or not.
海斗: 凄い! 節水第一主義のメイトが、そんな大盤振る舞いを?
Kaito: Amazing! The person who’s the strongest advocate for water conservation is giving me such a great offer?
ナイジェル: 特例だ。おまえはいつも良い匂いがする。こうして肩を寄せていると、ビルジの近くにいるということも忘れてしまいそうだ。
Nigel: This is a special case. You always smell nice. When I’m beside you like this, I can even forget that I’m near the bilge.
海斗: ラベンダーの香油のおかげだよ。ジェフリーに買ってもらった。無駄遣いだって怒る?
Kaito: That’s because of the lavender oil, Geoffrey bought it for me. Will you get angry at the wastage of money?
ナイジェル: 止めておこう。おかげで俺の鼻も助かっているからな。ジェフリーが俺にしてくれた数少ない善行の一つだと思うことにする。
Nigel: I won’t, thanks to that, my nose is being saved. I’ll think of it as one of the few favours that Geoffrey has done for me.
海斗: そんなに悪いことばっかりされてるんだ?
Kaito: So you’ve been on the receiving end of that many bad things?
ナイジェル: なぜ、ここまで我慢できるものだろうと、自分でも不思議に思うね。
Nigel: I also feel that it’s weird, for me to be able to take so much.
海斗: 嬉しい、ナイジェルと冗談を交わせるようになれて。二人きりで、人目を気にしなくていいからかな。あ、そうだ。あのことを聞いてみよう。
Kaito: I feel happy that I can converse normally with Nigel. Is it because we’re alone and don’t have to worry about what others see? Ah, that’s right, I should try asking about that.
海斗: ブラッキーのは『ぶち』だけど、ナイジェルの右目は? スペイン人にやられたの?
Kaito: Blackie’s is a birthmark, but what about Nigel’s right eye? Was it done by the Spaniards?
ナイジェル: ああ、これか。いや、腹違いの弟に刺されたんだ。
Nigel: Ah, this? No, I was stabbed by my half-brother.
海斗: えっ。あ、ごめんなさい。余計なことを聞いて……。
Kaito: Huh? Ah… I’m sorry for asking such an unnecessary question…
ナイジェル: 構わん。もう、昔のことだ。つまらん話だが、聞きたいか?
Nigel: I don’t mind. It’s all in the past. It’s boring, but do you want to hear it?
海斗: う、うん。
Kaito: Y-yes.
ナイジェル: 俺の父親はプリマスでは裕福なヨーマンだった。
Nigel: My father was an affluent yeoman in Plymouth.
海斗: ヨーマンって、確か自作農のことだよな。
Kaito: Yeoman, if I’m not wrong, that refers to farmers who own land.
ナイジェル: 俺はそいつの私生児でね。大きくなるまで、顔も見たこともなかった。物心ついたときには、母と二人で街中に買い与えられた家に住んでいたからな。
母は小作人の娘で、屋敷にメイドとして上がったときに目をつけられたんだ。
Nigel: Since I was his illegitimate child, I didn’t even get to see his face until I grew up. When I was born, I started living with my mother in a house in town, which was bought for us. My mother was the tenant farmer’s daughter, and they met when he was collecting rent.
海斗: 美人だったんだろうね。
Kaito: She must have been a beauty.
ナイジェル: ああ。プリマス一だ。父も本気で惚れ込んでいた。俺を産ませるほどにな。
だが、正妻に子供ができたら、父は彼女を憚って、それまで屋敷に置いといた母を追い出したんだ。そのまま放っておいてくれたら、俺達は幸せだった。
ところが、正妻が死んで、誰に遠慮する必要もなくなった父は、俺を遠くの大学に追いやって、再び母を屋敷に上がらせようとした。
Nigel: Yea, the most beautiful in Plymouth. My father fell deeply in love with her, enough for me to be given birth to. But, when his wife had children, father started worrying about what others might think and chased mother out of the house. If he had left us alone like that, we would have been happy. Then, when his wife died, father was no longer restricted by anyone. He sent me to a faraway school and tried to welcome mother back to the house.
海斗: お母さんはどうしたの?
Kaito: What happened to your mother?
ナイジェル: 俺の学費や生活費を出してもらうためだと、話を受けた。母は自分のことよりも、俺のことを考えてくれたんだ。
だが、俺は父の金を使って勉強するなど御免だった。母に犠牲を強いているようでな。
Nigel: She accepted it so that my schooling fees and life expenses will be paid for. Mother was thinking for me, rather than for herself. But, I declined to use father’s money to study, because mother would have had to sacrifice for it.
海斗: そう……。
Kaito: I see…
ナイジェル: 父の計画に反対していたのは、俺だけではない。正妻の息子、腹違いの弟は逆上していた。自分の母親を苦しめ続けた愛人と同居するのは嫌だったんだろう。そして、彼は俺の母を殺した。
Nigel: I’m not the only one who was against father’s plans. His wife’s child, my half-brother was against it too. He must have been unhappy about having to live with a lover who had tormented his own mother. And he killed my mother.
海斗: えっ。
Kaito: Huh?
ナイジェル: 屋敷に上がる前に、母を殺したんだ。俺が留守にしている間のことだった。死に目にも間に合わなくて……。
色々と考え合わせれば、弟が犯人だということは明らかだった。俺は復讐を誓い、彼を殺しに行った。だが……。
Nigel: Before she moved to the house, my mother was killed. It happened when I wasn’t at home. I couldn’t even make it back in time before her death… When I put two and two together, it became clear that my brother was the culprit. I swore to get revenge and went to kill him. But…
海斗: どうしたの?
Kaito: What happened?
ナイジェル: 最後の最後で躊躇って、逆襲をくらったんだ。この右目は彼を刺そうとした短剣で突かれた。間抜けな奴だと思うだろう?
Nigel: I hesitated till the very last moment and received a counter attack. This right eye was stabbed by the dagger I tried to kill him with. You must think that I’m a foolish person.
海斗: どうして? 大事なお母さんを殺した奴なのに、どうして躊躇ったり?
Kaito: Why? He was the person who killed your beloved mother, why did you hesitate?
ナイジェル: 哀れなほど怯えていたからさ。俺に、後継者の地位を奪われるのではという不安に囚われていた。弟は生まれつき病弱で、まともに俺と戦える男ではなかった。
俺は無力な赤子を殺そうとしているような気分に陥り、殺意を鈍らせた。生き延びようと必死になっていた弟は、その隙を見抜いて、俺の手から奪った短剣で生温い同情と躊躇を切り裂き、嘲笑ったというわけだ。
Nigel: Because I was pitifully frightened. I was trapped by the insecurities of having the position of a successor snatched away. Brother was a man who’s been sickly since birth and he was hardly someone who could fight on par with me. I had the feeling that I was trying to kill a helpless infant and lost the will to kill. My brother, who was intent on surviving, took that opportunity to snatch my dagger away and he sneered in the face of my sympathy and indecisiveness.
海斗: ナイジェルの右目、虹彩の部分が白くなってる。
Kaito: Nigel’s right eye, the iris of the eye has turned white.
ナイジェル: 幸い、この通り眼球は摘出せずに済んだ。最初は喜んでいたが、鏡を見るたびに思い出してしまうんだ。傷つけられたときの痛み。視力を失ったと知った瞬間の失望。
俺はそれを封じようとして眼帯をつけた。結局、苦悩は消えなかったがな。
まあ、他人に不快感を与えずに済むというのが、こいつの唯一の効能だろう。
Nigel: Luckily, as you can see, the eyeball wasn’t dug out. Although I was happy at first, I will remember what happened every time I looked into the mirror. The pain of being hurt, the disappointment when I found out about the loss of vision… I put on the eye patch in order to seal that away. In the end, the agony didn’t go away though. Well, the only merit this has, is that it doesn’t put others at unease.
海斗: 目を閉じて、ナイジェル。
Kaito: Nigel, close your eyes.
ナイジェル: え? ……目に、キス?
Nigel: Huh? (Nigel closes his eyes and Kaito kisses his eye) A kiss… on my eye?
海斗: 俺はこっちの目も好きだよ。優しいから。もちろん、眼帯もクールだけどね。
Kaito: I like this eye too, because it’s kind. Of course, the eye patch looks cool too.
ナイジェル: ときどき、おまえの変わった言い回しに困惑させられるのだが……とりあえず誉められているようだから、礼を言わねばなるまい。
Nigel: Sometimes I get confused by your unusual choice of words… but since you’re praising me, I’d have to thank you.
海斗: どう致しまして。
Kaito: You’re welcome.
海斗: ほんの少しかもしれないけど、慰められたかな? あ……でも、俺、なんて大胆なことを。今頃になって恥ずかしくなってきた。
Kaito: It might be slight, but have I cheered him up? Ah… but I… what bold action did I take. I’m getting rather embarrassed just thinking about it.
海斗: そ、それで、その弟はどうしたの? 頭にきて……殺した?
Kaito: A-after that, what happened to your brother? Did you kill him out of anger?
ナイジェル: いや、手を下す価値もない奴だ。
Nigel: No, he wasn’t worthy of that.
海斗: 許してあげたんだ。
Kaito: You forgave him.
ナイジェル: それも俺の弱さかもしれない。殺せなかったのであれば、忘れたかった。最初から兄弟などはいなかったように。
こちらは右目と違って、結構上手くいった。俺の肉親は死んだ母親だけ。その代わり、海の兄弟がいる。それで充分だ。仲間は俺を裏切らないし、傷つけないからな。
Nigel: That might be my weakness. If I couldn’t kill him, I forget about it. It was as though we were never brothers from the start. Unlike my right eye, I survived well. My only blood relative who died was my mother. In exchange for that, I have my brothers at sea. That’s enough. My comrades won’t betray me and won’t hurt me.
海斗: 俺もあんまり弟とは仲良くなかった。嫌われてたんだ。俺は好きだったんだけどね。
Kaito: I didn’t get along well with my younger brother too, I was disliked. I liked him though.
ナイジェル: 片思いは辛いな。
Nigel: One-sided feelings are tough.
海斗: うん。だから、俺も新しい兄弟ができて嬉しかった。グローリア号に乗ることができて、皆と一緒にいられて幸せだ。
Kaito: Yea, that’s why I was also happy when I got new brothers. I’m happy that I got to ride on Gloria and got to be together with everyone.
ナイジェル: 俺もだ、弟よ。
Nigel: Me too, my brother. (Nigel kisses Kaito on the cheek)
海斗: 頬に、優しいキス――。不器用な上に、気難しいナイジェル。本当は誰より愛情深いのに、滅多にそれを見せようとしない。
でも、本当のナイジェルを知っているのは、ジェフリーと俺だけっていうのも悪い気はしないな。
Kaito: A gentle kiss on my cheek. That Nigel who’s difficult on top of awkward is actually more loving than anyone, but he rarely shows it. However, it doesn’t feel bad that the only ones who know the real Nigel are Geoffrey and me.
海斗: そういえば、ジェフリーとはどうやって知り合ったの?
Kaito: Come to think of it, how did you get to know Geoffrey?
ナイジェル: 港をうろついていたら、声をかけられたんだ。
Nigel: When I was loitering around in the port, he called out to me.
海斗: ナンパか。
Kaito: So he picked you up.
ナイジェル: 何だ、それは?
Nigel: What does that mean?
海斗: これはと思う人に接近することだよ。でも、なんで港?
Kaito: It means to begin contact with the person whom you believe is the one. But, why in the port?
ナイジェル: 船乗りになりたかったからだ。サー・フランシスのような。
Nigel: I wanted to become a sailor, one like Sir Francis.
海斗: 冒険の海に飛び出していきたかったんだね。
Kaito: You wanted to venture out into the exciting seas then.
ナイジェル: というより、金持ちになりたかった。
Nigel: Rather than that, I wanted to become rich.
海斗: なんて、夢のない……。
Kaito: What’s that, how not dreamy.
ナイジェル: 夢では腹は膨らまないからな。母を幸せにしたかった。自分に財産があれば、父に頼らなくても済むようになるからな。
それに、俺にもちょっとした夢はあるぞ。金遣いの荒いジェフリーの性根を改めさせ、サー・フランシスにも負けない財産家にする。彼を知るプリマスの人間なら、こう思ってくれるはずさ。
『ナイジェル・グラハムは凄い奴だ。俺はジェフリーが文無しでのたれ死ぬ方に、有金全部を賭けてもいいと思っていたのに』とな。
Nigel: You can’t fill your stomach with dreams. I wanted to bring happiness to my mother. If I had my own money, I won’t have to depend on my father. Also, I had a small dream of my own too, to change the profligate Geoffrey’s habits and to make him into a rich man who’s comparable to Sir Francis. I’m sure everyone who knows him in Plymouth will think this way: Nigel Graham is amazing, I would have betted everything I owned that Geoffrey will die penniless.
海斗: ほんと、ささやかな夢だね。
Kaito: Really, it’s a little dream.
ナイジェル: ああ。大きな夢は俺一人だけではなく、皆と見たい……というのは、ジェフリーの受け売りだがな。
Nigel: Yea. When it comes to bigger dreams, I want to see those through with everyone… is what I’d like to say, but it’s what I heard from Geoffrey.
海斗: ジェフリーやナイジェルと見る夢なら退屈知らずで、永遠に胸をときめかせていられるかも。
Kaito: When it’s Geoffrey and Nigel’s dream, it won’t be something boring and will probably stay with me forever.
海斗: 俺も見たい。
Kaito: I want to see it too.
ナイジェル: 一緒に見よう。
Nigel: Let’s see it together then.
海斗: ああ、なんか、今からわくわくして……。え、どうして、カンテラを消し……。
Kaito: Ah, somehow I’m getting excited… (Nigel startles and blows out candle) Huh? Why did you blow out the candle…
ナイジェル: シッ。これを持っていろ。
Nigel: Sh… hold onto this.
海斗: これは短剣。ヴィンセント……ヴィンセントなのか?
Kaito: This is … a dagger? Vincent… is it Vincent?
ナイジェル: スペイン人だ。船倉を捜し回っている。やはり、目当てはおまえだろう。ここにも、もうすぐやってくる。
Nigel: It’s a Spaniard, he’s searching around the hold. As expected, their goal is you. He’ll come over soon.
海斗: ど、どうすればいいの?
Kaito: W-what should I do? (Nigel opens the door to the bilge)
ナイジェル: 下へ行くんだ。壁に梯子がついている。溺れるかもしれなから、猫はここに置いていけ。
Nigel: Go down. There’s a ladder by the wall. He might drown, so leave the cat here.
海斗: どうしても?
Kaito: No matter what?
ナイジェル: ああ。気の毒だと思うが、自分で降りないなら、俺が放り込む。
Nigel: Yea. You might think that this is mean, but if you don’t go in yourself then I will push you in.
海斗: やっぱり、悪魔だ……。
Kaito: You’re a devil…
ナイジェル: 文句はサンティリャーナに言え。
Nigel: Say your complaints to Santilliana.
海斗: なんで俺がこんな目に……あいつらこそビルジ浚いでもしやがれ!
Kaito: (Kaito descends into the bilge) Why must it be me? They should be the ones who go into the bilge!
ナイジェル: その調子だ。何があっても、ここから出るな。
Nigel: That’s the spirit. No matter what, don’t come out from there.
海斗: メイト、無事で……! どうか、無事で……。
Kaito: Mate, stay safe. Please, stay safe.
海斗: どれくらい時間が経ったんだろう? 戦況は? 皆、無事なの? 誰か、来て! 早く来てくれよ……
Kaito: I wonder how much time has passed, how the situation? Is everyone all right? Someone, come here! Hurry and come!
ビセンテ・デ: くそっ、猫か……!
Vicente: Damned cat!
海斗: この声は……ヴィンセントだ! いったい、何を! 許さない……ブラッキーの身に何かあったら、絶対許さないからな! 出ていけ……ここから、さっさと出ていってくれ……っ。気づかれる……っ。
Kaito: This voice is… it’s Vincent! What on earth happened? I won’t forgive him… if anything happened to Blackie, I definitely won’t forgive him! Get out, get out of this place! He’s going to find me!
水夫: メイト! こっちにもスペイン野郎がいるぞ!
Sailor: Mate! There’s a Spaniard here too!
ナイジェル: ナイジェル:ちっ、どこから湧いてきやがった!
Nigel: Che, where did he appear from?
海斗: ナイジェルだ!
Kaito: It’s Nigel!
ビセンテ: くそっ。
Vicent: Damn!
スペイン人: マエストレ……!
Spaniard: Maestro!
海斗: ヴィンセントも一人じゃないみたいだ。
Kaito: Seems like Vincent isn’t alone either.
ビセンテ: カイトはどこだ?
Vicent: Where is Kaito?
ナイジェル: ここにはいない。おまえがサンティリャーナだな。
Nigel: He isn’t here, you’re Santilliana right?
ビセンテ: 貴様は?
Vicent: Who are you?
ナイジェル: 騎士のように名乗り合うか? よかろう。俺はグラハムだ!
Nigel: Are we going to name ourselves just like knights? Fine by me, I’m Graham!
海斗: どっちが優勢なんだ?
Kaito: Who has the upper hand?
ナイジェル: いい加減に諦めろ! カイトは我々の仲間だ!
Nigel: You should just give up already! Kaito is our comrade!
ビセンテ: 見つけたのは私だ!
Vicent: I’m the one who found him!
男: ぎゃーっ!
Male: Argh!
海斗: 誰? ナイジェルの声じゃなかったけど……。誰だろうと、死んでしまうのは嫌だ。何とかしなきゃ……
Kaito: Who’s that? It wasn’t Nigel’s voice, but who’s that? I don’t want anyone to die, I have to do something…
(Flashback)
ナイジェル: 何があろうと、ここから出るな。
Nigel: No matter what happens, don’t come out from there.
海斗: でも……今、出ていったら、ナイジェルの努力を無駄にしてしまう。
Kaito: But… if I go out now, I’ll waste Nigel’s efforts.
ビセンテ: おのれ……っ!
Vicent: You…
ナイジェル: よく、避けたな。俺の右に回り込もうとして、その程度の怪我で済むとは。
Nigel: You dodged that well, for you to survive with just those injuries after trying to take advantage of my right eye…
ビセンテ: 誉めてやるぞ。貴様も海賊風情にしては、結構な使い手だ。しかし、それもここまで!
Vicent: Let me praise you, you’re someone with good skills for a pirate. But, that’s as far as you can go!
海斗: 返事がない。ナイジェルに何が起こったんだ?
Kaito: There’s no answer, what happened to Nigel?
スペイン人: アリーバ、マエストレ! エル・ドラゴン!
Spaniard: Arriba, Maestro! El Dragón!
海斗: 船長、上へ。悪魔の竜だ――。ってことは、ドレイクだ! サーフランシスが来てくれたんだ!
Kaito: “Captain, above. It’s the dragon devil…” This means that it’s Drake! Sir Francis came!
ビセンテ: ミエルダ……! 近くにいるのだろう、カイト? 私は諦めないぞ! おまえは私のものだ! 次は……。
Vicent: What? You should be nearby right, Kaito? I won’t give up! You are mine! The next time…
ナイジェル: 次など、ないわ!
Nigel: There won’t be a next time!
海斗: ナイジェル! 良かった。
Kaito: Nigel! Thank goodness.
ナイジェル: 逃がすな! 殺せ!
Nigel: Don’t let him escape! Kill him!
海斗: 相手はフランシスドレイクだもんな。さっさと逃げ出さないと、自分の船が沈められる。ざまあみろ!
Kaito: The opponent is Francis Drake, he’d better escape hastily or his own ship will be sunk! Watch that!
ナイジェル: カイト、大丈夫か?
Nigel: Kaito, are you all right?
海斗: うん。それより、メイトの方こそ。腕から血が……怪我してるじゃないか!
Kaito: Yea. Rather than that, what about mate. There’s blood on your arm, aren’t you hurt?
ナイジェル: ちょっと突かれただけだ。
Nigel: It’s just a prick.
海斗: 一緒に来て!
Kaito: Come with me!
ジェフリー: カイト、どうした? なんで、裸になってるんだ? ほら、身体を拭け。
Geoffrey: Kaito, what’s wrong? Why are you naked? Come on, dry your body.
海斗: あ、ありがとう。
Kaito: T-thank you.
ナイジェル: 俺の手当てをしてくれるそうだ。ビルジにいたので、汚れた身体を海水ポンプで洗ってきた。
Nigel: Seems like he’s going to treat my arm. Since he was in the bilge, we washed his dirty body with the sea water pump.
ジェフリー: 手当て? サンティリャーナか?
Geoffrey: Treat? Was it Santilliana?
ナイジェル: ああ。俺も一太刀浴びせたから、あいこだ。
Nigel: Yea. I injured him too, so we’re even.
ジェフリー: よくやった。俺はこれから閣下に御礼を言ってくる。とり急ぎ、甲板からだがな。
カイト、おまえも頑張ったな。手当てもいいが、自分もちゃんと着替えろよ。
Geoffrey: You did well. I’m going to thank His Excellency right now, he’s right on the deck. Kaito, you did well too. It’s good to take care of others, but get changed first. (Geoffrey leaves)
海斗: 早く治療しなくちゃ。
Kaito: You have to be treated quickly.
ナイジェル: ワイン? 俺に飲ませるつもりなら、必要ないぞ。それほど痛みはないし……。
Nigel: Wine? If you’re going to let me drink it, there’s no need to. It doesn’t hurt that much.
海斗: 違うよ。傷を洗うの。
Kaito: No, it’s to wash the wound.
ナイジェル: 傷を、洗う? フランスワインだぞ! そんな、もったいない!
Nigel: Wash the wound? That’s French wine! What a waste.
海斗: 酒なんかより、自分の腕の方が大事だろ!
Kaito: More than the wine, isn’t your arm more important?!
ナイジェル: 水があるじゃないか!
Nigel: Don’t we have water?
海斗: もう、古くなってきているから信用できない。アルコールで消毒した方がいい。
Kaito: It’s gotten stale so I don’t trust it. It’s better to sterilise it with alcohol.
ナイジェル: ……っ。
Nigel: Ouch…
海斗: あとで掃除するから、今は怒んないで。
Kaito: I’ll clean up after this, don’t get angry for now.
ナイジェル: 怒らないよ。
Nigel: I won’t.
海斗: 良かった。傷口は小さいし、この分ならすぐに塞がりそうだ。でも、油断はできない。死んだジムだって、最初は回復しそうに見えたんだから。
Kaito: Thank goodness, the wound is small and judging by how it is, it will close up soon. But, we can’t let our guards down. Jim’s wound looked as though it was healing too, before he died.
ナイジェル: おい、どうした? 何を泣くことがある? 頼むから、何がどうしたのか、言ってくれ。
Nigel: Oi, what’s wrong? What is there to cry over? I’m begging you, tell me what’s wrong.
海斗: もう、誰にも死んで欲しくないんだ……ナイジェルも……死なないで……っ。
Kaito: I don’t want anyone to die anymore. Nigel, don’t die…
ナイジェル: 馬鹿だな。この程度の傷で死ぬものか。
Nigel: What an idiot, I won’t die from such a small injury.
海斗: 絶対? 絶対、死なない?
Kaito: Definitely? You definitely won’t die?
ナイジェル: 大丈夫だ。約束する。おまえを苦しめたり、傷つけるようなことはしない。そんなことをする奴は、たとえ俺自身でも許さないよ。
Nigel: Don’t worry. I promise you. I won’t torture you, or do anything to hurt you. I won’t forgive anyone who does that, even if it is myself.

FLESH & BLOOD 03 (9)
back to top ↑


8. Epilogue

ジェフリー: どうだ? もう、手当ては済んだか?
Geoffrey: How is it? Is the treatment done?
海斗: うん。あ、キャプテンも傷だらけじゃないか! 消毒!
Kaito: Yea. Ah! Isn’t the captain full of wounds too? Sterilisation!
ジェフリー: 痛たたたた……何しやがる!
Geoffrey: Ouch… what are you doing? (Kaito and Nigel laughs)
海斗: 大丈夫……大丈夫だ。今回もヴィンセントは負けた。何度来ても、同じだ。ジェフリーとナイジェル、それにグローリア号の仲間と一緒にいる限り、俺は安全だ。そう、信じることができる。
Kaito: It will be fine, it will be all right! Vincent lost this time too, no matter how many times this happens, the same will happen. As long as I’m together with Geoffrey, Nigel and my comrades on Gloria, I’m safe. I can believe in that.
海斗: あ、ブラッキー、ごめん! 置いてきぼりにしちゃって!
Kaito: Ah, Blackie I’m sorry for leaving you alone!
ジェフリー: おい、ナイジェル、大丈夫なのか?
Geoffrey: Hey, Nigel, are you all right?
ナイジェル: ああ、精神力で克服することに……っくしゅ!
Nigel: Yea, I’ve decided to overcome it with my willpower… (Nigel sneezes, Kaito and Geoffrey laughs)
ジェフリー: まあ、頑張ってくれ。精神力とやらでな。
Geoffrey: Well, work hard on it with your willpower.
ジェフリー: どうやら、ナイジェルはカイトに惚れたらしい。泣きじゃくっているカイトを抱き締めて、微笑んでいた……まったく、あいつにあんな優しい顔ができるとはな。
あの顔は前にも見た。ジムが死んだとき、彼の血に濡れたカイトをここまで運ばせたときだ。あのとき、もう恋に落ちていたのかもしれない。
堅物で有名な親友に訪れた春。本来なら、真っ先に喜んでやるべきだろう。けれど、そういう気持ちになれない。相手がカイトだからだ。
あの子はイングランドの命運を握る存在だ。軽々しく、恋愛の対象にしてもらっては困る。誰もカイトを所有することは許されないんだ。
いや、そうじゃない。今のは俺の嫉妬だ。まったく、心の狭いことこの上ないが
……
唯一の救いは、カイトに『その気』がないことだな。それに、信心深いナイジェルが、多少情熱的な抱擁以外のことをするとも思えない。
だから、二人の前では何も気づいていない振りをした。だが、一人になると、そのことばかりを考えてしまう。
カイト、おまえは誰のものにもなってはいけない。俺もおまえの肉を犯さないと誓った。だが、その誓いを守ることが、これほど辛いこととは
……とくに、こんな夜は
Geoffrey: It seems that Nigel fell in love with Kaito. He embraced the sobbing Kaito and smiled. Goodness, to think that he’s capable of making such a gentle expression. I saw that expression before, it was after Jim’s death, when he carried the blood-covered Kaito over here. He might have fallen in love during then. Spring has come for my close friend who’s well-known for being straight-laced. Originally, I should be happy for him. But, I can’t get into that mood, it’s because the other person is Kaito. That child is the one who grasps England’s fate, it won’t do to make him the subject of love so easily. I can’t allow anyone to own Kaito. No, that’s not it. I’m just being jealous. Goodness, there’s nothing worse than one’s selfishness. The only merit in this, is that Kaito doesn’t have the intention. Also, I don’t think the deeply religious Nigel will do anything other than a warm embrace. That’s why, I pretended not to notice anything in front of the two of them. But when I’m alone, I can’t help but think about it. Kaito, you can’t become anyone’s. I also swore not to violate your chastity. But, to think that keeping that promise can be so torturous… especially during nights like this.
海斗: ん……ん……なに? ジェフリー。
Kaito: Mm… what is it Geoffrey?
ジェフリー: 俺の寝台(コッド)に来るか? おとなしくビルジに隠れていたご褒美だ。
Geoffrey: Do you want to sleep on my bed? It’s your reward for hiding in the bilge.
海斗: うん……そっち行く。
Kaito: Okay, I’ll go over.
ジェフリー: いいよ。俺が抱いていってやる。
Geoffrey: It’s fine, I’ll carry you over. (Geoffrey carries Kaito over)
海斗: ふわふわして、気持ちいい……。ビルジに突っ込まれた後だと、天国みたいだ。
Kaito: It’s so soft, it feels good. After being put in the bilge, this feels like heaven.
ジェフリー: では、もっと天国にいるような心持ちにしてやろう。どうだ?
Geoffrey: Then, let me give you more of that feeling of being in heaven. (Geoffrey hugs Kaito) How is it?
海斗: 温かくて、気持ちいい……。
Kaito: It’s so warm and it feels good.
ジェフリー: じゃあ、これは?
Geoffrey: Then, how about this? (Geoffrey kisses Kaito)
ジェフリー: ちょっとした、約束違反のキス。俺にとっては天国と地獄の心持ちだな……
カイトは誰のものにもならない。一人のものにしてはならない。だが、優しく抱き締めることはできる。そうすることができるのは俺だけ
――俺だけに許されることであって欲しい。
カイト……
Geoffrey: Just a little kiss which went against my promise. For me, it’s a feeling between heaven and hell. Kaito won’t become anyone’s, he can’t belong to just one person. But, I can embrace him gently. I’m the only one who can do that, I wish that I’m the only one who’s allowed to do that. Kaito…

FLESH & BLOOD 03 (10)
back to top ↑


Translation Notes

  1. Khitan: The Khitans were nomadic people who were from parts of Mongolia, China in the past. (back ↑)
  2. Societas Iesu: Also known as the Society of Jesus, this is a religious congregation of the Catholic Church. It was formed by Ignatius of Loyola and 6 other people, including Francis Xavier. (back ↑)
  3. Iberion Union (1580-1640): A union between Portugal and various other areas, including Spain. A succession crisis in Portugal, where there were too many people claiming for the throne, sparked this off and during the confusion, Philip II of Spain (that’s the Philip we’ve been talking about in all Flesh & Blood dramas and by the way, he’s one of the contestant for the throne too) marched in Portugal and defeated the troops there. The union thus began, with Hasburg reigning over the area. (back ↑)
  4. Treaty of Tordesillas: This treaty signed in 1494 between Spain and Portugal split the newly discovered lands outside Europe between the two countries; the lands to east would belong to Portugal while the lands to the west belonged to Spain. These lands were split without them even being discovered though. With that treaty, Portugal gained Brasil while Spain gained most of North and South America. (back ↑)
  5. Tagus river: This is the longest river on the Iberian Peninsula which runs into the ocean near Lisbon. (back ↑)
  6. Tensho Boy Mission: Also known as the Tensho Embassy, this idea was originally conceived by a Jesuit (from Societas Iesu). The embassy visited numerous places in Europe before reaching Portugal, and going on to Rome. In the drama, Cachaça mentioned that it was the Order from Spain who initiated this embassy, which is not according to history. (back ↑)
  7. First Europeans to reach Japan: According to history, the Portuguese were the first to step foot on Japan, following their expansion of trade to Goa (India) and Cochin China (Vietnam). The Spanish did come into contact with Japan via their trade routes between Acapulco (Mexico) and Manila (Philippines), but they weren’t the first to step foot onto Japan. (back ↑)
  8. Pinnace boat: This refers to a ship’s boat which is light and small, propelled by oars or sails. It’s usually used for communication between ships, or other expeditions from the ship. (back ↑)
  9. Course: This refers to sail. Fore course would be the front sail while main course is the main sail. (back ↑)

back to top ↑

Advertisements

11 thoughts on “FLESH & BLOOD 3 – Translation

      • No problem! I’m just happy to read it xD
        Btw did you ever get the chance to check out Patalliro?

      • Omg yes! I was a little hesitant about starting it at first cos artwork is kinda important for me, but I couldn’t stop reading it after the first chapter! I’m still on the fifth chapter so I still have a long way to go, but it’s so hilarious. It does feel kind of old school and I miss reading that sort of stories with that sort of humour to which I couldn’t help smiling at when I read it. Thank you for this recommendation!

  1. Oh my, you did iiiit! The serd part translation!!! Yeeeeaaaay =) Can’t wait to put my headphones on. ^_^ Thank you for hard work!!!

  2. I love you so much <3 . Thanks for doing this. I know that this serie got a lot of cd, but do you think more will be translated? Can't wait for it if so… <3 <3 <3

  3. Hi! Thank you so much for the translation! I hope that you’re still continuing the translation for vol. 4 and the succeeding volumes of this Drama CD Series because I am so stoked to find out what happens between the three of them seeing that this turned out into a love triangle! Wishing for more translations! Thank you once again and more powers to you! :)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s