FLESH & BLOOD 1 Disc 2 – Translation

FLESH & BLOOD 01 (1)

Title: FLESH & BLOOD 1 Disc 2 (drama review)
Cast: Suwabe Junichi x Fukuyama Jun (諏訪部順一×福山潤)
Related drama(s): FLESH & BLOOD Series
Contents: Disc 1

1. Prologue
2. Scene 1
3. Scene 2
4. Scene 3
5. Scene 4
6. Scene 5
Translation Notes

Disc 2

1. Scene 6
2. Scene 7
3. Scene 8
4. Scene 9
5. Scene 10
6. Scene 11
7. Epilogue
Translation Notes

Note: Japanese script by ruli-san from AarinFantasy!

1. Scene 6

海斗: まさか、床磨きの洗剤にワインビネガーを使ってたなんて、思わなかったな。
Kaito: I would have never thought that they use wine vinegar to polish floors.
海斗: ん、誰だろ? 右目に眼帯。カッコいいけど、怖そうな人だ。
Kaito: Who is that? He has an eye-patch over his right eye. He looks cool, but seems like a scary person too.
海斗: あのー、キャプテンなら甲板に出てますけど?
Kaito: Excuse me, if you’re looking for Captain, he’s out on the deck.
ナイジェル・グラハム: 知っている。噂のキャビン・ボーイを見にきただけだ。
Nigel Graham: I know that, I just came to see the rumoured cabin boy.
海斗: あなたは?
Kaito: And you are?
ナイジェル: ナイジェル・グラハムだ。しかし、この先、おまえが俺の名を口にする機会は一切ない。必要ならば、航海長――セイリング・マスターと呼んでもらおう。
Nigel: Nigel Graham. But from now on, you won’t have a chance to speak of my name. If there’s a need to, chief navigator, you can call me the sailing master.
海斗: セイリングマスター。ジェフリーの次に偉い男ってことか。
Kaito: Sailing master, this means that he’s the next highest in rank after Geoffrey.
海斗: アイ・サー。
Kaito: Aye sir!
ナイジェル: 一応、礼儀は心得ているようだな。その服はキャプテンに貰ったのか?
Nigel: I guess you do have some manners. Did you get those clothes from Captain?
海斗: 靴と靴下も買ってくれました。
Kaito: He bought these shoes and socks too.
ナイジェル: 見せてみろ。
Nigel: Show me.
海斗: アイ・アイ・サー。
Kaito: Aye aye sir.
ナイジェル: ふん……。スペイン船に乗っていたそうだな?
Nigel: Hmph, seems like you were on a Spanish fleet?
海斗: 違います。俺が乗っていたのは、ジパングからスペインに行く船です。
Kaito: No I wasn’t, the ship I was on was a ship from Japan to Spain.
ナイジェル: ルートは?
Nigel: What was the route?
海斗: ええと、まずマラッカに行って、次がマドラス、それからマダガスカルに寄って、喜望峰を回った後、カナリア諸島の手前まで行きました。
Kaito: Eh… first to Malacca, then to Madras. Next was Madagascar and after we rounded the Cape of Good Hope, we came to the Canary Islands.
ナイジェル: 航海は順調だったか?
Nigel: Was the journey smooth?
海斗: はい。ただ、喜望峰で少し荒れて……。俺、船酔いが直らない質らしくて、そのときは苦しかったです。
Kaito: Yes. But some things happened at the Cape of Good Hope… I was terribly seasick then and it was very tough.
海斗: 喜望峰近辺は波が高いことで有名だ。でも、この時代、それは船乗りしか知らない情報のはず。これなら俺の話を信じるだろう。
Kaito: It’s a well-known fact that the sea is rough around the Cape of Good Hope. But in this era, this should be information that only sailors know. With this, he should believe in what I’ve said.
ナイジェル: そう言えと、スペイン人どもに仕込まれたのか?
Nigel: Come to think of it, were you working for the Spaniards?
海斗: 違います!
Kaito: You’re wrong, I wasn’t!
ナイジェル: ほう、どう違うんだ?
Nigel: Really, how is that wrong?
海斗: 俺はタナカ様の従者で、スペイン人に仕えていた訳じゃありません。
Kaito: I was Tanaka-sama’s attendant; I wasn’t working for the Spaniards or anything.
ナイジェル: だが、証人もいない以上、それが真実かどうかを証明する術はない。俺は疑り深い男でな。
おまえは運悪く黒衣の男とやらに出会い、暴行を受けたあげく、放置されたとキャプテンに泣きついたそうだが、それも同情を買い、グローリア号に乗せてもらうための作り話ではないのか?
本当はおまえもスパイで、プリマスの内情を調べにきたんだろう?
Nigel: But, without any witnesses, you can’t prove that that is the truth. I’m a distrustful man. It seems like you told the Captain that you were unfortunate enough to run into a man in black cloak and that you were left to die after he got rough with you, were you trying to gain sympathy? Wasn’t it just a tale to get yourself onto Gloria? In actual fact, you are a spy who is here to get information on Plymouth, right?
海斗: そんな……! 誤解ですよ。キャプテンに助けを求めたのは、他に頼る人がいなかったからです。それに、もし本当に俺がスパイだったとして、このまま航海に出ちゃったら、どうやって仲間と連絡を取ればいいんですか?
Kaito: No way, that’s a misunderstanding! I asked Captain for help, because there weren’t anyone else whom I could depend on. Also, even if I’m really a spy, if I sail out into the seas right now, how would I be able to contact my comrades?
ナイジェル: さあな。とにかく、これだけは覚えておけ。俺はおまえを信用していない。おまえの行動はいつも見張られている。昼も夜も――一人になれるのは夢の中ぐらいのものだとな。
Nigel: I wonder. Anyway, keep this in mind. I don’t trust you, I’ll always be watching you day or night, the only time when you will be truly alone is when you’re in your dreams.
ジェフリー: やれやれ、早速、脅しつけたり、つけられたりしているらしいな。
Geoffrey: Goodness, threats are promptly dealt out and received here.
海斗: キャプテン!
Kaito: Captain!
ジェフリー: 大人げないぞ、ナイジェル。カイトを乗船させることに関しては、さっき話がついただろう。つまらん言いがかりをつけて、坊主の仕事の邪魔をするな。
Geoffrey: That was immature, Nigel. Didn’t I tell you about letting Kaito onto this ship just now? Don’t trouble him with such false accusations.
ナイジェル: 言いがかりなんかじゃない。釘をさしているだけだ。
Nigel: I’m not accusing him, I’m just giving him a warning.
ジェフリー: 思い込みでカイトを悪者扱いするのは止せ。おまえがそんな態度をとっていれば、他の奴らもこいつに辛く当たるようになる。俺は快適そのもののグローリア号の空気が、刺々しくなるのはごめんだぞ。
Geoffrey: Don’t be so steeped in your beliefs and make Kaito into a bad person. If you hold such an attitude towards him, the others will be cold towards him too. I don’t want the pleasant atmosphere on Gloria to turn into something harsh and thorny.
ナイジェル: その快適な空気を維持するのが、どれだけ難しいか……細かいことに拘らないあんたの代わりに、グローリア号の規律を徹底させているのは誰だと思ってる?
Nigel: Tsk, how difficult it is to maintain that pleasant atmosphere… who do you think was the one who has been enforcing the rules on Gloria while you happily overlook every small detail?
ジェフリー: おまえにはいつも感謝してるよ。だが、この新顔については、俺が責任を持つ。おまえには面倒をかけない。
Geoffrey: I’m always grateful towards you. But, I’ll take responsibility for this new boy. I won’t trouble you.
ナイジェル: 当たり前だ。何の相談もなく、乗員を増やすことは止めて欲しい。倹しい予算でやりくりしている俺の身にもなってくれ。
ただでさえ食料の値段は上がる一方なのに、店主どもは船乗りと見るなり、さらに高値をふっかけてくる。あいつらはケチなスペイン野郎より質が悪いぞ。敵ではないから、切って捨てることもできん。
Nigel: Of course. I wish you’d stop increasing the crew size without consulting me. Try putting yourself into my shoes when I have to calculate and budget for everything. The ration prices have been on the rise already and when the vendors see sailors, they raise those prices even more. They are worse than those selfish Spaniards and I can’t even kill them when they aren’t our enemies.
ジェフリー: 判った、判った! この船が順調に航海できるのは、おまえの献身があってこそだ。これからキャビン・ボーイを雇うときは、真っ先に相談する。それでいいか?
Geoffrey: I get it, I get it. This ship has been able to get through her voyages only because of your devotion. From now on, you will be the first person I consult before hiring any cabin boys, is that all right?
ナイジェル: そんなしおらしいことを言っていても、どうせ、あんたは自分の好きにするんだ。そして、俺はといえば、あんたに甘すぎる。
Nigel: (Nigel sighs) Even though you say such meek things, you’ll still end up doing everything you way. And when it comes to you, I’m too forgiving.
ジェフリー: それがおまえを航海長にしている理由だよ、グラハム君。誰もが欲しがるほど有能な船乗りの上、誰よりも俺に親切にしてくれる友を得ることができた俺は幸せ者だ。
Geoffrey: That’s why I made you the vice-captain, Graham. For me, to have gained such a sought-after capable mate onboard and a friend who is closer to me than anyone else, I’m really lucky.
ナイジェル: ふん、俺はあんたと出会ったのが運の尽きだったな。
Nigel: Hmph, my luck must have ran out when I met you.
海斗: あんなこと言ってるけど、このナイジェルって人、ジェフリーのことが大好きなんだろうな。表情で判る。
ルーファスといい、ナイジェルといい、グローリア号の乗組員は一人残らず、ジェフリーに誑し込まれているみたいだ。
Kaito: Even though he’s saying that, this Nigel man must really like Geoffrey. I can tell from his expression. Be it Rufus, Nigel, or anyone who is on Gloria, everyone seems to be charmed by Geoffrey.
ユアン: キャプテン! またもやサー・フランシスのお使いですぜ。シェア殿です。
Juan: Captain! It’s another messenger from Sir Francis, Mr Shea.
ジェフリー: 判った。ユアン、こちらにお通ししてくれ。
Geoffrey: I get it, bring him over here.
ユアン: へいっ。
Juan: Roger.
ジェフリー: いつものことだが、出航が迫ると何かと慌しくなる。
Geoffrey: It’s the usual, when it’s nearing to our departure, things get more hectic around here.
ナイジェル: ああ。海に出てしまったら、連絡を取るのが難しくなるからな。カイト、来客の間、おまえは甲板に出ていろ。
Nigel: Yea, when we set off into the seas, it will be difficult to get in touch with us. Kaito, when there are guests here, get out onto the deck.
海斗: 偉そうに! 本当にムカつく奴だ!
Kaito: How arrogant! He’s really infuriating!
ジェフリー: 待て。
Geoffrey: Wait.
海斗: え?
Kaito: Huh?
ジェフリー: シェア殿にもカイトを紹介しておこう。物事には釣合いというものがある。ウォルシンガム閣下の部下にだけ引き合わせていたとバレたら、後が面倒だ。
Geoffrey: I’ll introduce him to Mr Shea too, in this world there is something called a balance. If he finds out later that I only let Walsingham’s representative meet Kaito, it won’t be too good.
ナイジェル: また意地の張り合いをしてるのか、あの人達は……。
Nigel: Are they fighting a battle of wills again, those people…
ジェフリー: というより、熾烈な縄張り争いだろうな。
我々の閣下はできれば政府の中枢に食い込みたい、秘書長官殿は海軍のことに口を出したくて仕方がない。そして、お互い、自分の利権は小指の先ほども譲り渡したくないという訳だ。
Geoffrey: Or rather, it’s probably a fierce territorial dispute. Our lord would want to be in the center of the government if possible while Mr Secretary can’t help giving his opinions on matters concerning the navy. And, neither of them wants to hand over even the slightest bit of their powers.
ナイジェル: 反目し合うのは勝手だが、いちいち我々を巻き込んで欲しくないものだな。
Nigel: It’s up to them to be hostile towards each other, but I really don’t want to be involved in every single thing.
ジェフリー: まったくもって同感だが、悲しいかな、卑しき身分の俺達には、権威ある閣下にそんな無礼な口をきくことは許されていないんだよ。という訳だ、カイト、おまえも同席しろ。
Geoffrey: Honestly I can’t agree more, but sadly, for people in low positions like us, we won’t be forgiven if we say something that rude to those lords with power. That’s why, Kaito, you’re attending this with me.
海斗: はい。あの……サー・フランシスって名前の人は、一体何人いるんですか?
Kaito: Yes. Excuse me but, how many people are there with the name “Sir Francis”?
ジェフリー: 我々と直接関わりがあるのは二人だけだ。今度の使者を送ってきたのはサー・フランシス・ドレイク。
Geoffrey: There are only two of them whom we directly come into contact with. The one who sent this representative is Sir Francis Drake.
海斗: え! ドレイク!
Kaito: Huh? Drake?!
ジェフリー: プリマス、いや、全イングランドが誇る英雄だ。
Geoffrey: He is Plymouth’s… no, England’s honourable hero.
ナイジェル: 動揺しているようだな。閣下のことを知っているのか?
Nigel: You seem unnerved, do you know about His Excellency?
海斗: やっべえ。つい、ドレイクって聞いて反応しちまった。ええっと、確かこの頃、ドレイクは世界周航を成し遂げたことで、ヨーロッパ中の話題になっていたはずだから……
Kaito: This is bad, I unintentionally reacted when I heard Drake’s name. Eh… if I’m not wrong, right now, Drake has just circumnavigated the world and is being talked about all over the whole world so…
海斗: 一緒の船に乗っていたスペイン人が話してくれました。その……とても恐ろしい船長だと。
Kaito: The Spaniards who were on the ship together with me told me, that… he’s an extremely fearsome captain.
ジェフリー: 気を遣わなくてもいい。どうせ、恐ろしい海賊だと言っていたんだろう?
Geoffrey: You don’t have to worry. They probably told you that he’s a scary pirate right?
海斗: その通りです、サー。
Kaito: That’s right, sir.
ナイジェル: 安心しろ。その恐ろしさも、味方には頼もしく感じられるものだ。『味方』ならな。
Nigel: Don’t worry, that intimidating aura feel like an air of reliability to his allies, if you are one.
ジェフリー: 茶々を入れるな、ナイジェル。カイト、シェア殿にさっきと同じ話をしろ。こちらのサー・フランシスは俺の判断を尊重してくれる。おまえは何も心配する必要はない。
Geoffrey: Don’t stir things up, Nigel. Kaito, Tell Mr Shea about the exact same things. This Sir Francis will respect my decision, there is no need for you to worry. (Kaito sighs in relief)
シェア: やあ、ロックフォード殿。秘書長官殿の部下が、ここ一番の大捕り物に失敗したそうですね。
Shea: Hello Rockford, it seems like the Secretary’s subordinate failed to return with the haul of the day.
ジェフリー: さすがはシェア殿、どこで聞きつけてきたんです?
Geoffrey: (Geoffrey laughs) As expected of Mr Shea, where did you hear that from?
シェア: ご近所の船長からですよ。人は己れの失態でさえなければ、喜んで語ろうとするもの。
私はサー・フランシスの耳の代わりになって、あの方が興味を持ちそうな話を聞き集めているのです。もちろん、ウォルシンガム様に関することは、一番の感心事でしょうな。
Shea: From a captain in the neighbourhood. When it isn’t their own blunders, people love talking about it. I’ve become Sir Francis’ ears and have been gathering news on things he would like to hear about. Of course, he would be most interested about news regarding Mr Walsingham.
ジェフリー: ええ。いずれ、ご報告に上がろうと思っていましたが、ちょうどあなたがいらして下さったことですし、詳細はあなたの口からお伝え願えますか?
Geoffrey: Yea. I’ve been thinking of reporting this to him, since you’re here now, can I pass this piece of information to him through you?
シェア: 喜んで……と申し上げたいところですが、そのお役目はキャプテンのものになりそうですよ。サー・フランシスのご伝言は、早急に相談したき旨あり、バックランド・アビィに来られたし、とのことでした。
Shea: I wish I could say “I’d love to”… but it seems that Captain would have to do that himself. The message that Sir Francis would like to pass on is “I have something urgent to discuss, please come to Buckland Abbey”.
ジェフリー: お屋敷に?
Geoffrey: To his residential quarters?
シェア: はい。僭越ながら、馬もご用意させて頂きました。今からでは日帰りするのは大変ですので、アビィにお部屋を整えさせてございます。
Shea: Yes. Even though it’s presumptuous, we’ve prepared the horse too. It would be troublesome to return here for the night, so we’ve also readied a room in the Abbey.
海斗: ジェフリーがこっちを見た。どうするつもりだ?
Kaito: Geoffrey looked over here. What does he intend to do?
ジェフリー: お気遣い、いたみいります。ただ、もう一人、閣下に紹介したい者がいるのですが。
Geoffrey: Thank you for being so considerate. But, I have a person whom I would like to introduce to His Excellency but…
シェア: どなたでしょう?
Shea: Who is that?
ジェフリー: カイト、こっちへ。
Geoffrey: Kaito, over here.
海斗: へ?
Kaito: Huh?
ジェフリー: この少年です。名前はカイト。スペイン人に襲われ、気を失っていたところを、私の部下が発見しました。
Geoffrey: It’s this young man, his name is Kaito. My subordinates found him when he was unconscious after being attacked by a Spaniard.
シェア: これは……! あ、何というか……奇妙な顔をしていますな。頬骨が発達していないし、鼻も低い。それに、その見たこともないほど真っ赤な髪の毛はどうでしょう。新大陸の原住民ですか?
Shea: Oh… this is… How should I put this, he has an unusual face. His cheekbones aren’t prominent and his nose is flat. Also, I wonder about that red hair which I’ve never seen before, is he a native from the New World1?
ジェフリー: いいえ。彼はジパングからやってきたのです。
Geoffrey: No, he is from Japan.
シェア: なんと!
Shea: What did you say!
ジェフリー: 本当です。サー・フランシスも彼の数奇な運命に興味を持たれるでしょう。それに、アジア航路についての情報も聞くことができます。
Geoffrey: It’s true. Sir Francis would surely be interested in his unfortunate fate. Also he would be able to get information on the route to Asia from him too.
シェア: 素晴らしい。許されるなら、私もぜひ同席させて頂きたいものです。
Shea: This is great. If I’m allowed to, I would definitely like to be present to hear all that.
ジェフリー: サー・フランシスにお目にかかるとなれば、服も改めなければなりません。申し訳ありませんが、埠頭の方で少しお待ち頂けますか?
Geoffrey: If I’m going to meet Sir Francis, I would have to dress properly. I’m sorry but can you please wait for a while by the wharf?
シェア: 判りました。では、また後ほど。
Shea: I understand, then, I’ll see you in a while. (Shea leaves)
ジェフリー: こんなことなら、着替えるんじゃなかったな。カイト、さっき衣装箱にしまった服を出せ。
Geoffrey: If I knew this would happened, I wouldn’t have changed. Kaito, take out the clothes that I kept in the dresser.
海斗: アイ・アイ・サー!
Kaito: Aye aye sir!
ナイジェル: 俺も行く。
Nigel: I’ll go too.
ジェフリー: 必要ない。
Geoffrey: That won’t be necessary.
ナイジェル: なぜ、そう言い切れる? あいつがスパイじゃなくて、刺客だったらどうするんだ? サー・フランシスの命を奪えるなら、スペイン人はどんな汚い手でも使うだろう。
Nigel: Why do you insist on saying that? What if he was an assassin instead of a spy? In order to take Sir Francis’ life, those Spaniards would stoop to any level!
ジェフリー: こんな頼りない殺し屋しかいないのなら、陽の沈まぬスペイン帝国にもいよいよ夕暮れが迫ってきたってことだ。おまえ、カイトの手を見たか? ほっそりとして、深層の姫君も顔負けの嫋やかさだ。
Geoffrey: If they have to depend on such an unreliable assassin, then it would really be the end for the long-suffering Spain. Have you seen his arms? It’s so thin and delicate that even princesses would be put to shame.
ナイジェル: 人を殺す道具は何も剣だけじゃない。非力なら毒薬を使うという手もある。
Nigel: The tools for killing people aren’t limited to blades. If they are incompetent, they would even think of using poison.
ジェフリー: 期待を裏切って申し訳ないが、危険物は一切、身につけていない。トマソン先生の所で身体検査済みでね。
Geoffrey: I’m sorry for disappointing you, but he doesn’t have a single dangerous article on him. He just finished getting a full body check-up at Doctor Thomason’s.
ナイジェル: 拘束されていなければ、後から手に入れることもできるぞ。
Nigel: If he isn’t placed under control, he could just get hold of the materials later.
ジェフリー: やれ、やれ……。判った。そこまで言うなら、カイトがおかしい真似をしないよう、俺がベッタリくっついて見張っていよう。それでいいな?
Geoffrey: Goodness… I got it. If you’re going to such lengths, I’ll stick closely and watch him to make sure that he doesn’t do anything strange. Is that fine?
ナイジェル: おざなりでなければ……。
Nigel: If that’s all you’re willing to do…
ジェフリー: やると言ったからには、責任を持つ。どうせ、おまえの杞憂に終わると思うがな。
Geoffrey: I’ll take responsibility for it after I said I’ll do it. Besides, I think you’re just overthinking things.
ナイジェル: 俺だって単なる気の迷いであって欲しい。だが、あいつの舌は滑らかすぎる。あらかじめ、こちらがするであろう質問を考え、それに対する答えを練習してきたような、用意周到さを感じるんだ。
Nigel: I’m wishing for it to be just my over-caution too. But he speaks too fluently. I have this feeling that he has prepared for the questioning beforehand and has practised the answers to them.
海斗: 鋭い。何て観察眼だ。あまり早く答えるのも危ないってことか……
Kaito: He’s sharp, what intuition he has. Does this mean that it’s dangerous for me to answer too quickly?
ジェフリー: つまり、子供にしては、話に整合性がありすぎると?
Geoffrey: In other words, you’re saying that his story is too smooth and consistent for a child?
ナイジェル: そうだ。誰かに入れ知恵されているとしか思えん。
Nigel: That’s right. I can’t think of a reason other than it being intelligence and instructions from someone else.
ジェフリー: だが、こう考えることもできるだろう。カイトの舌が滑らかなのは、生来おしゃべりなため。用意周到な返答ができるのは、聡明さと用心深さゆえだと。
カイトがその幼い外見からは信じられないほど賢かったからといって、罪に問うことはできまい。
Geoffrey: But, you can think of it this way too. Kaito’s fluency of speech is because he was brought up that way. His answers are well thought-out is because he is clever and cautious. You can’t make it his fault for being too clever while appearing to be young.
ナイジェル: 賢い? 狡猾の間違いだろう?
Nigel: Clever? Don’t you mean shrewd?
ジェフリー: それも見る者の眼によるな。
Geoffrey: That depends on your perspective.
ナイジェル: だったら、俺のをくれてやる! この通り、片方だけしかないが、二つ揃っている奴らより、よほど精度は高いぞ。
Nigel: Then I’ll give you mine. Instead of continuing to look at it from just your perspective, having two points of view will be more accurate.
ジェフリー: せっかくのご好意だが、遠慮しておこう。とにかく、俺の心は変わらない。おまえはここに残って、出航の準備を続けてくれ。以上だ。
Geoffrey: Even though it’s well meaning, I’ll have to pass on it. Anyway, I won’t change my decision. You will stay here and continue the preparations for our next voyage. That’s all. (Nigel storms out)

FLESH & BLOOD 01 (8)
back to top ↑


2. Scene 7

ジェフリー: 服を寄越せ。
Geoffrey: Pass me those clothes.
海斗: はい。
Kaito: Yes.
海斗: 逢える……ついにドレイクに逢えるんだ。あーっ、緊張するぜ!
ホンモノはどんな顔をしてるんだ? どんな声で話すんだろう? 太くて、腹の底に響く感じ? それとも、キンキンと甲高かったりして。
ああー、ヤダ、そんなの『悪魔の竜』とまで言われた男のイメージに合わねえし。
Kaito: I’m going to meet him, I’m finally going to meet Drake! I’m so nervous! I wonder how he looks like in real life? How will he sound like? Will his voice be thick and sound like it rings from the bottom of his stomach? Or will it be shrill and high-pitched? Ah… I won’t want that, it won’t fit the image of a man who is called the “devil’s dragon”!
ジェフリー: カイト、後ろの紐を結んでくれ。
Geoffrey: Kaito, help me tie the strap behind.
海斗: あ、はい。
Kaito: Ah… yes.
海斗: さっき、服の寸法直しのときに、服の着方を習っといて良かったよ。この時代はまだズボン吊りがないから大変だな。
Kaito: I’m glad that I learned how clothes should be worn when I had my clothes altered. There are no belts during this era so it’s troublesome.
海斗: キャプテン、今まで、誰に紐を結んでもらってたんですか?
Kaito: Captain, who did you get to tie your straps for you till today?
ジェフリー: 決まった奴はいない。通りがかりの連中に頼んでいた。船乗りはロープ・ワークが上手いからな。
Geoffrey: I don’t have a fixed person. I’ve always asked for help from someone passing by. Sailors are all good with rope work.
海斗: 服を脱ぐときに後ろの紐を解かないでおけば、時間の節約になるんじゃないですか?
Kaito: If you don’t undo the straps before you take off your clothes, won’t that save a lot of time?
ジェフリー: 俺もそう思って、試したことがある。
Geoffrey: I’ve thought of that before and I tried doing that.
海斗: 結果は?
Kaito: How was it?
ジェフリー: 身体と服の間に妙な隙間ができて、見栄えが悪かった。やはり、不精すれば、それなりの姿にしかならないということだろう。
Geoffrey: I ended up with a lot of strange-looking spaces between my clothes and my body and it looked bad. As expected, I’ll have to forgo certain things if I’m lazy.
海斗: なるほど……。はい、できました。
Kaito: I see. Yes, it’s done.
海斗: ジェフリーって粋なんだよね。ド派手な服を着てたって、下品にならないし。どの服が自分を引き立たせてくれるか、どう着たら最も美しく見えるかを知ってる。
無骨でオシャレなんて興味がなさそうなルーファスは別にしても、この船に乗ってる奴らは伊達男揃いだよ。あんまり誉めたくないけど、あの嫌味な航海長だってパッと目を引くし
……
Kaito: Geoffrey is really stylish, he doesn’t look low class even if he wears flashy clothing. He knows how to dress up to look good and stand out. Besides Rufus who is boorish and has no interest in style, this ship is full of good men. Even though I don’t want to praise him too much, that grouchy vice-captain is also eye-catching.
ジェフリー: では、出発しようか。
Geoffrey: Then, shall we go?
海斗: ちょっと待って。衿が……。ううーん、細い棒みたいなものがあったら、もっと早く直せるんだけどな……。
Kaito: Please wait, the collar… Ah… if only I had a thin stick-like object, this would be faster…
ジェフリー: 用意しておこう。他に必要なものは?
Geoffrey: I’ll see to that. Is there anything else you would like to have?
海斗: 今のところ、それだけです。
Kaito: Ah… for now, that’s all.
ジェフリー: 細かい心配りだ。おまえは服の扱い方を知っているらしい。案外、俺はいいキャビン・ボーイを雇ったのかもしれないな。
Geoffrey: You’ve got an eye for details and it seems like you’re used to dealing with clothes. Unexpectedly, I might have hired a good cabin boy.
海斗: ありがとうございます、サー。
Kaito: Thank you, sir.
ジェフリー: ふうん。
Geoffrey: Hm…
海斗: な……なんですか? そんなにじっと見て。
Kaito: Wha-what is it? You’re staring at me.
ジェフリー: おまえの国の人間は赤毛が多いのか?
Geoffrey: Is red hair common amongst the people in your country?
海斗: いいえ。皆、地毛は黒いです。俺のは染めてるだけで。
Kaito: No, everyone is born with black hair. Mine is dyed.
ジェフリー: 染めた? コチニールか?
Geoffrey: You dyed it? With cochineal2?
海斗: 違います。美容室でやってもらったんで、薬の名前は判らないけど。
Kaito: No, I did it at a salon so I don’t know the name of the treatment used.
ジェフリー: 美容室というのは?
Geoffrey: What is a “salon”?
海斗: んーと、髪の毛を切ったり、綺麗に整えたりする店のことです。
Kaito: Hm… that’s a shop where they cut your hair or make it look nice.
ジェフリー: 鬘屋みたいなものか?
Geoffrey: Is that like a wig shop?
海斗: そう、そう、鬘も扱ってますよ。もっとも、俺の国ではあまりつけませんけど。自毛の美しさを尊重する傾向があるので。
Kaito: That’s right, they do wigs too. But in the first place, the people in my country don’t usually put on wigs. We have a practice of respecting the hair we’re born with.
ジェフリー: ふむ、ジパングの人間は、よほど身だしなみに気を遣っているのだな。確かに美しい。目にも彩な色だ。これなら、赤毛も悪くない。
Geoffrey: Seems like the people of Japan are very particular about personal grooming. It’s beautiful indeed, it’s an appealing colour. If it’s like this, then red hair isn’t too bad too.
海斗: 赤毛が嫌いなんですか?
Kaito: Do you hate red hair?
ジェフリー: いや、一般論だ。俺はあまり髪の色には拘わらん。
Geoffrey: No, I’m neutral. I’m not very particular about the colour of one’s hair.
海斗: じゃあ、なぜ嫌いな人が多いんですか?
Kaito: Then, why are there many who hate it?
ジェフリー: 裏切り者の髪の毛とされているからだろう。
伝説では、主キリストを敵に売り渡したイスカリオテのユダが赤毛だったと言われている。ヴァイキングの神話でも、敵に通じて天界を滅ぼしたロキが赤い髪をしていたそうだ。
まあ、明らかに人と違うところのある者は、目をつけられたり、敵視されやすいんだろうな。
Geoffrey: That’s because it’s associated with the hair colour of traitors. According to the legends, the Judas Iscariot3 who betrayed Christ was said to have red hair. In the Viking myths, Loki4 who destroyed the heavens after changing sides also had red hair. Well, when you have something that sticks out, it is eye-catching and it’s easy for others to view you as an enemy.
海斗: どうしよう、俺……黒髪に戻した方がいいのかな……いや、そもそも、この時代の染髪料って、ちゃんと色が定着するのか?
Kaito: What should I do, should I revert to black hair? But in the first place, can the hair dyeing treatments of this era work properly?
ジェフリー: 安心しろ。今はカトリックの奴ら以外、表立って悪口を言う奴はいない。我らが女王陛下も父親譲りの赤毛をお持ちだ。
Geoffrey: Don’t worry. In these days, other than those Catholic guys, nobody would speak badly on you based on your appearances. Our queen was also born with red hair from her father.
海斗: 良かった……。
Kaito: I’m glad…
海斗: でも、確かほんの数十年前まで、この国には火あぶりがあったんだよな。迷信や伝承なんかを信じて……。用心はしといた方がいいかも。
Kaito: But if I’m not wrong, there were still witch hunts in this country a few decades ago. They still believe in superstition and myths… It might be better if I’m on my guard.
海斗: あの……まだ俺の髪の毛に問題が?
Kaito: Excuse me… are there any more problems with my hair?
ジェフリー: ないよ。素晴らしい感触を愉しんでいただけだ。絹糸のような髪。そして、肌は溶けた黄金のように滑らかで、南洋の真珠のように温かな輝きを放っている。男であっても、ご婦人方の嫉妬の眼差しを浴びそうだ。
Geoffrey: No there isn’t, I’m just enjoying the pleasant feel. This hair that feels like silk thread, and your skin feels smooth like melted gold. You radiate a warm brilliance like a pearl from the southern seas. Even though you’re a boy, it seems like even women would be jealous of you.
海斗: 油断してたら、何かヤバそうな雰囲気に……
Kaito: Just when I let my guard down, the atmosphere is getting weird…
海斗: じゃあ、俺、床掃除に戻ります。
Kaito: Then, I’ll get back to cleaning the floors…
ジェフリー: 待て。
Geoffrey: Wait.
海斗: 何をするんですか……っ!
Kaito: What are you doing?
ジェフリー: 信じられんな。本当に十七歳か? 髭など生えたこともなさそうな顔をして……
Geoffrey: I really can’t believe it, are you really 17 years old? Your face looks like you can’t even grow a beard…
海斗: 失礼な! 人より薄いだけで、ちゃんと生えてます!
Kaito: How rude! It’s just thinner than other people’s, but I definitely have one!
ジェフリー: 産毛の間違いじゃないのか?
Geoffrey: Did you mistake your downy hair for it?
海斗: ち・が・い・ま・すッ!
Kaito: Of course not!
ジェフリー: ああ、判った。判ったから、いい加減におとなしくしろ。綺麗に服を着せてくれた褒美をやろうというのだ。
Geoffrey: Yes, I get it. I get it already, so just behave yourself. I’m just going to give you a reward for dressing me so well.
海斗: 何ですか、褒美って?
Kaito: What’s this reward?
ジェフリー: 俺のキス。
Geoffrey: (Geoffrey laughs) A kiss from me.
海斗: 遠慮します! モウ、イラン! イランッツーニ! ヒトノハナシヲキケッテバ、コノヤロウ……ッ!
Kaito: I’ll pass on that! I don’t need it, I said I don’t need it! Listen when people are talking, you!
ジェフリー: こら、暴れるなと言ってるだろうが。
Geoffrey: Oi, didn’t I tell you to behave yourself?
海斗: 俺の身体には触らないというのが、キャビン・ボーイになるときの条件だったでしょ?
Kaito: Wasn’t “not touching me” one of the conditions when I became your cabin boy?
ジェフリー: 違うな。俺はベッドの相手は務めなくてもいいと言ったんだ。だから、ベッドに入っていなければ身体をまさぐってもいいし、キスをしても構わない。
Geoffrey: That’s not true, I just said that you didn’t have to become my partner in bed. That’s why, if we aren’t on the bed, I’m free to grope your body, you can’t resist even if I kiss you too.
海斗: 詭弁だ!
Kaito: That’s playing around with words!
ジェフリー: 念を押さなかったおまえが悪い。
Geoffrey: It was your fault for not confirming.
海斗: この、ド悪党! 恥を知れーっ!
Kaito: This conman! Have some shame!
ジェフリー: まったく、喧しい奴だ。ロンドンに送りたくなってきたぞ。
Geoffrey: Goodness, such a noisy fellow. I’m starting to feel like sending you to London.
海斗: ……卑怯者っ! あんたなんか大嫌いだ!
Kaito: How lowly… I hate people like you!
ジェフリー: 黙れ。
Geoffrey: Keep quiet! (Geoffrey pinches Kaito’s nose)
海斗: 痛っ!
Kaito: Ouch!
海斗: 鼻を抓まれた……
Kaito: He pinched my noise…
ジェフリー: ふん、他愛のない……もう降参か?
Geoffrey: Hmph, how guileless. Are you giving up already? (Geoffrey kisses Kaito)
海斗: 唇が熱い。丁字煙草みたいな味がする。重なった唇が、俺のかジェフリーのか判らなくなって、まるで、溶けあうみたいな感じ。
……うわーっ! 舌! 男とキスをするだけでも冗談じゃねえってのに、この上、舌なんか入れられてたまるかよっ!
Kaito: His lips are so hot, it tastes like clove tobacco. Our joined lips, I’m starting to lose track of which is mine and which is Geoffrey’s. I feel like I’m melting. Ah… whoa! His tongue! You got to be kidding me, kissing a man is bad enough, as if I could stand having his tongue in me!
ジェフリー: ジパングの人間はキスをしないのか? もっと口を開けろ。
Geoffrey: Do the people in Japan not kiss? Open your mouth wider.
海斗: お断りだ!
Kaito: (Kaito shakes his head) I refuse!
ジェフリー: 弱ったな。怒った顔も俺好みときている。もう一度だ。
Geoffrey: I’ve grown weak, even your angry face is my type. Once more.
海斗: こんのー!
Kaito: This! (Kaito kicks Geoffrey)
ジェフリー: ……! 脛を! 何をしやがる……!
Geoffrey: Ouch! My shin! Why did you do that ?!
海斗: それはこっちのセリフです、サー。ジパングでは、相手が同意していないのに身体に触れたり、聞くに耐えないようないやらしいこと言ったら、法律によって罰されるんですからね。
Kaito: That should be my line, sir! In Japan, if the other party doesn’t consent to it, touching another person’s body or saying words that are indecent is against the law and you will be punished.
ジェフリー: その法律を作った奴は朴念仁だ。この世には臍曲がりで、言い寄られても素直になびくことができない相手がいるってことを知らないのか。そういう奴には、こっちが強気で迫ってやるのが礼儀ってものだろうが。
Geoffrey: The person who made that law must have been a rigid person. This world is perverse, don’t you know that there are people who can’t respond honestly even if you make advances on them? For those people, it’s just a form of courtesy to pursue them doggedly.
海斗: あなたに嫌がるフリをしている人と、本当に嫌がってる人の区別ができるんですか?
Kaito: Can you distinguish between someone who is really rejecting you and someone who is pretending to do so?
ジェフリー: 当然だ。最初はゴタゴタ言っていても、後で文句が出た例しがない。
Geoffrey: Of course. Even if they complain at first, they won’t be able to say anything afterwards.
海斗: 何て自信家!
Kaito: What confidence!
海斗: だったら、俺は文句を言う最初の人間ですね。
Kaito: In that case, I’d be the first person to complain then.
ジェフリー: 俺を挑発しているのか?
Geoffrey: Are you challenging me?
海斗: してません。事実を述べているだけです。
Kaito: I’m not, I’m just stating the facts.
ジェフリー: では、その言葉を撤回させるまでだ。
Geoffrey: Then, I’ll just make you take those words back.
海斗: 話の通じない人だな! 金輪際、俺はあんたとキスなんてしたくない。断りもなく、勝手に身体に触れられたくないんです! だから、俺の心を変えさせようなんて無駄な努力は止めて、放っといて下さい。
Kaito: I really can’t get my words across to you! Even if the world ends tomorrow, I wouldn’t want to kiss you! I don’t want you to touch me whenever you like, when I don’t even approve of it! So you can stop with your meaningless efforts to try to change my mind and leave me alone!
ジェフリー: 断りもなくだと? ハッ! いちいち、そんな不粋な真似をしていられるか。では、互いに憎からず思っている女と寝たいときは、何と言って同意を請えばいいんだ?
『失礼、マダム、あなたと交わりたいのですが、よろしいでしょうか』とでも?
馬鹿馬鹿しい! 概して女というのは気取り屋で、本音はどうであれ、慎み深い人間を演じたがる。絶対に色良い返事は寄越さないぞ。そんな野暮を口にした男を軽蔑し、憎むだけだ。
Geoffrey: Without your approval? (Geoffrey snorts) As if I could do such boorish things. Then, when I want to sleep with a woman who doesn’t hate me, what should I say to obtain her approval? “Excuse me madam, I would like to have sexual intercourse with you. Do you approve of that?” Something like that? Don’t be foolish! In the first place, women are all arrogant. No matter what’s really in their minds, they will pretend to be modest and never give a favourable response. They will only discriminate against and hate men who say such direct words.
海斗: そのたとえ話は俺には当てはまりません。俺は女じゃないし、キャプテンに気がある訳でもないんですから。いくら相手があなたでも、自分の意志に反するようなことはできません。
Kaito: That example doesn’t apply to me. I’m not a woman and I don’t have any such inclinations towards Captain. Even if the other party is you, I can’t do something that is against my own will.
ジェフリー: 意志だと? おまえにそんなものを主張する権利があると思うのか? 乗組員は船長に絶対服従しなければならない。戦場では、俺の意志が全てに優先するんだ。船長の命令は神の託宣だと思え。それが海の掟だ。逆らえば……。
Geoffrey: Your will? Do you think you have the right to speak of that? All sailors will have to obey the captain without fail. During times of battles, my will precedes everything else. You can think of my orders as words from a God. That’s the rules of the seas. If you go against that…
海斗: 船倉の汚水取り……でしょ。
Kaito: It will be the waste water container… right?
ジェフリー: そうだ。ルーファスにおまえの本当の年を言ってやろうか?
Geoffrey: That’s right. Shall I tell Rufus your real age?
海斗: あんたには情けってもんがないのかよっ!
Kaito: Don’t you have something called sympathy?!
ジェフリー: 俺が本当に冷酷な男なら、今頃、おまえは秘書長官殿に引き渡されているか、ナイジェルの容赦ない尋問を受けているだろうさ。
あまり、俺の我慢を試さぬことだ。情けも一方的に求められていては擦り切れる。
Geoffrey: If I were really a cold-hearted man, you would be handed over to the secretary, or be mercilessly interrogated by Nigel. You should stop testing my limits. My sympathy will wear thin if I’m the only one who’s handing it out.
海斗: 許してください……。
Kaito: Please forgive me.
ジェフリー: いいぞ。今回は見逃してやる。
Geoffrey: All right, I’ll let it go this time.
海斗: キスするつもりだ……。ここで許したら、次は何をされるか判らない。
Kaito: He intends to kiss me. If I let him do this now, I won’t know what he will do the next time.
海斗: じゃ、じゃあ、キスも今回だけにして下さい。俺はキリスト教徒じゃないけど、今は亡き母親から男とそんなことをしたら地獄に落ちるって教えられて育ったんです。
Kaito: Th-then, please stop kissing me after today. I’m not a Christian, but I’ve been taught and brought up by my mother that if I do that with a man, I’ll be sent to hell.
ジェフリー: 地獄というのは、よほど広い場所らしいな、異教徒まで受け入れねばならんとは。
Geoffrey: It seems like this “hell” is a really huge place, to think that they have to accept people of other religions too…
海斗: 本当に怖いんです。お願いですから、この一回で終わりに……。
Kaito: I’m really scared. I’m begging you, please end it with this time.
ジェフリー: 嫌だと言ったら?
Geoffrey: And if I refuse to? (Geoffrey kisses Kaito)
海斗: や……や、嫌だ!
Kaito: No… I don’t want to…
ジェフリー: ケダモノ、悪魔、鉄面皮――何とでも言え。だが、口にしたからには、俺に思いやりの心など期待するな。
Geoffrey: Monster, devil, impudent… you can say what you like. But, if you say that, don’t expect me to be considerate towards you.
海斗: セックスの意識が、二十一世紀と全然違うんだ。力を持たない者は、持てる者の餌食にされるしかない。
Kaito: Their idea of having sex is totally different from that in the 21st century. Those without power can only be played around by those with power.
海斗: 嫌だよ。こんな目に遭うくらいなら、いっそ、あのビセンテって奴に殺されてたら良かった。生きていたって、辛いことばかりじゃないか……。
Kaito: I don’t want to. If I have to go through this, I wish I had been killed by that Vicente person. Even if I survived, hadn’t it been just suffering for me?
ジェフリー: 根性なしめ。
Geoffrey: (Geoffrey slaps Kaito) Coward.
海斗: 何するんだよ……っ!
Kaito: What did you just do?!
ジェフリー: 柔らかい頬がヒリヒリするか? だが、末期の苦しみはそんなものではないぞ。死にたい、死にたいと言う奴に限って、いざとなると未練を残して、醜態を曝す。どうせ、おまえも口ばかりだ。
Geoffrey: Is your soft cheek tingling? But, the pain of dying is nothing like that. When the time comes, only those who kept whining about wanting to die would suddenly realise that they have regrets in this world, and they will make a scene. Anyway, you’re probably just all bark.
海斗: 違う……!
Kaito: I’m not!
ジェフリー: そんなに死にたければ、俺が殺してやろう。せめてもの情けにひと突きでな。それとも、自分でやるか?
Geoffrey: If you really want to die that badly, then I’ll kill you. This is the least I could do out of my sympathy for you. Or do you want to do it yourself? (Geoffrey throws a sword on the ground)
海斗: 剣……。
Kaito: Sword…
ジェフリー: どうした? 自殺をした者も地獄行きか? 男と寝るのと、どちらが罪が重い?
Geoffrey: What’s wrong? Do the people who commit suicide go to hell too? When compared to sleeping with a man, which sin is heavier?
海斗: あんたに俺の気持ちが判るもんか……っ。俺のこと……何も知らないくせに!
Kaito: As if you can understand my feelings! You don’t even know a single thing about me!
ジェフリー: ああ、判らんね。だが、知りたいと思っている。俺にキスされたぐらいで死にたくなった訳ではあるまい。殺してくれた方が良かったなどと投げ遣りなことを口走る理由を、俺にも判るように説明してみろ。
Geoffrey: Yea, I don’t understand, but, I want to know. It’s not that you would want to die after getting kissed by me. Explain it in a way that I can understand, the reason why you would say that getting killed is better.
海斗: 話せるなら、とっくに話してる。俺は未来から来た。元の世界に戻りたい。それができないから、こんなに悩んでるんじゃないか。
Kaito: If I could say it, I would have done so long ago. I came from the future and I want to return to my world. Because I can’t do that, I’m worrying so much over it.
ジェフリー: そんなにタナカという男が恋しいのか? 彼を失ったことが辛いのか?
Geoffrey: Do you miss that Tanaka person so much? Was it that tough to have lost him?
海斗: そう……だよ……っ。
Kaito: That’s… right…
海斗: やっぱり死ぬのは怖い。だったら、生き延びるために芝居を続けなくちゃ……
Kaito: I really don’t want to die. In that case, I’d have to continue my pretense so that I can survive.
海斗: タナカ様は俺のことを責めない……ずっと俺の味方で、優しくしてくれた……あの人がいるから船に乗ったんだ……こんな所に一人で放り出されるって判ってたら、絶対……絶対、来なかったのに……。
Kaito: Tanaka-sama never blamed me. He has always been on my side and he was very kind towards me. Because he was there, I rode on that ship too. If I knew that I would be left alone at such a place, I would have never… never came in the first place…
ジェフリー: 零れたミルクは元に戻らないな。
Geoffrey: There’s no use crying over spilled milk.
海斗: うーっ。
Kaito: (Kaito cries)
ジェフリー: 泣くな。悪かった。全ての非は物慣れない坊やをからかった俺にある。
船乗りの掟に縛られているのは、おまえだけではない。俺も同じだ。溺れる人間を救った者は、その命に責任を持たなくてはならない――つまり、俺は何としてでも、おまえを守らねばならんという訳だ。
Geoffrey: Don’t cry, I’m sorry. I was wrong for teasing someone who hasn’t gotten used to things here. You aren’t the only one who is bound by the rules of sailors. It’s the same for me too. The person who saves someone from drowning would have to bear the responsibility for him. In other words, no matter what, I’d have to do all I can to protect you.
海斗: 俺が見つかったのは丘の上だけど……?
Kaito: Even though I was discovered atop a hill?
ジェフリー: たとえ話だ。本当に頭の悪い奴だと思われたくなかったら、少し黙ってろ。いや、完全なたとえ話でもないな。少なくとも、おまえの眼は溺れかけているようだ。
Geoffrey: It’s just an example. If you don’t want me to think that you’re a stupid person, keep quiet for now. No, it’s not just an example. At least, I’m drowning in your eyes.
海斗: 優しい言葉。でも駄目だ。まだジェフリーを信じるわけにはいかない。
Kaito: Such kind words. But I can’t, I can’t trust Geoffrey yet.
海斗: もう……平気です。
Kaito: I’m fine already.
ジェフリー: よし。雇用条件を改めよう。身の回りの世話をしてもらう以上、完全におまえとの接触を断つということは不可能だ。しかし、ベッドはもちろん、それ以外の場所でもおまえの貞操を脅かすような真似はしないと約束する。
Geoffrey: All right, let me change the employment terms. Since you’re going to assist with my matters, I can’t eliminate all form of bodily contact with you. But, I’ll promise not to do anything on the bed or anywhere else that will threaten your chastity.
海斗: 本当に……?
Kaito: Really?
ジェフリー: ああ。俺もタナカ並みにお人好しになってきたらしい。それとも、譲歩せざるを得ないような状況を作り出すおまえがやり手なのか?
まあ、いい。仲直りをして、バックランド・アビィへ行こう。使者殿も待ちかねているはずだ。さ。
俺の手を掴むのも駄目か? では、自分で立ちたまえ。
Geoffrey: Yea, it seems like I’ve become as kind as Tanaka. Or could it be, that it’s your ability to create a situation where I can’t not give in to you? Well, now that we’ve made up, let’s go to Buckland Abbey. Mr Shea must be sick of waiting too. Come on. (Geoffrey stretches out hand towards Kaito) You can’t even take my hand? Then, stand up by yourself.
海斗: 何の疑いもなく、友達にするようにジェフリーの手を取ることができたら……。無理か。ジェフリーは俺の後見人、番人みたいなもの。決して友達にはなれないんだから。
何も言わず、何も求めずに、俺の傍にいてくれたのは和哉だけだ。
……逢いたい。
Kaito: If I could take Geoffrey’s hand without any hesitation like a friend… is that even impossible? Geoffrey is like my guardian, like my watchman. We can never become friends. The only one who would stay by my side silently, without asking for anything in return, was Kazuya. I miss him.
ジェフリー: どうした?
Geoffrey: What’s wrong?
海斗: 何でもない。
Kaito: It’s nothing.
ジェフリー: では、出発しよう。
Geoffrey: Then, let’s set off.

FLESH & BLOOD 01 (9)
back to top ↑


3. Scene 8

海斗: ん……ん……。
Kaito: Mmm… mmm…
ジェフリー: どうした、カイト? また具合でも悪くなったか?
ガキめ……。人に手綱を持たせておいて、俺の胸で寝てしまうとは。
Geoffrey: What’s wrong, Kaito? Do you feel unwell again? What a kid… Just because I’m holding the reins, he fell asleep against my chest.
ジェフリー: 安心しきった顔して……。貞操を守るという俺の言葉を信じきっているのか?
憎しみをぶつけてくる者がいるとは、夢にも思わぬ無邪気さ。困っていれば、きっと誰かが助けてくれると信じる心。そんな子供だけに許される甘えを、カイトは持ち続けたまま成長したらしい。
どれだけ周囲の人間に愛されてきたか判る。俺の好意も、あっという間に攫っていったしな。
もちろん、肉体にも魅かれているのは否定しない。ルーファスが指摘したように、カイトは綺麗な少年だ。シェアは鼻が低いと言ったが、むしろ、口づけるときに邪魔にならなくていい。
Geoffrey: He has such a relieved face. Is it because he believes in my promise of protecting his chastity? He has such innocence as though he has never dreamed of meeting someone who really hates him. He really believes that there will be someone who comes to his rescue whenever he is in trouble. It seems like he has continued to hold onto this naivety which only kids were allowed to have despite having grown up. I can tell that he has been loved by the people around him, he also won over my goodwill in no time. Of course, I don’t deny that I’ve been attracted by his appearances too. Just as Rufus had said, Kaito is a pretty boy. Even though Shea said that his nose is flat, I find it better because it doesn’t get into the way when we kiss.
ジェフリー: おまえは何もかも俺の好みにピッタリ合うのに……物事はそうそう上手く運ばないものだな、おい。
Geoffrey: Even though you fit exactly into my ideals, things never go that smoothly… oi.
海斗: う……うーん……。
Kaito: Mmm…
ジェフリー: 勝手な奴め。触れることは許さないくせに、自分から身体を押し付けてくるとは。
Geoffrey: What a selfish fellow. Even though you don’t allow me to touch you without your permission, you’re leaning onto me.
ジェフリー: 俺が十七歳の頃には、数え切れないほどのスペイン人を血祭に上げていた。殺し、略奪する。その繰り返しに、うんざりすることもある。
だが、服に金をつぎ込んでも、シリルと遊んでも、陸での暮らしは俺を満たしてくれない。気の置けない仲間がいる船に、あの大海原に戻りたくなってしまう。船乗り以外の人生は考えられない。
だが、こいつはどうだ? 本人の希望とはいえ、残酷な死神の横行する海に連れて行けば、カイトは積み上がる死体に怯え、俺達、海賊の罪深さに恐れ戦くのが関の山だろう。
それだけならまだいい。自分が殺される可能性もあるという事実を、カイト自身はどれだけ理解しているのか。
だが、今さら陸に残していくと言っても、こいつが承知しない。やはり、連れて行って、俺が気を配ってやるしかないか
……
まずは自分の身を守る術を教えてやらないと
……くそ、こいつに剣を持たせるなんて言ったら、またナイジェルが怒髪天を突くな。
Geoffrey: When I was 17 years old, I was stained by the blood of countless Spaniards. I killed and plundered, I was sick of the cycle. But, no matter how much clothes I buy, how much I indulge in Cyril, I didn’t find the life at the Hoe fulfilling. I would yearn to return to the wide seas with the comfort of my comrades on the ship. I couldn’t imagine a life besides one on the seas. But what about him? Even though he wishes for it, to bring him onto the seas where the merciless death god frequents, Kaito would probably start to fear the piles of corpses and the sinfulness of us pirates. If that’s the case, it still doesn’t amount to a cause for concern. I wonder how much he is aware of the fact that he might get killed. But, he wouldn’t forgive me if I try to leave him at the Hoe. I guess, there’s no other way but for me to bring him along and protect him. I’d have to teach him about how to protect himself first. Damn, Nigel is going to boil with rage if I tell him that I’m going to let Kaito handle blades.
ジェフリー: おい、起きろ。
Geoffrey: Oi, wake up.
海斗: ん……ああ。
Kaito: Mm… ah…
ジェフリー: そろそろ着くぞ。
Geoffrey: We’re reaching soon.
海斗: は、はい。つい、居眠りしちゃって……すみません。あれがお屋敷ですか?
Kaito: Ah… yes. I fell asleep unknowingly, I’m sorry. Is that the mansion?
ジェフリー: そうだ。もともとはシトー派の修道院だったのを、ヘンリー八世陛下が没収して、先代のサー・リチャード・グレンヴィルに売った。
Geoffrey: That’s right. It was originally a Cistercian abbey. After Henry VIII confiscated it, it was sold to the previous owner, Sir Richard5.
海斗: 没収?
Kaito: Confiscated?
ジェフリー: 海賊みたいにカトリックの財産を略奪したんだ。不足しがちだった国庫を潤すためにな。娘の女王陛下もそうだが、チューダー王家は金儲けの機会を逃さない。がめついのさ。
Geoffrey: He plundered the riches of Catholics just like pirates, to replenish the depleted national treasury. His daughter, Her Majesty, is the same, the Tudor dynasty doesn’t let any profiteering chances escape. They are greedy.
海斗: 王様達のことを、そんな風に言っていいんですか?
Kaito: Is it all right to talk about your King and Queen like that?
ジェフリー: なぜ? 俺は非難している訳ではない。事実を述べただけだ。そりゃ気前のいい王様の方が国民も嬉しいが、昨今のイングランドを取り巻く状況はそれを許さない。
がめつくて結構さ。金がなければ、戦争はできないからな。
Geoffrey: Why not? I’m not criticising them, I’m merely stating the facts. The people would be happy if the King is generous, but England’s current situation doesn’t allow that. It’s fine to be greedy, we can’t go to war without money.
海斗: 戦争……スペインと……。
Kaito: War… with Spain…
ジェフリー: そう。いつになるかは判らないが、必ず起こる。お互い、決着をつけなければならないことは判っているんだ。
Geoffrey: That’s right. I don’t know when it will be, but it will definitely happen. Both sides know that they have to put an end to things.
海斗: 来年の……あっ。
Kaito: Next year… ah!
ジェフリー: 来年がどうした?
Geoffrey: What about next year?
海斗: ああ、起こるとしたら、それぐらいかなあって思っただけです。いざ、戦争となったら色々と準備しなきゃならないでしょ? あっという間に時間がたっちゃいそうだ。
Kaito: Ah… if it’s going to happen, I thought it might be around that time. When it’s wartime, there are a lot of preparations which have to be done right? It feels like time will pass by unknowingly.
ジェフリー: 確かにな。
Geoffrey: That’s true.
海斗: なんでグレンヴィル殿は、屋敷をサー・フランシス・ドレイクに譲ったんですか?
Kaito: Why did Mr Grenvile hand the mansion over to Sir Francis Drake?
ジェフリー: 羽振りが悪くなったからさ。サー・フランシスは世界周航の利益でプリマス一の金持ちになった。
一方、当代のグレンヴィル殿はこの屋敷を売った金で船を仕立てて、従兄弟のサー・ウォルター・ローリーと一緒にアメリカの植民事業に乗り出したが、今までのところ、大した利益は上がっていない。
Geoffrey: Because his influence plummeted. Sir Francis became the richest man in Plymouth from the riches he got after circumnavigating the world. Also, the current Sir Grenville built a ship from the money he got from selling the house and set off to America to start up some colonisation business with his cousin, Sir Walter Raleigh6. But till today, they haven’t made much profit.
海斗: ウォルター・ローリー……!
Kaito: Walter Raleigh…
海斗: その植民地を処女王エリザベスにちなんで、ヴァージニアと名付け、ヨーロッパにジャガイモを移植し、煙草を流行らせた男だ。
Kaito: That colony was for the virgin Queen Elizabeth and he named it Virginia. He was also the man who transplanted potatoes to Europe and popularised tobacco.
ジェフリー: ローリー殿のことも知っているのか?
Geoffrey: Do you know about Sir Raleigh too?
海斗: ああ、はい。スペイン人が噂を……。
Kaito: Ah… yes. A Spaniard was talking about him…
ジェフリー: そいつも変わったヤツだな。自分の国の英雄よりも、敵の海賊どもの話をしたがるとはな。
Geoffrey: That’s a weird person, to think that he would rather talk about the pirates of an enemy country than his own country’s heroes.
海斗: そ、そういえばそうですね。
Kaito: C-come to think of it, that’s right.
ジェフリー: 降りるぞ。どう!
Geoffrey: We’re here. Stop!
パーキンス: ようこそ、おいで下さいました、ロックフォード様。
Perkins: Thank you for gracing us with your presence, Mr Rockford.
ジェフリー: 久しぶりだな、パーキンス。
Geoffrey: It has been a while, Perkins.

back to top ↑


4. Scene 9

海斗: すっげえ……、どこもピカピカに光ってる。石の床は塵一つ落ちてない。壁の蝋燭立ては全部、銀製だ。素人の俺の目から見ても、すっごく高そう
Kaito: Amazing… it’s sparkling everywhere. There isn’t even a speck of dust on the stone floors and the candle holders on the walls are all made of silver. From the eyes of a commoner like me, they look very expensive.
パーキンス: ロックフォード船長がお見えになりました。
Perkins: Captain Rockford has arrived.
フランシス・ドレイク: おう、ジェフリー、待っていたぞ。
Francis Drake: Oh Geoffrey, I’ve been waiting for you.
ジェフリー: 遅くなりました、閣下。
Geoffrey: It has been a long time, your excellency.
海斗: ……あれが、エルドラゴン――悪魔の竜と呼ばれた男。伝説の海賊、フランシスドレイクか。緊張して、顔が見られない
Kaito: That… that is El Draque, the man who was called the devil’s dragon, the legendary pirate, Francis Drake. I’m so nervous that I can’t even look straight at his face.
ドレイク: 出航の準備は進んでいるか?
Drake: Are the preparations for your voyage going smoothly?
ジェフリー: ナイジェルのおかげで順調です。
Geoffrey: Thanks to Nigel, it’s going well.
ドレイク: 有能で忠実なグラハム……まだ、彼を譲る気にはならないか?
Drake: Graham is talented and loyal, are you still adamant about not handing him over to me?
ジェフリー: お許し下さい。あいつが俺の船を下りるときは、閣下の航海長になるためではなく、独立してキャプテンを名乗るときでしょう。
Geoffrey: Please forgive me. When he leaves my ship, it won’t be to become Your Excellency’s commander but to become an independent captain of his own ship.
ドレイク: 進んで下りるかね。今までだって、自分の船を持てる機会はいくらでもあった。それでも、君の傍を離れようとしなかったではないか。恩義を忘れぬ見上げた男だ。
Drake: I wonder if he would be able to leave. Till now, he has had lots of chances where he could have owned his own ship. Even so, he didn’t try to leave your side. He’s a man who doesn’t forget who he’s indebted to.
ジェフリー: さっさと忘れてもらいたいんですがね。俺の方こそ、あいつにはどれだけ助けられているか判らない。
Geoffrey: I’d rather he forget it soon. I’m the one who has been saved by him countless times.
ドレイク: 互いに庇い合う――何と美しい友情だ。宮廷では望むべくもない。あそこでは手を握る代わりに、足を引っ張り合うのだ。
ああ、綺麗事は言わん。今では私も同類だ。
Drake: You protect one another, what a beautiful friendship. That can’t be expected in the imperial court, that is a place where instead of helping out others, people will obstruct each other. Oh, I should stop with these words, right now I’m one of them too.
ジェフリー: では、今日のウォルシンガム閣下の失点についての話などは、何をおいてもお聞きになりたいでしょうね。
Geoffrey: Then, you would want to hear everything about how Walsingham failed today right?
ドレイク: もちろんだ。私も君の耳に入れておきたいことがある。だが、その前に教えてくれ。あの少年は何者だ?
Drake: Of course, there is something I would like you to hear too. But, before that, tell me who that young man is.
ジェフリー: ご紹介しましょう。この度、キャビン・ボーイとして雇った者で、名はカイト・トーゴー。
ユグノーの海賊に攫われ、危うくこのイングランドで売り払われようとしていた少年です。本人の言葉によれば、ジパングの出身とか。
Geoffrey: Let me introduce you. He is the cabin boy I hired recently, his name is Kaito Tougou. He was kidnapped by Huguenot7 pirates and was supposed to be sold in England. According to him, he’s from Japan.
ドレイク: なに……っ。黄金の国ジパングか。それは、まことか? いや、ジェフリーではない。おまえに聞いてる。
Drake: What… he’s from the golden country Japan? Is that the truth? No, I’m not asking Geoffrey, I’m asking you.
海斗: そ、そうです。
Kaito: Th-that’s right.
ドレイク: 詳しい話を聞かせてくれ。ああ、もっと近くに来い。
Drake: Tell me the details. Ah, come closer.
ジェフリー: お言葉に従え。
Geoffrey: Obey his words. (Kaito walks closer)
ドレイク: 俯いていては顔がよく見えぬぞ。ちゃんと正面を向け。
Drake: If you keep looking down I can’t see your face proper, look at me in the face properly.
海斗: はい。……あ……あ、小さい……。
Kaito: Yes. (Kaito looks up) Ah… um… small…
ドレイク: 何だと?
Drake: What did you say?
海斗: な、なんでもありません!
Kaito: Ah… no… it’s nothing!
ドレイク: ごまかすな。何が小さいのだ?
Drake: Don’t deceive me. What is small?
海斗: あ……そ、その……身長が……想像していたより……低いっていうか……。
Kaito: Ah… th-that is… you are shorter than… what I thought you would be…
ドレイク: 驚いたな。面と向かって、私の背について口にする勇気がある者がいたとは。
Drake: I’m shocked, to think that there was someone who had the guts to say that in my face.
ジェフリー: 閣下、子供の言うことですから。
Geoffrey: My Excellency, those were but a child’s words…
海斗: すっ、すみません! すみませんっ! つ、つい……。
Kaito: I’m… I’m sorry, I’m sorry! I just…
ドレイク: 本音が出たか?
Drake: Said what you truly thought?
海斗: は……あ……じゃなくって、いいえっ!
Kaito: Yes… no I mean, no!
ドレイク: 実際の私は、おまえを失望させたかね?
Drake: Did I disappoint you in person?
海斗: そ、そんな……!
Kaito: No… no way! (Geoffrey and Drake laughs)
ジェフリー: ご寛恕下さい。彼の不作法は、私が謝罪します。
Geoffrey: Please forgive him, I will take responsibility for his rudeness.
ドレイク: 構わん。坊主もそんなに恐縮する必要はないぞ。
スペイン人は自分達に都合のいい噂ばかりを広めるのだ。子供の肉を喰らうとか、悪魔と取引をして、全てを見通す魔法の鏡を持っているとかな。だから、身の丈以上の評判に悩まされるのは慣れっこだ。
Drake: I don’t mind. Kid, you shouldn’t be that scared too. Those Spaniards must have spread rumours according to their own fancy, that I eat the meat of children, or that I made a pact with the devil and hold a magic mirror which shows everything. That’s why, I’m used to gossips which go beyond my height.
海斗: あ、ありがとうございます、サー。
Kaito: Thank you so much, sir.
ドレイク: また、おまえから譲ってもらいたい者が出てきたぞ、ジェフリー。正直で率直なキャビン・ボーイ。この坊主を傍に置いておけば、愚かな自惚れに陥るのを防げそうだ。どうだ、私の船に来ないか?
Drake: Geoffrey, another person whom I would like to take from you just appeared. An honest and frank cabin boy, with him beside me, I’m sure I won’t fall into foolish conceit. How’s that, do you want to come over to my ship?
海斗: こ、光栄ですけど、俺もキャプテンに恩義があるので……。
Kaito: I-I’m honoured but I am indebted to Captain too…
ドレイク: またか! 今度はどんな経緯だ?
Drake: Again? What’s the story this time?
海斗: はい。俺はジパングでタナカ様の……。
Kaito: Yes. In Japan, I was Tanaka-sama’s…
ドレイク: なるほど。それでおまえは、ビセンテ・デ・サンティリャーナに襲われたのか。しかし、あやつを取り逃がしたとあっては、ウォルシンガム殿も腹の虫が納まるまい。私もほくそ笑む気にはなれんな。
Drake: I see. That’s when you were attacked by Vicente de Santillana. But, Walsingham is infuriated after letting him escape. Even I don’t find it funny.
ジェフリー: どんな男なんです?
Geoffrey: What sort of man is he?
ドレイク: 海軍将校で、アロンソ・デ・ルイスの航海長を務めている男。デ・ルイスのことは知っているが、敵ながらあっぱれな船長でな。間近で彼の薫陶を受けているサンティリャーナが凡庸であるはずがない。
Drake: He is a navy officer, and is also Alonso de Luis’ chief nagivator. You should know about De Luis, although he’s our enemy, he’s an admirable captain. For Santillana to be by his side and under his influence, he can’t be an ordinary man.
ジェフリー: 今回もすんでのところで逃げ果せましたしね。
Geoffrey: He escaped against all odds this time too.
ドレイク: どんな顔立ちをしていた?
Drake: How did he look like?
海斗: ああ、ええっと、すごく整っていて……。
Kaito: Ah… well… he was quite regular.
ドレイク: ジェフリーみたいに?
Drake: Like Geoffrey?
海斗: ちょっとタイプが違うかな。ビセンテの方が威厳があって……。
Kaito: They are of different types, Vicente had more dignity…
ジェフリー: なるほど、率直な論評だ。どうせ、俺は軽薄だよ。
Geoffrey: I see, that’s a frank comment. I’m just a frivolous man after all.
海斗: そんなこと言ってないじゃないですか! 彼は黒い服を着ているせいもあって、落ち着いた印象が……。
Kaito: I didn’t say that, did I! He was wearing black, so perhaps that’s why he gave a calm impression.
ジェフリー: 聞き捨てならんな。俺の服にまでケチをつけるつもりか?
Geoffrey: I can’t let that comment pass, are you even having opinions on my clothes?
海斗: だから、いつ、そんなこと言いました?
Kaito: When did I say that?
ドレイク: 止めたまえ。年下の友人ができたからといって、君まで一気に若返る必要はないんだぞ、ジェフリー。カイト、話の続きを。
Drake: Stop it. Geoffrey, just because you made a good friend in this young man, you don’t have to rebut so childishly. Kaito, continue your story.
海斗: はい。髪は黒くて、短くカットしてます。眼はエメラルドのような緑色……光が当たっても、茶色っぽくならない本物の緑でした。声は深みがあって、訛りのない英語を話します。
Kaito: Of course. (Kaito smirks at Geoffrey) His hair is black and cut short. His eyes were emerald green, even if the light shines on it, it doesn’t turn brown. His voice was deep and he spoke an English without any foreign accent.
ドレイク: どんなことを言っていた?
Drake: What did he say?
海斗: 彼はあんまり喋りませんでした。俺の話を聞くばかりで……。
Kaito: He didn’t talk much, he just listened to me.
ドレイク: そして、いきなり襲いかかってきたのか?
Drake: And he suddenly attacked you?
海斗: あ、はい。
Kaito: Ah, yes.
ドレイク: 奇妙だな。
Drake: That’s strange.
海斗: え?
Kaito: Huh?
ドレイク: 彼はおまえがジパングの人間だということを知っていたのだろう?
おまえの国とスペインは友好関係にある。サンティリャーナはおまえを連れて行くこともできたはずだ。だが、奴は冷酷にもおまえを殺そうとしたという。それはなぜなのか……。
Drake: Did he know that you were from Japan? Your country has friendly relations with Spain. Santillana might have even taken you away, but he tried to kill you in cold blood. Why is that so?
海斗: お、俺が足手纏いだったんじゃないですか?
Kaito: Uh, isn’t that because I was a hindrance?
ドレイク: だったら、殴るだけでなく、剣で止めを刺しておくべきだった。生きていれば、こうして情報が洩れる。やはり、殺意があったとは思えん。
それに奴はデ・ルイスの部下だ。軍人の名誉を重んじるあの船長が、武器も持たない子供を殺すような男を自分の船に乗せておくはずがない。
Drake: In that case, he wouldn’t have punched you, he would have put an end to this with his sword. If you remain alive, information would be leaked out like this. I don’t think he had the intention to kill. Also, he’s De Luis’ subordinate. That captain who has the honour of a soldier wouldn’t have let someone who would kill an unarmed child onto his ship.
海斗: でも、俺っ……本当に襲われたんです!
Kaito: But, I… I was really attacked!
ドレイク: それは信じる。傷もあることだしな。だが、おまえはサンティリャーナがそれをつけた理由を、まだ話していないだろう?
Drake: I believe that, you were injured. But, you haven’t said the reason behind why Santillana inflicted those injuries on you, right?
海斗: いいえ、俺は……。
Kaito: No, I…
ドレイク: 奴を狼狽させることをしたか、言ったのではないか? だから、あいつはおまえを傷つけた。故意ではなく、つい、手が滑ったのだ。
丘の上から突き落とされたというのも眉唾だな。揉み合っているうちに転げ落ちたというのが、本当のところではないのか?
Drake: Didn’t you say something to make him angry? That’s why he hurt you. It wasn’t his intentions, it was accidental. Saying that you were pushed on the Hoe was a lie too. In actual fact, didn’t you slip and fall during the midst of your quarrel?
海斗: あ……。
Kaito: Ah…
ドレイク: さあ、聞かせてもらおう。ウォルシンガムを虚仮にするような男から、どうやって冷静さを奪ったのだ?
Drake: Now, tell me the truth. How did you upset the man who managed to make a fool out of Walsingham?
海斗: その……。
Kaito: That is…
ジェフリー: 正直に言え。拷問はウォルシンガム閣下の専売特許ではないぞ。
そうだ。俺が口を割らせてやる。二度と俺に嘘をつこうなどと思わないようにな。
閣下、地下室をお借りしますよ。あそこなら耳障りな声も洩れないでしょう。
Geoffrey: Just say the truth. Torture isn’t just limited to Sir Walsingham. That’s right, I’ll make him talk, in a way that he won’t think of lying to me again. My Excellency, I’m going to borrow your basement. His screams won’t be heard by anyone there.
海斗: い、嫌だ……許して!
Kaito: N-no… please forgive me!
ドレイク: 連れていけ。
Drake: Take him away.
海斗: 待って……っ!
Kaito: Wait!
ジェフリー: ここで本当のことを言うか、それとも、下で身体に聞かれるかだ。
Geoffrey: Do you want to say the truth here, or have your body questioned below?
海斗: つ……連れていかないで……拷問なんて……耐えられない!
Kaito: D-don’t take me away… something like torture… I won’t be able to withstand it!
ジェフリー: だったら、閣下の質問に答えろ。
Geoffrey: Then, answer His Excellency’s question.
海斗: 嘘をつくつもりはありませんでした。ただ、信じてもらえないと思って、言わなかったことがあります。
Kaito: I didn’t intend to lie. But, there was something I didn’t mention because I thought you won’t believe me even if I did.
ドレイク: 何だ?
Drake: What is it?
海斗: 俺はタナカ様……元の主人のことですけど、彼の従僕じゃありません。代々、彼の家に仕える占い師なんです。
Kaito: I wasn’t Tanaka-sama, my previous master, I wasn’t his attendant. I’m the diviner who has been in his household for generations.
ジェフリー: 占い師?
Geoffrey: Diviner?
ドレイク: つまり、ジパングのジョン・ディーという訳か。おまえが本当に占い師だったとして、タナカは航海に出る前に、その前途を占わせなかったのか?
Drake: In other words, the John Dee of Japan. Since you are a diviner, didn’t you read into the future before you rode on the ship with Tanaka?
海斗: はい。俺も一緒に行くので……どうしてかは判りませんけど、自分が関係していることは見えにくいんです。
Kaito: Yes. I was going together with him. I don’t know why, but when I’m involved, my vision will be clouded when I see the future which has something to do with me.
ドレイク: 見えないだと? 神秘なる宇宙には全ての者の運命が描かれているはずではないのか?
Drake: You’re saying that you can’t see it? Isn’t the fate of everything written on this mysterious universe?
海斗: 俺は星占いをする訳ではないので……。
Kaito: I don’t read the stars…
ドレイク: では、どうやって?
Drake: Then, how?
海斗: 鏡です。占いたいことを心に念じて見るんです。
Kaito: I use a mirror. I think of what I want to see in my heart when I look into it.
ドレイク: 悪魔の鏡だな。どう思う、ジェフリー? こいつは私を愚弄しているのではないか?
Drake: That’s a devil’s mirror. What do you think, Geoffrey? Isn’t he trying to pull wool over my eyes?
ジェフリー: そのようですね。やはり、地下室にブチ込んだ方が……。
Geoffrey: Seems like it. I knew it, it would be better to drag him into the basement…
海斗: 本当なんです。鏡がなければ、剣でもいい。その二つは聖なるもの――ジパングの王も宝にしているほどです。
俺が使っていた鏡は海の底に沈んでしまったので、ビセンテのときも剣で占いました。彼も信じてくれなかったので……。
Kaito: It’s the truth! Even without a mirror, I can use a sword. That two things are the holy objects, the King in Japan treat them as treasures. Because the mirror that I used has sunk to the bottom of the ocean, with Vicente, I used a sword too. He didn’t believe in me either.
ドレイク: ほう、奴は何を聞いた? 無事に逃げられるかどうか、か?
Drake: Hm? What did he ask? Whether he could successfully escape?
海斗: イングランドとスペインが、いつ戦争に突入するかです。
Kaito: He asked the question of when the war between England and Spain will break out.
ジェフリー: さっきその話をしたとき、カイトは『来年……』と呟いたのは、占いの結果で……。つい、口に出してしまったのか?
Geoffrey: When we talked about that just now, Kaito murmured “next year”. Was that the result of the divination and he accidentally let it slip out of his mouth?
ドレイク: ふむ、そいつは私も興味があるぞ。で、いつだ? 奴らがやってくるのは?
Drake: Mm, I’m interested in that too. So, when will it be? When will they come?
海斗: ら、来年……新しい指導者と共に。
Kaito: N-next year… with a new leader.
ドレイク: 新しい……だと?
Drake: New… you say?
海斗: そうです。彼の姿が見えたとき、その言葉が頭に浮かびました。それと……。
Kaito: That’s right. When I saw him, those words came to mind and also…
ドレイク: 何だ?
Drake: What?
海斗: それと、朽ちかけた十字架が見えました。そのことをビセンテに言ったら、彼が急に怒りだして、掴みかかってきたんです。そんなことが起こるはずがない、って。
Kaito: Also, a rotting cross. When I said that to Vicente, he suddenly got angry and grabbed me saying that that would never happen.
ドレイク: サンティリャーナは信じたくないだろうな。だが、それは起こりうることだ。
Drake: Santillana probably didn’t want to believe that. But that’s something to get angry over.
ジェフリー: 閣下?
Geoffrey: My Excellency?
ドレイク: 何ということだ。こいつは本物かもしれんぞ。
Drake: What a discovery, this might be the real deal.
ジェフリー: どういうことです?
Geoffrey: What do you mean?
ドレイク: 君の耳に入れたかったことを、すでにこの子は知っているらしい。実は、私がスペインに送り込んでいる間諜から手紙が届いたのだ。我々にとっては朗報と言える。
Drake: It seems like this child already knows of things which haven’t even reached your ears. Actually, there was a letter from a spy I sent over to Spain. To us, it is good news.
ジェフリー: 何でしょう?
Geoffrey: What is it?
ドレイク: 敵は固く箝口令を敷いているが、まず間違いないだろう。サンタ・クルズ侯爵、ドン・アルバロ・デ・バサンがふいの病に倒れたらしい。
Drake: There has been a strict gag order in Spain but there’s no mistaking it. The first Marquis of Santa Cruz, Don Álvaro de Bazán8 has collapsed from illness.
ジェフリー: まさか……!
Geoffrey: It can’t be…
ドレイク: 彼も老齢だからな。朽ちかけた十字架……つまり、カイトが見たのはサンタ・クルズの姿だったということになる。
Drake: He’s getting old. The rotting cross… in other words, what Kaito saw was the image of Santa Cruz.
ジェフリー: 確かに朗報だ。いつ開戦してもおかしくないような状況で、最も経験豊かな最高司令官、サンタクルズ候が戦列から離れるのは、スペインにとって大打撃だからな。
このまま侯爵が死ねば、必然的に新しい司令官が無敵艦隊を率いることになる。カイトの予言通りに
……
いや
――今度はそう簡単に信じる訳にはいかない
Geoffrey: That is good news indeed. In this situation where war might break out any second, for the most experienced and highest ranking commander, Santa Cruz to depart from the frontlines, that will be a huge blow to Spain. If he dies like this, a new commander will inherit the control over the Spanish Armada just like Kaito’s prophecy… No, I can’t believe in him so easily this time.
ジェフリー: 閣下、ただの偶然かもしれません。開戦の時期などは適当に言えばいいし、侯爵の病気についてはたまたま時期が一致しただけでしょう。占いなど、後からどうとでも解釈できます。そんなに簡単に信じて良いものでしょうか?
Geoffrey: My Excellency, it might just be a coincidence. He might have casually chosen a period for the war and the illness of the Marquis might be just that the timings match. Visions can be interpreted however you like. Is it all right to believe in him so readily?
ドレイク: だったら、もう一度、ここで占わせてみたらどうだろう? カイトに我らの疑惑を晴らす機会を与えてやるのだ。
Drake: Then, how about making him predict something right now? Let’s give Kaito a chance to dispel our suspicions.
ジェフリー: 証明してみせろ、カイト。おまえの能力を。俺の剣を貸してやる。
Geoffrey: Kaito, prove it to us, your ability. I’ll lend you my sword.
海斗: な……何を占えばいいんですか?
Kaito: Wh-what should I predict?
ドレイク: 彼に今度の航海について話したか?
Drake: Have you told him about the upcoming voyage?
ジェフリー: いいえ、カイトに限らず、他の船員達にも詳しいことは何も伝えておりません。
Geoffrey: No, not just Kaito, I haven’t told any of the other sailors any details yet.
ドレイク: では、それにしよう。カイト、グローリア号の目的地はどこだ?
Drake: Then, we’ll use that. Kaito, where is Gloria headed to?
海斗: 俺もその船に乗ることになっているので、占えません。
Kaito: Since I will be on that ship too, I can’t predict that.
ドレイク: では、私の『エリザベス・ボナヴェンチャー号』は? 行き先は一緒だが、おまえは乗らないのだから、幻影を遮るものはないはずだ。
Drake: Then, my ship, Elizabeth Bonaventure. The destination is the same but since you aren’t going to ride on it, your vision shouldn’t be clouded.
海斗: その船のことなら知ってる。旅行に出る前、海賊達の歴史を調べておいて良かった
Kaito: If it is that ship, I know. I’m glad I read up on the history of pirates before I set out on the trip.
海斗: 判りました。エリザベス・ボナヴェンチャーですね。やってみます。
エート……えりざべす・ぼなう゛ぇんちゃーゴウノ、イキサキヲオシエテクダサイ……。
Kaito: I understand. Elizabeth Bonaventure? I’ll try. Then, (in Japanese) please tell me about Elizabeth Bonaventure…
ジェフリー: ジパングの言葉……だろうな
Geoffrey: Is this the language of Japan?
海斗: コンナモンデイイカナ……イヤ……モウチョット、ジカンヲカケトクベキカ……ンー、ドウカ、ドウカ、ゴマカサレテクレマスヨウニ。イタイメニアウノハゴメンデス。
……見えました。
Kaito: (in Japanese) Should it be like this… no… I should take more time… umm… please… please… let me deceive them… I don’t want to be subjected to pain… (in English) I saw it.
ドレイク: どこへ行く?
Drake: Where are you going to?
ジェフリー: 地球儀?
Geoffrey: To the globe?
海斗: 南……大きな半島の先にある港です。船……グローリア号よりも大きな船がいっぱい……スペインの旗が翻っていました。なぜなら、そこはスペインの港だからです。目的地はここだと思います。
Kaito: South… a port on a point of a huge peninsula. Ships, there are many ships which are larger than Gloria, the flag of Spain is fluttering high up in the wind. Because, that is a Spanish port. I think the destination is here. (Kaito points to a spot on the globe)
ジェフリー: カディス。残念だったな、俺達が行くのはリスボンだ。
Geoffrey: Cardiz? It’s too bad, we’re going to Lisbon.
海斗: そこへも行きますけど、成果を上げるのはカディスです。
Kaito: You are going there too, but Cadiz where you will achieve your goals.
ドレイク: 信じられん。
Drake: I can’t believe this!
ジェフリー: 占いなんて、このようなものです。当たるのは百回に一度ぐらいのもの。
Geoffrey: Fortune-telling is something like this. There’s only one in a hundred times where they will hit the mark.
ドレイク: 違う! まだ君にも言っていなかったが、カディスも攻撃目標の一つに定めているのだ。近いうちに西インド帰りの船が集まるらしいという情報があってな。
Drake: No! I haven’t even told you this, but it has been decided that Cardiz would be one of the targets too. We got information that there will be ships returning from west India there.
ジェフリー: で、では、カイトはサーフランシスの胸だけに収められていたことを、見通したということか? 何と恐ろしい能力――いや、素晴らしい才能だ。カイトに敵の作戦を占わせれば、百戦百勝も夢ではない。
Geoffrey: Then, does this mean that Kaito predicted something which only Sir Francis knew? What a fearsome power, no, it’s an amazing talent. If we get Kaito to predict the enemy’s strategies, winning every battle won’t be impossible.
ジェフリー: 閣下、噂が本当になりましたね。閣下は『全てを見通す鏡』を手に入れたのです。
Geoffrey: Your Excellency, the rumour was true then. Your Excellency has obtained a mirror which shows everything.
ドレイク: そうだ。だが、それを与えてくれたのは悪魔ではない。天におわす神だ。主がイングランドを祝福して、カイトを送り込んでくれたのだ。正義が我々にあることを示すために。
Drake: That’s right. Also, the one who gave it to me wasn’t the devil, but the God of heavens. Christ has blessed England and sent Kaito, to show that justice is on our side.
ジェフリー: ええ。
Geoffrey: Yes.
ドレイク: カイト、おまえは我々の天使だ。たとえ、異教徒でもな。抱き締めさせてくれ。
Drake: Kaito, you are our angel, even if you are of another religion. Let me hug you!
海斗: ちょっと、待った! 危ないですよ、まだ剣を持ったままなんです。
Kaito: Wait a minute! That’s dangerous, I’m still holding onto a sword.
ジェフリー: サーフランシスの身を案じるとは、カイトのイングランド人に対する好意は本物だ。
Geoffrey: To be worried for Sir Francis, Kaito’s goodwill towards England is genuine.
ジェフリー: カイト、剣を返せ。占いに用いる鏡だが、どんなものでもいいのか?
Geoffrey: Kaito, return me the sword. For your divinations, will any mirror do?
海斗: はい。
Kaito: Yes.
ドレイク: 妻がいくつか持っている。携帯しやすいものを進呈しよう。暮らし向きのことも心配しなくてもいいぞ。これからは、私がタナカの代わりだ。私には子供がいないから、おまえのことを息子だと思うことにする。
そうだ! しばらく、ここに滞在するといい。ジェフリーのキャビンなどより、ずっと居心地がいいぞ。
Drake: My wife has a few. I will arrange for him to have something mobile. You don’t have to worry about living either. From now on, I will take Tanaka’s place. Since I don’t have any children of my own, I will treat you as my son. That’s right, you should just stay here for now. It will be more comfortable than Geoffrey’s cabin.
ジェフリー: お言葉ですね。確かに、こちらのお屋敷は素晴らしいし、カイトもその方が嬉しいでしょう。しかし、私は反対です。
Geoffrey: (Geoffrey laughs) It’s exactly what you said. You’re right, this mansion is wonderful and Kaito will be happy about that. But, I’m against this.
ドレイク: なぜだね?
Drake: Why?
ジェフリー: ウォルシンガム閣下がカイトに目をつけるかもしれないからです。彼がカイトを召喚しようと思ったら、誰も止めることはできません。もちろん、ドレイク閣下であっても。陸の上ではあちらに分があるのは明らかです。
カイトの能力を知ったら、ウォルシンガム閣下は彼をどこかにしまい込んで、二度と返してくれないでしょう。それだけは避けたい。本当にカイトの能力を必要としているのは、実際に身体を張って戦う我々であって、あの方ではないのですから。
Geoffrey: That’s because Sir Walsingham might have his sights set on Kaito. If he summons Kaito, nobody can stop him. Of course, not even if Sir Drake tries. On the Hoe, it’s obviously his territory. Once he knows of Kaito’s abilities, he would definitely shut Kaito somewhere and never let him out again. I would want to avoid that at all costs. Because the people who really need Kaito’s abilities are us, the ones who are sacrificing themselves on the frontlines and not him.
ドレイク: その通りだ。
Drake: That’s right.
ジェフリー: では、カイトをウォルシンガム閣下に奪われないようにするには、どうしたらいいか? あの方の手の届かない場所に連れていけばいいのです。すなわち……。
Geoffrey: Then, what should we do to prevent Kaito from falling into Sir Walsingham’s hands? We should bring him to somewhere out of that person’s jurisdiction. In other words…
ドレイク: 海の上――おまえの船だな。
Drake: Into the seas, on your ship.
ジェフリー: そうです。なにせ、航海は風任せ、波任せです。連絡を取るのも容易ではない。それと一番重要なことですが、カイト自身がロンドン行きを望んでおりません。
Geoffrey: That’s right. After all, a sea voyage is dependent on the wind and the waves. It isn’t easy to establish contact. Also, the most important thing is that Kaito himself doesn’t wish to go to London.
ドレイク: そうなのか?
Drake: Is that so?
海斗: はい。
Kaito: Yes.
ドレイク: だったら、おまえの忠告に従うのが、一番いいだろう。だが、この子に不自由はさせるな。もし、うっかり病気などで死なせでもしたら、そのときは私がおまえを殺してやる。
Drake: In that case, then it would be the best to go according to your warning. But, don’t cause any trouble for this child. If he dies carelessly due to illnesses or whatsoever, I will kill you.
ジェフリー: 判っておりますよ。この命にかえても、守ります。
Geoffrey: I understand. Even if I have to give up my life, I will protect him.
ドレイク: カイト、鏡を持ってこさせたら、もう一つだけ、教えてくれないか? 本当のところ、我が国の海軍とスペインの無敵艦隊がぶつかったら、どうなる?
Drake: Kaito, after you get a mirror, can you tell me one more thing? When the time comes and our navy clashes with the Spanish Armada, what will the conclusion be?
海斗: それなら、鏡を見るまでもありません。
Kaito: If that’s what you want to know, I don’t have to look at a mirror.
ドレイク: なぜだ?
Drake: Why?
海斗: ビセンテに聞かれて、すでに調べてあるからです。
Kaito: Because I was asked that by Vicente and had predicted that before.
ジェフリー: どちらだ、カイト。どちらが勝つ?
Geoffrey: Which side, Kaito, who will win?
海斗: 判りませんか、サー? ビセンテは答えを聞いた途端、俺の首を絞めましたよ。
Kaito: Sir, do you still not understand? When Vicente heard the answer, he strangled me.

FLESH & BLOOD 01 (10)
back to top ↑


5. Scene 10

パーキンス: ここが寝室だ、カイト。ロックフォード船長は右隣の部屋においでになる。何か判らないことは?
Perkins: This is your bedroom, Kaito. Captain Rockford will be in the room on the right. Is there anything else you need?
海斗: あのー、用を足したいときは、どこですればいいんですか?
Kaito: Excuse me but, if I need to go, where should I go to?
パーキンス: そこのチェンバー・ポットを使うように。
Perkins: Please use the chamber pot over there.
海斗: 『おまる』……。そうだよな、水洗トイレなんかあるわけない
Kaito: A “bedpan”… That’s right, I can’t expect them to have flush toilets in this era.
海斗: あと、顔を洗う場所は?
Kaito: Then, where do I wash my face?
パーキンス: 顔? 別段、汚れてないようだが……。
Perkins: Face? It’s not particularly dirty but…
海斗: 俺の国では、朝晩、必ず洗うことになっているんです。
Kaito: In my country, we always wash it every morning and night.
パーキンス: 面倒な……。後で水差しと盥を運ばせよう。他には?
Perkins: How troublesome. I’ll get them to carry a jug of water and a basin here. Anything else?
海斗: ありません。
Kaito: That’s all.
パーキンス: では、私は失礼する。
Perkins: Then, please excuse me.
海斗: おやすみなさい、パーキンスさん。
ああ、疲れた……。
Kaito: Good night, Mr Perkins. (Kaito flops down on bed) Ah I’m so tired…
海斗: ドレイクに突っ込まれたときは焦ったけど、上手く丸め込めて良かった……。あの人が魔法の鏡の話をしてくれたおかげだな。
俺が未来を見通す力の持ち主だということになれば、ドレイクもジェフリーも粗末には扱わないだろう。予言ねぇ
……俺が知っていることを話せばいいんだから、ちょろいもんさ。
でも、俺が『見る』のはフォックス先生に教えてもらったことと、図書室で調べたことだけにしよう。俺が過去でしたことで、未来が変わってしまったら大変だ。
でも、妙だよな。無敵艦隊アルマダとの戦いの資料には、『ジェフリー
ロックフォード』なんて名前はなかった。あんなにドレイクの信頼厚い船長が、どうして歴史に名前を残さなかったんだ?
もしかして、アルマダ襲来の前にいなくなっていた
……とか? もし、航海中
にジェフリーが死んで、船が沈没なんてことになったら
……まさか、俺の命もそこで……
Kaito: I was surprised when Drake questioned me suddenly but I’m glad I managed to turn the situation around. It’s because that person talked about the rumour of a magic mirror. If they think that I’m a person with the powers of seeing the future, Drake and Geoffrey won’t treat me roughly. Predictions huh? Since I’m just telling them what I already know, it’s no big deal. But, what I can “see” is only what I’ve been taught by Forks-sensei and what I’ve read up in the library. It would be terrible if the future changes due to what I’m doing in the past. But, it’s strange. In the documents about the battle with the Spanish Armada, there wasn’t any mention of a “Geoffrey Rockford”. Why isn’t his name recorded in history even though he is so trusted by Drake? Don’t tell me, he died before the Armada attack, or something like that? If his ship sank during the voyage and Geoffrey dies, don’t tell me… my life would end there…
ジェフリー: カイト、入ってもいいか?
Geoffrey: Kaito, may I enter?
海斗: あ、どうぞ。
Kaito: Ah, please do.
ジェフリー: 両手が塞がっているんだ、扉を開けてくれ。
Geoffrey: Both of my hands are occupied, open the door for me.
海斗: はーい。
Kaito: Yes.
ジェフリー: 盥と水差しだ。そこで下働きの娘から預かってきたよ。女王様のように毎朝、顔を洗いたいんだって?
Geoffrey: It’s a basin and water jug. I got it from the daughter of a servant. I heard that you want to wash your face every morning like the Queen?
海斗: 夜もですよ。ありがとうございます、サー。
Kaito: At night too, thank you so much, sir.
ジェフリー: 生き返ったようだな。船の上でも洗うつもりか?
Geoffrey: You look like you feel refreshed, do you intend to do this on the ship too?
海斗: だめですか?
Kaito: Can’t I?
ジェフリー: 飲み水すら不足するときがあるのに、おまえだけにそんな無駄を許せば、他の船員が黙っていないだろう。
Geoffrey: The other crew on the ship won’t keep quiet about it, if I let you do that despite the shortage of water onboard.
海斗: そうでしょうね……。
Kaito: That’s true too…
ジェフリー: だが、おまえが割り当てられた酒を俺に寄越すというのなら、俺の水を分けてやってもいいぞ。
Geoffrey: But, if you give me your share of alcohol, then I won’t mind sharing my water with you.
海斗: それでいいです! そうして下さい。
Kaito: That’s good enough, please do that!
ジェフリー: おかしなヤツだ。そんなに身だしなみが大事か。
Geoffrey: What a strange fellow. Are appearances that important?
海斗: 身だしなみというより、清潔さが大事なんです。食事の前はきちんと手を洗う。口に入れるのは綺麗な水だけにする。吹出物が出ないように顔を洗う。そうしてきたおかげで、俺は航海中、健康でいられたんです。
キャプテンも病気にかかりたくなかったら、そうした方がいいですよ。
Kaito: Rather than appearances, cleanliness is important. Washing your hands before a meal, only drinking water which is clean, washing your face daily so that pimples don’t grow. Thanks to the knowledge of that, I was able to stay healthy during the voyage. If Captain doesn’t want to get ill, you should do that too.
ジェフリー: ふむ、おまえは医者のようなことを言うな。
Geoffrey: Hm… you speak like a doctor.
海斗: これぐらい、ジパングでは常識です。
Kaito: Something like this, it’s common sense in Japan.
ジェフリー: 俺はともかく、事情が許す限り、おまえは好きにすればいい。おまえを失う訳にはいかなからな。
この先、おまえがくしゃみするたびに、俺は不安にかられるんだろうよ。
Geoffrey: Aside from me, when the situation allows, you can do whatever you like. I can’t afford to lose you. From now on, I will become very worried even if you just sneeze.
海斗: サー・フランシスに殺されると思って?
Kaito: Because you think that you will be killed by Sir Francis?
ジェフリー: 祖国を思ってだ。なぜ、そこに生まれたからというだけで、こんなに愛しく思うのか。しかと理由は判らない。
俺は陸の上では暮らせない男だ。それでいて、遙かな海で思うのはイングランドのことばかり。たぶん、自分には戻れる場所があると信じているからこそ、危険な航海に出て行くことができるのかもしれない。
俺にとっては、信じるに足る唯一のもの――それをスペインの奴らに踏み躙られ、消滅させられるのは我慢ならない。
Geoffrey: I’m thinking for my country. Why do I think of it so lovingly just because I was born there? I don’t understand the reason. I’m a man who can’t live on the Hoe, even though I say that, I keep thinking of England while I’m on the seas. I probably believe that I have a place where I can return to, that’s why I am capable of going out on sea voyages. For me, that’s the only thing I believe in and I couldn’t stand having that trampled all over and destroyed by those Spaniards.
海斗: 判りますよ。
Kaito: I understand.
海斗: 俺もだ。外国暮らしをすればするほど、自分の中に流れている血を思い知らされる。だから、日本語も忘れないように、和哉と練習していたんだ。本当はもう英語の方が得意なのに。
愛国心って、理屈じゃないんだろうな。魂に刻印されているものなんだ。
Kaito: Me too. The more I stay overseas, the more I’m reminded of the blood that flows in me. That’s why I practised Japanese with Kazuya so that I won’t forget it. Even though my English is much better than my Japanese, patriotism really isn’t something reasonable. It’s something that has been stamped onto my soul.
ジェフリー: おまえもジパングに帰りたいだろう。ウォード殿にはもう戻ることはないだろうと言ったが、我が国から危機が去ったあかつきには、俺が何としてでも送り届けてやる。
Geoffrey: You want to go back to Japan right? Mr Ward said that you can’t go back anymore. But when danger has passed our country, I’ll do all I can to send you back.
海斗: 本当に?
Kaito: Really?
ジェフリー: ああ。俺は決して誉められた人間ではないが、約束は守る男だと言われている。
Geoffrey: Yea. I’m not someone who is praised often, but I’m said to keep my promises well.
海斗: たぶん、そうなんでしょうね。
Kaito: That’s probably true.
海斗: でも、俺が帰りたいのは二十一世紀のプリマス、ホーの丘だ。ジェフリーならジパングには行ってくれるかもしれないけど、時空の壁を越えることはできない。
Kaito: But the place I want to return to is the 21st century Plymouth, the Hoe. Geoffrey might able to get to Japan, but he can’t possibly get through the wall of time.
ジェフリー: 疑ってるな? 俺も簡単だとは思っていない。だが、ポルトガル人やスペイン人が辿り着いたのなら、俺に行けないはずがないだろう。あいつらが先んじたのは、たまたま運が良かっただけに過ぎない。
Geoffrey: So you don’t believe me? I don’t think that it will be easy. But if the Portuguese and Spaniards can do it, there’s no reason for me to not be able to do that. For them to have reached there first, it was merely due to their luck.
海斗: 楽しみにしてますよ。
Kaito: I’ll be looking forward to that.
ジェフリー: そうだ。俺もおまえの国を訪れる日を夢見ていよう。だから、おまえも風邪など引いて、俺をやきもきさせてくれるな。
Geoffrey: That’s right. I’m also dreaming of visiting your country. That’s why, you shouldn’t catch a cold and make me worry.
海斗: アイ・サー。
Kaito: Aye sir.
ジェフリー: さあ、もう遅い。ベッドに入れ。おまえにも約束してもらいたいことがある。
Geoffrey: Then, it’s getting late, get into your bed. There’s something I want you to promise me too.
海斗: なんですか?
Kaito: What is it?
ジェフリー: おまえが稀代の占い師だということは、ドレイク閣下と俺の胸だけに収めておく。だから、おまえもグローリア号の連中には内緒にしてくれ。彼らの前では、あくまで俺のキャビン・ボーイだ。
Geoffrey: I want to keep it to only Drake and myself that you’re a rare diviner, so you should keep it from the rest of the crew on Gloria. In front of them, you’re still my cabin boy.
海斗: いいですよ、皆の手前、床に寝るのも仕方ないけど、敷き布団ぐらいは用意してくれますか? それと、着替えも何着か欲しいんですけど。できれば、ラベンダーの小袋付きがいいな。あれ、本当にいい匂いだったから。
Kaito: That’s fine. In front of them, I can sleep on the floor, but can you prepare a mattress? Also, I would like to have a few changes of clothes, and a small bag of lavender too. It really smells nice.
ジェフリー: 甘い顔を見せた途端、このつけ上がりようはどうだ?
Geoffrey: Once I show you a kind side of me, you’re taking advantage of me?
海斗: だって、俺が病気になったら、キャプテンが困るんでしょう?
Kaito: Because if I get ill, the one who would be troubled is Captain right?
ジェフリー: 質の悪い小僧だ。くそ、今から作っている暇はないから、俺の服の中から幾つか選んでやる。ラベンダーでも何でも、欲しいだけ買え。
Geoffrey: What a brat. Damn, there’s no time for us to make clothes for you now, so you can choose a few from mine. Buy the lavender or whatever you want.
海斗: やった! それで、いつ、出航することに決まったんですか?
Kaito: Yeah! Then, when will we depart?
ジェフリー: 港に戻り次第だ。
Geoffrey: Once we return to the port.
海斗: は?
Kaito: Huh?
ジェフリー: ウォルシンガム閣下は、すぐにまたウォード殿をプリマスに派遣するかもしれない。だから、その前に姿をくらましておいた方がいいということになった。
ドレイク閣下がやってくるまで、その辺をうろついているスペイン船を襲い、軍資金稼ぎなぞをして、暇潰しをしていろということだ。
Geoffrey: Sir Walsingham might send Mr Ward to Plymouth soon. That’s why, it would be better if we disappear before it happens. Before Sir Drake comes, we will loiter around the area and attack a random Spanish ship, plunder them while we kill time.
海斗: そ、それは急な話ですね。計画が狂いませんか?
Kaito: Th-that is sudden. Won’t it spoil your plans?
ジェフリー: 仕方ない。おまえが来たのが予定外だからな。怖くなったか?
Geoffrey: It can’t be helped. Because your arrival was unplanned for, are you feeling afraid?
海斗: べ、べつに。
Kaito: Not, not really.
ジェフリー: 無理をするな。怖くない方が不思議だ。おまえは海賊に襲撃されたんだからな。だが、船に乗っている限り、その危険を避けることはできない。やるか、やられるかの世界なんだ。
グローリア号もスペインの商船を襲っている最中に、敵の軍艦に蹴散らされたことがある。あのときは、もうダメだと冷や汗をかいた。
Geoffrey: Don’t force yourself. It would be stranger if you aren’t afraid, since you were attacked by pirates. But if you’re going to be on the ship, you can’t avoid that danger. It’s a world where you kill or be killed. There was once when Gloria was ambushed by the Spanish navy after we attacked a Spanish merchant ship. Back then, I was sweating cold sweat and I thought we wouldn’t make it.
海斗: キャプテンでも?
Kaito: Even Captain would think so?
ジェフリー: ああ。俺の心も石でできている訳ではない。だが、おまえの心は絹のように悲鳴を上げて、引き裂かれてしまいそうだ。だから、少しは自信をつけさせる必要がある。
Geoffrey: Yea, my heart isn’t made of stone. But, your heart is screaming like it’s made of silk, as though it will break if it’s torn apart. That’s why, there’s a need to give you more confidence.
海斗: 自信?
Kaito: Confidence?
ジェフリー: いざというとき、敵に立ち向かえる気概を養うために剣の稽古をするんだ。
Geoffrey: I’ll teach you swordsmanship just in case there is a time when you need to face enemies.
海斗: 嫌です。そんな野蛮な……。
Kaito: I don’t want to, something that unrefined…
ジェフリー: 何も、誰かを殺せと言っている訳じゃない。
Geoffrey: I’m not telling you to kill anyone.
海斗: だ、だって、怪我でもしたら、どうするんです?
Kaito: B-but, what if I get hurt?
ジェフリー: 避け方も教えてやるから安心しろ。とにかく、剣を使うことができれば、それだけ生きのびる確率が高くなる。自分のためだと思って、頑張れ。生きてジパングに帰りたいだろう、ん?
Geoffrey: Don’t worry, I’ll teach you how to dodge attacks too. Anyway, if you learn how to use the sword, the probability of you surviving will increase. Keep in mind that it’s for your own sake and work hard. Don’t you want to survive and return to Japan?
海斗: ……やってみます。
Kaito: I’ll try.
ジェフリー: よし。では、おやすみ。
Geoffrey: All right. Then, good night. (Geoffrey walks towards the door)
海斗: あ……あ。
Kaito: Ah…
ジェフリー: なんだ?
Geoffrey: What is it?
海斗: なんで俺……判らない。でも、ジェフリーが行っちゃうと思った途端、急に不安になって……。こちらの世界に来てから、いつも周りに人がいて、本当に独りぼっちになるのは今夜が初めてだから……
Kaito: Why did I… I don’t understand. But, when I thought that Geoffrey is leaving, I felt insecure suddenly…Since I’ve come over here, I’ve always had people around me. This would be the first time when I’m really left all alone.
海斗: 寒い……。
Kaito: It’s cold…
ジェフリー: おいおい、止めてくれ。風邪を引きそうだというんじゃないだろうな? さあ、横になれ。もう一枚、毛布持ってきてやろうか?
Geoffrey: Oi oi, stop that, don’t tell me you’re catching a cold? Come on, lie down. Shall I bring another blanket for you? (Kaito touches Geoffrey’s hand)
海斗: ジャフリーの手、あったかい。
Kaito: Geoffrey’s hand is so warm.
ジェフリー: おまえ……。
Geoffrey: You…
海斗: 一人じゃ、眠れない……。今日だけです。今夜だけ、ここにいて下さい。
こんなことを言うのは恥ずかしいし、ガキじゃあるまいしって思われるのも判ってますけど、心細いんです。
Kaito: I can’t fall asleep if I’m alone. Just today, just tonight, can you stay here? I’m embarrassed from saying something like that, and I know that I’m not a kid anymore but I feel lonely.
ジェフリー: 色気抜きでか?
Geoffrey: Without any sexual intentions?
海斗: 当然ですよ!
Kaito: Of course!
ジェフリー: 俺がそんなことを承知するとでも?
Geoffrey: Do you think I will give in to that?
海斗: よく眠れなかったら、明日は具合が悪くなるかも。で、そのまま船に乗ったら、さらに気分が悪くなって……。
Kaito: If I don’t sleep well, I might feel ill tomorrow. Then, if I get onto the ship feeling like that, I might get worse…
ジェフリー: ああ、ああ、みなまで言うな。とんだ性悪だ。どれだけ、俺の我慢を試したら気が済む?
Geoffrey: All right, all right, don’t say it all. What bad taste, how much of my limits will you test before you are satisfied?
海斗: そ、そんなつもりはないんですけど……。
Kaito: I-I don’t have the intentions but…
海斗: いや、本当はそれが目的なのかもしれない。どれだけ、ジェフリーが俺のことを思ってくれているかを確かめるために。
俺、ジェフリーに頼りきってる。そんな風にならないように、なっちゃいけないって思ってたのに。
Kaito: No, that might be what I’m hoping for actually. For me to confirm how much Geoffrey thinks of me. I am relying totally on Geoffrey. Even though I’ve tried to not let it become like that, I thought that it shouldn’t be like that.
ジェフリー: 判ったよ、甘えん坊め。俺に添い寝をしてくれなんて言ったヤツは、おまえが初めてだ。ほら、そっち寄れ。
Geoffrey: I get it, you spoiled brat. You’re the first to make me sleep beside you. Come on, move over.
海斗: 服は脱がないんですか?
Kaito: You aren’t going to take off your clothes?
ジェフリー: 着ていた方がいいだろう。寝呆けて、おまえを犯そうとするかもしれなからな。
Geoffrey: Won’t it be better if I kept them on? I might mistakenly attack you when I’m half asleep.
海斗: え!
Kaito: Heh?!
ジェフリー: 冗談だよ。シリルにも無駄玉は使うなと言われているから、ちょうどいい。
Geoffrey: I was kidding. Cyril told me not to cheat too, so this is fine.
海斗: シリルって?
Kaito: Cyril?
ジェフリー: 水車小屋の女の子だ。
Geoffrey: It’s a girl from the watermill house.
海斗: 恋人がいるのに、俺に迫ったんですか?
Kaito: Did you try to court me while you had a lover?
ジェフリー: 馬鹿だな。あんなのは『迫った』とは言わないんだよ。それとも、俺の本気が見たいのか?
Geoffrey: What an idiot. Something like that wasn’t counted as courtship. Or rather, do you want to see me getting serious?
海斗: とんでもありません、サー!
Kaito: Definitely not, sir!
ジェフリー: だったら、黙って休め。ほら、目もつぶって。いい夢を、カイト。
Geoffrey: Then, keep quiet and go to sleep. Come on, close your eyes. Sweet dreams, Kaito.
海斗: ありがとう、サー……。
Kaito: Thank you, sir.

FLESH & BLOOD 01 (11)
back to top ↑


6. Scene 11

ナイジェル: まだ、水を充分に積んでない! なんで、いきなり出航なんだ? ジェフリー、あんたちゃんと抗議してくれたのか?
Nigel: We haven’t stocked up enough water! Why are we leaving so suddenly?! Geoffrey, did you plan this properly?
ジェフリー: もちろんだ、ナイジェル。だが、サー・フランシスは思い立ったら、決して後に引かない人間だってことは、おまえも知ってるだろう。
閣下のお望みはスペイン艦隊の注意をプリマスから引き離すこと。それができるのは、大胆な行動力を持ち、神出鬼没の素早さを持つ俺しかいないとおっしゃるんだ。これは期待に応えて、せいぜいハデに暴れるしかないじゃないか。
Geoffrey: Of course, Nigel. But once Sir Francis decides on something, no one can persuade him otherwise, don’t you know that as well? His Excellency’s wish is to distract the attention of the Spanish troops from Plymouth. He has decided that the only one who is capable of doing that is your truly who has the guts to so and is known to come and go unexpectedly. With that, I can only answer to his expectations and be as bold as I can.
ナイジェル: ふん、そんな見え透いたお世辞に言い包められて、貧乏くじを引かされたわけですか。
それで、サー・フランシスは、こいつのこと、何て言ってました?
Nigel: (Nigel snorts) So you were taken in by such obvious flattery and decided to make such a bad move? Then? What did Sir Francis say about this guy?
ジェフリー: カイトに同情して、ご自分の息子と思うことにするそうだ。
Geoffrey: He sympathised with Kaito and it seems like he wanted to make Kaito his son.
ナイジェル: だったら、ご自分の船に引き取って下さったらよろしいのに。
Nigel: Then, won’t it be better if he takes him over to his own ship?
ジェフリー: カイトが嫌がったんだ。知らない人のところに行くのは嫌だと。これで彼がサー・フランシスを殺すためにやってきた人間ではないことは証明されたな。
Geoffrey: Kaito didn’t want that, he said that he didn’t want to go over to a stranger’s place. With this, it has been proven that he wasn’t someone hired to kill Sir Francis.
ナイジェル: 一度は見過ごして、油断させる作戦かも。
Nigel: It might be his strategy to make us let our guards down after he let the chance go once.
ジェフリー: おまえも執念深いヤツだな。
Geoffrey: You are such a rigid fellow.
ナイジェル: 何とでも。俺は自分の心に従うまでだ。
……いつでも出航できる。後はあんたが号令をかけるだけだ。
Nigel: Whatever you say, I’m just following my heart. We can leave any time, you just have to give the command.
ジェフリー: 判った。ありがとう。
Geoffrey: I understand. Thank you. (Geoffrey gets onto the deck)
海斗: うわ、寒いー。
Kaito: Wa… it’s so cold.
ルーファス: 集まれーっ!
Rufus: Gather!
海斗: すっげー。あっという間に全員集まった。
Kaito: Amazing, everyone gathered almost immediately.
ジェフリー: 諸君、予定を早めて、本日出航することになった。いつものように実りある航海になるかどうかは、これからの諸君の働きにかかっている。大いに活躍を期待しているぞ。
Geoffrey: Everyone, we sped up the plans and decided to set off today. Whether it is a good voyage as usual, will depend on everyone’s hard work. We’re expecting a lot of activities!
船員達: おおーっ!
Crew: Oh!
ナイジェル: 目的地は外海に出た時点で発表する。碇を上げろ! 女王陛下と我が船に神のご加護を!
Nigel: Our destination will be announced once we get into the open seas. Raise the anchor! May God grant his divine protection, for us and for Her Majesty the Queen!
船員達: 神のご加護を!
Crew: Divine protection!
ルーファス: さあ、働け、野郎ども!
Rufus: Come on, get to work, fellows!
ジェフリー: いい風だ。ハリヤードにつけ! シートとプレイスを引け! 旋回ーっ! ジブを張れ! 風を生かすんだ。
ナイジェル、俺は船首にいる。
Geoffrey: What good wind, get to the halyard! Pull the sheet and place9! Turn around! Set up the jib9, don’t let the wind go! Nigel, I’ll be at the bow.
ナイジェル: アイ・サー!
Nigel: Aye, sir!
海斗: もう、後戻りはできない。冒険の旅が始まったんだ。
あの水平線の向こうに広がっているのは、海賊達が活躍する世界。怖いし、不安だ。でも、来てしまったからには、やっぱりこの目で全てを見てみたい。
それに何があっても、大丈夫だ。ジェフリーは俺を守ってくれる。その命に代えても。
和哉
……何とか、こっちで頑張ってみるよ。いつか……いつか、そっちに戻ることができたら、俺の見てきたものを全て話してやるよ。きっと、おまえは眼を丸くするだろうな。
Kaito: The dangerous journey has begun and I can no longer return. What lies beyond the horizon, is the world of pirates. It’s scary and I’m feeling insecure. But, since I’ve come, I want to witness everything with these eyes. Also, no matter what happens, it will be fine. Geoffrey will protect me, even if he sacrifices his life. Kazuya, I’ll try my my best over here somehow. Someday, when I manage to return to the other side, I’ll tell you everything I’ve seen. I’m sure you’d be wide-eyed with shock.
海斗: もう追っ手が来ても大丈夫ですね、サー。
Kaito: It will be fine even if messengers come for us now. Right, sir?
ジェフリー: そうだ。これでウォルシンガム閣下の俺に対する覚えは悪くなるだろうがな。まあ、獲物を持って帰れば、少しは機嫌が良くなるさ。
さあ、キャビ・ンボーイ、おまえも持ち場につけ。俺の部屋の床を鏡のように磨きたてろ。何といっても、おまえはそこに寝るんだからな。
Geoffrey: That’s right. With this, Walsingham’s impression of me might have gotten worse. Well, if I go back with the goods, he might get into a better mood. Then, cabin boy, you should go to your position. Clean the floor of my cabin till it shines, that’s what you’re here for.
海斗: アイ・アイ・サー。
Kaito: Aye aye, sir. (Kaito walks off whistling)
ルーファス: カイト、口笛を止めろ! 悪魔を呼ぶつもりか!
Rufus: Kaito, stop whistling! Are you trying to summon the devil?!
海斗: ああ、すみません。もうしません。
Kaito: Ah, I’m sorry, I won’t do that anymore.
ルーファス: 当たり前だ。もし、今度口笛を吹いて嵐を呼びやがったら、たとえガキでもぶん殴ってやるぞ。
Rufus: Of course you won’t. If you whistle again and summon a storm, I’ll punch you even if you’re still a child!
海斗: はあ……。本当に、この時代の人間は迷信に捉われているな。
Kaito: Ha… the people of this era are really superstitious.

back to top ↑


7. Epilogue

ビセンテ: 久々のエルエスコリアル宮。国王陛下に直接お目どおりが叶うとは、私にも運が向いてきたようだ。これもカイトのおかげかな
Vicente: It has been a while since I visited El Escorial palace. To think that I would be able to meet His Majesty directly, I am really lucky. This is all thanks to Kaito too.
サンティリャーナ侯爵: ビセンテ。陛下のお声がかかるまで、何も言うなよ。
Santillana: Vicente, don’t say anything until His Majesty speaks to you.
ビセンテ: はい、侯爵閣下。
Vicente: I understand, Marquis.
秘書官: サンティリャーナ侯爵閣下、ビセンテ・デ・メンドーサ殿がお見えです!
Secretary: Marquis Santillana, Vicente de Mendoza has arrived!
サンティリャーナ侯爵: ごきげんよう、陛下。
Santillana: Good day to you, My Highness.
フェリペ二世: うむ……。頼みを聞いてくれたようだな、侯爵。そこに連れているのが例の甥御であろう?
Philip II: Seems like you acceded to my request, Marquis. Is that person you brought along with you the nephew you spoke of?
サンティリャーナ侯爵: 御意。ビセンテと申します。
Santillana: That’s right. He’s called Vicente.
フェリペ: 直答を許す、ビセンテとやら。
Philip: I allow you to answer, Vicente.
ビセンテ: はっ。
Vicente: Yes.
ビセンテ: 優雅な物腰のこの方が、フェリペ二世。我がスペインの聖なる国王陛下。
Vicente: The person with an elegant demeanour is Philip II, the holy king of our Spain.
フェリペ: そなたはイングランドで不思議な能力を持つ者に出会ったとか。
Philip: Did you say that you met a person with a mysterious ability in England?
ビセンテ: はい。サンタ・クルズ侯爵閣下がお倒れになることを予言しました。
Vicente: Yes. He predicted that Marquis Santa Cruz would collapse from illness.
フェリペ: 余が聞きたいのは、その先だ。その者、余が新しい司令官を据えるとも言ったのだったな?
Philip: I’m interested to hear about what comes after that. That person, he also said that I will instil a new commander?
ビセンテ: 御意にございます。
Vicente: That is right.
フェリペ: その新しい司令官とは。
Philip: And that new commander is?
ビセンテ: メディナ・シドーニア公爵閣下です。
Vicente: It would be Medina Sidonia.
サンティリャーナ侯爵: おお?
Santillana: Huh?
フェリペ: ふむ。侯よ、余は間諜に気をつけてきた。秘密に進めるべき事項は、ごくごく内輪の者にしか洩らさずにきたつもりだが、よもや占い師ごときにそれを暴かれるとは思わなかったぞ。
Philip: This is, I was careful about keeping it under covers from spies. The matter which has proceeded with top secrecy was only known to a few people on the inside. I never thought that it would be exposed by some fortune-teller.
サンティリャーナ侯爵: では、メディナ・シドーニア公爵閣下を後釜に、という話は本当なのですか?
Santillana: Then is it true that you intend to let Medina Sidonia take over his position?
フェリペ: それしかあるまい。サンタ・クルズの上を行く身分の男は限られる。
その者を連れ出せなかったのは、何とも惜しい。余がじかに問い質したいものだ。なぜ、その秘密を余の心から盗むことができたのか。
Philip: That is the best I could do. There are few men who are of Santa Cruz’s calibre. It’s a pity to not bring those people out. I would like to question him personally, how did he take that secret from my heart?
ビセンテ: 申し訳ありません。ですが、機会を頂けましたら、私が再びイングランドに戻りまして、彼を見つけだし、陛下のお膝元に連れて参る所存です。
Vicente: I’m very sorry. If there is another chance to, I will go back to England, find him and bring him before Your Majesty.
フェリペ: できるか? そなたはウォルシンガムに追われる身であろう?
Philip: Can you do it? Aren’t you pursued by Walsingham?
ビセンテ: 困難は承知の上でございます。しかし、その者を見知っているのは私のみ。見つけ出すことができるのも、私だけと存じますれば。
Vicente: I understand my plight. But, I also know that the only one who has seen that person before and the only one capable of finding him.
フェリペ: 許す。計画を整え、後日、余を訪ねよ。今日から、そなたの宮廷への出入りは自由とする。
Philip: I allow you to. Tidy up you plan and visit me again another day. From today onwards, you may enter the palace whenever you feel like.
ビセンテ: は、ありがたき幸せ。必ずや、陛下のご期待に添いたいと存じます。
Vicente: Yes, thank you. I will definitely not disappoint your majesty.
フェリペ: 期待しておる。ところで、その者の名は?
Philip: I’ll be expecting it. By the way, what is that person’s name?
ビセンテ: カイト・トーゴー。陛下に勝利をもたらす、ジパングの少年でございます。
Vicente: Kaito Tougou. He is a young man from Japan, the one who would bring Your Majesty victory.

back to top ↑


Translation Notes

  1. The New World: A term used to describe the Americas and the Oceanic Islands. This term originated after Europeans discovered America during the Age of Discovery.(back ↑)
  2. Cochineal: A type of insect from which the natural red dye carmine is derived from.(back ↑)
  3. Judas Iscariot: According to the New Testament, he was one of the twelve apostles of Jesus Christ and most infamous for his betrayal of Jesus. His name, Iscariot, was theorised to be derived from the Aramaic word for “red colour”. He is often represented with red hair in Spanish culture and by Shakespeare.(back ↑)
  4. Loki: The folklore and myths about Loki varies from source and he’s sometimes the troublemaker, sometimes the helper to the Gods. However, he is usually depicted with red hair.(back ↑)
  5. Buckland Abbey: I did a note on this previously, but didn’t include this information. Buckland Abbey was once a Cistercian abbey before it was confiscated by King Henry VII during the Dissolution of Monasteries. Henry then sold it to Sir Richard Greville the Elder.(back ↑)
  6. Sir Walter Raleigh (1552-1618): Most famous for popularising tobacco and his role in exploration, Raleigh was one of the most prominent figures during the Elizabethan era. He explored the area from North Carolina to Florida and named the region “Virginia” in honour of Elizabeth.(back ↑)
  7. Huguenot: The Huguenots are a group of people who are members of the Protestant Reformed Church of France during the 16th and 17th centuries. (back ↑)
  8. Álvaro de Bazán (1526-1588): A man who has been employed in high command of the Spanish navy since young, Santa Cruz had been an admirable admiral and the person to have suggested the formation of the famous Spanish Armada. He was unjustifiably blamed by the Spanish King for certain events including that when Spanish ships were burnt at Cadiz by Francis Drake, even though those events resulted from the King’s indecisiveness and not from Santa Cruz’s incompetence.(back ↑)
  9. Halyard, sheet, jib: A halyard is a rope used to hoist a ladder, flag, or in this case, the sail. A Jib is the triangular staysail which is at the foremost of the ship.(back ↑)

back to top ↑

Advertisements

7 thoughts on “FLESH & BLOOD 1 Disc 2 – Translation

  1. Err, just wondering about the Japanese text that you added in. Is there a special reason for it? I, for one, appreciate that it’s included, but isn’t this extra work? Don’t get me wrong, I’m not complaining at all hehehe. I like it a lot and I’m more encouraged to get my Japanese workbook out to learn the script! Cheers!!! <3

    • Oh! I should really clarify on it, those are from the Japanese scripts, I didn’t do it myself. I would have died doing it haha. Since I had it, I thought I should post it up alongside my translations just in case anyone wants to use it to learn japanese in a fun way ^^ Although it does make my translations look ridiculously long. Sorry for the misunderstandings caused!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s