FLESH & BLOOD 2 – Translation

FLESH & BLOOD 02 (1)

Title: FLESH & BLOOD 2 (drama review)
Cast: Suwabe Junichi x Fukuyama Jun (諏訪部順一×福山潤)
Related drama(s): FLESH & BLOOD Series
Contents: 1. Prologue
2. Scene 1
3. Scene 2
4. Scene 3
5. Scene 4
6. Scene 5
7. Scene 6
8. Epilogue
Translation Notes

Note: Japanese script by ruli-san from AarinFantasy!

1. Prologue

海斗: ううー、気持ち悪い……。
Kaito: Uh… I feel terrible…
ジェフリー: カイト、ワインだ。
Geoffrey: Kaito, here’s some wine.
海斗: 飲みたくない。
Kaito: I don’t want to drink it…
ジェフリー: ビールは口に合わない、水は煮立たせないと飲みたくない。それでは具合も悪くなる一方だ。少しでいいから、飲め。
Geoffrey: Beer doesn’t suit your tastes, and you don’t want to drink the water unless it’s boiled. That’s why your condition is worsening. Just drink a little.
海斗: 放っといてよ、ジェフリー。船酔いしてるのに、酒なんか飲んだら、もっと気持ち悪くなる……そしたら、吐いて、吐いて、吐きまくって、そのまま死んじゃうんだ……。
Kaito: Just leave me alone, Geoffrey… I’m already seasick, if I drink alcohol, I’ll feel even worse… After that, I’ll just vomit, vomit and vomit everything out… and die like that.
ジェフリー: 大げさな。船酔いで死んだ奴の話は聞かないが、渇きのために命を落とした人間は数えきれないぞ。 飲めないなら、舐めるだけでもいい。ほら、唇を濡らしてやるから。とっておきのフランス・ワインだ。これだけのものは、我らが女王陛下でさえ滅多に飲めるもんじゃない。
Geoffrey: You’re exaggerating. I’ve never heard of anyone dying from seasickness, but there are countless people who die from dehydration. If you can’t drink, then just lick it. Come on, I’ll wet your lips. This is the best French wine, even our Queen doesn’t get to drink this often.
海斗: 甘い……。
Kaito: It’s so sweet…
ジェフリー: フランス女は乳の出が悪くなると、代わりに赤ん坊の歯茎にワインを塗るそうだ。 さあ、少しでいいから飲め。かよわい赤子に与えても平気なものが、おまえを害するはずがないだろう? いい子だ。
Geoffrey: Apparently, when French women can’t produce enough milk for their babies, they rub wine onto the gums of their babies. Come, at least drink a bit. If those vulnerable babies can take it, it won’t hurt you right? (Kaito drinks wine) Good boy.
海斗: 風はどう?
Kaito: How’s the wind?
ジェフリー: 嵐になるだろうな。春の風物詩という奴だ。
Geoffrey: It’s probably going to turn into a storm. It’s a poem of spring.
海斗: 一昨日……グローリア号がプリマスを出発してから、俺は船酔いに苦しんでいる。 キャビンボーイとしての務めも果たせなくて、仲間からお荷物扱いだ。特に、セイリングマスターのナイジェルからは、スペインのスパイとまで疑われてて……。この船に、俺の居場所なんてあるのかな?
Kaito: Since Gloria left Plymouth yesterday, I’ve been down with seasickness. I can’t even carry out my duties as a cabin boy, I’ve been a burden for everyone else. Especially when the sailing master, Nigel, still suspects me of being a spy for the Spaniards… Do I even have a place on this ship?
海斗: 嵐なんて耐えられない……いっそのこと、死んだ方がマシだ……。
Kaito: I won’t be able to last through the storm… Maybe it would really be better if I died…
ジェフリー: 明日の朝には天気も良くなるだろう。そうすれば、おまえの気分もすっきりするさ。
Geoffrey: The weather should get better tomorrow. Then, you will feel better too.
海斗: 近くの港に避難できないの?
Kaito: Can’t we take refuge in a port nearby?
ジェフリー: 難しいな。イングランドからは離れすぎているし、この辺りのフランス人どもは強欲で、港に入ってきた途端、俺達を丸裸にするのがオチだ。 おまえも奴らにもう一度捕まって、売り飛ばされるのは御免だろう?
Geoffrey: That would be hard, we’re too far from England and the Frenchmen nearby are all greedy. We’ll probably be stripped of all our possessions if we enter their ports. I’m sure you don’t want to be caught by them again and sold off as a slave, right?
海斗: え……あ、うん。
Kaito: Heh? Ah… yea.
海斗: そうだった。俺の乗ってきた船は、フランス人の海賊に襲われたことになってたんだっけ。
Kaito: That’s right, the ship that I was on was supposedly attacked by French pirates.
ジェフリー: だったら、このキャビンでおとなしくしているのが一番だ。余裕があれば、また様子を見にきてやる。長い夜になりそうだからな。
Geoffrey: In that case, then the best thing for you to do is to stay in this cabin. If I’m free later, I’ll come and check on you again. Seems like it will be a long night.
海斗: 寝ずの番をしなきゃならないほど、酷い嵐になるの?
Kaito: Will it be such a terrible storm that you can’t even get any sleep?
ジェフリー: この程度なら、『酷い』とは言わないんだよ、坊や。おまえは余計な心配をせずに、体調を整えることだけを考えろ。では、おやすみ。
Geoffrey: Something of this level won’t be considered “terrible”, boy. You shouldn’t worry about unnecessary things and just focus on your own health. Then, good night.
海斗: 喉が渇いた。でも、水は飲めない。出航したばかりなのに、藻が湧いてるなんて最低だ。あんな水じゃ、歯を磨くどころか、顔だって洗えないよ。 せっかく雇ってもらったのに、船酔いで仕事ができない。ジェフリーにも迷惑をかけてる。 情けない……。俺はどうしてこんなに駄目なんだ。
Kaito: My throat is so dry. But, I can’t drink water. This is the worst, to have algae growing in the water right after we set off. I can’t even wash my face with that water, let alone brush my teeth. I got hired here but I can’t even work because I’m seasick, I’m troubling Geoffrey too. I’m so pathetic… why am I so useless?

FLESH & BLOOD 02 (4) back to top ↑


2. Scene 1

海斗: うるさいなあ……。
Kaito: So noisy…
ルーファス: 総員集合ーっ! トロトロしてねえで早く来やがれ、馬鹿野郎!
Rufus: Everyone, gather! Stop dawdling around and hurry up, stupid fellows!
海斗: 水夫長の声だ。なんだ……?
Kaito: It’s the boatswain’s voice, what is it?
ルーファス: くそ、間に合わねえ! ハリヤードを切り落とせ! 帆を捨てるんだ。このままじゃ、マストを持ってかれるぞ!
Rufus: Damn, we won’t make it! Cut the halyard! Drop the sail! At this rate, our mast will be taken down!
海斗: 帆を捨てるなんて、ただ事じゃない。何が起こってるんだ? ごい風だ。そうか、畳んでいた帆がこの風で広がってしまったんだ。
Kaito: To drop our sail, this isn’t a normal thing, what’s happening? What strong wind, I see, the sail which has been folded up was opened up by this wind.
ナイジェル: 何をしている、貴様!
Nigel: What are you doing, you!
海斗: ナイジェル! うるさい奴が来たぞ。
Kaito: Nigel! I ran into someone naggy.
ナイジェル: 嵐に乗じて、スパイ活動か?
Nigel: Are you taking advantage of the storm and doing some spying?
海斗: 違います。俺はそんなことしません。ただ、外の様子を見に……。
Kaito: You’re wrong. I don’t do things like that. I just wanted to see the situation outside…
ナイジェル: ふん、キャビン・ボーイの仕事は嵐の中、皆が忙しく働くのを覗き見することだったかな?
Nigel: Hmph, is the job of a cabin boy to peep outside during a storm while everyone else is busy working?
海斗: 俺は気分が悪くて、今まで休ませてもらっていたんです。
Kaito: I was allowed to rest because I didn’t feel well.
ナイジェル: その船酔いも、本当かどうか怪しいものだ。
Nigel: I wonder if that seasickness of your is true or not.
海斗: ああ、もう! 出航してからずっとこうだ。どうしたら信じてもらえるんだろう?
Kaito: Ah… goodness! It has always been like this since we set off. What can I do to make him believe in me?
海斗: うわっ!
Kaito: Uwah!
ナイジェル: マストに直撃か!
Nigel: A direct hit to the mast?
ルーファス: トーマスを呼べーっ! マストから落ちた奴がいるぞーっ!
Rufus: Call Thomas! Someone fell from the mast!
海斗: あ!
Kaito: Ah!
ナイジェル: ジム! 大丈夫か!
Nigel: Jim! Are you all right!
ルーファス: なんてこった。脛から骨が突き出てやがる。
Rufus: What a thing, the bone is sticking out from his shin.
ジェフリー: どうした、ルーファス?
Geoffrey: What’s wrong, Rufus?
ルーファス: キャプテン、トーマス……。
Nigel: Captain, Thomas…
トーマス: 酷ェな、こりゃ……。処置するしかねえですよ。
Thomas: This is terrible, we will have to treat it.
ジェフリー: 下に連れていけ。あとはトーマスが面倒を見る。
Geoffrey: Bring him down. Thomas, take care of the rest.
水夫達: はい!
Sailors: Yes!
海斗: マック! なんでトーマスが? 医者に見せないの?
Kaito: Mark! Why is it Thomas? Isn’t a doctor going to tend to him?
マック: 医者は乗ってねえんだよ。前の航海んときに熱病で死んじまった。
Mark: We don’t have a doctor around, the previous one died from fever during the previous voyage.
海斗: でも、トーマスは船大工だろ?
Kaito: But, Thomas is a shipbuilder right?
マック: だからだよ。奴は鋸の使い方を心得ている。あんな酷い怪我をしちまったら、足を切り落とすしかねえ。
Mark: Exactly, He’s skilled at using the saw. With such a terrible wound, there’s no choice but to amputate his leg.
海斗: 足を切り落とすって……そんな!
Kaito: Amputate… his leg… no way!
海斗: 嫌だ。怪我をするのは嫌だ。俺があんなことになったら……。麻酔もないまま手術するなんて、無茶だよ。
Kaito: I don’t want this, I don’t want to get hurt. If I were to get something like that… To undergo surgery without anaesthetic, it’s impossible!
マーシー: カイト!
Marcy: Kaito!
海斗: マーシー!
Kaito: Marcy!
マーシー: シー・チェストに入ってるワインをくれないか。キャプテンが、痛みをまぎらわすために、ジムに飲ませてやれって言ってる。あと、ジムを押さえるのを手伝ってくれ。他の奴らは手が離せないんだ。
Marcy: Can you give me the wine in the sea chest? The captain says to let Jim drink it to numb the pain. Also, come and help to restrain Jim, the others are too busy and can’t lend a hand.
海斗: お、俺が……?
Kaito: M-me?
ジム: い、痛ぇ……痛ぇよお!
Jim: It-it hurts! It hurts!
海斗: ジム……。
Kaito: Jim…
マーシー: 兄弟、赤ワインだぜ。キャプテンの奢りだ。
Marcy: Brother, here’s some red wine. Captain’s treat.
ジム: あ、ありがてえ……。なあ、俺の足……。
Jim: Th-thanks… Say, my leg…
マーシー: 仕方ねえよ、死にたくねえだろ?
Marcy: It can’t be helped, you don’t want to die right?
ジム: そ、そうだな……。トーマス、やってくれ。
Jim: Th-that’s right… (Jim drinks more of the wine) Thomas, do it.
トーマス: 判った。手を出せ。
Thomas: I got it. Give me your hand.
マーシー: ジム、舌を噛まねえよう、こいつを口に入れとけ。俺が胴を押さえる、カイトは肩を頼む。悪い夢を見たくなかったら、眼を伏せてろ。
Marcy: Jim, put this in your mouth so that you don’t bite your tongue. I’ll hold onto his hips, Kaito take his shoulders. If you don’t want to get a nightmare, cover your eyes.
海斗: う……うん。
Kaito: U-uh,
トーマス: 祈りを済ませたか、ジム? じゃあ、始めるぞ。
Thomas: Are you done with your prayers Jim? Then, I’m going to start.
海斗: ジム……。
Kaito: Jim…
海斗: 目をつぶってる場合じゃない。本当に辛いのは、ジムなんだ。
Kaito: This isn’t a time for me to shut my eyes. Jim is the one who is really suffering.
海斗: 大丈夫だよ……すぐに終わる……もうちょっとだから、頑張って……。
Kaito: It will be all right, it will end soon… just hang in there for a while more…
ジム: ぐおおおお……っ!
Jim: Ah….!
海斗: ジム!
Kaito: Jim!
マーシー: 安心しろ、気を失っただけだ。
Marcy: Don’t worry, he just lost consciousness.
トーマス: よし……後は傷口をタールで焼くだけだ。終わったぞ。
Thomas: (Thomas sawed Jim’s leg off) all right. All that’s left is to burn the wound with tar1. It’s done.
マーシー: カイトもよく頑張ったな。あんなに怪我人の扱い方が上手いとは思わなかったぜ。おまえになだめてもらって、ジムもずいぶん楽になったみたいだ。
Marcy: Kaito, you did well. I never knew that you would be this good with patients. Jim seems to be more relieved after being soothed by you.
海斗: そうだと、いいけど……。
Kaito: If that’s the case… then I’m glad… (Kaito faints)
マーシー: っと! 誉めた途端、気を失っちまったか。
Marcy: Whoa! He fainted right after I praised him huh?

back to top ↑


3. Scene 2

ジェフリー: 海上ではこれ以上の修理は無理か。
Geoffrey: We can’t do further repairs on the sea.
ジェフリー: どこかに寄航しないと……。だが、どこに? 一番近いのはフランスの港だが……
Geoffrey: We would have to call at a port… but where? The nearest one would be a French port but…
ジェフリー: ユアン、カイトはまだ船倉にいるのか?
Geoffrey: Juan, is Kaito still at the ship’s hold?
ユアン: アイ。怪我人や病人どもの面倒を見てくれてますよ。汗を拭き、エールを飲ませ、傷を覆う布を替え、気が晴れるからってんで、鼻先に香草の小袋をかざしと、そりゃもう甲斐甲斐しくね。 俺らの間じゃ、下手な医者にかかるより治りが早いんじゃねえかって、もっぱらの評判でさあ。
Juan: Yes. He’s taking care of the wounded and the sick. He wipes their sweat, feeds them ale, dresses their wounds, and even places small bags of herbs in front of their noses saying that it will make them feel better. He’s really heroic. Most of us are saying that getting his help is more effective than having a bad doctor.
ジェフリー: 少し前までは、自分が死にそうだったくせに……また具合が悪くなったらどうするんだ?
Geoffrey: Even though he looked as though he was close to death just a while ago… what’s he going to do if he suddenly gets sick again?
ユアン: キャプテンが懇ろに看病してやればいいじゃないすか。
Juan: Then won’t it be fine if Captain just tends to him lovingly?
ジェフリー: 冗談じゃない。子守りは一度で充分だ。
Geoffrey: Don’t joke with me, looking after a kid just once is enough for me.
ユアン: まあ、こっちも真面目な話、もう少し、あの赤毛の天使を貸しといてくれませんか。俺達はカイトの手を借りるだけ。決して、こっちから手を出しゃしませんから。よろしく頼んまーす!
Juan: Well, this is a serious question, can you lend us that red-haired angel for a while longer? Well, we’re just borrowing his help, we won’t do anything bad to him. Thank you!
ジェフリー: そういう問題じゃない。カイトの健康が心配なんだ。遠くないスペインとの戦争で、我がイングランドを勝利に導くには、あいつの予言が必要不可欠だからな。 命をかけて守ると、サーフランシスに誓った以上、病人の溢れる船倉にカイトを置いておくわけにはいかない。だが、そんな真似をすれば、あいつを特別扱いすることに不満を持つ者も出てくるだろう。 カイトの正体を明かすことができれば話は簡単だが、秘密はどこから洩れるか判らないしな。
Geoffrey: That’s not the problem. I’m worried about Kaito’s health. In order to guide England towards victory in the upcoming war with Spain, his predictions are necessary. Now that I’ve sworn to Sir Francis that I will protect him with my life, I can’t leave Kaito in the hold which is overcrowded with the sick. But, if I do something like that, there will be many who will be unhappy that he’s getting special treatment. Things will be simpler if I can reveal Kaito’s identity, but we won’t know where the secret might get leaked out to.
ナイジェル: ジェフリー。俺を呼んだということは、寄航するんだな。
Nigel: Geoffrey, if you’ve summoned me, that means we’re calling at a port.
ジェフリー: ナイジェル、さすがは長い付き合いだ。話が早くて助かる。
Geoffrey: Nigel, as expected from an old friend. I’m glad that this saves time.
ナイジェル: ここからだと、ラ・ロシェルの港か。
Nigel: From here, will it be the port of La Rochelle?
ジェフリー: ああ。そこしかない。旧教国フランスにある新教徒の牙城だ。イングランド人は大歓迎されないまでも、邪険にされることはないだろう。
Geoffrey: Yea, we’re only left with that place. It’s a Protestant fortress in Catholic France. Even though the English won’t be warmly welcomed there, we won’t get harsh treatment.
ナイジェル: 判った、すぐに航路を改め……。
Nigel: I got it, I’ll change the route immedia… (Nigel stumbles)
ジェフリー: おい……! おまえ、凄い熱じゃないか。
Geoffrey: Oi… You… you’re got a high fever.
ナイジェル: これぐらい、何でもない……。
Nigel: Something like this, it is nothing.
ジェフリー: 馬鹿。俺に意地を張ってどうする。ほら、ここに座れ。いつからだ?
Geoffrey: Stupid, why are you trying to put on a front with me? Come on, sit down here. When did it start?
ナイジェル: 昨日の夜。腹痛もある。たぶん、水あたりだろう。
Nigel: Last night, my stomach hurts too, it’s probably the water.
ジェフリー: くそ、プリマスの商人は救いようのない阿呆どもだ。金蔓を殺すような水を売りやがって。
Geoffrey: Damn, those merchants in Plymouth are a bunch of hopeless idiots. To sell water that can kill off their source of finance…
ナイジェル: 新鮮な水を補給しない限り、スペイン人と戦うどころの話じゃないな。
Nigel: If we don’t stock up on fresh water, we can’t even talk about fighting the Spaniards.
ジェフリー: 判った。買い物は俺に任せろ。
Geoffrey: I get it, leave the trading to me.
ナイジェル: いや、食料の調達は航海長の仕事だ。
Nigel: No, the stocking of food supplies is the job of the chief navigator.
ジェフリー: おまえは責任感のある男だが、病気のときぐらい、俺を頼れ。
Geoffrey: You’re a man with strong sense of responsibility, but you should at least leave things to me when you’re sick.
ナイジェル: そうしたいのは山々だが、一つ問題がある。あんたはフランス語が話せない。敵さんが何を言っているか判らないまま、商談をするのは不利だ。ロクにまけさせることもできん。
Nigel: I really want to do that, but there’s one problem. You can’t speak French. It will be disadvantageous to do trading when you don’t even know what the merchants are saying. I can’t even leave this to you.
ジェフリー: 金の数え方さえ覚えておけば、何とかなるだろう。
Geoffrey: As long as I learn how to count, I will manage somehow.
ナイジェル: 向こうに丸め込まれるのがオチだな。服でも何でも、気に入れば言い値で買ってしまうあんたに、物の相場が判るとも思えん。
Nigel: You will probably be coaxed and persuaded by the other party. For someone who buys clothes or anything at the quoted price as long as he feels like it, I don’t think you even understand the concept of market price.
海斗: すみませーん! ドアを開けてくれませんか、サー?
Kaito: Excuse me! Can you open the door for me, sir?
ジェフリー: カイトか?
Geoffrey: Is it Kaito?
海斗: ちょっとの間、コッドを使わせて。洗ったばかりの服を置いとく場所がなくてさ……。 航海長! 失礼しました、サー! 他を当たります。
Kaito: For a while, can you lend me this place? I can’t find anywhere to put these clothes which I just washed… Eh! Chief Navigator! I’m sorry, sir! I’ll go find another place.
ナイジェル: 遠慮はいらん。俺はもう行くところだ。
Nigel: You don’t have to worry about me, I was just about to leave.
ジェフリー: 待て。進路変更はルーファスに任せる。おまえは熱が下がるまで休んでいろ。これは船長命令だ。
Geoffrey: Wait. Leave the changing of route to Rufus and rest until your fever subsides. This is an order from your captain.
海斗: え? 熱があるんですか? ああ、ホントだ。かなり高いですね。
Kaito: Eh? Do you have a fever? (Kaito places hand on Nigel’s forehead) You really do, it’s quite high.
ナイジェル: うるさい奴め。そんなことは、いちいち言われなくても判っている。
Nigel: What an annoying fellow, I know that even if you don’t say it.
ジェフリー: まずは身体を冷やして、熱を下げないと。この布を額と脇の下に当てて下さい。俺がときどき替えに来ますから。さあ、早く横になって……。
Geoffrey: You should cool your body down and lower the temperature. Please put this wet cloth on your forehead and under your armpits. I’ll change it for you regularly, now, hurry lie down…
ナイジェル: 俺に指図するな! 立場を弁えろ!
Nigel: Don’t order me around! Know your place!
海斗: す、すみませんっ。でも……休めっていうのは船長命令ですよ?
Kaito: I-I’m sorry. But it was the captain’s order that you should rest…
ジェフリー: はは、カイトの言う通りだ。後のことは心配するな。フランス人の中にも、英語を喋る奴はいるだろう。そいつを見つけて、通訳をさせればいい。
Geoffrey: (Geoffrey laughs) It’s as what Kaito said. You don’t have to worry about anything else. I’m sure there are French people who can speak English. I’d just have to find that person and make him translate for me.
海斗: あのー、俺、少しならフランス語判りますけど。
Kaito: Excuse me, if it’s just a bit, I can understand French.
ジェフリー: おまえが?
Geoffrey: You can?
ナイジェル: 『水とビールが欲しいのだが』と言ってみろ。
Nigel: Then try to say “I want some water and beer”.
海斗: ジュ・プランドレ・ロウ・エ・ラ・ビエール。
Kaito: (In French) I want some water and beer.
ナイジェル: 『それは高い。まけてくれないか』は?
Nigel: Then, “that is too expensive, can you make it cheaper?”
海斗: セ・シェール。マルシャンタージュ、シルヴプレ。
Kaito: (In French) It’s expensive, can you make it cheaper?
ナイジェル: 実に直截的で品のない表現だが、通じないことはないな……。
Nigel: It’s really direct and not elegant at all, but he can bring the message across.
ジェフリー: ほらな? その気になりさえすれば、解決法は見つかるものだ。
Geoffrey: See? If we try to, we can always find a way to solve it.
ナイジェル: いや、こいつを上陸させるのは反対だ。敵と連絡を取ろうとするかもしれん。
Nigel: No, I’m against bringing him on land. He might try to get into contact with the enemy.
海斗: だから、俺はスペインの回し者なんかじゃありませんってば……!
Kaito: That is, I’ve been trying to say that I’m not working for the Spaniards!
ジェフリー: まだ、その考えに拘ってたのか……いいか? 今回の寄航は予定外の行動だ。いかに優秀な間諜でも、俺達の居所を突き止めることはできまい。
Geoffrey: Are you still talking about that? Listen to me, this stopover is something unplanned for. No matter how skilled a spy is, he won’t be able to read our movements.
ナイジェル: 俺がスペイン王だったら、陰謀の芽を摘み取るために、あらかじめ新教徒の住んでいる土地に間諜をばらまいておく。
Nigel: If I were the King of Spain, in order to uncover the plot, I would scatter spies all over the lands of the Protestants.
ジェフリー: いつもながら、おまえの言うことには一理ある。だが、事は急を要するんだ。実際、通訳を探している間も惜しい。
Geoffrey: (Geoffrey sighs) Normally, your words would make some sense. But, this matter is urgent, I don’t even think I have the time to search for a translator.
ナイジェル: それは、そうだが……。
Nigel: That’s right too, but…
ジェフリー: カイトのことは任せて欲しい。おまえが俺のことを信頼しているなら。
Geoffrey: I want to leave Kaito in your hands too, if you trust me.
ナイジェル: 決して警戒を怠らないと約束してくれ。妄信や過信が思わぬ危機を招くことは、歴史が証明している。
Nigel: Promise me that you won’t let your guard down. History has proven that blind belief and overconfidence will invite unexpected danger.
ジェフリー: 判った。カトリックの異端審問官並みに目を光らせておこう。
Geoffrey: I get it. I’ll let the Catholic heretic inquisitor look him over too. (Nigel leaves room)
海斗: 俺って、そんなに疑わしい人間に見える……?
Kaito: Do I seem that suspicious?
ジェフリー: 気にするな。
Geoffrey: Don’t take it to heart.
海斗: どうすればセイリング・マスター(航海長)に気に入ってもらえるんだろ?
Kaito: What should I do to make the sailing master stop suspecting me?
ジェフリー: セイリング・マスターだと? 誰が、そんなもったいぶった呼び方を教えたんだ?
Geoffrey: Sailing master? Who taught you to call him in such a pretentious way?
海斗: ご本人。
Kaito: He did.
ジェフリー: あの気取り屋め……! これからはメイトでいい。うちの船では、ナイジェルのような仕事をする奴をそう呼ぶことにしている。元々は『仲間』とか『相棒』という意味だ。
Geoffrey: That snob… From now on, you can call him mate. On our ship, that’s what we call people who do Nigel’s work. Originally, that means comrade or partner.
海斗: 相棒……。
Kaito: Partner…
ジェフリー: そうだ。乗組員全員にとってのな。あいつがいなければ、我々は両目を潰されたも同然だ。グローリア号が無事に目的地に到着できるのも、ナイジェルの適切な指示があってこそ。 航海士というのは、それほどにかけがえのない人間なんだ。
Geoffrey: That’s right, and that applies to everyone on the ship. Without him, we might as well be blinded in both eyes. For Gloria to reach her destination safely, we can’t do without Nigel’s proper instructions. A navigator is someone who is important and irreplaceable.
海斗: 俺のことは仲間と思ってないから、メイトって呼ばれたくないんだよ。
Kaito: Since he doesn’t think of me as a comrade, I don’t want to call him a mate.
ジェフリー: ナイジェルは人見知りが激しいからな。だが、あと少しの辛抱だ、カイト。おまえの存在に慣れさえすれば、あいつも今のような不快な態度はとるまい。
Geoffrey: Nigel is hostile towards strangers. But, you just have to endure it a bit more, Kaito. Once he gets used to your presence, he will no longer give you that sort of attitude…
海斗: だといいけど……。 あ、ところで、どこに上陸すんの?
Kaito: I hope that’s the case… Ah, by the way, where are we going to call at?
ジェフリー: ラ・ロシェル――新教徒の海賊の巣だ。おまえを攫った奴らもいるかもしれん。フード(頭巾)つきのマントを貸してやるから、なるべく顔を隠していろ。慎み深い乙女のように。
Geoffrey: La Rochelle, it’s the home of Protestant pirates. The ones who kidnapped you might be there too. I’ll lend you a cloak with a hood, so try to hide your face as much as possible, as though you’re a modest lady.
海斗: 了解。俺はあんたの大好きなシリルじゃないから、娘役は苦手だけどね。
Kaito: I got it. But I’m not good at pretending to be a lady because I’m not your beloved Cyril.
ジェフリー: 棘があるな。もしかして、妬いてるのか?
Geoffrey: Your words are so prickly, don’t tell me, are you jealous?
海斗: 誰が!
Kaito: Who is!
ジェフリー: 俺に可愛がって欲しくなったら、そう言え。心変わりを論われると思っているのであれば、心配は無用だ。己れを讃えてくれる者を冷たくあしらうことなど、心優しい俺には到底できないことだからな。
Geoffrey: If you want to be taken care of, just tell me. If you think that I’ll have a change of heart, then you don’t have to worry about that. It’s just impossible for someone as kind as I am to give someone who praises me the cold treatment.
海斗: あんたを讃える?
Kaito: Praises you?
ジェフリー: そう、俺の眩いばかりの魅力を。
Geoffrey: That’s right, my dazzling charm.
海斗: どうしたら、そんなに自惚れることができるんだ?
Kaito: How does someone get so arrogant?
ジェフリー: さあな。俺も、どうしたら俺という人間に抵抗できるか知りたいよ。
Geoffrey: I wonder. Me too, I wonder how someone can reject a person like me?
海斗: 死ぬまで言ってろ。
Kaito: You can say that till your death. (Kaito laughs)
ジェフリー: 本当に元気になったな。嵐の前より生き生きしているのはなぜだ?
Geoffrey: You really got better. How can you be even livelier than you were before the storm?
海斗: 俺を必要としてくれる人がいるから……だと思う。なんか、キザな言い回しだけどね。
Kaito: I think that’s because there are people who need me. Although that might just be a pretentious way of putting it.
ジェフリー: 看護の仕事でユアンたちに認められたことが、自信になったのか。
Geoffrey: Getting acknowledgement from Juan and the others from his nursing job gave him the confidence?
ジェフリー: どうやら俺が想像していたよりも、おまえは強い人間らしい。だが、油断は禁物だ。病人の世話をしてくれるのはありがたいが、根を詰めすぎるな。おまえに倒れられては、元も子もない。
Geoffrey: Seems like you’re stronger than what I’m imagined you to be. But, you can’t let your guard down. I’m grateful that you’re looking after the sick, but you’re putting too much effort in this. It will all come to nothing if you fall sick.
海斗: 判ってるよ。
Kaito: I know that.
ルーファス: キャプテン、船っす! ラ・ロシェルの港湾役人でしょう。
Rufus: Captain, it’s a boat! It’s probably the harbour officials of La Rochelle.
役人: ボン・ジュール、ムッシュー・アングレー!
Official: (In French) Good day, mister!
海斗: ボージュール、ムッシュ!
Kaito: (In French) Good day mister!
ルーファス: へー、カイトの奴、フランス語も話せるんすか。
Rufus: Heh, that Kaito, he can even speak French?
ジェフリー: まあな。
Geoffrey: Yea he can.
海斗: キャプテン、港に着いたら検疫があるそうです。
Kaito: Captain, seems like there will be a medical inspection once we reach the port.
ジェフリー: 船倉の奴らを見られたら、上陸許可は貰えないな。隠しても、どうせバレる。だったら、こっちの状況を正直に告げて、おまえと俺の二人だけを乗せたボートを港につける許可を貰った方がいい。 ただし、病人達が腹を下していることは告げるな。疫病を疑われたら、俺達も絞め出される。嵐のせいで風邪が流行っていると言え。
Geoffrey: If they see the people in the hold, we won’t be able to get the permission to land. Even if we hide them, it will get exposed. In that case, just tell them our situation honestly and get permission for just the both of us to get to the port. But, don’t tell them that our sick people are infected in the stomach. Once they suspect us of carrying infectious diseases, we will get kicked out. Say that they caught a cold because of the storm.
海斗: 判りました。 オ・スクール! セ・クリュエル! セ・タンフェ……。
Kaito: I understand. (Kaito proceeds to pass the message to the officials)
ルーファス:: 熱演だな。
Rufus: What a passionate performance.
ジェフリー: 何を言ってるのか判らんが、哀れみをそそられるのは確かだ。
Geoffrey: I don’t know what he’s saying, but he can really arouse one’s pity.
海斗: ……メルシー! メルシー・アンフィニマン! 二人の入港を認めるそうです。迎えの船を寄越すから、それに乗れって。
Kaito: (In French) Thank you! Thank you very much! (In English) Seems like they’re allowing the two of us to land. They will prepare a boat for us, so we just have to get onto that.
ジェフリー: よし。あいつらに何て言ったんだ?
Geoffrey: All right. What did you say to them?
海斗: えーと、嵐で酷い目に遭った海の同胞を見殺しにするなんて卑怯だ、マタイ様は『門を叩け。そうすれば開かれる』と言っている。ならば、あなた方も俺達を助けるべきではないのか、というようなことを。 確か、新教徒にとっては、聖書の教えが一番大事なんでしょ?
Kaito: Well, ”it’s unfair to just watch as brothers who met with misfortune from the storm die. Matthew the Evangelist said, ask and it will be given to you; seek and you will find; knock and the door will be opened to you. Then, shouldn’t you save us?” Or something like that. If I’m not wrong, the words from a bible are the most important to the Protestants, right?
ルーファス: 恐ろしく頭の回るガキだ。航海長がうとましがるのも無理はねえ。
Rufus: He’s a scarily smart kid, I can’t blame the navigator for getting suspicious.
ジェフリー: 我が船の安寧のためにも、ぜひ仲良くなってもらわんとな。ルーファス、後は頼むぞ。
Geoffrey: But you have to get along well with him for the sake of our ship. Rufus, I’ll leave the rest to you.
ルーファス: へい。
Rufus: Yes!
ジェフリー: カイト、良くやった。ナイジェルも語学は堪能だが、おまえのような芸当はできまい。
Geoffrey: Kaito, you did well. Nigel is good at languages too, but he can’t act like you.
海斗: サンキュー・サー。
Kaito: Thank you, sir.
ジェフリー: ここまで喜ぶとは。やはりカイトには、『誰かに認められる』ことが必要なのだろう。 他人に必要とされたい、もっと愛してもらいたい――。俺にも覚えがあるが、それほどに孤独なのだ。
Geoffrey: To think that he would get so happy, as I’ve expected, getting acknowledged by others is important for Kaito. He wants to be needed by others, to be loved by others. I remember feeling like this before, he’s that lonely.

FLESH & BLOOD 02 (5) back to top ↑


4. Scene 3

海斗: 船着場が見えてきた。あれは教会の鐘?
Kaito: I can see the dock. Is that the bells from a church?
ジェフリー: 違う。城壁の端に塔が見えるだろう? あそこで鳴らしてるんだ。オレロン島の向こうに船が見えると、番人はまず笛で合図する。 敵だと判れば、戦闘準備だ。商船だったら、ああして鐘を突いて市民の注意を集める。『商売道具を持って、港に集まれ。獲物が向こうから飛び込んで来たぞ』とな。
Geoffrey: No. Can you see a tower on the edge of the city walls? It’s sounding from there. When they can see a ship at Oléron Island, the watchman will give a signal with his whistle. If it’s the enemy, then they will prepare for battle. If it’s a merchant ship, he will ring the bell and notify the citizens. It’s something like “gather your trade tools and gather at the port, the prey is coming this way”.
海斗: 彼らの敵って?
Kaito: Who are their enemies?
ジェフリー: カトリックを信仰する王太后のカトリーヌ・ド・メディシスさ。ここは新教徒、いわゆるユグノーの港なんだ。
Geoffrey: The dowager Catherine de Médicis2, who believes deeply in Catholicism. This is a place of Protestants, in other words, a Huguenot port.
海斗: また鳴った。
Kaito: It rang again.
ジェフリー: 向こうから来るフランダースの船のためだろう。絹織物でも売りに来たかな?
Geoffrey: The Flanders ship. over there is coming. Perhaps they are coming to sell silk fabrics?
海斗: フランダース。フランドルって、ベルギーがある辺りだよな? でも、この時代は――
Kaito: Flanders3. When they say Flander, that means it comes from Belgium? But, during this era…
海斗: 確か、スペイン領じゃじゃなかったっけ? もしかして、スペイン本国の船も来るの?
Kaito: Isn’t it under Spanish rule? Could it be, that even Spanish ships stop here?
ジェフリー: ああ。
Geoffrey: Yea.
海斗: あの街はカトリックと戦ってるのに、その敵と商売してるって、どういうこと?
Kaito: This town is fighting against the Catholics, but why are they trading with their enemies?
ジェフリー: どの宗派の人間が払おうと、金は金だからな。この通商行為はユグノー達にとっても、スペインにとっても、フランス王家に対する『面当て』になる。まあ、教義の違いを超えた昏い喜びとでも言おうか。
Geoffrey: Because money is still money, regardless of which religious group pays it. This commerce act will become a snide at France, for both Huguenot and Spain. Well, you can call this a twisted happiness which wins over the differences in religions.
海斗: イングランドにフランスにスペイン。新教と旧教。激しく対立している者同士が集まって商売をしている街があるなんて、信じられない。
Kaito: England, France and Spain. Protestantism and Catholicism. I can’t believe that there is a town where people who are strongly against each other actually gather and trade.
海斗: あ、街中でばったりスペイン人にあっても、ケンカをふっかけたりしないでよね。こっちは二人きりなんだからさ。
Kaito: Ah, even if we run into Spaniards on the streets, don’t start fighting all right? There is only the two of us here.
ジェフリー: なんと、自分を数に入れているとは……。
Geoffrey: Wow… to think that you’re including yourself in the headcount…
海斗: 足手まといだってことは判ってるよ。俺は船のことは何一つ知らないし、剣も使えない。あんたから見たら、ただのムダメシ喰らいだ。でも……。
Kaito: I know that I’m just a burden. I don’t know a single thing about ships and I can’t even use swords. From your perspective, I’m just a freeloader. But…
ジェフリー: 待てよ。気に障ったのなら、謝る。ちょっとした冗談のつもりだったんだ。おまえを足手まといだとは思っていない。
Geoffrey: Wait a minute, if I said something to upset you, I apologise. I intended it to be a mere joke. I don’t think that you’re a burden.
海斗: いいよ……もう。
Kaito: It’s fine.
ジェフリー: まだ気づいてないのか? 俺こそはまぎれもない木偶の坊だ。ここで、おまえに見捨てられてみろ。買い物ひとつ、満足にできん。
Geoffrey: Haven’t you notice? I’m obviously the puppet here. Try abandoning me, I won’t even be able to buy anything properly by myself.
海斗: あんただったら、何とかするだろ。
Kaito: If it’s you, I’m sure you can manage somehow.
ジェフリー: 本当に悪かった。機嫌を直してくれたら、好きなものを一つ、買ってやろう。
Geoffrey: I’m really sorry.I’ll buy you something that you like if you cheer up.
海斗: 何でもいいの? 高くても?
Kaito: Anything? Even if it is expensive?
ジェフリー: ナイジェルには内緒にしておくならな。
Geoffrey: If you keep it from Nigel, yes.
海斗: 急に気分が良くなったよ。
Kaito: I suddenly feel so happy!
ジェフリー: ああ、本当だ。ご機嫌のときは、唇の端が上がるからな。いつもそんな風に笑っていろ。見ているこちらまで、幸せな気持ちになれる。
Geoffrey: Ah, really. When you’re happy, the sides of your mouth naturally rise. Keep smiling like that always. I feel happy just watching you.
海斗: ジェフリーの顔が近い。まるで、キスするみたいに……。 と、とんでもない! こんな真っ昼間に、しかも船頭さんだって見てるんだぞ。いくらなんでも、人前でそんな真似は――。でも、もし人目がなかったら? いや、ジェフリーはしない。約束したんだ。俺の身体には触れないって。彼は嘘をついたことはない。少なくとも、今までは。
Kaito: Geoffrey’s face is close, as if he’s going to kiss me. That’s outrageous! In broad daylight like this, even the sailors are watching us. No matter what, he won’t do that in front of people… But, what if there weren’t anyone around? No, Geoffrey won’t do that. He promised to not touch my body. He hasn’t lied before, at least, up till now.
海斗: いよいよ、十六世紀のフランスに上陸だ。
Kaito: I’m finally going to step onto the 16th century France!
ジェフリー: カイト、こちらを向け。
Geoffrey: Kaito, look over here.
海斗: ん? あ……。
Kaito: Huh? (Geoffrey covers Kaito’s hair with the hood) Ah…
ジェフリー: うん。やはり、頭さえ隠せば、それほど目立たないな。この黒いマントはおまえにやろう。赤毛が引き立つ。
Geoffrey: Uhm. As I’ve thought, once you cover your head, you don’t stand out that much. I’ll give you this black cloak, your red hair will draw too much attention.
海斗: 本当? ありがとうございます、サー。
Kaito: Really? Thank you, sir!
ジェフリー: どうしたしまして。さあ、行くぞ。
Geoffrey: You’re welcome. Come on, let’s go.
海斗: 俺のことを予言者だと信じてるから、ジェフリーは優しくしてくれる。その優しさが嬉しいから、俺もジェフリーに協力したいと思う。思いやりに満ちた、対等な関係だ。これ以上、何を望むことがある? 判ってる。俺は欲張りだ。予言の力じゃなくて、俺自身を好きになってもらいたい、だなんて。ジェフリーは親でもなければ、恋人でも、友人でもない。ただの後見人だ。これ以上のことを求めるなんて無理なのに……。 そうだ。ないものねだりをしたって仕方がない。もう、馬鹿なことを考えるのは止そう。
Kaito: Geoffrey is kind towards me because he believes that I’m a diviner. Because I’m happy that he’s kind towards me, I feel like cooperating with him too. It’s a relationship built on equivalent considerations. What more am I wishing for? I know it, I’m greedy. Rather than my power of seeing the future, I want him to like me as a person. Geoffrey isn’t my parent, my lover or my close friend, he’s just a watchman. Even though it’s impossible to ask for more than this… that’s right, I can’t wish for something which doesn’t exist. I should stop thinking about such stupid things.
少女: 乾し葡萄はいかが? とっても甘いのよ。
Female: How about some raisins? They are very sweet.
海斗: え?
Kaito: Heh?
女性: そんなものより、あたしのハムを食べてごらん!
Female: Rather than that, try some of my ham!
チーズ売り(ステファン・ムーザン): チーズはどうだい? 最高級のチーズだよ。
Cheese vendor (Stephan): How about some cheese? It’s the highest grade of cheese!
海斗: うわ……! 臭い!
Kaito: Wa… smelly!
ステファン: なんて顔だい! この匂いに涎を垂らさないってことは、フランス人じゃないね?
Stephan: What an expression! For you to not get hooked by the smell, you aren’t French right?
海斗: なんて活気に溢れてる街なんだ。食べ物の種類も、プリマスとは比べ物にならないほど多い。真っ赤な林檎に、真っ白なチシャ。乾した鱈に、生きている蟹。ああ、美味そう!
Kaito: What a lively town, there is so much food here that the variety is comparable to Plymouth. Rosy red apples, pure white lettuces, dried cod and live crab… Ah… looks delicious…
ジェフリー: 食べたいのか?
Geoffrey: Do you want to eat that?
海斗: うん。
Kaito: Uhm.
ジェフリー: 二人分、買え。宿に持ち込んで、茹でてもらおう。
Geoffrey: Buy 2 servings, we’ll bring it to the inn and get them to boil it for us.
海斗: やった! こんにちは、ムッシュー! この蟹を二つ下さい。そうだ、それと、清潔で美味しい料理を出す宿を教えてくれませんか?
Kaito: Yay! Good day, mister! Please give me 2 of these crabs. Also, do you know of any inn around which is clean and serve good food?
海斗: 『海猫亭』か、魚屋さんが言ってた通り、清潔な宿だね。女将さんも親切そうな人だし。
Kaito: Sea cats inn huh? Just as the fishmonger said, this is a clean place. The innkeeper seems like a nice person too.
ジェフリー: ああ。主人もこの辺りの海に詳しいらしい。いろいろ聞けそうだ。
Geoffrey: Yea. The owner seemed knowledgeable about the surrounding seas too, I think I can hear a lot from him.
海斗: ところで、俺はどこに寝ればいいの? 使用人らしく床の上?
Kaito: By the way, where should I sleep? On the floor like a servant?
ジェフリー: どうせ、俺のベッドを半分寄越せという話だろう? 承知した。
Geoffrey: You’re probably going to ask me to give up half of my bed right? I got it.
海斗: サンキュー・サー。
Kaito: Thank you, sir!
ジェフリー: このままでは、シリルよりもおまえと寝た夜の方が多くなりそうだ。おまけに可愛いシリルと違い、おまえと一緒にいても窮屈なだけで、何の愉しみもない。くそ、今夜あたり、淫売宿に行って、一発気晴らしを……。
Geoffrey: At this rate, the number of nights I’m sleeping with you will be more than the ones I spend with Cyril. On top of that, unlike sleeping with my cute Cyril, sleeping with you is only cramped, it’s not fun at all. Damn, maybe I should go find a brothel tonight and have some fun…
海斗: そんなことしたら、水夫長に言いつけてやる。
Kaito: If you do that, I’ll tell the boatswain.
ジェフリー: どうして、俺の回りにはカタい奴らばかりが集まってくるんだ?
Geoffrey: Why are there only uptight people around me?
海斗: あんたが柔らかすぎるんだよ。
Kaito: You’re too loose!
ジェフリー: ああ言えば、こう言う……その忌ま忌ましいほど回る舌に、別の使い様を教えてやりたいものだ。
Geoffrey: Is that your reply to what I say? I feel like teaching you another way of using that annoying tongue of yours.
海斗: 俺に触れないっていう約束を破るつもり?
Kaito: Are you going to break the promise of not touching me?
ジェフリー: いいや! 俺の自制心を見せてやる。ノーだ! ヤリたくて死にそうでも、この世におまえと俺の二人だけしかいなかったとしても、指一本触れないぞ! 俺の愛は、シリルのためにとっておく!
Geoffrey: No! I’m going to show you my self-discipline, it’s a no! Even if I’m dying from deprivation, even if there’s only the two of us left in this world, I won’t touch a single finger of yours! I’m saving my love for Cyril!
海斗: そうすれば?
Kaito: You do that.
海斗: 喜ぶべきことなのに、どうして寂しい気持ちになるんだろう。シリルとジェフリーが一緒にいることを考えるだけで、苛々する。 たぶん嫉妬してるんだ、俺。ジェフリーには、いつも俺のことだけ考えていて欲しくて。そんなの身勝手だって判ってるのに、なんで俺はこんなこと思っちゃうのかな?
Kaito: Even though it’s something to be happy about, why do I feel so lonely? I get irritated just by thinking about Geoffrey being together with Cyril. I’m probably jealous, wanting Geoffrey to always think about only me. Why will I think about such things even when I know that I’m being selfish?
ジェフリー: さっさと食事を済ませて、買い物に行こう。明日までに全ての物資を揃えなければならん。約束通り、おまえの好きなものを一つ買っていいぞ。
Geoffrey: Let’s have our meal and go buy our things. We have to finish all our errands by tomorrow. As I’ve promised, you can buy something which you like.
海斗: うん。
Kaito: Uhm.
海斗: でも、俺が心から欲しいものは、市場では売ってないんだ。
Kaito: But, the marketplace doesn’t sell the thing which I truly yearn for.
ビセンテ: 風は西……いや、僅かに北西か。入港する者には追い風だが、出立のときには吹いて欲しくないな。 ――ラ・ロシェル。ここで補給を終えたら、目指すはイングランドだ。
Vicente: The wind is westward… no, slightly northwest? This wind will be good for those who wish to enter the port, but I won’t wish for this when I’m leaving. La Rochelle, after replenishing our supplies here, our aim would be England.
ビセンテ: カイト……今頃、何をしている? あの丘の上で、おまえが弱っているのを知りながら、スペインがイングランドに敗けると言われて、思わず逆上してしまったことを思うと、今でも心が痛む。 再会したら、まずは無礼を詫びよう。それから、一緒にスペインに来てくれるよう、頼むつもりだ。おまえがどこにいようと必ず探し出し、フェリペ王の元へ連れて行く。おまえの未来を読む力は、我が祖国の勝利のために必要なのだ。
Vicente: Kaito… What are you doing now? When I recall attacking the weakened you on the Hoe after you said that Spain would lose to England, my heart hurts. When we meet up again, I shall first apologise for my rudeness. After that, I plan to ask for you to come to Spain with me. No matter where you are, I’ll definitely find you and bring you to King Philip. Your ability to read the future is necessary for my homeland’s victory.
レオナルド・バレーラ(レオ): ビセンテ様、マントをお持ちしました。港に着き次第、すぐに船を下りられるのでしょう?
Leonard Barrera: Vicente-sama, I’ve brought the cloak. We’ll be able to get off the ship once we reach the port right?
ビセンテ: 気が利くな、レオ。
Vicente: You’re really sensible, Leo.
レオ: ありがとうございます。
Leo: Thank you.
ビセンテ: 私に仕えたいと押しかけてきたときは、騎士の息子とも思えぬ子供だったが、今では立派な従者だ。だが、今回の任務にまで着いてきたいと言うとは思わなかったぞ。
Vicente: I would have never thought the person who wanted to become my attendant would be the son of a knight. But right now you’re a great attendant. But, I never expected that you would want to come along on this mission.
レオ: 僕のいないところで、ビセンテ様の身に何かあったらと思うと、夜も眠れませんからね。だから、どこへ行くときも、お傍に置いてください。
Leo: I can’t sleep at night when I think that something might happen to Vicente-sama when I’m not by his side. That’s why, no matter where you go, please bring me along with you.
ビセンテ: どうも、私はレオの『お願い』に弱いようだ……。まあ、いい。イングランド人もお尋ね者の私が子連れでやってくるとは思うまい。いい目眩ましになるだろう。
Vicente: Seems like I’m weak against Leo’s requests. Well, it doesn’t matter. The English won’t expect a wanted man like me to be bringing a child around. It will serve as a good cover.
レオ: セニョール、ずいぶん賑やかな街ですね。
Leo: Señor, it’s a rather lively town.
ビセンテ: レオ、これからこの港に潜入している間諜の男に会う。回りに気付かれぬよう、買い物客のふりをしていろ。
Vicente: Leo, we’re about to meet up with the spy who infiltrated this town. Pretend to be interested in buying things and don’t let anyone find out.
レオ: は、はい。
Leo: Y-yes.
ビセンテ: 来たぞ。
Vicente: He’s here.
ステファン: これは、これは……。俺のチーズが恋しくなったかね、旦那。
Stephan: Well, well… have you started to miss my cheese, mister?
ビセンテ: この世で二度と口にしたくないものの筆頭だな。
Vicente: This is the first on the list of things I don’t want to put in my mouth.
ステファン: はははははは、やっぱり、よそ者を見分けるにゃ、あいつを食べさせるのが一番か。今日なんか、匂いを嗅がせただけで飛び上がった奴がいましたよ。
Stephan: (Stephan laughs) As I’ve expected, to distinguish the food, you have to let him eat it. Tody, there was someone who ran off just by smelling it.
ビセンテ: 気持ちは判る。
Vicente: I understand how he feels.
ステファン: それが、おかしな坊やでねえ。頭巾の隙間から見えたんだが、苺みてぇな真っ赤な髪をしてるんですよ。しかも、明らかに顔を隠そうとしていて。
Stephan: That was a strange boy too. I saw it from a gap in his hood, he had hair as red as strawberries. Also, he was obviously trying to hide his face.
ビセンテ: 何だと……?
Vicente: What did you say?
ビセンテ: それほど鮮やかな赤い髪をしている人物は、ただ一人しか知らない。カイト……カイトなのか? もしそうだとして、なぜラロシェルなどにいる?
Vicente: I only know one person who has hair of that colour, Kaito… is it Kaito? If that’s the case, then why is he in La Rochelle?
ビセンテ: 今、どこにいるか判るか?
Vicente: Do you know where he is now?
ステファン: さあ、そこまでは……。ただ、とびきり綺麗な面をしたイングランド野郎と一緒でしたぜ。
Stephan: I wonder, I don’t know that much… But he was with a handsome Englishman.
ビセンテ: 来い。その二人を捕まえるぞ。船に戻って、港内を監視する。
Vicente: Come. We’re going after that two. Return to the ship and keep a watch on the port.
レオ: はい。
Leo: Yes.
ステファン: ちょっと、旦那! せっかく評判の『海猫亭』に案内しようと思ってたのに……。
Stephan: Wait up, mister! I was just about to recommend you to this well-known “Sea cats inn”…
ビセンテ: ぜひとも、カイトであって欲しい。彼の力はスペインのために使われるべきなのだ。イングランドなどに横取りされてなるものか。
Vicente: I really hope that it is Kaito. His power is to be used for Spain. I won’t let it be used by those Englishmen!

FLESH & BLOOD 02 (6) back to top ↑


5. Scene 4

海斗: ワインにブランデー、塩漬け肉、乾し鱈、林檎、マスト用の木材。よし! 水以外は全部揃ったよ。
Kaito: Wine, brandy, salted meat, dried fish, apples, wood for the mast. All right! Other than water, we’ve got everything.
ジェフリー: では、グローリア号に運ばせろ。肝心、要の水だが、明日の早いうちに届くといいな。
Geoffrey: Then, get them to carry it to Gloria. The most important water can be brought over tomorrow.
海斗: うん。完璧に乾燥させた樽を使うから三ヵ月は持つって。これで少しは安心できるね。
Kaito: Yea. They said that they used barrels which have been completely dried, so it should last about 3 months. With this, we can heave a sigh of relief.
ジェフリー: ああ。水が腐る前にプリマスに帰れるだろうしな。さて、今度はおまえさんの買い物だ。 おまえが気に入りそうなものは何だろうな? スペイン革の靴、フランダース製の襟飾り、リヨンのスカーフ、ケルンの鍛冶屋が作った短剣(ダガー)はどうだ?
Geoffrey: Yea. Before the water gets bad, we’ll be back to Plymouth. Then, next is your shopping. What will you like to have? Spanish leather shoes, Flanders necklaces, Lyon scarves… how about a dagger made in Cologne’s blacksmith?
海斗: 靴なら持ってる。あなたと違って派手な襟飾りなんて絶対似合わないし、スカーフをすると息苦しくなるから嫌い。それに、武器なんか持ち歩いてたら怪我しそうじゃん。
Kaito: I have shoes already. Unlike you, flashy accessories won’t suit me at all. When I put on a scarf, it gets hard to breathe so I don’t like it. Also, if I carry a weapon around, it feels like I might get hurt.
ジェフリー: 言い寄られるのに慣れた女みたいに気難しい奴だな。
Geoffrey: You’re a troublesome fellow, just like a woman who’s used to being courted.
海斗: あんたの話を聞いてると、イングランドの女の人って、よっぽど扱いにくいんだろうなって思えてくるよ。ともかく、俺は本当に……。
Kaito: If I believe your talk, I will get the impression that English women are very difficult to please. In the first place, I am really…
ジェフリー: どうした?
Geoffrey: What’s the matter?
海斗: あ……あれは、もしかして。ご主人、そこにあるの石鹸?
Kaito: Ah… don’t tell me that is… Owner, is that soap?
店主: ああ。ネーデルラント製の洗濯石鹸だ。白い服がますます白くなるぞ。
Shopkeeper: Yes, it’s laundry soap made in Netherlands. Your white shirts will get even whiter with this.
海斗: 身体を洗ってもいいの?
Kaito: Can it be used during baths too?
店主: それならマルセイユ製を使った方がいい。ついでにラベンダー油もどうかね?
Shopkeeper: For that, it would be better to use Marseille soap. How about some lavender oil to go along with that?
海斗: すごい! ジェフリー、この石鹸を買って!
Kaito: Amazing! Geoffrey, buy this soap for me!
ジェフリー: やれやれ、まだ洗い足りないのか。綺麗好きも度を過ぎると厄介だな。
Geoffrey: Goodness, haven’t you washed enough? Being too in love with cleanliness sure is troublesome.
海斗: 俺が暮らしてた所ではこれが普通なの! マルセイユのを二……いや、三個と、ネーデルラントのをひと塊、欲しい。
Kaito: This is the norm where I used to live! I want 2… no, 3 Marseille soaps and 1 Netherland one.
ジェフリー: いいぞ。
Geoffrey: It’s fine.
海斗: ついでにラベンダー油も……ダメ?
Kaito: Also, can I have the lavender oil… can’t I?
ジェフリー: 好きにしろ。
Geoffrey: As you wish.
海斗: ありがとう!
Kaito: Thank you!
ジェフリー: 石鹸を手に入れたんだから、次は風呂に入りたいと言い出すんだろう? 宿に戻ったら、女将に用意してもらえ。グローリア号では許可できんからな。
Geoffrey: Now that you’ve gotten some soap, you’d be saying that you want to take a bath next right? I’ll get the innkeeper to prepare it once we get back to the inn. You won’t get permission for that on Gloria.
海斗: あなたが天使に見えるよ、キャプテン。
Kaito: Captain, you look like an angel to me right now.
店主: 全部合わせて、二エキュだよ。
Shopkeeper: Everything together would be 2 écu4.
海斗: 二エキュってことは、つまり二ポンド。二ポンドだってぇ……! 塩漬け肉が樽でいくつも買える金額じゃないか。やっぱり、ラベンダー油はいい! マルセイユの石鹸も一個あれば……。
Kaito: 2 ecu… in other words, 2 pounds. 2 pounds?! Isn’t that the amount which can buy a barrel of salted meat? I knew it, I don’t need the lavender oil. I can do with just 1 of the Marseille soap…
ジェフリー: 今さら遠慮するな。ほらよ!
Geoffrey: Don’t feel shy now, here you go.
店主: ありがとうございました。またどうぞ。
Shopkeeper: Thank you very much. Please come again.
ジェフリー: 多めに買っておけ。ラ・ロシェルなんて、滅多に来ないからな。
Geoffrey: Just buy some extras. We rarely come La Rochelle.
海斗: でも、航海長に怒られる。
Kaito: But, the chief navigator will get angry.
ジェフリー: 経費を使い込んだわけじゃない。俺の懐から出した金だ。
Geoffrey: It’s not like we’ve used our budget. That’s the money I took from my own pocket.
海斗: だったら、キャプテンに無駄遣いさせたって、殺される。
Kaito: In that case, I’ll get killed for making the captain spend unnecessary money!
ジェフリー: 可能性はあるな。心優しいナイジェルは、俺が一文無しになってのたれ死なないよう気をつけてくれている。実にありがたい。 が……俺にしてみれば、長生きするかどうかも判らないのに金を溜め込んで、今を楽しめないのもつまらなくてな。だから、おまえも殺されたくなかったら、絶対にバレないようにしろ。ん?
Geoffrey: There’s a possibility of that. The kind Nigel is always making sure that I won’t die penniless and I’m really grateful for him. But, for me, it’s boring to save up money and not enjoy the present when I don’t even know if I would live a long life. That’s why, if you don’t want to get killed, don’t let him find out ever. Huh?
海斗: アイ。こっそり、大事に使います。
Kaito: Aye. I’ll use it carefully and in secret.
ジェフリー: よし、宿に戻ろう。おまえには風呂が、俺には美味いワインが待ってる。
Geoffrey: All right, let’s go back to the inn. There’s a bath for you and wine waiting for me.
海斗: 気持ちいいーっ。ちゃんと泡も立ってるし。
Kaito: This feels great! It’s producing a lot of bubbles too.
ジェフリー: 楽しそうだな。
Geoffrey: You seem like you’re having fun.
海斗: え、あ、ジェフリー。いつの間に。
Kaito: Eh? Ah, Geoffrey, when did you…
ジェフリー: カイト、気分のいい所を邪魔したくはないが、そろそろ出た方がいい。長湯は風邪の元だ。
Geoffrey: Kaito, I don’t want to interrupt you when you’re enjoying yourself, but you should get out of the bath soon. Long baths are what cause people to catch colds.
海斗: 判った。何してんの?
Kaito: I get it. (Kaito gets out of bath) What are you doing?
ジェフリー: 俺も風呂に入る。
Geoffrey: I’m getting into the bath too.
海斗: もう、お湯が冷めてるよ。それに俺が入った後で汚いし……。
Kaito: The water has already become cold. Also, the water is dirty after I bathed in it…
ジェフリー: なんの、妙なる香りがするぞ。
Geoffrey: Nothing like that. It has an exquisite fragrance.
海斗: 逞しい身体だなあ。腕、胸板、腹筋……あ、どこもかしこもだ。……ん?
Kaito: What a muscular body. His arms, chest and abs… Ah… everywhere is so well-toned. Huh?
海斗: 身体中に傷があるね。
Kaito: You’ve got scars all over your body.
ジェフリー: ああ、苦い歴史さ。
Geoffrey: Yea, I’ve had a tough time.
海斗: 脇腹の、すごく大きい。
Kaito: The one on your side is really huge.
ジェフリー: スペイン人にやられた。戦いの最中、足が滑り、引っ繰り返ったところを串刺しにされそうになってな。身体を捻ってかわしたおかげで助かったが。
Geoffrey: It was done by the Spaniards. During a fight, I slipped and when I tried to regain my balance, I was stabbed. I was saved from the worst when I twisted my body to avoid it.
海斗: もし……もし、ジェフリーが死んでしまったら、俺はどうすればいいんだ? たぶん、ドレイクが引き取ってくれると思うけど……。 どうやってイングランドまで戻ればいいか判らないし、ナイジェルは俺の予言の能力を知らない上に、スパイだと疑ってるから、親友のジェフリーが死んでしまったら、腹いせに甲板から放り出されるかもしれない……いや、奴隷として売り飛ばされる可能性だってなきにしもあらずだ。なんとかしなきゃ……
Kaito: If… if Geoffrey dies, what would I do? I think Drake would probably take me in, but I won’t know how to return to England. Nigel doesn’t know about my powers and on top of that, he suspects me of being a spy. If the Geoffrey who trusts me dies, I might get thrown off the ship out of revenge… No, there’s even the possibility that I get sold off as a slave. I have to do something about it…
海斗: ジェフリー、次はスペイン人が勝つかもしれない。
Kaito: Geoffrey, This time, the Spaniards might win.
ジェフリー: それが俺の未来か?
Geoffrey: Is that my future?
海斗: ち、違うよ、予言じゃない! その傷のときは運良く助かったけど、今度も幸運が巡ってくるとは限らないって話で……。
Kaito: No, it’s not, it’s not a prediction! I’m just saying that you were lucky with this wound. You might not be so lucky the next time.
ジェフリー: 心配してくれるのか?
Geoffrey: Are you worrying for me?
海斗: お互いのためにね。俺が何者かを知ってて、安全を保証してくれてるのは、あなたとサー・フランシスだけだ。ただでさえ少ない味方が、さらに減るのは心細いんだよ。
Kaito: For both of us. The only people who know about me and the ones who would ensure my safety are you and Sir Francis. I’ll feel lonely if my few allies further diminish in numbers.
ジェフリー: ふむ……。俺もそのことを考えなかったわけじゃない。おまえにもしものことが起こったとしたら、悔やんでも悔やみきれない。俺がおまえを守れない状況、おまえが言うように、俺の身に何かあった場合のことも含めて考えておくべきだろう。
Geoffrey: Uhm… (Geoffrey gets out of bath and dries himself) It’s not like I didn’t think about that before. If anything happens to you, regretting won’t solve the problem anymore. I should think about what happens when I can’t protect you, just like you’ve said, including when something happens to me.
海斗: 死んだら、嫌だ。
Kaito: I don’t want you to die.
ジェフリー: 俺も嫌だが、こればかりは意志でどうなる問題でもない。
Geoffrey: I don’t want it either, but this isn’t something within my control.
海斗: でも、気をつけることはできるだろ?
Kaito: But, you can be careful right?
ジェフリー: まるで船乗りの女房みたいなこと言うな。
Geoffrey: You’re talking like the wife of a sailor.
海斗: 茶化すなよ。こっちは本気で心配してるのに。
Kaito: Don’t make fun of me, I’m honestly worrying for you here.
ジェフリー: 悪かった。だが、俺は自分の身は自分で守ることができる。やはり、心配なのはおまえの方だ。まだ、剣の使い方も教えていないし、教えたところで身につくかも判らないしな。
Geoffrey: I’m sorry. But I can take care of myself. Still, the one I’m worried about is you. I haven’t taught you how to use a sword too, even if I taught you, we don’t know if you’re good at it.
海斗: スッゲー侮辱! まだ、やってもいないのに。
Kaito: That’s really rude! You haven’t even tried.
ジェフリー: 人には向き、不向きがある。その細い腕を見る限り、あまり期待はできん。 機密保持の点からいえば好ましくないが、やはり、俺が傍にいられなくなったとき、代わりにおまえを守ってくれる人間が必要だ。腕っ節が強く、俺の命令を確実に遂行する男と言えば……。
Geoffrey: Everyone has things they’re good at and bad at. When I look at those thin arms, I can’t possibly hold too much hope. Taking into consideration the confidentiality of this matter, things don’t look favourable. As I’ve thought, we need someone who can take my place to protect you in case I can’t stay by your side. When I think of someone who is skilled at fighting and who obeys my orders without fail…
海斗: 誰?
Kaito: Who is that?
ジェフリー: ナイジェルだ。
Geoffrey: That would be Nigel.
海斗: 勘弁してよ! 俺のこと嫌ってる人が、本気で守ってくれるはずないじゃん!
Kaito: Give me a break! Someone who hates me won’t really protect me!
ジェフリー: おまえの正体を知れば、あいつも態度を改めるさ。とっつきにくい男だが、根はいい奴なんだ。
Geoffrey: Once he knows your identity, he will change his attitude. He’s an unapproachable man, but he’s kind on the inside.
海斗: キャプテンの次に頼りになるのは認めるよ。でも、本当に俺に対する見方を変えてくれるかな?
Kaito: I do admit that after captain, he’s the next reliable man. But, will he really change his mindset and think of me as an ally?
ジェフリー: ナイジェルは頑固だが、意固地ではない。自分が間違っていたと判れば、それを改める勇気を持っている。なあ、あいつ以外に、安心しておまえを任せられる奴はいないんだ。
Geoffrey: Nigel might be stubborn, but he isn’t unreasonable. He has the strength to change himself after finding out that he was in the wrong. There’s no other person I can entrust you to without worrying.
海斗: 本当にナイジェルのことを信頼しているんだな。
Kaito: He really trusts Nigel.
海斗: 判った。あなたがそこまで言うなら……。
Kaito: I understand. If you’re going to that extent…
ジェフリー: よし。船に戻ったら、早速、話をしよう。
Geoffrey: All right, let’s have a talk with him once we return to the ship.
海斗: 固い絆――。ジェフリーとナイジェルが羨ましいよ。俺達は……俺と和哉は二人のようになれなかった。父親が俺の親父の部下で、和哉は仕方なく俺と一緒にいるんだと思い込んでいたから。本当、俺って馬鹿だよな。
Kaito: Such strong bonds… I’m really jealous of Geoffrey and Nigel. We… Kazuya and I couldn’t become like the two of them, because I was too absorbed in my belief that Kazuya was forced to be my friend as his father was my father’s subordinate. I’m really such an idiot.
ジェフリー: なんだ、いきなり……。
Geoffrey: What’s this, suddenly…
海斗: 友達のことを……思い出して……カズヤっていうんだ。キャプテンと航海長みたいに俺達も仲が良かった……。でも、こっちに来る前に喧嘩して……そのまま……仲直り……できなくて……っ。
Kaito: I suddenly remembered about my friend… He’s called Kazuya. We were close just like captain and chief navigator… But, we had a fight before I came over here… just like that… we couldn’t make up… (Kaito cries)
ジェフリー: カイト……。今頃、友達も後悔してるさ。
Geoffrey: Kaito… I’m sure your friend is regretting now too.
海斗: カズヤは悪くない……っ……俺が……全部……俺が悪かった。
Kaito: Kazuya wasn’t in the wrong… I… it was entirely my fault…
ジェフリー: それでもだよ。彼はおまえのことを好きだったんだろう? だったら、旅立ちの前に喧嘩をしたことを悔やんでいるだろうし、おまえの過ちを許してくれているはずだ。
Geoffrey: Even so, I’m sure he liked you. In that case, he should have regretted quarrelling with you before the trip. I’m sure he would have forgiven you for what you did.
海斗: 逢いたい……逢いたい……カズヤに逢いたいよお……っ!
Kaito: I miss him… I want to see him… I want to see Kazuya!
ジェフリー: 大丈夫。俺がいる……ずっとおまえの傍にいてやるよ。
Geoffrey: It will be fine, I’m here… I’ll stay by your side forever… (Geoffrey kisses Kaito)
海斗: 絶対、手は出さない……出さないって言ったのに……。でも、温かい。この温もりさえあれば、もうどうなったっていい。俺、このままジェフリーとしちゃうのかな?
Kaito: Even though he said that he would never do anything to me… But, this feels so warm. Ah… If I just have this warmth, I don’t care what happens to me. (Geoffrey carries Kaito to the bed) Am I going to do it with Geoffrey after this?
ジェフリー: おまえの洗濯リストの中には、その大きな目も入っていたらしい。
Geoffrey: Seems like those huge eyes were included in your laundry list too.
海斗: え……。
Kaito: Heh?
ジェフリー: 泣いて少しはさっぱりしただろう? たまには鬱憤を晴らした方がいい。 人の心は船の帆に似ていて、きつく張りすぎると風を生かすことができず、船脚も遅くなってしまう。だが、ちょっと余裕を作ってやると、たっぷりと風を孕んで、船を前へ前へと押し出してくれる。おまえさんに必要だったのは、この余裕だ。 何でもかんでも自分の中に溜め込むな。俺はおまえの味方だ。言いたいことがあれば言え。苦しかったら助けを求めろ。決して知らん顔はしない。
Geoffrey: Don’t you feel refreshed after crying? It’s good to vent your frustrations out once in a while. People’s hearts are just like ships. If you overload it, it won’t be able to be moved by the wind and its movements will be slowed. But, if you just give it some space and lighten the load a little, it will catch the wind and the ship will slowly move forward and forward. What you needed was this space. Don’t keep everything within yourself. I’m on your side, just say whatever you want to say. If you’re feeling trapped, ask for help. I’ll never ignore you.
海斗: ジェフリー。
Kaito: Geoffrey.
ジェフリー: いや、目を離すことができないと言った方が正しいな。俺もこんな気持ちになったのは初めてだから戸惑うよ。たぶん、おまえが生まれたばかりの雛のように危なっかしいから、俺が注意してやらないと、という気にさせられるんだろう。
Geoffrey: No, it might be more accurate to say that I can’t take my eyes off you. This is also the first time I’m feeling this way, so I’m confused too. It’s probably because you make me feel that you will cause a lot of trouble, so I have to watch out for you.
海斗: 信じられない。一番欲しかったものをジェフリーがくれた。決して、手に入らないって諦めてたものを……。ジェフリーは、俺が本当に必要としているものを与えてくれる、いつも、いつも……。 どうしよう。このままジェフリーのこと本気で好きになっちゃったら。
Kaito: I can’t believe it, Geoffrey gave me what I wanted the most. The thing which I’ve given up on because I thought I would never have it… Geoffrey gives me what I really want… Always, always… what should I do? What if I start to fall in love with Geoffrey after this…
ジェフリー: さて、寝るぞ。ラベンダー油のおかげでいい夢が見られそうだ。
Geoffrey: Now, let’s get to sleep. Thanks to the lavender oil, I think I’ll have sweet dreams.
海斗: 『好き』っていっても、どんな種類の『好き』なんだろう。保護者に対する親愛? それとも、海の兄弟に抱く友愛? 俺にはまだ判らない。
Kaito: Even if I say “love”, what sort of love is that? The family love towards a guardian, or brotherly love towards a sea mate? I still can’t understand that.

FLESH & BLOOD 02 (7) back to top ↑


6. Scene 5

海斗: いい天気だね、ジェフリー。
Kaito: What great weather, Geoffrey.
ジェフリー: ああ。
Geoffrey: Yea.
ジェフリー: すっかり元気だな。添い寝だけにしといて正解だった。昨日のカイトなら、あのまま迫っても、拒まなかったかもしれない。だが、こいつの求めているのは身体ではなく、心の繋がりだってことは判っている。 やれやれ、まったく気を遣わせてくれるよ。恋人なら次を見つければ済むが、おまえの代わりはいないからな。
Geoffrey: He became his usual sunny self. I was right to sleep beside him. If I had tried to move in on Kaito yesterday, he probably wouldn’t reject me. But, I know that what this person is seeking isn’t the bonds of the body but the bonds of the heart. Goodness, he’s really making me take care of him. If it’s lovers, I can just search for the next one. But there’s no replacement for you.
海斗: 水、届いてるかな?
Kaito: I wonder if the water has been delivered.
ジェフリー: そう願うね。
Geoffrey: I sure hope so.
ジェフリー: いつも傍にいてやるよ、カイト。あらゆるものから、おまえを守ってやる。だから、俺の前ではいつも笑っていろ。
Geoffrey: Kaito, I’ll always stay by your side. I’ll protect you from whatever that appears. That’s why, always keep smiling in front of me.
海斗: 海、ずいぶん静かだね。
Kaito: The sea, it’s rather quiet.
ジェフリー: 風がない。ベタ凪だ。どの船も帆を絞っているところを見ると、出航は諦めたらしい。
Geoffrey: There’s no wind, it’s deadly calm. When every ship has kept its sail, it seems like everyone has given up on sailing today.
海斗: あ、でも昨日のフランダースの船は帆を張ってるよ。
Kaito: Ah, but yesterday’s Flanders ship has its sail out.
ジェフリー: 先を急いでるんだろうさ。風が吹いたら、すぐに出て行けるように。
Geoffrey: They’re probably in a rush, that’s so that they can leave immediately when there is wind.
ジェフリー: あのガレオン船、気に入らんな。俺達の後をつけるように入港したというのも気に食わん。こんな船とは、さっさとおさらばするに限る。
Geoffrey: I don’t like the looks of that Galleon ship. I also don’t like how it came in after us, as though it was tailing our movements. I’d like to part ways with such a ship as soon as possible.
海斗: 見て、グローリア号に樽が積み込まれてる。水が来たんだ。朝一番で持ってきてくれるなんて、ラ・ロシェルの人は誠実だよね。
Kaito: Look over there! There are barrels being loaded onto Gloria. The water has been delivered! To deliver the water first thing in the morning, the people of La Rochelle are really efficient.
物売り: ごうきげんよう、ムッシュー。
Vendor: Good day, mister.
ジェフリー: また物売りか。いらん、いらん! ノン・メルシーだ。 なんだ、おまえら。カイト、俺の後ろにいろ。
Geoffrey: Another vendor? We don’t need anything, no thank you. (Vendor draws sword) What’s with you people? Kaito, get behind me.
海斗: う、うん。
Kaito: Y-yea.
ジェフリー: 黒いマントの男が六人か。こんな陰気な色を好む連中といえば、フランドル人かスペイン人。なるほど、例のガレオン船に乗ってる連中だな。それにしても、目的は何だ?
Geoffrey: 6 of them in black cloaks? When they have such a dark atmosphere, it’s probably the Flanders or the Spaniards. I see, it must be the people on the Galleon ship. Even so, what’s their motive?
ビセンテ: カイト、やはりおまえだったか。
Vicente: Kaito, I knew it, it was you.
海斗: ヴィ……ヴィンセント……。
Kaito: Vi-Vincent…
ジェフリー: ビセンテ・デ・サンティリャーナか。
Geoffrey: Vicente de Santillana?
ジェフリー: スペイン海軍士官であり、処刑されたメアリースチュアートの救出を目論んだお尋ね者。そして、ホーの丘でカイトを襲った男。なるほど、カイトの言うように美系だ。それに、身のこなしからして腕も立ちそうだな
Geoffrey: He’s a wanted man who is a Spanish naval officer, and the person who plotted to save Mary Stewart who has since been executed. Also, he’s the man who attacked Kaito on the top of the Hoe. I see, he’s a handsome man just as Kaito has described. Also, judging from his build, he should be quite skilled at fighting too.
ビセンテ: まさか、という顔をしているな、カイト。私もこんなに早く再会できるとは思っていなかった。きっと我々の間には、運命の縁があるのだろう。
Vicente: You have a face that says “no way”, Kaito. I wasn’t expecting a reunion so quickly either. I’m sure there’s a string of fate between the two of us.
ジェフリー: やはり、こいつの目的はただ一つ。異国からやってきた予言者を手に入れることか。ったく、考えることはみんな同じらしいな。だが、カイトを渡すわけにはいかない。
Geoffrey: I knew it, he was after Kaito. He wants to obtain the diviner from a foreign country huh? Goodness, seems like everyone thinks the same way. But, I can’t hand Kaito over.
ジェフリー: カイト、下がっていろ。
Geoffrey: Kaito, step back.
ビセンテ: ほう、やる気か、イングランド人。だが、多勢に無勢だ。
Vicente: So you want to fight, Englishman? But, you’re outnumbered.
ジェフリー: 確かに多勢に無勢だ。ただし、俺ではなく、貴様がな。このギーズの犬! カトリックの畜生め!
Geoffrey: This is indeed an outnumbering. But, it’s not me, but you, this Guise’s dog5! You Catholic brute!
ビセンテの部下: 人が集まって! サンティリャーナ様!
Underling: People are gathering! Satillana-sama!
ジェフリー: お忘れかもしれないが、ここは新教徒の街でね、セニョール。おとなしく商売してるぶんには問題ないが、カトリックの連中が騒ぎを起こすとなれば黙っちゃいない。奴らには長年苦い思いをさせられているからな。
Geoffrey: You might have forgotten, but this is a Protestant town, Señor. If you’re just selling or trading things, there isn’t a problem. But if Catholics cause trouble like that, the people of this town won’t just stand back and watch. They hold a lot of grudges against the Catholics.
ビセンテ: 見事な切り返しだ。しかし、ラ・ロシェルの人間が貴様に助太刀するとも限らないだろう。
Vicente: That’s a great counterattack. But, there’s no guarantee that the people of La Rochelle would help you either.
ジェフリー: カトリックの連中と戦っている俺を見れば、カイトを安全な場所まで連れていくぐらいのことはしてくれるさ。
Geoffrey: If they see me fighting against Catholics, I’m sure they would at least bring Kaito to a safe place.
ビセンテ: 忌ま忌ましい異端どもめ……! カイト、おまえに乱暴を働いてしまったことについては、言い訳することはできない。だが、心から反省している。もう二度とあのようなことはしないし、誰よりもおまえを大事にすると誓う。だから、私と一緒に来てくれないか?
Vicente: What an annoying heretic! Kaito, I won’t make excuses about being rough towards you. But, I’ve been reflecting about it. I will never do that to you ever again and I swear that I will treasure you above anyone else. Can you come with me?
海斗: 嫌だ。あんたの言葉なんか、信じられるかよ。
Kaito: I don’t want to. As if I could believe in your words.
ビセンテ: 頼む。もう一度、機会を与えてくれ。おまえはハポンの人間なのだから、エリザベスに忠誠を誓う必要はないだろう。
Vicente: I’m begging you, please give me one more chance. Because you’re from Japan, you don’t have to swear your allegiance to Elizabeth right?
海斗: 女王なんて、関係ないよ。俺は仲間達を裏切りたくないんだ。
Kaito: The Queen isn’t in question here. I don’t want to betray my comrades.
ビセンテ: 仲間? その男のことか? やはり、あのとき一緒に連れてってさえいれば……。
Vicente: Comrades? Are you referring to that man? I knew it, if only I had brought you along with me back then…
海斗: とにかく、俺はスペインに行くつもりはないの。だから、あんたもさっさと諦めて、国に帰んなよ。
Kaito: In any case, I have no intentions of going to Spain. So you should just give up and return to your country.
ジェフリー: 聞こえただろう? 短気が災いしたな。気に食わないことを言ったからって、いきなり掴みかかるのはどうかと思うな。何でも、とある侯爵閣下の話だとか。
Geoffrey: Did you hear that? Having a short temper will be the bane of your life. Just because he said something which didn’t sit well with you, I’m not too sure about how you suddenly attacked him. Also, was it news regarding the current Marquis?
ビセンテ: その程度の挑発では腹も立たん。カイト、決心は変わらないか?
Vicente: I won’t get angered by that level of provocation. Kaito, won’t you change your mind?
海斗: あんたもしつこいね。
Kaito: You’re persistent.
ビセンテ: 判った。では、気は進まんが力ずくで連れていく。
Vicente: I understand. Then, this isn’t what I wanted either, but I’ll take you by force.
レオ: 囲め。
Leo: Surround them.
ジェフリー: やれやれ、その態度のどこが反省してる……どけ、カイト! 何しやがんだ、この野郎!
Geoffrey: My my, that attitude isn’t convincing us that you’re sorry… (something flies at the two of them) Move, Kaito! What did you do, you bastard!
ビセンテ: その言葉、そっくり返すぞ。カイトが転んで、怪我でもしたらどうするつもりだ?
Vicente: That should be my line. What are you going to do if Kaito trips and gets injured?
ジェフリー: 貴様の剣の方がよっぽど危ないだろうが!
Geoffrey: Your sword is way more dangerous!
ビセンテ: 腕には自信がある。目測を誤るような真似はしない。
Vicente: I have confidence in my skills, I won’t miss my target.
ジェフリー: 本当にいけ好かない野郎だな。
Geoffrey: You’re really a distasteful bastard.
ジェフリー: 言葉どおり、腕は確かだ。
Geoffrey: Just as he said, his skills are really something.
ビセンテ: 平民にしては筋がいい。思ったより楽しめそうだな。
Vicente: You’re quite skilled for a commoner, this is going to be more enjoyable than I expected.
ジェフリー: 状況はこちらに不利だ。斬り結んでしまった以上、ラロシェルの連中は巻き添えを恐れて、手出しはしなくなるだろう。しかもこいつは、カイトを守りながら勝てる相手ではない。どうすれば……
Geoffrey: The current situation isn’t on our side. The people of La Rochelle won’t interfere because they don’t want to get involved in trouble. Also, this person isn’t someone whom I can win while trying to protect Kaito. What should I…
ビセンテ: どうした? そんな迷いのある剣では私は倒せんぞ。ハッ! なかなかやる。だが、そろそろ本気を出した方がいいぞ。さもないと、取り返しのつかないことになる。
Vicente: What’s wrong? You won’t be able to defeat me with such hesitant attacks. Ha! You’re not too bad, but you should get serious soon. If not, it will end up in something irreversible.
ジェフリー: ご親切に……どうも!
Geoffrey: Thank you… for your advice! (Geoffrey kicks Vicente)
ビセンテ: 脛を! 剣の戦いに蹴りとは! なんて、汚い!
Vicente: My shin! To kick someone during a sword fight? How lowly!
ジェフリー: 御前試合じゃあるまいし、禁じ手などないはずだ。
Geoffrey: This isn’t even a contest, there shouldn’t be any rules.
ビセンテ: この海賊風情が!
Vicente: This pirate dog!
ジェフリー: 命をかけた戦いに、身分なんざ関係ないだろう。
Geoffrey: During a fight where lives are put on the line, social statuses are irrelevant!
ビセンテ: 言わせておけば!
Vicente: You’ve really said it!
ジェフリー: かかったな、ここだ……!
Geoffrey: He fell for it, this is it!
ビセンテ: くそ、剣の鍔同士を引っ掛け、跳ね上げるとは!
Vicente: Damn, to pick up the sword sheath and swing it!
レオ: 皆、何をしてるんだ! ビセンテ様を助けろ!
Leo: Everyone, what are you doing! Save Vicente-sama!
ジェフリー: 今のうちだ、カイト。来い!
Geoffrey: Now’s the chance, Kaito. Come!
海斗: うん!
Kaito: Yes! (The two of them runs away)
レオ: 早くしろ! 追え!
Leo: Faster! After them!
ビセンテの部下: どけ、邪魔だ、おまえら!
Underling: Move it, you’re in the way!
ジェフリー: カイト、泳ぐぞ。マントを脱げ。
Geoffrey: Kaito, we’re going to swim. Take off your cloak.
海斗: 捨ててくの? もったいない!
Kaito: And throw it away? What a waste!
ジェフリー: プリマスに戻ったら、新しいのを買ってやる。
Geoffrey: Once we get back to Plymouth, I’ll buy a new one for you!
ビセンテ: 待ってくれ、カイト! ええい、どけっ! どけと言うのに!
Vicente: Wait up, Kaito! Move it! I said, get out of the way!
ジェフリー: カイト、その袋も捨てろ。
Geoffrey: Kaito, throw that bag away.
海斗: これだけは譲れないよ。絶対に嫌だ。
Kaito: I won’t throw this away, anything but this!
ジェフリー: 石鹸と香油か。ったく、世話のかかる奴だ。寄越せ、俺が持っててやる。行くぞ!
Geoffrey: Is that the soap and oil? Goodness, you’re a troublesome fellow. Hand it over, I’ll hold it for you. Let’s go!
海斗: はい!
Kaito: Yes! (Both of them jumps into the water)
海斗: 冷たい、水が身体に突き刺さるみたいだ。
Kaito: It’s freezing. The water feels like it’s pricking my body.
ビセンテ: 戻れ、レオ。作戦変更だ。
Vicente: Let’s go back, Leo. The plan has changed.
ジェフリー: ふん。ヤツめ、どんな手を打ってくるつもりだ。ん? 水平線に雲……そうか。
Geoffrey: Hmph, what is he going to try now. Huh? Clouds on the horizon… I see.
ジェフリー: 頑張れ、カイト、急ぐんだ。
Geoffrey: Come on, Kaito. Let’s hurry.
ジェフリー: 雲が生まれれば、風も吹き始め、船を動かせるようになる。そうすれば、サンティリャーナの船はあっという間にグローリア号に迫ってくる。マストが壊れていることを考えれば、逃げきることは難しい。
Geoffrey: When there are clouds, the wind will start blowing and the ships will be able to move. In that case, Santillana’s ship will get to Gloria in no time. If we think about the broken mast, escaping from them will be tough.
海斗: ジェフリー、小船が近づいてくる。きっと、俺達に気づいてくれたんだ。
Kaito: Geoffrey, a small boat is nearing us. I’m sure they saw us.
ジェフリー: ありがたい。これで、サンティリャーナより先に出航できるぞ。
Geoffrey: Thank goodness. We can leave faster than Santillana like this.
ルーファス: トロトロすんな、さっさと帆を張りやがれ! マック、甲デッキの準備はどうだ?
Rufus: Don’t be slow, get the sail out quick! Mark, how’s the preparations at the deck?
ナイジェル: 説明しろ、ジェフリー! ずぶ濡れで帰ってきたかと思えば、すぐに出航? しかも砲撃準備だと? 何を考えている。まだミズン・マストの修理も終わっていないんだぞ。
Nigel: Explain yourself, Geoffrey! (Kaito flinches) Just when you’ve returned all drenched, you want us to leave immediately? And to prepare the cannons too?! What are you thinking! The mizzenmast6 hasn’t even been repaired yet!
ジェフリー: その様子だと、具合は良くなったみたいだな。
Geoffrey: Judging by this, it seems like you’ve recovered.
ナイジェル: 話をそらすな、敵は誰だ!
Nigel: Don’t change the topic, who is the enemy?!
ジェフリー: サンティリャーナ様ご一行だ。
Geoffrey: Santillana-sama himself.
ナイジェル: なんだと? カイト、貴様、やはりここで落ちあう約束を……!
Nigel: What did you say? Kaito, I knew it, you had the plans to conjoin with them here!
海斗: し、してません!
Kaito: I didn’t!
ジェフリー: カイトの言ってることは本当だ。偶然とは恐ろしいものだな。あの嵐がなければ、出会うことはなかっただろう。サンティリャーナは我が国に向かおうとしていたんだ。カイトを拉致するために。
Geoffrey: What Kaito said is the truth, coincidence is a rather scary thing. If it wasn’t for that storm, we probably wouldn’t have met them. Santillana was heading towards our country, in order to kidnap Kaito.
ナイジェル: 部下を救い出す、の間違いじゃないのか?
Nigel: Don’t you mean to save his subordinate?
ジェフリー: カイトはスペインの間諜ではない。イングランドの希望だ。
Geoffrey: Kaito isn’t a Spanish spy, he’s England’s beacon of hope.
ナイジェル: ……?
Nigel: Huh?
ジェフリー: それについて、おまえに話しておかなければならないことがある。実は……。
Geoffrey: About that, I have something which I have to tell you. Actually…
ナイジェル: 信じられん!
Nigel: I can’t believe it!
ジェフリー: カイトが予言者だということがか?
Geoffrey: About Kaito being a diviner?
ナイジェル: 違う、あんたの行動がだ! サー・フランシスはくれぐれもカイトを大事にしろ、秘密を守れと命令したんだろう?
Nigel: No! About your actions! Didn’t Sir Francis order you to take good care of Kaito and to protect the secret?
ジェフリー: ああ。
Geoffrey: Yea…
ナイジェル: にもかかわらず、あんたはスペイン人がうようよしている場所に、彼を連れていったんだよな? のほほんと、何の危機感もなく!
Nigel: And without taking that into consideration, you brought him into a place where there are Spaniards loitering around right? Nonchalantly, without any sense of danger!
ジェフリー: それはフランス語を話せるのがカイトしかいなかったからで……おまえもその場にいたんだから、事情は判ってるだろう。
Geoffrey: That is… because Kaito was the only one who could speak French… you were there too so you should have known the situation then.
ナイジェル: 知っていれば、行かせなかったさ! あんたはもっと用心すべきだったんだ。もし、カイトをサンティリャーナに奪われていたら、サー・フランシスに何と言い訳するつもりだ?
Nigel: If I knew the truth I wouldn’t have let him go! You should have been more careful. What if Kaito was taken away by Santillana, how will you explain yourself to Sir Francis?
ジェフリー: 悪かったよ。
Geoffrey: I’m sorry.
ナイジェル: もっと早く……この航海の前に打ち明けて欲しかった。あんたが誰にも言うなと命じたら、俺は殺されても口は割らん。
Nigel: Tsk. You should have told me earlier… you should have told me even before this journey. If you had ordered me to not say it to anyone else, I won’t speak even if I were killed.
ジェフリー: おまえを信用していなかった訳じゃない。自分の力だけで、カイトを守りきれる自信があったんだ。 だが、こないだの嵐で判った。俺が手を離せないとき、もう一人、カイトの傍についていられる人間が必要だと。その役目は、おまえにしか頼めない。
Geoffrey: It’s not that I didn’t believe in you. I had the confidence that I could protect Kaito by myself. But, after that storm, I’ve come to understand this. During the times when I can’t leave my post, I need to have someone beside Kaito. That role can only be given to you.
ナイジェル: 判った。おまえが命をかけてカイトを守ると言うなら、俺もそうしよう。
Nigel: I understand. If you’re protecting Kaito with your life, then I’m doing the same.
ジェフリー: ありがとう、ナイジェル。
Geoffrey: Thank you, Nigel.
ナイジェル: カイト、知らないこととはいえ、無礼な態度を取って申し訳なかった。おまえは俺の具合が悪かったときも、何かと心を配ってくれたのに。
Nigel: Kaito, even though I didn’t know about it, I’m sorry for being impolite towards you. You even worried for me when I was sick.
海斗: いいですよ、もう。
Kaito: It’s fine already.
ルーファス: お頭! お待ちかねのそよ風が来ましたぜ。ただし、北西からですが。
Rufus: Boss! The wind that we’ve been waiting for is here. But, it’s from the northwest.
ジェフリー: 全くないよりマシだ。よし、碇を上げろ。出航するぞ。
Geoffrey: It’s better than nothing. All right, raise the anchor! We’re setting off!

FLESH & BLOOD 02 (8) back to top ↑


7. Scene 6

ユアン: 船だぞお(セール・ホー)……! 船が見えるぞー!
Juan: Sail ho7! Ship sighted!
海斗: ヴィンセントだ! もうあんなところまで来てる。
Kaito: It’s Vincent! He’s already at such a place.
ジェフリー: まだ距離はある。
Geoffrey: There is still some distance between us.
ナイジェル: 北西の風が痛いな。この位置からレ島とオレロン島の間を通過するには方向転換が必要だが、そうすると逆風になってしまう。これ以上、船脚が落ちると危険だぞ。
Nigel: The northwest wind is irritating. If we were to pass through Île de Ré and Oléron from our current position, we would need to change our course. When we do that, we would be going against the wind. It would be dangerous for the speed of our ship to drop any further.
ジェフリー: ああ、あの辺りは暗礁が多いそうだしな。
Geoffrey: Yea, there are a lot of reefs in that place.
ナイジェル: 誰に聞いた?
Nigel: Who did you hear that from?
ジェフリー: 旅籠の主人だ。ちょっとでも水路を外れたら、途端に座礁しちまうらしい。
Geoffrey: From the owner of the inn. If we get off the course, we’ll just run aground on the reefs.
ナイジェル: 最悪じゃないか。
Nigel: Isn’t that the worst?
ジェフリー: まあな。いちいち水深を計りながら走るのは神経を使うし、時間もかかる。だが、考えてみろ。俺達はそれを知っているが、サンティリャーナはどうだ? 今乗ってるのはともかく、スペイン海軍の船はデカい。小川みたいな水路を通る機会なんざ、滅多になかったんじゃないか。
Geoffrey: Well, it’s going to take up a lot of energy if we proceed bit by bit while measuring the depth of the waters, and it will take time too. But, think about it, we know about this, but what does Santillana know? Including what they’re riding on now, Spanish naval ships are huge. They didn’t have many chances to sail by small channels on little rivers right?
ナイジェル: なるほど……こっちはミズン・マストが使えない。明らかに速度で劣っているなら、技術で勝負するしかないというわけか。
Nigel: I see… we can’t use our mizzenmast so we obviously can’t beat them in terms of speed, but we’re going to win them with our skills.
ジェフリー: その通り。こいつは我慢比べだ。短気なスペイン野郎は、さぞやイライラするだろうぜ。こっちに追いつこうと焦るあまり、浅瀬に乗り上げてくれたりしたら最高なんだがな。
Geoffrey: That’s right. This is going to be a contest of endurance. I’m sure the short-tempered Spaniard will get very impatient. It would be the best if we could get them to run aground when they get impatient while trying to pursue us.
ナイジェル: やってみる価値はありそうだな。ヒュー、船首へ行って測深しろ。
Nigel: Seems like this is worth trying. Hugh, get to the bow and do depth testing.
ヒュー: アイ・サー!
Hugh: Aye sir!
海斗: どうしよう……。ついに本物の、ゲームじゃない海戦が始まってしまう。
Kaito: What should I do… This isn’t a game, a real naval battle is about to begin.
ジェフリー: カイト、おまえは下に隠れていろ。
Geoffrey: Kaito, go hide downstairs.
海斗: 砲撃が始まったら下ります。だから……サー。
Kaito: I’ll go down once the cannon attacks start, so, sir…
ジェフリー: しょうがない奴だ。始まったら、絶対に下りろよ。
Geoffrey: I guess I can’t help it. You definitely have to go down once it starts.
海斗: アイ・サー。
Kaito: Aye sir.
ジェフリー: フォア、ミズン・マストともメインスルを畳め。
Geoffrey: Forehands, fold up the mizzenmast and the main sail!
水夫達: アイ、アイ!
Sailors: Aye, aye!
海斗: スピードが落ちた。ヴィンセントの船との距離が縮まっていく。
Kaito: Our speed has dropped. The distance between our ship and Vincent’s ship is shortening.
ジェフリー: 海峡が見えてきたぞ。
Geoffrey: The channel has come within sight.
ナイジェル: ヒュー、測定用の鉛を放り込め! 水深に変化があったら、その都度報告しろ。
Nigel: Hugh, throw in the lead for measurement! If there are any changes to the depth, report it every single time!
ヒュー: アイ! ただいま、バイ・ザ・ディープ・テン、目盛間十。
Hugh: Aye! Right now it’s by the deep ten8, 10 fathoms!
ナイジェル: 想像以上に浅いな。
Nigel: It’s shallower than we’ve imagined it to be.
ジェフリー: 狭い海峡は、どこもこんなものだ。
Nigel: Shallow channels are about this shallow everywhere.
ユアン: 敵船に白煙……!
Juan: White smoke sighted on the enemy fleet!
海斗: 煙……もしかして、火事?
Kaito: Smoke? Don’t tell me, a fire?
ジェフリー: いや、砲撃用の火を起こしている。もうすぐ、こっちが射程距離内に入るという判断だ。
Geoffrey: No, they’re lighting the fire for an attack. They probably judged that we’ll get within attacking range soon.
ナイジェル: うちも用意しておこう。
Nigel: Let’s make preparations too.
ヒュー: バイ・ザ・マーク・セブン、目盛七!
Juan: By the mark seven, 7 fathoms!
ジェフリー: 本土に近づきすぎている。面舵だ。
Geoffrey: We’re too close to the seabed. Steer starboard9!
ナイジェル: アイ・サー。
Nigel: Aye sir.
ヒュー: バイ・ザ・ディープ・シックス! バイ・ザ・マーク・ファイブ!
Hugh: By the deep six! By the mark five!
ルーファス: 神よ、我らにご加護を……。
Rufus: Dear God, please grant us your divine protection…
ヒュー: バイ・ザ・ディープ・フォー!
Hugh: By the deep four!
ユアン: 敵船、全砲門、開きました!
Juan: Enemy fleet opened fire!
ジェフリー: 嫌だねぇ。あっさり、ムダ弾を使いやがって。大国の驕りってヤツだ。そのわりにはケチな飛距離だが。
Geoffrey: How annoying, they used up useless ammunition immediately. Is this the arrogance of a huge country? Despite that, what a small cannon range.
水夫達: ははははは!
Sailors: (Sailors laugh)
ジェフリー: 帆も景気良く上げてるな。こっちに追いつこうとして、しゃかりきになってるらしい。暗礁のことを知らんのか?
Geoffrey: Their sail is also flying high up, seems like they’re going all out to pursue us. Don’t they know about the reefs?
ナイジェル: うちのミズン・マストが働いていないのは、敵も承知している。船脚が鈍ったのは、そのせいだと思っているのかもしれない。
Nigel: The enemy knows that our mizzenmast isn’t working. They might think that we’re going at a slow speed because of that.
ジェフリー: それに賭けてみよう。取り舵!
Geoffrey: Let’s bet on that. Steer port9!
ヒュー: バイ・ザ・マーク・スリー……!
Hugh: By the mark three!
海斗: 陸地が近い。そうか、もう船が進めるギリギリの深さなんだ。
Kaito: The seabed is close. I see, it’s barely enough for us to proceed.
ジェフリー: こっちの通ったコースを追ってるぞ。そうか。おそらく、サンティリャーナも暗礁があることを知っている。だから、俺達の後をついてくれば無事だと思ってるんだ。 よし。世の中、そんなに甘くないってことを教えてやろう。
Geoffrey: They’re coming straight after us, on the course we took. I see, Santillana probably knew about the reefs. But, he thinks that he’ll be fine as long as he follows our path. All right, I’ll teach him that the world isn’t all that kind.
ルーファス: どうするんで?
Rufus: What are you going to do?
ジェフリー: 素早く方向転換して、奴らに横っ腹を見せてやれ。そして、一斉砲撃だ。飛距離はうちの大砲の方が上だから、向こうが撃ち返してきても、届くのは一発、二発だろう。スペイン人もそれに気づけば、簡単に近づいてこれなくなる。 とにかく、奴らの鼻っ面を押さえて、今のコースを維持させろ。ヒュー、水深は?
Geoffrey: Change our direction swiftly and face our side to them. After that, we’ll fire at them. Our large guns have a larger range so even if they fire back at us, only 1 or 2 will hit us. Once the Spaniards realise that, they won’t be able to come near to us. Anyway, we’ll just push their arrogant noses down and maintain our current course. Hugh, what’s the depth?
ヒュー: バイ・ザ・マーク・ファイブ、サー!
Hugh: By the mark five, sir!
ジェフリー: よし、面舵いっぱい!
Geoffrey: All right, hard a-starboard!
ナイジェル: アイ、アイ!
Nigel: Aye, aye!
ジェフリー: 今だ、撃て!
Geoffrey: Now, fire!
海斗: 命中だ、命中した!
Kaito: Direct hit, we got them!
ジェフリー: カイト、気が済んだだろ? 下へ行け。
Geoffrey: Kaito, are you satisfied now? Go down.
海斗: ええーっ。
Kaito: Huh?
ジェフリー: 自分の足で行くか、それとも、ルーファスに叩き込まれたいか?
Geoffrey: Are you going down by yourself, or do you want to be driven down by Rufus?
海斗: 歩いていきます、サー。
Kaito: I’ll walk down myself, sir.
ジェフリー: いい子だ。すぐに迎えに行ってやる。あのスペイン船を海の藻屑にしてからな。
Geoffrey: Good boy. I’ll go down to get you soon, after I turn the Spanish ship into the trash of this sea.
ナイジェル: カイト、船倉では壁際に近づかない方がいい。砲弾が飛び込んでくることがあるからな。
Nigel: Kaito, it’s better to not stay too close to the walls of the cabin during battles. Cannon balls might fly in.
海斗: サンキュー・サー。
Kaito: Thank you sir.
ジェフリー: あ……ああ。ルーファス、弾を装填させろ。次はもっと狙って撃つように言え!
Geoffrey: Ah… yea. Rufus, load the ammunition. Tell them to aim and shoot properly this time!
海斗: 俺の笑顔を見て、照れた? そっか、航海長ってば、スゲェ照れ屋なんだ。意外っていうか、なんか調子が狂っちゃうな。
Kaito: Did he get embarrassed after he saw my smile? I see, the chief navigator gets embarrassed really easily. It’s rather unexpected and I might get ahead of myself.
海斗: なんだよ、これ……! ひでえ臭い。この臭い、血だ! トーマス、何をしてるの?
Kaito: What’s this? What a terrible smell. This smell… blood! (Kaito runs to the source of smell) Thomas, what are you doing?
トーマス: あ……カイトか。
Thomas: Ah… Kaito?
海斗: ジムに何してんだよっ? 血が出てるじゃないか!
Kaito: What are you doing to Jim? Isn’t he bleeding?
トーマス: 瀉血だ。こうして肌に傷をつけ、悪い血を抜く。
Thomas: I’m letting the blood out. I’m making cuts on his skin and draining the bad blood.
海斗: 足が黒く変色してる。
Kaito: His leg is turning black.
トーマス: 敗血症だ。毒を持った血が身体中に回っちまった。
Thomas: It’s blood poisoning10. The infected blood has been going around in his body.
海斗: すぐ……傷を焼いたのに?
Kaito: Even though… you burned his wound immediately?
トーマス: それで助かる奴もいる。だが、助からない奴も多い。ジムは運が悪かった。残念だよ、おまえも一生懸命、こいつの面倒を見てくれてたのにな。
Thomas: There are people who are saved by that. But, there are many who can’t be saved. Jim was unlucky, it’s really unfortunate. Even though you tried your hardest to take care of him too. (Jim pants)
海斗: 死んでない……まだ、生きてる! もう止めてよ。これ以上、血を流すのは危険だ。
Kaito: He’s not dead… he’s still alive. Stop this. If you let out any more of his blood, it will get dangerous.
トーマス: そうだな。もう何をしても、無駄かもしれない。
Thomas: That’s right, it might be useless no matter what we do now.
海斗: そんなことないよ。綺麗な包帯で傷口を縛って、血を止めるんだ。 ラ・ロシェルで買った水樽……うん、綺麗な水だ。 喉も渇いてるよね、ジム? さあ、水だよ。唇を湿らすから、舐めて。
Kaito: That’s not the case! We’ll tie up his wound with a clean bandage and stop the bleeding! The barrels of water we bought from La Rochelle… yea, it’s clean water. Jim, you must be thirsty, here’s some water. I’ll wet your lips, so lick it.
ジム: う……う……。
Jim: (Jim winces)
海斗: 良かった、俺だよ、ジム。戻ってきたから、安心して。
Kaito: Thank goodness, it’s me Jim. I’ve returned so don’t worry.
トーマス: 奇跡だ……! ずっと意識がなかったのに……。
Thomas: It’s a miracle! He’s unconscious for so long.
海斗: 傷を洗ってもいい? ちょっと痛いかもしれないけど。
Kaito: Can I wash your wound? It might hurt a little. (Kaito washes Jim’s wound)
海斗: 抗生物質が……二十一世紀の医療技術があれば、ジムは敗血症にならなかった。その前に、足を切断しなくても良かったんだ。 俺には何もできない。何もしてやれないんだ。病人の面倒を見ることで、仲間達から頼りにされるようになって、俺なら皆を助けてあげられる、医者の真似事ができるなんて思い上がっていた。 神様……ジムの神様! お願いだから、彼を助けてやってよ! ジェフリー達は戦い続けている。不利な戦いでも諦めずに。俺もまだ諦めるわけにはいかない。
Kaito: If we had the 20th century medical knowledge like antibiotics… Jim won’t have gotten blood poisoning. Before that, he wouldn’t even have to amputate his leg. I can’t do anything, I can’t do anything for him. Just because I took care of the patients and got relied on by my comrades, I started thinking that I could save everyone and act like a doctor. God, Jim’s God, I’m begging you… please save him! Geoffrey and the rest are continuing to fight even though we might be at a disadvantage. I can’t give up either.
海斗: そうだ! ちょっと待ってて、ジム。いい匂いでしょ? キャプテンがラベンダーの香油を買ってくれたんだ。ここは空気が悪すぎるもんね。今、身体も拭いてあげるよ。今なら、フランスの王様より、いい匂いがしてるよ。
Kaito: That’s right, wait a bit, Jim. (Kaito takes something out from his pocket and puts it by Jim’s face) Doesn’t this smell nice? The captain bought some lavender oil, the air in here is too bad. I’ll wipe your body for you too. Right now, you smell nicer than the French king.
ジム: あ……。
Jim: Ah…
海斗: 何? ジム、何か言いたいの?
Kaito: What? Do you want to say something, Jim?
トーマス: 礼のつもりだよ。
Thomas: He means to thank you.
海斗: そんな……俺、お礼を言われるようなことなんか、何もしてないよ。
Kaito: No way… I didn’t do anything deserving of that. (Cannon ball flies through the walls)
水夫: どうした、大丈夫か!
Sailor: Are you all right?
海斗: 壁に穴が!
Kaito: There’s a hole on the wall!
ナイジェル: カイト、無事か? 被害はどの程度だ? おい、誰か答えろ!
Nigel: Kaito, are you all right? How’s the damage? Oi, someone reply me!
トーマス: 船腹に小さな穴が開いたぐらいでさあ。怪我人はいません。カイトも無事でさあ。
Thomas: There’s just a small hole opened on the ship’s side. There are no casualties. Kaito is all right too.
ナイジェル: なら、いい。奴らの最後の悪あがきだ。もうすぐ決着がつく。皆、おとなしく養生していろ。
Nigel: Then, it’s fine. That was the last bit of useless struggle from them. We’re settling this soon. Continue to rest!
海斗: ジム。……良かった、息をしてる。
Kaito: Jim. (Jim winces) Thank goodness, he’s breathing.
海斗: 生きているんだ――
Kaito: He’s alive.
ルーファス: なんてしつこい連中だ。あれだけ砲撃を浴びてもまだ近づいてきやすぜ。
Rufus: What persistent fellows. Even after those attacks, they’re still getting closer to us.
ジェフリー: 見上げた根性だ、サンティリャーナ。おまえはカイトの価値を理解している。だから、鼻先から彼を攫っていかれることほど、おまえを苛立たせ、悔しがらせることはないはずだ。 俺は嫉妬に青ざめるおまえを見てみたい。それはどんなに俺の心をくすぐり、楽しませてくれることだろう。
Geoffrey: What admirable bravery, Santillana. You understand the value of Kaito’s existence. But, I’m sure having him snatched from under your nose isn’t enough to make your annoyed and mortified. I want to see your face twist with jealousy. I wonder how that will tickle my heart and satisfy me.
ナイジェル: 船倉、怪我人なし。壁に穴が開いただけだ。
Nigel: There are no casualties in the hold, it’s just a hole in the wall.
ジェフリー: よし、そろそろケリをつけるぞ。ヒュー、目盛りは?
Geoffrey: All right, we’re going to finish this. Hugh, what’s the depth?
ヒュー: 変わりありません、三つです。
Hugh: It hasn’t changed, it’s at 3.
ルーファス: まだ行くんすか? あと、どれくらい?
Rufus: Are we still continuing? For how far?
ジェフリー: 三つを四分の一割り込むまでだな。
Geoffrey: Until it falls a quarter below 3.
ルーファス: そいつはもう座礁したも同じことですぜ。
Rufus: That’s going to be the same as running aground.
ジェフリー: 竜骨の下に羊皮紙一枚の厚さでも海水が流れていたら、その船は走っているということになるんだよ。
Geoffrey: As long as there is a parchment thickness of water flowing under the keel11, this ship can continue moving.
ヒュー: み……み、三つを割りましたぁ!
Hugh: It-it fell below 3!
ジェフリー: ルーファス、全ての帆を上げろ! ナイジェル、面舵いっぱい! 直角に旋回するぞ!
Geoffrey: Rufus, put up all the sails! Nigel, hard a-starboard! We’re going to make a right angle turn!
水夫達: アイ、アイ!
Sailors: Aye, aye!
ジェフリー: これでサンティリャーナも進路変更するだろう。だが、奴らは俺達よりも本土寄り。大きく船尾を振った瞬間、危険な一線を越えるはずだ。
Geoffrey: With this, Santillana will make a change in course too. But, they are higher inland than us. During that instance when they steer their huge stern, it should be over their limits.
ルーファス: お頭、奴らの船が傾き始めやしたぜ。
Rufus: Boss, their ship has started to bend on one side.
ジェフリー: 舵だな。
Geoffrey: It’s the helm12.
ルーファス: そうか、舵が暗礁に引っかかっちまったんだ。ざまあみろ、スペイン野郎め!
Rufus: I see, the helm got caught on the reefs. Serves you right, you Spanish bastards!
ジェフリー: よし、集中砲火で奴に止めを……!
Geoffrey: Right, all that’s left is to fire intensely and finish them off!
ヒュー: キャプテン、物凄い潮だ! この時間じゃ引き潮っす! のんびりしてたら、俺達も座礁しちまいますぜ!
Hugh: Captain, it’s a frightful tight! At this time, it’s the outgoing tide! If we take any more time, we’re going to run aground too!
ジェフリー: 肝心なときに、くそっ! 仕方がない。一気に島を回れ。ビスケー湾に出るぞ!
Geoffrey: At this crucial moment, damn! It can’t be helped. Face the island, we’re going to exit to the Bay of Biscay!
水夫達: アイ・アイ・サー!
Sailors: Aye aye sir!
ジェフリー: サンティリャーナは逃げられないだろう。カトリックの船が座礁していると判れば、ユグノーの難破船業者が放ってはおくまい。乗組員は殺され、金目の物は強奪される。だが……
Geoffrey: Santillana won’t be able to escape. Once they know that a Spanish ship has run aground, the Huguenot pirates won’t leave it alone. All crew would be killed and anything of value will be taken. But…
ナイジェル: 奴を自分の手で片付けたかったんだろう?
Nigel: You wanted to finish him off with your own hands right?
ジェフリー: ナイジェル……。
Geoffrey: Nigel…
ナイジェル: 生きている限り、サンティリャーナはカイトを追いかけてくる。だから、ここであいつの息の根を完全に止めておきたかったんだ。
Nigel: As long as he is alive, Santillana will come after Kaito. That’s why, you wanted to make sure he takes his last breath here.
ジェフリー: どうして判る?
Geoffrey: How did you know?
ナイジェル: 剣を振り上げたら、必ず獲物を仕留めろ。武器はそのためにある。昔、あんたはそう教えてくれた。
Nigel: If you swing your sword, definitely bring down the prey. That’s what weapons are for. You taught me that a long time ago.
ジェフリー: そうだ。剣を向けられた者は、向けた者を決して許しはしない。運良く生き延びた者は反撃の機会を狙ってくるだろう。自分が味わった屈辱を、敵に味わわせるために。
Geoffrey: That’s right, those who had a sword pointed at them can never forgive the one who pointed it. Those who survived out of luck will definitely return for revenge, in order to let the enemy have a taste of the humiliation he tasted.
ナイジェル: その教えを忘れた俺は、右目を失うことになった。あのときも、あんたは俺を助けてくれたな。
Nigel: I lost my right eye when I forgot about that teaching. You saved me back then too.
ジェフリー: 昔の話だ。いい加減、忘れろ。
Geoffrey: That’s a story of the past, you should forget about it already.
ナイジェル: 俺にとってあんたは、誰にも増して大事な人間だ。だからこそ、俺もサンティリャーナに止めを刺したかった。あんたのため、そして、カイトを守るためにも。
Nigel: For me, you’re more important than anyone else. That’s why, I wanted to finish Santillana off too. For you, and to protect Kaito.
ジェフリー: ありがとよ、ナイジェル。
Geoffrey: Thank you, Nigel.
ジェフリー: まったく、こいつといい、カイトといい、俺の回りにいるのは、取り替えが利かない奴らばかりで困るな。
Geoffrey: Goodness, be it him or Kaito, I’m surrounded by people who doesn’t understand the concept of an exchange.
ジェフリー: さて、カイトを迎えに行こう。だいぶ待たせたから、きっとご機嫌斜めだぞ。
Geoffrey: Now, let’s go get Kaito. We made him wait for long so I’m sure he’s in a bad mood.
ナイジェル: 俺も一緒に行くのか?
Nigel: Am I going with you too?
ジェフリー: 無事な姿を見たいだろう?
Geoffrey: You want to make sure that he’s all right too, I’m sure.
ナイジェル: 別に……。
Nigel: Not really.
ジェフリー: 素直じゃないな。どうやら思っていた以上に、ナイジェルとカイトの仲は上手くいきそうだ。
Geoffrey: He’s not being honest. Seems like Nigel is going to get along better with Kaito than I’ve expected.

FLESH & BLOOD 02 (9)back to top ↑


8. Epilogue

ジェフリー: カイト! 血まみれじゃないか。
Geoffrey: Kaito! Aren’t you covered in blood?
ナイジェル: ど、どうしたんだ!
Nigel: Wha-what happened?!
トーマス: 待って下さい。カイトの血じゃありません。ジムのです。
Thomas: Wait a minute, that’s not Kaito’s blood. It’s Jim’s.
ジェフリー: トーマス……。さっきの砲撃で、また怪我でもしたのか?
Geoffrey: Thomas… did he get injured from the shelling?
トーマス: 敗血症です。傷口から毒が回りました。
Thomas: It’s blood poisoning. The poison got in from the wound.
ナイジェル: なんだと? その血を浴びてるのか? カイトに傷があったら、敗血症になってしまうぞ。早く引き離せ!
Nigel: What did you say? And he’s drenched in that blood? If Kaito has an open wound, he would get blood poisoning too! Pull them apart quickly!
トーマス: そっとしてやってくれませんか? ジムは長いことありませんや。カイトは最後まで彼の面倒を見ようとしているんです。
Thomas: Can you let him be for now? Jim doesn’t have much time left. Kaito is trying to take care of him till the last moment.
病人: お願げぇです、キャプテン。あと少しだけ……。
Patient 1: Please, captain. Just a while more.
病人: ジムの望みもカイトに看取ってもらうことだと思います。
Patient 2: I think it’s Jim’s wish to be watched over by Kaito too.
トーマス: 優しい子だから、無理だと判ってても、見捨てられなかったんだ。でも、もう血が固まらんのです。諦めろと言っても、カイトはあんな風にジムを抱きしめて……。
Thomas: He’s a kind kid, so even though he understands that it’s impossible, he can’t bring himself to abandon Jim. But, his blood won’t clot. Even when I tell him to give up, Kaito keeps hugging Jim like that…
ナイジェル: 脈がない。ジムはもう……。
Nigel: (Nigel walks over and measures Jim’s pulse) There is no pulse. Jim is already…
ジェフリー: カイトも気づいているはずだ。それでも認めたくないのだろう。
Geoffrey: Kaito should have realised it too, but he probably just doesn’t want to face the truth.
ナイジェル: カイト、ジムを離すんだ。彼は天国に召された。もう、苦しむこともない。
Nigel: Kaito, you have to let go of Jim. He was called to heaven, he is no longer suffering.
海斗: まだだよ……まだ死んでない……こんなに温かいんだから。
Kaito: Not yet… he isn’t dead yet… he’s still so warm.
ナイジェル: カイト……。
Nigel: Kaito…
海斗: 俺は見捨てない……ジムは仲間だ……ずっと一緒にいるんだ。
Kaito: I won’t abandon him… Jim is my comrade… we’ll be together forever.
ジェフリー: よくやった、カイト。おまえは船乗りの責任を果たしたぞ。
Geoffrey: You did well, Kaito. You carried out the duties of a sailor.
海斗: ジェフリー……。
Kaito: Geoffrey…
ジェフリー: 最後まで仲間は見捨てない。聞いたか、おまえ達、俺のキャビン・ボーイは大した根性をしてるだろうが?
Geoffrey: Never abandon your comrade till the end. Did you guys all hear that? Doesn’t my cabin boy have guts?
水夫達: アイ……!
Sailors: Aye!
ジェフリー: さあ、身体を洗って、服を着替えてこい。皆でジムを海に送ってやろう。
Geoffrey: Now, wash your body and go change your clothes. We’ll all send Jim off to the seas.
海斗: 助けてあげたかったんだ。でも……何もできなくて……。
Kaito: (Kaito sobs) I wanted to save him. But… I couldn’t do anything…
ジェフリー: おまえはベストを尽くした。それは、俺が認める。
Geoffrey: You tried your best. I’ll acknowledge that.
ナイジェル: そうだ、おまえは誰より立派な海の兄弟だ。
Nigel: That’s right, you’re a more proper sea mate than anyone else.
海斗: う……う……。
Kaito: (Kaito cries)
ナイジェル: 俺が船長室まで連れて行こう。 なんて軽いんだ、骨と皮じゃないか。ちゃんと食べてるのか? どうせ、好き嫌いが多いんだろう?
Nigel: I’ll bring him to the captain’s cabin. (Nigel carries Kaito) How light, aren’t you just skin and bones? Have you been eating properly? You’re properly a fastidious eater right?
ジェフリー: さっきのナイジェルの顔、これまでに見たことがなくらい輝いていたな。何よりも仲間に対する忠誠心を愛する航海長は、それを体現したカイトに惚れ込んだというわけだ。 これでグローリア号の毎日は、より快適なものになるだろう。ジムがそれを楽しめないのは残念だが。
Geoffrey: Nigel’s face just now was more dazzling than I’ve ever seen it. The chief navigator who values loyalty towards comrades above anything else must have fallen in love with Kaito who exhibited that quality. With this, the daily life on Gloria will return to its normal pleasantness. It’s regretful that Jim won’t be able to enjoy that.
ルーファス: 順風だ。このぶんなら、一気にカナリア諸島にだって行けそうですね。
Rufus: The wind is favourable. At this rate, we can even get to Canary Islands in no time.
ジェフリー: そう願うよ、ルーファス。かなり寄り道をしたからな。獲物が待ちくたびれて、逃げちまったら大変だ。サー・フランシスが来る前に、敵の心臓をちょっと摘み食いさせてもらおう。
Geoffrey: I’ll hope so, Rufus. We took quite a detour, if our prey got impatient while waiting and escaped, it would be terrible. Let’s take a few pecks of the enemy’s heart before Sir Francis comes.
ルーファス: そうこなくっちゃ! うーっ、腕が鳴るぜ。
Rufus: That has to be the way! Oh… my arms are itching.
ジェフリー: 覚悟しておくんだな、スペイン人どもめ。兵力や船の数にどれほど差があろうとも、カイトの予言が俺に勇気を与えてくれる。イングランドは負けない。決して、負けることはないとな。 それにしても、不思議な話だ。神を信じない俺が、カイトの言葉だけは無条件に信じているとはな。
Geoffrey: Ready yourselves, you Spanish bastards. No matter how the numbers fall in my army, Kaito’s predictions give me strength. England won’t lose, we will never lose. Even so, it’s strange, for someone who doesn’t believe in God, to believe unconditionally in Kaito’s words.

FLESH & BLOOD 02 (10) back to top ↑


Translation Notes

  1. Burning the wound with tar: With my limited knowledge, I think they’re burning Jim’s wound with Pine tar. The process is called cautery, which is a process where tissues are destroyed in order to stop any undesired growth or infections, commonly used when antibiotics are unavailable. It was commonly use to stop severe blood loss and to close up amputations. Pine tar is has been commonly used on ships for all sort of purposes, mainly for ship maintenance. back ↑
  2. Catherine de Médicis (1519-1589): Catherine married King Henry II of France and became Queen consort of France. However, as the Henry didn’t favour her much but chose to favour his mistress, she was excluded from political activities until the death of her husband which saw her becoming the regent on behalf of her young son. Catherine wasn’t in favour of the French Huguenots until an event, the Surprise of Meaux, where the Huguenots triggered a civil war after trying to ambush the king. Thereafter, Catherine was severe against the Huguenots, who had to retreat to La Rochelle. She’s perhaps most famous for the brutal St. Bartholomew’s Day massacre whereby many prominent Huguenot leaders, who had gathered in Paris for the wedding between the king’s sister Marget and Huguenot Henry, were assassinated. The massacre lasted a week and tens of thousands of Huguenots were killed by violent Catholic mobs. back ↑
  3. Flanders: During the period of time of this drama, it would refer to the County of Flanders. It covers the northwestern part of current Belgium, northern France, and the Netherlands. Flanders’ trading towns made it one of the richer areas of Europe and they were known to trade cloth. In the 16th Century, it was under Spanish rule. back ↑
  4. Écu: This refers to the French gold coin écu d’or which were valued differently throughout French history. At the time of this drama, I’m guess it should be the time when Henry III is on the throne and he had just established a new monetary system where prices are quoted in écu. back ↑
  5. The House of Guise: A French ducal family who were Catholics and played an active part in the activities against the Huguenots. I’m not sure of any link between Guise and the Spanish, but perhaps Geoffrey was just trying to get the Huguenots to pay attention here. back ↑
  6. Mizzenmast: The third mast of a ship. back ↑
  7. Sail Ho: How the lookout will report when another vessel has been sighted. back ↑
  8. By the Deep/Mark: A nautical expression. A leadsman will throw a lead over the boat and call out the depth. There will be regular marks (usually 2, 3, 5, 7, 10, 13, 15, 17, and 20 fathoms) on the line and if the depth corresponds to the marks, he will call “by the mark” followed by the number. If the depth falls between marks, he will call out ”by the deep” followed by the estimation. back ↑
  9. Starboard/Port: Starboard means right while port means left, in nautical terms. back ↑
  10. Blood poisoning: Also known as septicaemia, this happens when bacteria causing infection at a certain part of the body enters the bloodstream. back ↑
  11. Keel: The structure along the base of the ship which supports the framework of the entire ship. back ↑
  12. Helm: The apparatus which steers the ship. back ↑

back to top ↑

Advertisements

5 thoughts on “FLESH & BLOOD 2 – Translation

  1. Yessss! You’ve no idea how happy I am you took up this series; I love it to pieces! Thank you very much for sharing the second CD translation, and so quickly!

  2. Thank you so much for translating it! The story is great and the work of seiyu is really somethin else! Love love love it =) Looking forward for your next translations. I’m afraid I could just die of curiosity if I just end up at second part.

  3. Thanks for translating this series Shion! I can’t wait for the next one ;; ahhh I like this story so much! And it’s so pleasant to listen to <3

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s